「怖い」と言われるホストの特徴4選と印象を良くする4つの方法

「お客様に怖いってよく言われるけどなんで?」
「優しくしてるつもりなのに怖がられてツラい」

このように、ホストとして自分なりに精いっぱい頑張っているのにお客様から恐れられてしまうことにお困りではありませんか?

実は、自分はそのつもりがなくても知らない間にお客様に恐怖心を抱かせる特徴を持っているホストも多いんです

そこで、この記事では、「怖い」と言われるホストの4つの特徴とお客様からの印象を良くする4つのコツを解説します。

お客様から「怖い」と言われてしまうホストの特徴を知り、好感度を上げてお客様から愛される人気ホストを目指しましょう。

1.「怖い」と言われるホストの特徴4選

お客様から「怖い」と言われるホストには4つの特徴があります。

  1. オラオラ系
  2. 目付きが悪い
  3. KY(空気が読めない)
  4. 貪欲すぎる

楽しませるはずのお客様を怖がらせてはホストとの仕事は成り立ちませんね

「怖い」と言われるホストは、自分に次の特徴があてはまっていないか見直しましょう。

(1)勘違いオラオラ系

覚えておくと助かるホストの専門用語

お客様から「怖い」と言われるホストの1つ目の特徴は、勘違いオラオラ系です。

かわいさが求められるのはホスト業界でも同じで、最近のホストは韓流アイドル・ジャニーズ系のカワイイ系・キレイ系が主流で人気となっています。

今や、オラオラ系スタイルはオールドスタイルであり絶滅危惧種といっても過言ではありません。

しかも、最近ではオラオラ系を「女性に対して威圧的に振る舞うこと」と間違って解釈している勘違いオラオラ系(ヤカラ系)ホストもいて、余計に女性に嫌われ怖がられるという悪循環に陥っていることも多いです。

オラオラ系が女性から許されるのは「但し、イケメンに限る」という条件が付く点も注意。

男らしい優しさと気配りで接する真のオラオラ系かつイケメンでない勘違いオラオラ系ホストがこの路線で営業すれば、お客様から「怖い」「勘違いがひどい」「イタい」と敬遠されるのは当然ですね。

(2)目付きが悪い

お客様から「怖い」と言われるホストの2つ目の特徴は、目付ききが悪いことです。

ホスト=イケメンのイメージが強い職業ですが、ホストの世界も多様化が進み、実際はイケメンでなくても自分の個性を生かして人気者になっているホストは数多くいます。

例えば面白い・トークが切れる・聞き上手・優しい・おしゃれなど魅力的な個性があっても、お客様に威圧感を与えるような目付きが悪いホストはNGです。

「目は心の窓」ということわざがあるように、目は相手を判断する上で重要なパーツ。

目付きが悪いほか、目が死んでいる・目が笑っていない・決して目を合わせようとしないなど心の闇や不安定さなどを感じさせるホストは、本能的な危機感をお客様に与え怖がらせてしまいます

お店の中は薄暗いのでバレないと思っているかもしれませんが、お客様はしっかり見ていますよ。

(3)KY(空気が読めない)

お客様から「怖い」と言われるホストの3つ目の特徴は、KYです。

KYには、人の話を聞かない・話に平気で割り込む・自分の話題ばかりをする・他人に厳しいなどの特徴が挙げられますが、中でも最も大きな問題は本人が「自分はKYである」ことを理解していないことです。

楽しく会話したりお酒を楽しむ場所であるのに、そこに盛り上がった雰囲気を台無しにしてしまうKYホストがいたら、それは恐怖以外のなにものでもありませんね。

お客様から怖がられるのは外見が原因だけではないので、自分にKYの傾向がないか回りのホストの話も聞いて確認しましょう。

(4)貪欲すぎる

お客様から「怖い」と言われるホストの4つ目の特徴は、貪欲すぎることです。

売上を上げたいからといって、「シャンパン入れて」「掛けでいいから」などお客様のお財布事情を無視して身勝手に強要してくるホストは、お客様から嫌われると同時に「怖い」と恐れられます。

