ガールズバーのお持ち帰り成功率UP!3つの鉄則と3つのステップ

「ガールズバーキャストのお持ち帰りって難しいの?」
「ガールズバーキャストってガードが堅くて攻略しづらい?」

そんな疑問をお持ちではありませんか?

素敵な女性が多いガールズバーのキャストをお持ち帰りするのは、一見、ハードルが高そうです。

しかし、事前の観察・準備と事なポイントさえしっかりおさえておけば意外とスムーズにお持ち帰りをすることができます

そこで、ここではガールズバーキャストのお持ち帰りを狙うなら絶対におさえておきたい3つの鉄則と3つのステップを解説します。

鉄則プラス3ステップで成功率も確実にアップ!

ガールズバーで楽しく飲んだあとはキャストと素敵な時間を楽しみましょう。

1.ガールズバーキャストお持ち帰りを成功させる3つの鉄則

ガールズバーキャストのお持ち帰りを成功させるための3つの鉄則を解説します

  1. お持ち帰りしやすいお店を選ぶ
  2. お持ち帰りしやすい曜日・時間帯を選ぶ
  3. お持ち帰りしやすい相手を選ぶ

ガールズバーキャストをお持ち帰りするのは難易度が高いイメージがありますが、この3点をふまえてアプローチすれば、イケメン・お金持ち・常連じゃなくても大丈夫

どんなことにも、成功の陰には綿密な事前調査と地道な下準備あり。

ぜひこの鉄則を覚えておき、ガールズバーキャストのお持ち帰りにチャレンジしましょう。

(1)お持ち帰りしやすいお店を選ぶ

ガールズバーキャストお持ち帰りの1つ目の鉄則は、お持ち帰りしやすいお店を選ぶことです。

歴史の浅いガールズバーの中には、女性のキャストは充実していても、店長・ボーイなどの仕事をする男性スタッフが少ないお店もあります。

時には、すべて女性キャストのみで運営しているお店も。

そんなお店は、キャストががちがちに管理されていないことも多いので狙い目です。

また、若い男性客が少なく、比較的年齢層が高めのお店もキャストをお持ち帰りしやすい傾向があります。

やはり若い男性と話すほうが好きなキャストも多く、珍しい若い男性客はキャストの人気も集中します。

いわば、お持ち帰りを狙う同世代の競争相手がいないお店を選ぶことで成功率を高めることができるのです。

(2)お持ち帰りしやすい曜日・時間帯を選ぶ

ガールズバーで働くときの5つの注意点

ガールズバーキャストお持ち帰りの2つ目の鉄則は、お持ち帰りしやすい時間帯を選ぶことです。

やはりお客様が多くてキャストが忙しいタイミングでは、お持ち帰りはキャストの心理や疲労度からいって断られる可能性が高くなります。

また、周囲の目を気にして、なかなかキャストと思うような会話ができず、雰囲気や流れづくりができないことも。

そのため、ガールズバーキャストお持ち帰りの狙い目のタイミングは、客数が少ない平日の深夜

また、お客様が少ないからと休日や休前日に比べて平日にお店を閉める時間を早めるお店も少なくありません。

深夜営業ができるガールズバーは深夜遅くまで営業していますが、送迎がないお店の場合、仕事が終わたあと始発まで時間を潰してから帰るようにしているキャストもいます。

(3)お持ち帰りしやすい相手を選ぶ

ガールズバーキャストお持ち帰りの3つ目の鉄則は、お持ち帰りしやすい相手を選ぶことです。

バイトの多いガールズバーキャストは人によってお客様との交際アリ派とナシ派がはっきり分かれます

そのキャストがアリ派かナシ派かは、そのキャストとの会話の中で次の3つの会話が出てくるかどうかでわかります。

  1. 下ネタOK
  2. 彼氏いないアピール
  3. こちらの彼女の有無などを探ってくる

この3つの話が出てくるキャストはお客様との交際アリ派で、比較的お持ち帰りしやすいタイプとみて間違はありません。

下ネタOKのキャストは基本的に男性とのやりとりに慣れていてガードが低い上に、女性に嫌がられるナンバーワンネタである下ネタをキャスト側から振ってくるのは興味や関心がある証拠です

さらに、自分が彼氏がいないことなどを聞いてもいないのに話してくるのは完全に好意を持たれているといえます。

キャストが会話中に上記のような話題を持ってきたら、チャンス到来!

