ドリンク料金

クラブ寄りのキャバクラ?キャストの仕事は?ニュークラブを徹底解説

「ニュークラブっていったいなに?」
「キャバクラやクラブと何が違うの?」

そんな疑問をお持ちではありませんか?

様々な女性が働くナイトワークがありますが、最近、注目を集めているのがニュークラブです。

キャバクラでもなく、クラブでもないのなら、いったいどんな位置づけでどんな仕事をするのか気になりますね

そこで、ここでは、似ているようで別物!ニュークラブの説明と合わせて、ニュークラブのキャストの仕事について解説します

クラブ・キャバクラとニュークラブが違う点を理解し、自分に合ったお店で楽しく働きましょう。

1.高級志向のキャバクラ『ニュークラブ』4つのポイント

席に座るだけで料金が発生する

まず、ニュークラブがキャバクラの高級バージョンと言われる4つの理由を解説します。

  1. お店の雰囲気
  2. 料金設定
  3. キャストの質
  4. 客層

それぞれについて一般的なキャバクラやクラブと比較しながら1つずつ解説していきますね。

(1)お店の雰囲気

サービス料が別の場合がある

ニュークラブがキャバクラの高級版といわれる1つ目の理由は、お店の雰囲気です。

賑やかで親しみやすい雰囲気のあるキャバクラに比べ、ニュークラブの店内は高級感があって落ち着いた雰囲気で、クラブ寄りの店内となっています。

ソファー・テーブルなど備品はもちろんのこと、取り扱っているアルコールの種類も上級。

客層に合わせて、プライバシーを守るVIPルームのあるお店もあります。

夜のお店の最上級に位置するクラブほどではありませんが、キャバクラのハイグレードタイプだけあってニュークラブの店内もかなり上質なものとなっています。

(2)料金設定

ニュークラブがキャバクラの高級版といわれる2つ目の理由は、料金設定です。

ニュークラブの料金の仕組みはキャバクラと同じセット制+α(指名料・同伴料・延長料など)ですが、その料金設定がかなり異なります。

一般的なキャバクラの料金設定が、1セット5,000~7,000円程度なのに対し、ニュークラブは1セット10,000円~とかなり高額です。

しかし、本来のクラブにはない時間制を導入し、会計もセット料金で明瞭なので、料金の内訳がわかりにくいクラブには行きづらい方に重宝されているようです。

(3)キャストの質

派手な服装

ニュークラブがキャバクラの高級版といわれる3つ目の理由は、キャストの質です。

お店の雰囲気・客層にあわせて、ニュークラブのキャストにはルックスだけでなく接客能力の高さも重視されるため、キャストのレベルはクラブ並み

ハイグレードなお客様の話相手になるだけでなく、接待で使われることも多いため、状況に合わせて柔軟な接客できる女性が揃っています。

料金が高くても、上質な女性と話したいと来店するお客様も少なくありません。

(4)客層

ニュークラブがキャバクラの高級版といわれる4つ目の理由は、客層です。

クラブの下位変換、キャバクラの上位変換であるニュークラブのお客様の多くは、企業の重役、医者や弁護士、有名人・著名人などハイクラスな男性です。

大衆向けのキャバクラと異なり、客層はクラブ寄り

高級感溢れる雰囲気と上質なお酒、そして魅力的なキャストが揃っているため、接待に使われることも少なくありません。

ニュークラブはターゲット(客層)が狭く絞られているのでキャバクラほどお客様の数は多くはなく、新規客も少なめですが、クラブと同じくお客様の1人当たりの単価が非常に高い特徴があります。

2.ニュークラブのキャストの仕事と時給

次に、キャストとして働く場合の仕事内容と時給ついて解説します

  1. ニュークラブのキャストの仕事内容
  2. ニュークラブのキャストの時給
  3. ニュークラブのキャストの2つの注意点

キャバクラとニュークラブ、どちらで働くか、悩む方も少なくありません。

この2つは似ているようで異なることも多いので、仕事内容や時給、注意点を理解して自分に合ったお店で働きましょう

(1)ニュークラブのキャストの仕事内容

ニュークラブのキャストの仕事は、基本、キャバクラと同じです。

お客様の席の横につき、お酒を作り、会話をするなど接客を行います。

接客の流れは次のとおりです。

  1. お客様が来店するまで待機する
  2. 来店されたらお客様に挨拶し、自己紹介をする
  3. お客様を接客する
  4. 時間になったら延長もしくは帰るお客様をお見送りする

