ホストの営業時間とは?時間帯ごとのメリット・デメリットも紹介

「ホストで働くならどの時間帯で働くのがいいのだろう?」
「1部、2部それぞれの時間で働くとどんな生活スケジュールになるんだろう?」

ホストクラブは営業時間を1部、2部と全く違う時間帯で営業していることをご存知ですか?

時間帯によって、1部営業、2部営業と呼ばれ、時間帯が全く異なるので働き方やタイムスケジュールも違います。

ホストクラブでの仕事に興味があるのなら、それぞれ営業時間の仕組みや特徴を知っておくと安心ですね。

ここでは、ホストクラブの営業時間について、営業時間別のタイムスケジュールや客層、それぞれの時間帯で働くメリット、デメリットを紹介します。

1.ホストクラブの営業時間の仕組みとタイムスケジュール

ホストクラブには、1部営業と2部営業の営業時間から成り立っています。

1部営業は午後18時頃から午前0時まで、2部営業は午前5時頃~午後12時頃までの時間帯で営業していることが一般的です。

営業時間
1部営業 午後18時頃~午前0時まで
2部営業 午前5時頃~午後12時まで

3部営業で午後12時から夕方まで営業している店舗もありますが、需要がないため3部営業はあまり実施されていません。

主なホストクラブは1部、2部のいずれかの時間帯、もしくは両方の時間帯で営業しています。

ホストクラブというと夜に営業しているイメージですが、2部営業のように朝方から営業していると知って驚く人もいるでしょう。

ホストクラブの営業時間は風俗営業法によって決められています。

ホストクラブやキャバクラなどの風俗営業店は、深夜0時から朝方までは営業できないという決まりがあるため、1部2部、3部という営業時間になったのです。

(1)1部営業のホストの1日のタイムスケジュール

1部営業は午後18時頃から午前0時までの営業時間で、多くのホストクラブが営業している時間です。

夕方からの営業時間のため、学生や副業でも働きやすい時間帯です。

1部で働くホストの1日のタイムスケジュールの例を見てみましょう。

  • 12時 起床
  • 出勤までの時間にLINEで営業活動など自由時間
  • 15時~18時 ヘアメイク、ミーティング、開店準備
  • 18時~0時 出勤
  • 0時~3時 アフターや食事
  • 4時頃 帰宅
  • 5時~12時  就寝

このように、就寝時間が朝方になることも多いですが、営業後にアフターなどの予定を入れなければ比較的自由時間も多く、学生や副業も可能です。

(2)2部営業のホストの1日のタイムスケジュール

2部営業は午前5時頃から午後12時頃までの営業時間で、朝にホストクラブで働くスタイルです。

昼夜逆転するため、ホストクラブ1本で働いている人が多いです。

2部営業は多くのお客様が出入りするのでホストクラブの中でも稼ぎ時と言われています。

2部で働くホストの1日のタイムスケジュールの例を見てみましょう。

  • 0時 起床
  • 出勤までの時間にLINEで営業活動など自由時間
  • 3時~5時 ヘアメイク、ミーティング、開店準備
  • 5時~12時 出勤
  • 12時~15時 アフターや食事
  • 16時頃 帰宅
  • 17時~0時 就寝

早朝から昼まで働くため生活リズムは逆転しますが、ホストとしてがっつり稼ぎたいという人には2部がおすすめです。

2.【営業時間別】それぞれの客層とは?

ホストクラブの営業時間が違うと、客層も変わってきます。

1部、2部では、それぞれどのような女性が出入りしているのでしょうか?

それぞれの時間帯の特徴を知って、ホストクラブで働く時の参考にしてください。

(1)1部営業の客層とは?

接客に関する用語

1部営業の客層は、午後18時頃から午前0時までと営業時間まだ時間が早いこともあり、昼間の仕事をしている会社員や、学生の女性が多く来店されます。

女性同士で仕事終わりに来店したり、学生のグループや主婦などさまざまな客層で賑わう時間帯です。

ホストクラブというと、キャバクラや風俗店で働く女性が固定客なイメージはありますが1部営業はさまざまな職種の女性が訪れます。

働いているホストも学生や副業ホストも多く働いています。

(2)2部営業の客層は?

2部営業は午前5時頃から午後12時頃までと朝方の営業時間となるので、仕事終わりのキャバクラや風俗店の女性が多く来店されます。

また、夜勤明けの看護師や仕事の女性もいます。

1部のホストクラブのお客様がそのまま2部に来店することもあり、お酒を飲んでいる女性が来店されるケースが増えます。

2部は常連客やキャバクラなどの同業者の女性が多くなるのでお金が動く時間帯でもあります。

ホスト1本で稼いでいるホストも多くディープな時間帯とも言えます。

3.【営業時間別】それぞれの時間帯のメリット・デメリットとは?

ホストクラブは働く時間帯によって、客層や店舗数も違うためそれぞれにメリット・デメリットがあります。

その時間の特徴を知って、どちらの時間帯が自分に合っているのか考えてみましょう。

ここでは1部営業と2部営業それぞれの時間帯で働くメリットとデメリットを紹介します。

(1)1部営業のメリット・デメリットとは?

1部営業のホストクラブで働くメリットは、何と言っても働くお店が多いことです。

ほとんどのホストクラブは1部営業をしているので、お店選びには困りません。

働いているホストも多く、女性の客層もさまざまなのでホスト初心者にも働きやすいこともメリットの1つです。

夕方から深夜の勤務になるので、会社員の副業や学生であればバイトとしても勤務可能な時間帯であることも魅力的ですね。

しかし、1部営業は働いているホストも多いので、ライバルが多いというデメリットがあります。

店舗数も多いのでどこで働けばいいのか迷ってしまうこともあるでしょう。

店舗数が多いので働きやすい点はメリットですが、ライバルが増えるというデメリットでもあります。

(2)2部営業のメリット・デメリットとは?

2部営業のホストクラブで働くメリットは、アルコールを入れて来る女性が多いのでノリがよく接客しやすいことです。

キャバクラなどの仕事終わりに来ている女性客も多いので、仕事終わりの開放感と酔いも手伝ってシャンパンやワインなどの抜きものと呼ばれる高価なボトルの注文が取りやすいのです。

キャバクラや風俗店で働く女性の来店が多いので、共通の話題も多く話が盛り上がるというメリットもあります。

また、2部は昼に営業が終わるので、アフターに行く店もいろいろなジャンルの飲食店から選ぶことができます。

しかし、一方でお酒の量も多くなったり、酔ってからまれる確率も高くなるというデメリットもあります。

営業時間が早朝からということもあり、昼夜逆転の生活になってしまうことも考慮しないといけません。

2部は多くの女性が訪れるので、ホスト1本でがっつり稼ぎたいという人にはチャンスがあるとも言えます。

まとめ

ホストクラブは営業時間が1部、2部と分かれています。

1部、2部それぞれの時間帯のみ営業しているホストクラブもあれば、両方営業している店舗もあります。

どちらの時間帯で働くかで生活スケジュールも大きく変わってきますね。

ここでは、ホストクラブの営業時間について、営業時間別のタイムスケジュールやそのメリット、デメリットを紹介しました。

ホストクラブに興味があるならそれぞれの時間帯の客層や働くメリット、デメリットを知っておくとよいでしょう。

生活スタイルを考えた上で、自分に合った働き方をしましょう。

関連記事一覧