また、掛けの回収の時に「消費者金融を使えばいい」「風俗紹介しようか」など強引なやり口でお客様に返済を迫るホストも同じです。

ホストとして上を目指したいと思うのは良いことですが、エンターテイナーとしての役目をおろそかにしてお客様にお金を出させようとするのはホスト失格

自分勝手なホストがお客様から「怖い」と恐れられるのも当然ですね。

2.印象を良くする4つのポイント

お客様の印象を良くするための4つのポイントを解説します。

  1. 自分に合った路線で攻める
  2. 目を生かす
  3. 会話のコツをつかむ
  4. 良い感じに力を抜く

印象を良くするポイントさえ抑えておけば、お客様の評価もぐっとアップすること間違いなし!

人気ホストに駆け上がるために、できることから今すぐ取り組みましょう。

次に1つずつ説明しますね。

(1)自分に合った路線で攻める

印象を良くするための1つ目のポイントは、自分に合った路線を見つけて攻めることです。

どうしてもオラオラ系で攻めたいなら、女性に偉そうに振る舞う勘違いオラオラ系ではなく、男らしさや男気で女性を引っ張る真のオラオラ系に路線変更しましょう。

それが無理なら、お笑い系や癒し系など自分の個性を生かせる路線に大幅にシフトチェンジすべき

自分の魅力を最大限に引き出す路線で攻めれば自然とお客様からの印象も良くなりますよ。

(2)目を生かす

印象を良くするための2つ目のポイントは、目を生かすことです。

目付きが悪い・目に輝きがない・目が笑っていないなどの問題は、デカ目カラコンで簡単にカバーできます

目を合わせられない場合は、会話の時にお客様の目ではなく眉間や鼻の付け根あたりに視線を向けると目を合わせているように見えますよ。

鏡で自分がどう見えるかを常に確認するようにしましょう。

(3)会話のコツをつかむ

印象をよくするための3つ目のポイントは、会話のコツをつかむことです。

ホストの仕事柄、自分のKYさを気にしてずっと喋らないままお客様をもてなすことは困難ですね。

しかし、今までのように不用意に発言をすればドン引きされてしまうリスクも高くなります。

そこで、最初は自分の意見は出さずに相手の言葉を反復したり、周りのホストに合わせて同じことを言ったりしましょう

先輩ホストの会話テクを盗みながら、自分のどんな発言が場を凍らせたか、相手がどんな反応をしたかを確認し、盛り上げる会話に慣れていくのがポイントです。

また、相手に話をさせて自分は聞き役に徹する聞き上手系になるのも1つの方法

口を開けば何を言うかわからない恐ろしいKYホストを卒業し、会話のコツをつかんでお客様から好印象を抱かれるホストになりましょう。

(4)良い感じに力を抜く

印象をよくするための4つ目のポイントは、良い感じに力を抜くことです。

がっつきすぎてしまうのは自分の欲望に忠実すぎる上にそれを隠すのが下手だからです。

そんな貪欲さに魅かれるお客様も中にはいますが、あまりに露骨だとさすがに引かれてしまいます。

そこで、少し肩の力を抜いて下心や本音を隠し、お客様には無理をしてでも男の余裕を見せるようにしましょう。

ボトルを例に挙げると、「入れてくれ」と強要するよりも、「ボトル?高いから今回はいいよ」「俺のために無理しないでいいから」と優しい言葉を掛けたほうがよほど有意義。

「大切にされてる」とお客様の女心をくすぐり、ぐっと信頼感もアップします。

余裕のあるホストは印象が良くなりモテる、これは鉄則ですよ。

まとめ

お客様をもてなすホストが怖がられてしまっては仕事になりません。

なぜ自分がお客様から「怖い」と言われてしまうのか原因が見つかったら直すのは簡単!

今すぐ印象を良くする方法を取り入れ、お客様から愛される人気ホストを目指しましょう。

関連記事一覧