キャバクラでの接客経験のある方なら、戸惑うことなく働けますよ。

(2)ニュークラブのキャストの給料

ニュークラブキャストの給料は、時給4,000~6,000円程度+α(バックや指名料など)です。

キャバクラのキャストの給料相場の時給2,000~4,000円程度+α(バックや指名料など)と比較すると大きな差があることがわかります。

取り扱っているお酒も高級なものばかりなので、バックがプラスされるとかなり高収入となります。

がっちり稼ぎたい女性には理想的な条件といえますね。

(3)ニュークラブのキャストの2つの注意点

ニュークラブキャストとして働く上で気を付けたい注意点は2つあります

  1. 上品な接客が必要
  2. 厳しいノルマがあることが多い

キャバクラと仕事内容は同じだからと安易な気持ちで始めると大変な思いをすることもあるので、しっかり覚えておきましょう。

#1:上品な接客が必要

ニュークラブのキャストの1つ目の注意点は、上品な接客をすることです。

キャバクラと同じ仕事内容とはいえ、キャバクラのノリはニュークラブではNGです。

ニュークラブのベースはキャバクラでも、クオリティはクラブ並みの接客をしなければなりません

ニュークラブで働くキャストには、お店の雰囲気・客層に合わせて、会話・メイクや服装・立ち居振る舞いなどすべてに上品な接客が求められます。

ルックスに自信があるだけではニュークラブでは通用しないので、マナー習得やお客様を満足させられる知識や情報を日々入手するなど中身を磨く努力が怠らないようにしましょう

#2:厳しいノルマがあることが多い

ニュークラブのキャストの2つ目の注意点は、厳しいノルマがあることが多いことです。

キャバクラにもノルマは多少ありますが、ニュークラブのノルマはそれ以上。

それだけ高い時給をもらっているので、その分、お店への高い貢献(売上アップ)を求められます。

厳しいノルマを励みに頑張れる方向けの仕事といえます。

3.ニュークラブ選びの2つの注意点

キャバクラの定番の服装4選

最後に、クラブやキャバクラほど歴史や知名度のないニュークラブですが、それゆえにお店を選ぶ際に注意したい点が2つあります。

  1. ブラックニュークラブに注意する
  2. すすきのでの違いに注意する

時給面など魅力的なニュークラブですが、最初にお店選びを間違えると大変な目に遭うおそれがあります。

次に1つずつ解説していきますね。

(1)ブラックニュークラブに注意

ニュークラブ選びの1つ目の注意点は、ブラックなお店に注意することです。

ブラック企業と同じように、キャストに対する扱いが酷かったり、無理なノルマを設定して高額なペナルティを課したりするなど、悪質なお店が残念ながら存在します。

こういったお店では、一生懸命頑張っても対価が非常に少なかったり、精神的に追い詰められたりしてしまうので、早めにお店を変えるようにしましょう

また、悪質なお店に引っかからないように、入店前に口コミなどを調べたり、体入(体験入店)してお店の雰囲気やキャストの様子を確認すると安心です。

(2)すすきのでの違いに注意する

ニュークラブの2つ目の注意点は、すすきのでのニュークラブの違いに注意することです。

北の最大の歓楽街すすきのでは、ニュークラブが一般的なキャバクラを指し、キャバクラが一般的なセクキャバ(セクシーキャバクラ)と認識されています。

セクキャバとはおさわりOKのかなりきわどい接客をするお店ですので、そこで働くことに抵抗感を持つ女性も少なくありません。

すすきののナイトワークでニュークラブとキャバクラで迷い、キャバクラを選んで働いてみると内容はセクキャバだったなんてことにならないように、違いを理解しておきましょう。

まとめ

耳慣れない方も多いニュークラブですが、簡単に説明すれば高級志向のキャバクラです。

しかも、雰囲気や価格、接客はクラブ寄りなので、仕事での接待で利用するお客様も少なくありません。

そんなニュークラブのキャストは、時給も高くてバックも大きいメリットがある魅力的な仕事ですが、その分、求められるものも大きいので注意が必要です。

ニュークラブのメリットや魅力だけでなく、デメリットや注意点も正しく理解した上で、自分にマッチしたお店選びをして楽しく夜のお仕事を頑張りましょう!

関連記事一覧