本営はリスクが大きい?ホストの営業スタイル6パターンを紹介!

「本営したいけどトラブルになると怖いな。」
「女性に効果的な営業方法は何だろう?」

ホストの仕事は女性客に店に来てもらい売上を上げることが大切です。

そのために、ホストは様々な営業スタイルを使い女性客にアプローチします。

実は、本営は売上アップに効果的な営業スタイルですが、トラブルになる可能性も高いのです。

ここでは、本営でトラブルにならないために注意するポイント、代表的なホストの営業スタイルを紹介します。

1.ホストの本営とは?本営トラブルとその対処法を3つ紹介

ホストクラブで働いていたら本営という言葉を聞いたことがあるでしょう。

本営はホストにとって代表的な営業スタイルです。

うまく行けば売上アップに繋がるため多くのホストがこの営業スタイルを使っています。

ここでは本営について、ありがちな本営トラブルとその対処法を紹介します。

(1)本営とは?

本営とは「本カノ営業、本命営業の略」で、女性客に本当の彼女のように接し店に来てもらう営業スタイルのことです。

「好きだよ。」「俺の彼女になって。」と付き合っているかのように接して女性をその気にさせます。

女性客はその担当ホストの彼女だと思い込み、頻繁に店に来るようになるのです。

店の中だけではなく、デートをしたり女性の家に行ったりと普通のカップルのように接するので、女性も本気になってしまうのですね。

(2)ありがちな本営トラブル

本営は売上アップに効果的ですが、やり方を間違えるとトラブルにも発展します。

ホストはあくまで売上のために彼女として扱っているだけですが、女性は本気で付き合っていると思い込んでしまうのでトラブルになるのは仕方ないとも言えます。

ホストによっては、複数の女性に対して本営している場合もあるので、女性にも気づかれやすいのです。

本営をするなら、トラブルにならないように細心の注意を払いましょう。

ここではありがちな本営のトラブルを以下3つ紹介します。

  1. 「店ではなく外で会って」と言われる
  2. 嫉妬・束縛する
  3. SNSで関係を匂わせる

では詳しく説明します。

#1.「店ではなく外で会って」と言われる

ありがちな本営トラブルは「店ではなく外で会いたい。」と言われることです。

女性客にすれば「彼女なんだから店ばかりじゃなくて、普通のデートがしたい。」と思うのは当然です。

しかし、店に来てもらえなければ売上にはなりません。

本営をする以上は、外でも会ったり、まめに連絡したりと女性に不満を持たれないようにするべきです。

#2.嫉妬・束縛する

ありがちな本営トラブルは他の女性客に嫉妬したり束縛することです。

好きな人を自分だけのものにしたいと思う女性客は、他の女性に接客したり会うことに嫉妬することもあります。

仕事のたびに、嫉妬や独占欲を出されると重くなってしまいます。

また、嫉妬が行き過ぎると他の女性客とトラブルを起こす可能性もあります。

「もうホストの仕事はやめてほしい。」と束縛することもあるでしょう。

常にコミュニケーションを取り、ホストとしての自分の仕事を応援してもらえるよう説得しましょう。

#3.SNSで関係を匂わせる

ありがちな本営トラブルはSNSで関係を匂わせることです。

ホストにとってSNSは貴重な営業ツールであり、自分のことを知ってもらうために発信しているホストも多いでしょう。

自分が彼女だと思っている女性客は、ホストの彼女になれたことが嬉しくてSNSで彼女であることを匂わせる可能性もあります。

これが他の女性客の目に入れば、指名が減ることも考えられるので、ホストとしては致命的です。

本営をするならば、相手の女性の性格を知り、彼女アピールや匂わせをしないようにしてもらいましょう。

2.ホストの営業スタイルとは?

ホストには本営以外にも様々な営業スタイルがあります。

それぞれの特徴を知っておくと、接客のバリエーションが増えます。

自分の得意な営業スタイルを確立するまでは、いろいろなスタイルを試してみましょう。

自分に合った営業スタイルを知ることはもちろん大切なのですが、女性客に合わせて効果的な営業スタイルを見つけることもホストのスキルを上げるために必要です。

ここでは、一般的なホストの営業スタイルを6つ紹介します。

  1. 色恋営業
  2. 本命営業
  3. 友達営業
  4. オラオラ営業
  5. 枕営業
  6. 育て営業

では詳しく説明します。

(1)色恋営業

色恋営業はホストの代表的な営業スタイルです。

女性客に好意があるような素振りをして恋愛の駆け引きを楽しむ、ホストの力量が問われる営業スタイルでもあります。

女性も手に入りそうで入らないドキドキを楽しむことができ、恋人のように接することできので多くのホストが使う営業スタイルです。

(2)本命営業

本命営業は本営とも呼ばれ、女性客を実際の彼女のように扱い店に来てもらう営業スタイルです。

色恋営業から始まり本営に変わっていくパターンが多いでしょう。

本営は女性客が頻繁に店に来てくれるので、売上に繋がりやすい営業スタイルですが、一方でトラブルも多いです。

本命とは言ってもあくまで店の客としてのことなのですが、女性は彼女だと思いこんでいるので束縛や嫉妬されることもあります。

本営をするならリスクが伴うことも覚えておきましょう。

(3)友達営業

友達営業とは恋愛ではなく、友達のようにフランクに話をして女性を楽しませる営業スタイルです。

恋愛感情がない分、トラブルにはなりにくいですが一緒にいて楽しいと思ってもらうにはトークスキルや会話のセンスが必要です。

恋愛を使わない分、人間力が問われる難しい営業スタイルでもあります。

彼氏との悩みを聞いたり、仕事でのアドバイスをしたりと、人としての魅力を伝えることができたら長期的に安定した関係を築ける営業方法です。

(4)オラオラ営業

オラオラ営業とは、女性客に命令したり偉そうに接する営業スタイルです。

M気質な女性はオラオラ営業にハマりやすく、ホスト優位の関係になりがちです。

「Sな男性に命令されたい。」「相手に従いたい。」という女性は意外と多いので、M気質の女性には効果的な営業スタイルです。

オラオラ営業はどのホストでもできるスタイルではないので、他のホストと違ったスタイルをしたいS気質の人にぴったりです。

(5)枕営業

枕営業とは、ホストが女性客と身体の関係をもつ営業スタイルです。

枕営業をして、身体の関係を使い女性に恋愛感情を抱かせたり、女性の要望に応じて枕営業をすることもあります。

枕営業には当然リスクもあります。

ホスト自身が割り切って枕営業ができない場合は、自分の精神をすり減らすことにもつながります。

また、一度枕営業をすると身体の関係が続くこともあるので注意しましょう。

(6)育て営業

育て営業とは、最初はホストにそんなに興味がない女性を時間をかけて太客に育て上げる営業スタイルです。

すべての女性が育て営業にハマるわけではないので、太客になりそうな女性を見極める目が必要です。

時間をかけて育てることで、女性もどんどんはまってしまい簡単には離れなくなります。

信頼関係を使った営業スタイルなので、時間はかかりますがその分成功すれば安定した売上につながるのです。

よりリアルに知りたい方は、こちらの動画を参考にしてくださいね。

まとめ

ホストにはたくさんの営業スタイルがあります。

本命営業は売上にもつながる営業スタイルですがトラブルになりがちなので気をつけましょう。

自分に合った営業スタイルを見つけることはホストとしての強みになります。

女性客の性格を見極め効果的なアプローチをするためにもいろいろな営業スタイルを身につけましょう。

関連記事一覧