備品の準備をする

【男性】人生一発逆転も夢じゃない!男性におすすめの夜の4つの仕事

「男ががっちり稼げる夜の仕事って何がある?」
「夜の仕事を副業にするのは難しい?」

そんな疑問をお持ちではありませんか?

副業OKの企業が増え、がっつり稼げる仕事先を探している男性にとって夜の仕事は超穴場!

夜の仕事の花形であるホストクラブ以外にも、自分の希望や特性に合わせて働ける夜の仕事がありますよ。

そこで、副業として夜の仕事を入れたいと考えている男性のために、効率良く稼げるおすすめの4つの男性向けナイトワークとメリット・デメリットを解説します。

実力主義の夜の世界では、男性が副業にナイトワークを始めることで人生一発逆転も決して夢じゃありません!

体力的にはハードですが、上手に調整して昼職・夜職ダブルで稼ぎましょう。

1.男性が夜に効率的に働ける4つの仕事

警備員や工事現場など男性向けの夜の仕事の種類は多いですが、特に効率的に稼げる水商売系に限定すると次の4つの仕事が挙げられます

  仕事内容 時給もしくは日給 こんな人におすすめ
ボーイ・黒服 ウエイター業務や雑務全般 時給1,000~1,500円+α 様々なスキルを学びたい方
独立開業したい方
送りドライバー 終電後のキャストの送迎 日給5,000円前後 運転技術に自信のある方
道を覚えるのが得意な方
バーテンダー お酒を作って提供する 時給1,000~1,300円 お酒が好きな方
ホスト 女性客の接待 時給1,000~1,800円+α 接客に自信のある方
高額収入を得たい方

シフト調整をすれば昼職と両立しやすく、初心者でも始めやすい夜の仕事が多いです。

次に1つずつ解説していきますね。

(1)ボーイ・黒服

1つ目の男性向けの夜の仕事は、ボーイ・黒服です。

ボーイ・黒服とは水商売系のナイトワークで働く男性従業員のことで、基本的にはキャストが働きやすい環境を整えるのが仕事です。

開店前や開店後の掃除や片付けといった雑務のほか、買い出し・ウエイター業務・買い出し、階級が上がるとキャストの管理や付け回しを行います。

また迷惑な客の対応や、キャスト間を取り持つなど仕事は多岐にわたっているので、大変である反面、様々なスキルを問答無用で鍛えることができるのが魅力です。

しかも、能力によっては、出世・独立開業も夢ではありません

ボーイ・黒服の時給は最初は1,000~1,500円程度ですが、仕事が認められると役職がついたりしてさらに高収入も期待できます。

(2)送りドライバー(キャストの送迎)

2つ目の男性向けの夜の仕事は、送りドライバー(キャストの送迎)です。

送りドライバーは、お店が閉店した後にお店のキャストを複数乗せて車でそれぞれの家まで送り届ける仕事です。

お店が終わるまで待機場所で待ち、送迎希望のキャストを乗せて運転するだけなので、夜の仕事としては比較的簡単。

運転技術に自信のある方や道を覚えるのが得意な方、キャストへの細やかな気遣いができる方向けといえるでしょう。

送りドライバーは時給ではなく日給のところが多く、相場は1勤務5,000円前後です。

(3)バーテンダー

3つ目の男性向けの夜の仕事は、バーテンダーです。

バーテンダーの仕事は、お客様のオーダーに合わせてお酒を作ること。

ガールズバーのバーテンダー(キャスト)とは異なり、男性のバーテンダーの仕事は本格的な技術や知識を求められます。

バーテンダーの時給は1,000~1,300円程度とそれほど高くはありませんが、趣味と実益を兼ねて働ける魅力的な夜の仕事です。

(4)ホスト

4つ目の男性向けの夜の仕事は、夜職の花形であるホストです。

ホストクラブを訪れたお客様(主に女性)をもてなす接客業で、最近では一千万円プレイヤーや億超えプレイヤーなども珍しくない夢のある仕事です。

一般的にホストの時給は最初は1,000~1,800円程度ですが、そのほかにもドリンクバックや指名・同伴バックなどの歩合、ナンバー入りなどによる報奨金、役職・階級による手当など+αでさらに高収入も期待できます

3つの夜の仕事の中では最も高額の収入を得られる可能性が高い仕事なので、接客に自信のある方や高額収入を得たい方におすすめです。

無理なく昼職と両立するためにも、自分の特性や目的、希望条件に合った職場を選びましょう

男性の夜の仕事については次の記事もご覧ください。

【男性版】ナイトワークの仕事を徹底紹介!求められるスキルとは?

