まるでアーティスト!シャンパンタワー職人・小泉智さんを徹底解剖!

「シャンパンタワーってどんな人が作っているんだろう?」
「シャンパンタワー専門の職人さんっているのかな?」

パーティーやイベントで飾られているシャンパンタワーを見て、そんなふうに不思議に思ったことはありませんか?

そこで今回は、シャンパンタワー職人として活動している小泉智さんについてまとめました。

また後半では、シャンパンタワーの発注を検討している人向けに、おすすめの業者も紹介します。

一体どんな人たちがシャンパンタワーを作っているのか、早速その秘密に迫っていきましょう!

1.話題のシャンパンタワーの職人・小泉智さんとは

 

この投稿をInstagramで見る

 

シャンパンタワー職人Z(@towercraftsman_)がシェアした投稿


今最も日本で有名なシャンパンタワー職人といえばこの方!小泉智さんです。

通常シャンパンタワーは、イベント業者に依頼して設置してもらう場合がほとんど。

そんな中、フリーのシャンパンタワー職人として活動する小泉さんは、異色の存在だといえるでしょう。

柔軟な発想と豊富なサービス精神から生み出される小泉さんの「創作シャンパンタワー」は、多くの人を魅了し続けています。

テレビ番組で取り上げられたことからも、その人気のほどが伺えますよね……!

そんな売れっ子シャンパンタワー職人・小泉智さんは、一体どんな人物なのでしょうか。

(1)プロフィール・経歴

 

この投稿をInstagramで見る

 

シャンパンタワー職人Z(@towercraftsman_)がシェアした投稿


小泉智さんのシャンパンタワー職人としてのキャリアは、なんと10年以上!

店内装飾からオリジナルのシャンパンボトル作りまで幅広く手がけるイベント会社に就職した小泉さんは、さまざまなシャンパンタワーの制作に携わっていきます。

そして、さまざまなシャンパンタワーを作るうちに、小泉さんの中に新たな夢が芽生えるのです。

  1. シャンパンタワーをもっと世に広めること
  2. シャンパンタワーをアートとして人々に認知してもらうこと

この2つの目標を叶えるために独立し、フリーのシャンパンタワー職人として活動をスタートさせた小泉さん。

その後、既存のイメージにとらわれない独創的なアイデアと、「シャンパンタワーの設置台数はたぶん世界一(インスタグラムのプロフィールより)」という豊富な経験が評判をよび、各方面からオファーが殺到!

ホストクラブやキャバクラはもちろん、イベントにパーティーにと精力的に活動されています。

(2)タモリさんに直接レクチャー!テレビにも多数出演


小泉智さんの知名度は、いまやイベント関係者・ホスト・キャバ嬢の間にとどまりません。

これまでに、多数のテレビ番組やメディアでも取り上げられています!

小泉智さんが出演したメディア
「タモリ倶楽部」

「月曜から夜ふかし」

「ヒルナンデス‼」

「スッキリ」 など

上記のインスタグラムでも紹介されているように、タモリ倶楽部ではタモリさんにシャンパンタワーの作り方を直接レクチャーしたようですよ!

数々の人気番組に取り上げられるほど、「シャンパンタワー職人・小泉智」の認知度はどんどん高まっているんです。

(3)アートの街ニューヨークでシャンパンタワーを制作


「シャンパンタワーをもっと世に広めたい!」
「シャンパンタワーを一つのアートとして人々に認知してもらいたい!」

小泉智さんの核ともいえるこの2つの想いは、さらに彼を突き動かします。

次に小泉さんが向かった先は……なんと、ニューヨーク!

ニューヨークの街中に和テイストのシャンパンタワーを設置し、エンターテインメントの本場の住民たちを楽しませました。

ちなみに、このニューヨークプロジェクトの資金はクラウドファンディングによって集められたものなんですよ。

80人以上の支援者から100万円の出資金が集まったことからも、小泉さんのファンの多さがうかがえますよね!

2.作品紹介


続いて、小泉智さんが制作してきた作品を紹介します。

小泉さんが作るシャンパンタワーの特徴は、なんといってもエンタメ性に富んでいること。

「それもシャンパンタワーに使うの⁉」なんて思わず驚いてしまうような、斬新なアイデアがたくさん散りばめられているんです!

