クラブホステスとは?ホステスとして成功する方法やキャバ嬢との違い

「クラブホステスってキャバ嬢と何が違うの?」
「クラブホステスってどうやったらなれる?」

ホステスとキャバ嬢は男性を接客するという点では同じですが、実は仕事の内容やお給料に違いがあります。

向き不向きも分かれていて、うかつにホステスをいきなり始めると「難しくてこなせない…」と感じてしまうかもしれません!

そこで今回はクラブホステスとは、キャバ嬢とホステスの違い、クラブホステスで成功する3つの方法、自分に合うクラブの見つけ方を紹介します。

この記事を読めばホステスという職業の全てが分かり、安心してホステスとして働くことができるでしょう!

1.クラブホステスとは

クラブホステスとは高級クラブで働く女性のことを言います。

高級クラブとはその名の通り高額な値段設定がされているお店で、お客様のほとんどが経営者や社長であり商談や接待に利用されることが多いです。

お客様からいただくお金が多い分、女性の接客レベルや知性などが求められます。

高級クラブで働いている女性はホステス、キャバクラで働いている女性はキャバ嬢と呼ばれると覚えておきましょう。

(1)キャバ嬢からホステスへ転職する人が多い

キャバ嬢からホステスへ転職する人が多いです。

水商売の世界ではキャバクラよりも高級クラブの方が格式が高いという暗黙の認識があります。

そのためキャバ嬢をやっていた女性が接客スキルを身につけてホステスに転職するというパターンが多いです。

2.キャバ嬢とホステスの3つの違い

次にキャバ嬢とホステスの違いを紹介します。

  1. 給料体系
  2. 接客スタイル
  3. 店での上司

キャバ嬢とホステスは混同されることが多いですが、実は仕事の内容がかなり違うんです。

1つずつ違いを解説します。

(1)給料体系

キャバ嬢とホステスの1つ目の違いは給料体系です。

キャバクラでは時給制を採用しているお店がほとんどですが、クラブは日給制、お給料相場は以下の表にまとめました。

  クラブ キャバクラ
給料体系 時給 日給
金額の相場 時給4,000円
(20,000円/1日)
20,000〜30,000円

営業時間が短いので時給換算するとクラブの方が高額の報酬を受け取れることが多いです。

クラブは日給制でお給料も高めに設定されています。

(2)接客スタイル

キャバ嬢とホステスの2つ目の違いは接客スタイルです。

キャバクラはマンツーマンで接客をするのが普通ですが、高級クラブの場合は1つの席に複数人の女性がついて接客します。

お客様の人数によっては女性の方が少なくなり、複数の男性の相手をする場合も。

またキャバクラでは指名を変えることができますが、クラブの場合は永久指名となり、変更することができません。

また高級クラブの方がアフターにお付き合いする機会が多いので、プライベートの時間はやや少なめ。

キャバ嬢とホステスは接客のスタイル自体が違うんです。

(3)店での上司

キャバ嬢とホステスの3つ目の違いは店での上司です。

高級クラブの上司はママと呼ばれ、女性の教育や店の一切合切を取り仕切ります。

逆にキャバクラでは店長が経営を黒服と呼ばれるボーイが女性の教育を担当する仕組みです。

クラブの中心はあくまでもママであり、ママの指示を仰いで行動するのが基本。

キャバ嬢とホステスは組織内の相関図も違います。

3.クラブホステスで成功する3つの方法

クラブホステスで成功する3つの方法を紹介します。

  1. 社交性と知性を身につける
  2. 年配の男性受けするよう見た目を変える
  3. ママに気に入られる愛嬌を身につける

ホステスで売れるにはいくつかキャバ嬢とは違う素質が必要です。

1つずつ解説します。

(1)社交性と知性を身につける

クラブホステスで成功する1つ目の方法は社交性と知性を身につけることです。

高級クラブは男性にとって接待の場であることが多く、ホステスは商談を成功させるための手助けが求められます。

またアフターや同伴にお付き合いすることも多いので、社交性やフットワークの軽さも必要です。

お客様が連れてくる社会的地位の高い男性と会話ができる知性や知識も身につけねばなりません。

ホステスとして売れたいのであれば社交性や知性のある振る舞いを意識しましょう。

(2)年配の男性ウケするよう見た目を変える

クラブホステスで成功する2つ目の方法は年配の男性ウケするように見た目を変えることです。

高級クラブを利用する男性の年齢層はキャバクラと比べるとかなり高めで、若い男性はほとんど来ません。

40代以上がメインターゲットなので、あまり派手な容姿の女性は売れない傾向があります。

黒髪で清楚、また服装なども上品さを取り入れるなどの工夫が必要です。

(3)ママに気に入られる愛嬌を身につける

クラブホステスで成功する3つ目の方法はママに気に入られる愛嬌を身につけることです。

高級クラブでママに気に入られると上客に紹介してもらえたり、お給料面での交渉がしやすくなります。

女性同士の人間関係は難しいと言われますが、ママとうまくやることがお店で気持ちよく働く第一条件。

頑張っている姿を見せる他に、うまくママを褒めて懐に入ることが大事です。

4.自分に合うクラブの見つけ方

最後に自分に合うクラブの見つけ方を紹介します。

  1. 体験入店してお店を決める
  2. 友人に紹介してもらう
  3. スカウトマンに紹介してもらう

高級クラブもお店によって雰囲気が違うので、厳選して良いお店を見つけましょう。

1つずつ解説します。

(1)体験入店してお店を決める

自分に合うクラブの1つ目の見つけ方は体験入店してお店を決めることです。

体験入店の情報サイトを見ると高級クラブの求人がたくさん掲載されています。

高級クラブもお店によって雇用条件や客層が違うので、まずは一度働いてみてからお店を決めるのが一番です。

まずは体験入店して働くお店を選びましょう。

(2)友人に紹介してもらう

自分に合うクラブの2つ目の見つけ方は友人に紹介してもらうことです。

店に知り合いがいると心強いですし、細かいルールなどを教えてもらうことができます。

またママにも「〇〇の友人」ということで気にかけてもらいやすいので、店に馴染むのも楽になるでしょう。

ホステスの友達がいるならば紹介で店を探すのもおすすめです。

(3)スカウトマンに紹介してもらう

自分に合うクラブの3つ目の見つけたはスカウトマンに紹介してもらうことです。

スカウトマンは様々なお店を知り尽くしていて、店に合う女の子の傾向も分かっています。

あなたの希望条件に合うお店を探して紹介をしてくれますし、入店の際の交渉や入店後のトラブルの時に間に入ってくれたりもするんです。

初心者さんは特に有名なスカウトマンに高級クラブを探してもらうのも手段の1つと言えるでしょう。

まとめ

今回はクラブホステスとは何か、そしてホステスとキャバ嬢の違いや成功する方法、自分に合うお店の見つけ方を紹介しました。

ホステスは高級クラブで働いている女性、キャバクラで働いているのがキャバ嬢です。

また店の中での接客スタイルやお給料体系、ママの存在などキャバ嬢と違う面がたくさんあることが分かったでしょう。

高級クラブはキャバクラよりもさらに特殊な世界なので、向き不向きもあります。

クラブホステスを目指したいのであればまずは体験入店などでお店の雰囲気を確かめ、ママとの相性なども確かめましょう。

ホステスは求められるものも多く大変な仕事ですが、社交性やトーク力が身につくなどメリットもたくさんあります。

早速自分と相性の良さそうなお店を探してホステスとして働いてみましょう!

関連記事一覧