ホストクラブで飲むお酒の種類とは?高級酒の値段も紹介

「ホストクラブではどのようなお酒が飲めるのだろう?」
「ホストクラブで飲める高級なお酒の種類が知りたい!」

このように、ホストクラブに置いてあるお酒の種類や値段について疑問に思った経験はありませんか?

実は、ホストクラブに置いてあるお酒には身近なお酒もあれば、非現実感を味わえるような高級酒まで幅広く用意されているのです!

ここでは、ホストクラブで飲めるお酒の種類や、高級なお酒の種類や値段について説明します。

この記事を読めば、ホストクラブに置いてあるお酒の種類や値段について知ることができ、お客さんのニーズに合ったお酒を提供できるようになりますよ!

1.ホストクラブで飲めるお酒の種類

ホストクラブで飲めるお酒には、大きく分けて以下の3つの種類があります。

  1. 手ごろな値段で飲めるお酒
  2. デザインがおしゃれなお酒
  3. ワインやブランデー

ホストクラブで飲めるお酒の種類について知っておくと、お客さんのニーズに合ったお酒を提案できたり、予算や雰囲気に合わせた適切なお酒を勧められるようになりますよ

ここからは、ホストクラブで飲めるお酒の種類について、詳しく説明します。

(1)手ごろな値段で飲めるお酒

ホストクラブで飲める1つ目のお酒の種類は、手頃な値段で飲めるお酒です。

具体的には、ビールやチューハイ、カクテルといった、多くの居酒屋で目にするようなお酒となっています。

ホストクラブで注文するお酒は高級なものが多いイメージですが、予算を抑えてホストクラブを楽しみたいというニーズに沿えるよう、手頃な価格で楽しめるお酒も置いているのです

また、手頃な価格で提供できるお酒や、普段飲み慣れているお酒を置いておくことで、お客さんへ安心感を与えることも、ホストクラブを満喫してもらうためのポイントとなっています。

ホストクラブを利用するお客さんの中には、お酒を飲み始めたばかりという人もいるため、そのようなお客さんに少しずつお酒の楽しさを覚えてもらうためにも、順序を踏んでお酒を勧められるようになっておくと良いでしょう。

(2)デザインがおしゃれなお酒

ホストクラブで飲める2つ目のお酒の種類は、デザインがおしゃれなお酒です。

ハイヒール型のボトルやイルカのデザインをしたボトル、洋書のデザインをしたボトルや外国の船の形をしたボトルなど、女性の目を引くような形をしたデザインのお酒となっており、飲む前からテンションが上がる見た目になっています

ボトルにもガラス製だけでなく陶器でできたものや、並べるとカラフルになるように色違いのデザインをしているものなどもあり、普段手に入らないようなお酒も用意しているため、非現実的な雰囲気を味わいながらお酒を楽しむにはピッタリです。

お酒の種類にはブランデーやリキュールなど、さまざまなものがあるため、ソーダやジュースなどお客さんのニーズに合わせたドリンクと合わせて飲むことで、さらにお客さんの気分を盛り上げることができます。

(3)ワインやブランデー

ホストクラブで飲める3つ目のお酒の種類は、ワインやブランデーです。

これらの種類になると値段の幅が広くなるため、商品によっては桁違い高額になる場合もあります

もちろん価値の高いお酒になるほど味や風味も良くなるため、より高級なお酒の味を楽しみたいというお客さんに対しては、満足させられるようなお酒を提供できるようになっておくことが大切です。

2.ホストクラブで有名な高級シャンパン3選

ホストクラブで有名な高級シャンパンには、以下の3つがあります。

  1. アルマンド
  2. ドンペリニョン
  3. エンジェルシャンパン

シャンパンも、ワインやブランデーと同様に価格の幅が広く、高級なシャンパンでは数百万円の値段がつくのです

ここからは、ホストクラブで有名な高級シャンパンについて、詳しく説明します。

(1)アルマンド

ホストクラブで有名な1つ目の高級シャンパンは、アルマンドです。

アルマンドは、100 Best Champagne For 2010で世界1位を獲得しているシャンパンで、1,000種類ものシャンパンの中から世界中の評論家やソムリエによって選ばれている、確かな品質を持っています。

カラフルなボトルの種類と、トレードマークであるスペードのデザインの可愛らしさに、多くの女性から人気を持っており、ホスト業界の中では、いかに多くの種類のアルマンドを注文してもらうかがステータスの一つとなっているのです

中でもアルマンドブリニャック・ブランドノワールといった種類になると、仕入れ値だけでも60~80万円となるため、実際にホストクラブで提供される場合、100万円を超える値段で注文されることになります。

お酒の種類と値段の違いを理解しておくことや、お客さんの好みに合わせたお酒を提供できるようになっておくことで、その場の状況に合わせて適切なお酒を選べるようになりますよ!

(2)ドンペリニヨン

ホストクラブで有名な2つ目の高級シャンパンは、ドンペリニョンです。

そもそもドンペリニヨンは、モエ・エ・シャンドン社が生産している高級シャンパンのブランドで、ここで生産されるシャンパンは、生産量だけでなく出荷量やストック数が世界最大規模となっています。

その中でドンペリニヨンは、8年の熟成期間を設けているため、豊かな風味と深い味を感じることができ、通常の3~5年の熟成期間のシャンパンとは大きく違った味わいを楽しめるのです

アルマンドが流行する前は、シャンパンといえばドンペリと言っても過言でないほど、夜の世界で高級酒として流通していたお酒でした。

もちろん今でも、ドンペリニヨンは価値が高いお酒としてホストクラブで提供されており、このお酒を注文されたことをSNSで自慢しているホストも多いことから、やはりこのお酒を注文してもらうことも、ホストのステータスの一つとなっています。

ドンペリ白の場合、10万円弱で仕入れられますが、ドンペリゴールドにもなると、時価にもよりますが仕入れ値だけで60万円程度になり、ホストクラブで提供される値段も100万円は軽く超えてくるのです。

(3)エンジェルシャンパン

ホストクラブで有名な3つ目の高級シャンパンは、エンジェルシャンパンです。

このお酒は2017年に日本初上陸したお酒で、ホストクラブ業界では歴史の浅いシャンパンですが、高級シャンパンとして扱われている高品質なシャンパンとなっています

「完全なる美を探求する」という名前の由来を感じさせるような、美しいデザインのボトルが特徴で、多くの女性から好まれているお酒なのです。

エンジェルシャンパンには、ブリュット・ロゼ・ブリュットヴィンテージの3種類があり、最も女性に人気があるのは白いボトルが特徴的なロゼとなっています。

お酒だけだと3~5万円で仕入れられるものですが、プラス7,000円程度で専用のボックスをセットできるため、高級感や特別感を演出したい人におすすめです。

中でもエンジェルシャンパン・ヴィンテージとなると、仕入れ値だけでも12万円程度となり、提供される価格が100万円を超えるホストクラブもある高級酒となっています。

まとめ

ここでは、ホストクラブで提供されるお酒の種類や、提供される高級シャンパンの種類や値段について紹介しました。

お客さんによって好みのお酒が大きく変わってくるため、ニーズに合わせたお酒が提供できるようになるためにも、お酒の種類や値段についての知識を持っておくことは不可欠です。

ここで説明した内容を参考にして、ホストクラブで提供されるお酒について幅広い知識を持てるようになり、その場の状況に応じて適切なお酒が提供できるようになってくださいね!

関連記事一覧