音楽で時代をつくる!ナイトクラブ経営の魅力と成功するポイントとは?

「自分の好きな音楽を流せるナイトクラブを経営したい!」
「ナイトクラブ経営するにはどんな点に注意すればいい?」

華やかなナイトクラブ経営は、音楽好きなら一度は憧れたことがあるのではないでしょうか?

ナイトクラブはその時代を反映しています。

好きなジャンルの音楽をみんなで楽しむ一体感は、ナイトクラブの大きな魅力です。

ここでは、ナイトクラブを経営する魅力や、ナイトクラブを経営する時の注意点、ナイトクラブの経営を成功させるポイントを紹介します。

音楽を最大限に楽しめるナイトクラブの経営を成功させましょう。

1.ナイトクラブを経営する3つの魅力

ナイトクラブ経営には他の仕事とは違う魅力があります。

ナイトクラブに通ううちに自分が経営する側に回りたいと感じたり、DJにもっと活躍の場所を作りたいと感じる人もいるでしょう。

ナイトクラブ経営をしたいと考える動機は人それぞれですが、ナイトクラブ経営には他の業種とは違う魅力があるのです。

ここでは、ナイトクラブを経営する3つの魅力について紹介します。

  1. 音楽で時代を作っていける
  2. 好きなことを仕事にできる
  3. 成功すれば高収入を得られる

ナイトクラブ経営の魅力をそれぞれ見ていきましょう。

(1)音楽で時代を作っていける

ナイトクラブ経営の魅力は、音楽で時代の流れを作っていけることです。

ナイトクラブの歴史は音楽の歴史でもあります。

バブル期にマハラジャというディスコが一大ブームをおこし、社会現象にもなりました。

その後も、パラパラやR&Bの流行の舞台はナイトクラブでした。

最先端の音楽を楽しめるナイトクラブを経営できることは、経営者にとって大きな魅力の一つです。

成功しているクラブを参考に経営方針を考えることも大切です。

ここでは、全国のナイトクラブを紹介しているので参考にしてください。

【全国5都市で厳選】今一番盛り上がっているクラブランキング6選

2020.08.14

(2)好きなことを仕事にできる

ナイトクラブ経営の魅力は好きなことを仕事にできることです。

ナイトクラブが好きで、ナイトクラブに夢中になったことがある人は、音楽に関係する仕事につきたいと考えたこともあるでしょう。

若い頃、自分が熱中した音楽をまた次の世代に伝えて行けることは素晴らしいことです。

どんなに音楽が好きでも、活躍の場所がなければ音楽文化は衰退していってしまいます。

DJや音楽に関わる人達が活躍できる場所を作り、存続していくことで好きな音楽をずっと身近に感じられることはナイトクラブ経営の魅力ですね。

(3)成功すれば高収入を得られる

ナイトクラブ経営の魅力は、成功すると高収入を得られることです。

ナイトクラブの経営は、バー経営などに比べて初期投資が必要です。

音響設備や防音基準を満たす店舗設計、内装や照明などの初期投資の額が大きいことは事実です。

しかし、認知度があがり一定の集客に成功することができれば大きな収入につながります。

また、ナイトクラブだけでなくイベント会場として、カフェバーとしてなど経営の幅を広げていくことも可能なのです。

アイデア次第で、たくさんの可能性を秘めていることもナイトクラブ経営の魅力です。

2.ナイトクラブ経営をする場合の3つの注意点

新米ホストがやりがちな3つの失敗

魅力も多いナイトクラブ経営ですが、注意しなければならないこともあります。

ナイトクラブ経営は、他の飲食店やナイト関連の経営とは違い大変な部分も多い業種です。

ここではナイトクラブを経営する場合の注意点を3つ紹介します。

  1. 特定遊興飲食営業の構造要件を満たさなければならない
  2. 設備投資にお金がかかる
  3. 近隣への騒音対策が必要である

ナイトクラブ経営を考えるならば、注意点についても予め知っておきましょう。

(1)『特定遊興飲食営業』の構造要件を満たさなければならない

ナイトクラブを経営する場合、特定遊興飲食営業の構造要件を満たさなければねりません。

深夜午前0時以降に客に遊興させ、お酒を提供するナイトクラブは特定遊興飲食店営業となるのです。

特定遊興飲食店営業の許可を受けるためには 『経営者等に関する欠格要件』『店舗の場所に関する要件』『 店舗の構造及び設備に関する基準』の3つの要件を満たし、都道府県の公安委員会の許可を受けなければなりません。