次の3ステップを踏んで、お持ち帰りを成功させましょう。

もし好みのキャストがナシ派だった場合は、残念ですが諦めて別のキャストに望みをかけたほうが良いです。

2.お持ち帰りまでの3つのステップ

次に、ガールズバーキャストのお持ち帰りまでの3ステップを解説します

  1. 気前よく振る舞う
  2. アフターに誘う
  3. 二人きりになれるところに誘う

この3つのステップを正しく踏んでいけば、ガールズバーキャストのお持ち帰りは決して難しくありません

(1)気前よく振る舞う

褒めるより感謝の言葉を多く使う

ガールズバーキャストのお持ち帰りの第一ステップは、気前よく振る舞うことです。

法律上、接待ができないガールズバーではお客様につくキャストはコロコロと変わります。

キャストお持ち帰りを狙っているなら、接客してくれるキャストへのドリンクをケチってはダメ

基本的に、女性はケチな男性が苦手です。

ケチな男=恋愛対象外の女性も。

見栄を張って高いシャンパンを入れる必要はありませんが、接客してくれるキャストにはケチらず積極的にドリンクを振る舞いましょう。

自分がキャストを楽しませるくらいの気持ちで接していれば、自然とキャストの警戒心も解け、「良客」と自分に良い印象を持ってくれます

そうして好感度を爆上げしていきながら、会話の内容などからお持ち帰りできそうなキャストを探しましょう。

(2)アフターに誘う

ホステスになる方法

ガールズバーキャストのお持ち帰りの第二ステップは、食事とお酒で心を開いてもらうためにアフターに誘うことです。

キャストをアフターに誘うには、まず事前の曜日・時間帯の確認が重要です。

それも踏まえてキャストがOKしやすい状況を作っておき、お店で好印象を持ってもらえておけば、アフターの承諾率も自然と高くなります

この時、会話の流れの中で相手キャストの好みなどをしっかり把握してアフター用のお店選びをすることも好感度を上げる大事なポイント

ただ、お店の中から外に移ることで、当然、キャストの警戒心も再び高くなります。

「アフターOKしてもらえた」と浮かれてここで下心満載な会話や態度をとってしまえば全てが水の泡。

アフターに付き合ったものの下心見え見えのセクハラに嫌悪感を感じ、やっぱりやめようと逃げられてしまう可能性が高くなります。

あくまでも紳士的に振る舞い、お店の中だけでなく、お店の外でも好印象を与えるようにしましょう

(3)二人きりになれるところに誘う

ガールズバーキャストのお持ち帰りの最終ステップは、二人きりになれるところに誘うことです。

店内・店外で一緒に過ごして楽しいと思うお客様は、キャストの中ではすでにお客様の枠を超えていることも少なくありません。

そんな相手に誘われて「No」というキャストはまれ。

二人きりになれるところに誘ってOKをもらえればあとはそのままお持ち帰りコースです。

誘う時は、露骨に「ホテルに行こう」と言うより、「もう少し一緒にいよう」と自然にエスコートすると良いでしょう。

まとめ

ガールズバーキャストのお持ち帰りは、キャストがOKしやすい状況作りやキャストの見極め、さらにお店の中での会話次第で簡単に実現することができます。

キャストお持ち帰りで厳禁なのは、しっかり準備・観察せずに手あたり次第にキャストに声をかけること。

『下手な鉄砲も数撃てば当たる』方式では、キャスト間で悪い噂がすぐに広まり、お店の居心地も悪くなることでしょう。

それを防ぐのに役立つのが3つの鉄則・3つのステップです。

この鉄則・ステップを踏まえ、ガールズバーで楽しく飲んだ後は、魅力的なキャストとその後の夜を思う存分楽しんでくださいね。

関連記事一覧