2020.08.03

2.男性が夜の仕事をする7つのメリット

次に、男性が夜の仕事をすることで得られる7つのメリットを解説します

  1. 一般的な昼間のバイトと比べて格段に時給が良い
  2. 昼職では接点のないような女性と働ける
  3. 徹底した実力主義で学歴・職歴・年齢を問われない
  4. 寮やまかないの利用で出費を抑えられる
  5. 接客で経験を積みながらコミュ力やビジネススキルを磨ける
  6. 様々な業種・職種のお客様と知り合い新たな人脈を作れる
  7. 努力次第で評価され将来的に出世・独立もできる

男性の夜の仕事はハードな反面、昼職では得られないメリット・魅力・特典もいっぱい!

次に1つずつ解説していきますね。

(1)一般的な昼間のバイトと比べて格段に時給が良い

男性の夜の仕事の1つ目のメリットは、一般的な昼間のバイトと比べて格段に時給が良いことです。

それぞれ仕事内容によって時給が変わりますが、夜の仕事は一般的なバイトの時給と比べて高いところがほとんどです。

さらに、本人の努力次第では昇級や手当も増え、昼職では会社の重役にならなければ手に入らないような収入を得ることも可能です。

夜の仕事はストレスも多い仕事ですが、金銭面で頑張る価値や頑張り甲斐のある仕事なので、昼職の給料とは別に副収入を得たい男性にはぴったりですよ。

(2)昼職では接点のないような女性と働ける

男性の夜の仕事の2つ目のメリットは、普段ならお近づきになれないような魅力的な女性と働けることです。

ボーイ・黒服や送りドライバーの仕事は、夜の仕事をする女性と多く接する仕事です。

昼職では縁のないような魅力的な女性と出会えるチャンスがいっぱい!

しかし、お店によってはキャストとの恋愛を禁止しているところもあるので注意してください。

また、ホストも女性のお客様を接客するので出会いが多い仕事です。

昼職で女性と接する機会がない男性にとっては夢のような職場ですし、女性の扱いや対応もうまくなるので恋愛や結婚をした時にも役立つことでしょう。

(3)徹底した実力主義で学歴・職歴・年齢を問われない

男性の夜の仕事の3つ目のメリットは、夜の世界は徹底した実力主義で学歴や経歴や年齢不問であることです。

昼職では何かと重視される学歴は、夜の仕事では全く意味がありません。

また、これまでの経歴や年齢も重視されず、徹底した実力主義・成果主義であるため、ここから新しい自分の人生をスタートしたい男性にとっても最適です。

さらに、夜の仕事では、成果次第で昇給・昇格もスピーディですし、実力が認められればアルバイトから正社員に採用され、お店の幹部に出世することもできます

なかなか昼職では成果を上げてもそれが地位や待遇・給料に反映されませんが、頑張った分だけしっかり評価されるのも夜の仕事ならではのメリットであり魅力といえるでしょう。

(4)寮やまかないの利用で出費を抑えられる

男性の夜の仕事の4つ目のメリットは、お店によっては寮やまかないの利用で出費を抑えられることです。

昼職では寮やまかないは福利厚生の充実した大企業でないと期待できませんが、夜の仕事では寮・まかないつきは実は珍しくありません。

そのため、採用が決まれば即入居できるので仕事も住むところも一度に手に入れることができます

アパートを借りるためには保証人や多額のお金が必要ですが、夜の仕事に就くならそれも不要。

また、まかない付きの仕事なら食費が浮くだけでなく健康面でも安心です。

昼職の給料だけでは毎月の家賃や食費を払うのは大変な男性も、夜の仕事なら家賃・食費を丸ごと浮かせることができてオトクです。

(5)接客で経験を積みながらコミュ力・ビジネススキルを磨ける

男性の夜の仕事の5つ目のメリットは、接客で経験を積みながらコミュ力やビジネススキルを磨けることです。

様々なお客様やキャバ嬢などお店の女性と接するうちに、他者と円滑にコミュニケーションをとるスキル(ヒューマンスキル)が身につきます

また、夜の仕事での人の動かし方や運営方法(テクニカルスキル・コンセプチュアルスキル)、相手に正しく伝えるプレゼンテーションスキルも磨かれるなどビジネスで必要なスキルを磨くことができます。

高収入を得ながら今後に役立つ能力も伸ばせるなんて一石二鳥ですね。

(6)様々な業種・職種のお客様と知り合い新たな人脈を作れる

男性の夜の仕事の6つ目のメリットは、様々な業種・職種のお客様と知り合い新たな人脈を作れることです。

ホストの仕事で接客する様々な女性客の中には、会社の経営者や幹部なども多いです。

ボーイ・黒服の仕事でも意外とお客様と会話をする機会が多く、気が付けば常連のお客様と仲良くなることも珍しくありません。

昼職では知り合えないようなランク・レベルのお客様と知り合うことができ、人脈を作れるのは夜の仕事の大きなメリットです。

(7)努力次第で評価され将来的に出世・独立もできる

男性の夜の仕事の7つ目のメリットは、努力次第で評価され将来的に出世・独立もできることです。

夜の仕事は実力主義・成果主義なので、しっかり結果を出せばアルバイトから正社員、そして幹部に出世することももちろん可能です。

また、個人で独立してお店を出すのは容易なことではありませんが、独立支援制度のあるお店で働けば、資金面やノウハウ面での援助を受けて将来的に自分のお店を持つことも夢ではありません