「シャンパンタワーはこうあるべき」という既存の枠にとらわれず、年齢や性別に関係なくみんなで楽しめるのが、小泉さんのシャンパンタワーの魅力だといえます。

それでは実際に、これまで小泉さんが手がけてきた代表作たちを見ていきましょう!

(1)明石焼きタワー


小泉さんの名を広く世に知らしめたのが、「明石焼きタワー」です。

兵庫県の名物である明石焼きは、たまごや小麦粉などを混ぜて焼いた生地を、冷やした出汁に浸して食べます。

もちろん、こちらの明石焼きタワーでも、シャンパンではなく出汁を流したそうですよ。

ちなみに、この明石焼きタワーは、とあるホストクラブのお祭りイベントのために用意したものなんだとか。

お祭りムードを盛り上げるイベントの目玉になったことでしょう!

見て楽しい、食べておいしい、二度楽しめる素敵なタワーですよね。

(2)フルーツポンチタワー

 

この投稿をInstagramで見る

 

シャンパンタワー職人Z(@towercraftsman_)がシェアした投稿


続いて紹介するのは、グラスにフルーツを盛り付けたタワー。

色鮮やかなフルーツたちがとても華やかで、存在感抜群ですよね!

女性心をくすぐる、SNS映えしそうなタワーだといえます。

フルーツぎっしりのこのタワーは、そのまま食べても十分おいしそう…!

とはいえ、こちらもやはり“シャンパンタワー”。

フルーツたっぷりのこちらのタワーにシャンパンを注げば、フルーツポンチに早変わりしますよ!

デザート感覚で楽しめる、美しくおいしいシャンパンタワーだといえるでしょう。

(3)子供向けおかしタワー

 

この投稿をInstagramで見る

 

シャンパンタワー職人Z(@towercraftsman_)がシェアした投稿


シャンパンタワーは本来、アルコールを注ぐものです。

そのため、「シャンパンタワー=大人が楽しむもの」というイメージが強いかもしれませんね。

ただ、そういった固定観念をいい意味で壊していくのが、シャンパンタワー職人・小泉さん!

「たくさんの人にシャンパンタワーの魅力を知ってもらいたい!」と願う小泉さんは、子供向けのおかしタワーも制作しているんです!

「HB」という装飾から推察するに、おそらくこちらのタワーは誕生日パーティー用に作られたものなのでしょう。

誕生会にこんなに素敵なタワーが飾られていたら、主役の子はもちろん、お呼ばれした子供たちも大喜びに違いありません!

子供たちはもちろん、世代の垣根を越えて大人も一緒に楽しめる、かわいらしいタワーですよね。

3.職人だけじゃない!シャンパンタワーの業者紹介

ここまでは、シャンパンタワー職人・小泉智さんについて紹介してきました。

実は現在、小泉さんのようにフリーで活躍しているシャンパンタワー職人はほとんどいません。

では、ホストクラブやキャバクラ、イベントなどで目にするシャンパンタワーは、一体誰が制作しているのでしょうか。

実は、世の中のシャンパンタワー多くは、イベント会社によって設置されています。

シャンパンタワー制作を請け負っている会社は世の中にいくつも存在しますが、イチオシはGotham

というのも、今回ご紹介した小泉智さんも独立前は「Gotham」の社員として腕を磨いていたんです!

一流のシャンパンタワ―職人・小泉さんを排出したGothamは、技術力やデザイン性において業界屈指の実力を誇っています。

ぜひ一度Gothamのインスタグラムやホームページをのぞいてみてくださいね。

会社名 株式会社Gotham (ゴッサム)
本社所在地 東京都港区西麻布3-2-9
創業 2000年2月
業務内容 イベント企画提案 生花の卸 ゲームアプリの提供 システムの運用
会社ホームページ https://event-gotham.jp/
Instagram Instagram

まとめ

今回は、有名シャンパンタワー職人・小泉智さんについて紹介しました。

小泉さんの作品を見て、シャンパンタワーのイメージをいい意味で壊された人も多かったのではないでしょうか。

世代や国籍を越えて見た人をアッと驚かせる小泉さんの創作シャンパンタワーは、今後ますます注目を集めていくこと間違いなしです!

これからもシャンパンタワーの魅力を世に広め続けてくれるであろう小泉さんに、ぜひ注目していきましょう。

関連記事一覧