中でも特定遊興飲食営業の構造要件は厳しく、下記のような要件を満たす必要があるのです。

  • 一室の床面積が33平方メートル以上
  • 照度が10ルクス以上
  • 客席を除く出入り口を施錠しないこと
  • 店内の見通しを悪くするような障害物を設置しないこと
  • 自治体が定める騒音基準を超えないこと

このようにナイトクラブを経営するためには、クリアしなければいけない要件が多いことに注意しましょう。

(2)設備投資にお金がかかる

料金・給与システムを決める

ナイトクラブを経営する場合、設備投資にお金がかかることに注意しましょう。

ナイトクラブには、DJブースや防音設計、音響に内装、照明などの設備にもお金がかかります。

ナイトクラブにとって、設備投資は重要です。

音周りの環境がルーズなクラブはDJもお客様も離れてしまう原因にもなります。

音響設備は、ナイトクラブの肝になる部分なので妥協せずに選びましょう。

初期の設備投資はナイトクラブの規模にもよりますが、バーの初期費用ですら1,000万円は必要と言われています。

物件や内装費用を抑えたいなら以前にクラブ経営やライブハウスをしていた居抜き物件を狙うと良いでしょう。

ナイトクラブの内装についてはこの記事で実例つきで紹介しています。

非日常にトリップできる!人を惹き付けるナイトクラブの内装3選

2020.08.09

(3)近隣への騒音対策が必要である

ナイトクラブを経営する場合、近隣への騒音対策にも注意しましょう。

そもそもナイトクラブなどの特定遊興飲食店営業をする場所は、各都道府県の条例で定められています。

人の出入りも多く、騒音や振動の問題もあるため周囲への配慮が必要です。

上下のテナントに迷惑をかけないような防音工事が必要になります。

また、DJブースと出入り口をできるだけ離すことや、二重扉にして音漏れを防ぐなど設計の段階での配慮ができるようにしておきましょう。

3.ナイトクラブ経営を成功させる3つのポイント

ナイトクラブを経営するからには、成功させたいと誰もが思いますよね。

ここではナイトクラブ経営を成功させる3つのポイントについて紹介します。

  1. 競合ナイトクラブとの差別化を考える
  2. 運転資金を確保しておく
  3. 新しいアイデンティティを提案する

しっかりとした事前準備を行い、失敗のないナイトクラブ経営を目指しましょう。

(1)競合ナイトクラブとの差別化を考える

ナイトクラブ経営成功のポイントは、競合するナイトクラブとの差別化を考えることです。

ナイトクラブは設置できる場所が限られているため、同じ地域に集中してしまいます。

そのため、他の店舗との差別化を考え独自の魅力をアピールする必要があります。

競合ナイトクラブの特徴、音楽のジャンル、年齢層をマーケティングした上で、どんな人にターゲットを絞って集客するのかを考え、オリジナリティのある特徴を打ち出しましょう。

(2)運転資金を確保しておく

ナイトクラブ経営の成功のポイントは運転資金を確保しておくことです。

安定して集客が見込めるまでにはある程度の期間が必要です。

その間の家賃や、人件費など毎月の固定経費を確保しておかないと、軌道に乗りかけたところで閉店という事態になってしまいます。

ナイトクラブの規模や家賃にもよりますが、1ヶ月100万円から200万円としても1,000万円近くの運転資金は必要になります。

最低でも3ヶ月から6ヶ月間の運転資金は確保しておきましょう。

(3)新しいアイデンティティの提案する

ナイトクラブを経営の成功のポイントは新しいアイデンティティの提案をすることです。

ナイトクラブに訪れる人は、音楽や非日常の刺激、楽しみを目的にしています。

そういったナイトクラブ一のニーズを超える、アイデンティティを提案することを考えましょう。

今までナイトクラブに来なかった層の人を取り込むことができれば、新しい市場が開拓できます。

ナイトクラブの概念にとらわれず、新しい可能性を考えましょう。

ガールズバーの経営のコツについてはこの記事で紹介しているので、他業種の参考にしてみてください。

ガールズバーは儲かる?経営の魅力3つと成功を左右する3つのポイント

2020.08.01

まとめ

ナイトクラブ経営は、設備や運転資金の確保など大変な部分もありますが、夢のある仕事です。

音楽とともに時代を牽引していくナイトクラブの経営を考えるなら、事前にしっかりと準備をしましょう。

まだまだ新しい可能性を秘めているナイトクラブ経営を成功させましょう。

関連記事一覧