「いつかは自分のお店を持つ!」と高いモチベーションを保って働けるのも夜の仕事ならではのメリットです。

3.男性の夜の仕事の4つのデメリット

最後に、男性の夜の仕事の4つのデメリットを解説します。

  1. 夜の仕事ならではの独自ルールがあり罰則も厳しい
  2. お酒の飲みすぎや睡眠不足で健康を損ないやすい
  3. 思わぬ高収入を得て金銭感覚が狂いやすい
  4. クセの強いお客様・キャストの対応でストレスが溜まりやすい

副業で夜の仕事をする場合、デメリットを上手にカバーするのが昼職に悪影響を与えない最善の方法です。

次に1つずつ解説します。

(1)夜の仕事ならではの独自ルールがあり罰則も厳しい

男性の夜の仕事の1つ目のデメリットは、夜の仕事ならではの独自ルールがあり罰則も厳しいことです。

夜の仕事は、昼職以上に細かいルールが多いです。

しかし、ルールといっても基本は無断欠勤・遅刻しないなど昼職なら当たり前のルールも多いので、昼職経験者ならそれほど大きなデメリットとはならないことでしょう。

男性の夜の仕事で最も気を付けたい独自ルールが色恋関係のルールです。

ボーイ・黒服や送りスタッフの仕事では美しい女性と接することも多いため、男として心が揺らぐことも多いはず。

しかし、店内恋愛禁止のルールがあるお店も多く、バレたら高額な罰金を払わなければならないことも。

が、もっと大きな損失はお店からの信頼を損なうことです。

ルール破りでせっかくの好条件の副業を失うのはあまりにもったいないので、お店のルールは確実に遵守するようにしてください。

(2)お酒の飲みすぎや睡眠不足で健康を損ないやすい

男性の夜の仕事の2つ目のデメリットは、お酒の飲みすぎや睡眠不足で健康を損ないやすいことです。

お酒を飲む機会が多いホストは、お酒の飲みすぎで体を壊してしまう人が少なくありません。

また、睡眠不足の状態を長く続けているうちに体内バランスが乱れてしまい、様々な不調が出ることも多いです。

メリットの多い夜の仕事ですが、睡眠不足・体調不良で昼職に悪影響が出てしまいリストラ・左遷されてしまっては元も子もありませんね。

お店に出勤するのは休前日や休日だけにする、お酒を控えるなど自分で体調と相談して無理をしないように調整しましょう

(3)思わぬ高収入を得て金銭感覚が狂いやすい

男性の夜の仕事の3つ目のデメリットは、思わぬ高収入を得て銭感覚が狂いやすいことです。

実力主義・成果主義の夜の仕事では自分の努力によっては昼職では手に入れられないような高収入を得ることは夢ではありません

そうなると次第におかしくなってくるのが金銭感覚であり、それを助長するように夜の世界は華やかで誘惑も多いです。

そこで流されてしまうと副業をする意味がありません。

「自分の店を持ちたい」「貯蓄したい」など将来の夢や目標があるなら、無駄遣いをせず、財布のひもを引き締めて夜の仕事をするようにしましょう

(4)クセの強いお客様・キャストの対応でストレスが溜まりやすい

男性の夜の仕事の4つ目のデメリットは、クセの強いお客様・キャストの対応でストレスが溜まりやすいことです。

例えば、夜のお店には『痛客』と呼ばれる厄介なお客様も訪れます。

その際、ボーイ・黒服ならばお店のキャストを守る防波堤とならねばならず、ホストならば自分でなんとかあしらわなければなりません

また、キャスト間のトラブルに巻き込まれたり、仲裁をしなければならないことも。

男性の夜の社会でも、昼職と同じように一番厄介なのは人間関係といっても過言ではありません。

しかし、次第に場慣れして耐性が付いてうまくさばけるようになるので安心してください。

まとめ

昼職を続けながら両立できる男性向けの夜の仕事の選択肢は意外と多いです。

しかも、働き方改革で副業に夜の仕事で働く男性も増えているため、お店側も柔軟なシフト調整など対応も進んでおり、より働きやすい環境が整ってきています。

しかも、華やかな世界の夜の世界は、完全実力主義・成果主義なので、人によっては人生一発逆転も夢じゃありません。

ぜひ、気になったお店には思い切って飛び込んでみてはいかがでしょうか?

新しい世界が開くきっかけとなるはずです!

関連記事一覧