【女性必見】一番稼げるのはどれ?内容や時給で選ぶナイトワーク5選

「ナイトワークをやってみたいけど、どんな仕事なのかな?」
「クラブとラウンジってどう違うの?」

ナイトワークにはたくさんの種類があり、具体的にどんな仕事をするのか分かりにくいですよね。

ナイトワークとは、水商売などのナイトビジネスを総称した言葉です。

興味はあるけど、仕事のイメージがわからないから不安で一歩踏み出せないという女性も多いでしょう。

ここでは、ナイトワークの種類や、気になる時給、どんな女性に向いているのかを詳しく紹介します。

1.ナイトワークの5つの種類と給与

女性のナイトワークは、職種もさまざまです。

昼のアルバイトよりも給料が高い場合が多く、華やかな世界に憧れる女性も多いでしょう。

しかし実際に求人を見てみると、どんな仕事をするのか分かりにくくて悩んでしまう女性も多いのではないでしょうか?

ここでは、下記の仕事について紹介します。

  1. キャバクラ
  2. スナック
  3. ガールズバー
  4. クラブ
  5. ラウンジ

ナイトワークの仕事内容と時給、その仕事に向いている女性を紹介するので、ナイトワークを選ぶときの参考にしてください。

ナイトワークで働くメリットとデメリットについて興味がある方はこの記事もチェックしてみましょう。

ナイトワーク初心者必見!華やかな夜の世界で働くメリットとデメリット

2020.08.02

(1)キャバクラ

キャバクラはナイトワークの代表的な仕事です。

キャバクラでの仕事内容は、テーブル席でお客様を接客することです。

基本的に1対1で接客し、お酒を作ったり、会話を楽しむことが主な業務になります。

キャバクラは働いている女性の年齢は20代から30代前半と若い女性が多く、比較的カジュアルに利用できるので学生や会社員など幅広い年齢層のお客様が来店することが多いです。

キャバクラでの仕事を本職にしている女性だけでなく、学生や昼職との副業としてキャバクラ勤務をする女性も増えています。

キャバクラの中には、夜だけではなく日中に営業している朝キャバや昼キャバもあるので、客層や時間帯に合わせて勤務を選ぶことができます。

#1:キャバクラの時給

キャバクラの時給は2,000円から3,000円程度からスタートするのが一般的です。

その他に、同伴の本数や、指名数、ボトルバックなどが時給にプラスされるので、人気が出てくればかなりの高収入が得られます。

メディアでも有名なキャバ嬢のエンリケは時給18万円を超えると言われています。

#2:キャバクラの仕事に向いている女性

キャバクラの仕事に向いている女性は、人と接するのが好きな人です。

お酒を作る、タバコに火を付けるなどの基本的な業務はあるものの、キャバ嬢に最も求められるのは、楽しい時間を過ごそうと前向きに接客できることです。

可愛く若い女性とお酒を飲みながら楽しく過ごすために、来店している男性客は多いでしょう。

キャバクラに応募するのなら面接のポイントを知っておきましょう。

この記事では面接のポイントを紹介しているので参考にしてみてください。

キャバクラの面接で質問される内容とは?面接時のポイント4つ紹介

2020.06.22

(2)スナック

スナックとは、ママがいて基本的にカウンター越しの対面での接客をする店です。

キャバクラや他のナイトワークに比べて働く女性の女性の年齢層も高く、指名や同伴のノルマもないケースがほとんどです。

アットホームな雰囲気の中で、お酒を作ったり、会話を楽しみ、カラオケを歌うこともあります。

ママとの相性が良いと働きやすいので、事前にどんなお店かチェックしておくと安心です。

#1:スナックの時給

スナックの時給は1,500円から2,000円程度のことが多いです。

昼間のアルバイトよりは稼げる上に、ノルマもないので気軽に初められるナイトワークですね。

都内ではスナックでも時給2500円ほどもらえる店舗もあります。

時給はママの判断次第なので、お客さんが定着したら時給アップを交渉してみましょう。

#2:スナックの仕事に向いている女性

スナックの仕事に向いている女性は、年上の男性との会話を楽しめる女性です。

スナックは他のナイトワークに比べてお客様の年齢層も高く、ママとスナックの雰囲気が好きで通っている常連客が多いので、ママのお手伝いをしながら楽しくお酒を飲んで会話のできる女性が向いています。

カラオケを歌う機会も多いので、定番曲をマスターしておくと喜ばれますよ。

(3)ガールズバー

ガールズバーとは

ガールズバーとはカウンター越しにお酒を作って提供する女性バーテンダーのショットバーです。

キャバクラのように接客メインではなく、学生やサラリーマンなど若い男性客が多いので気軽に働くことができます。

あくまでお酒を提供することがメインなので、ノルマや指名もない場合が多く、ナイトワーク初心者でも抵抗なく働けます。

服装は自由であったり制服が用意されている場合もあるので、事前に確認しておきましょう。

#1:ガールズバーの時給

ガールズバーの時給は1,200円から2,000円程度の事が多いです。

ナイトワークの中では時給は安めですが、バーで働く感覚に近いので飲食店でアルバイトをする感覚で働くことができます。

稼ぎたい場合は、ドリンクバックや同伴バックのある店舗を選べば時給3,000円を目指すこともできます。

#2:ガールズバーの仕事に向いている女性

ガールズバーの仕事に向いている女性は、ノリがよく気の利いた会話ができる女性です。

ガールズバーではノルマや指名は少ないですが、やはり気に入った女性目当てに来店する男性客もいます。

1対1での接客ではないので、笑顔で気の利いた一言を交わすだけでも印象に残ります。

二次会、三次会で利用する方が多いのでノリのよい女性だと一緒に盛り上がれるので喜ばれるでしょう。

ガールズバーの仕事はこの記事で詳しく紹介しているので参考にしてください。

ガールズバーの仕事とは?新人が意識すべき5つのコツと5つの注意点

2020.08.25

(4)クラブ

ナイトワークの中でも、最も高級感があるのがクラブです。

大人の社交場であり、会員制であるクラブも多く有名人や会社経営者などが訪れる高級店です。

その分、働く女性にも見た目の美しさだけではなく、教養やマナーなど知的な部分が求められます。

ただ会話をしてお酒を作るレベルではなく、気遣いや品格のある接客スキルがないと務まらないのでナイトワーク初心者にはハードルが高いと言えるでしょう。

#1:クラブの時給

クラブは日給制である場合が多く、日給30,000円前後と言われています。

1日に4~5時間働くとして、時給にすると6,000円~7,500円になります。

ナイトワークのなかでも高収入なクラブで働くには、容姿だけでなくクラブにふさわしい接客スキルが求められます。

高級クラブになると、日給50,000円というクラブもあります。

#2:クラブの仕事に向いている女性

クラブの仕事に向いている女性は、プロ意識が高く自分磨きをし続ける女性です。

高級クラブでは、ヘアメイクや身だしなみもきちんとし、お客様との会話に困らないように勉強する努力が必要です。

社会のトップクラスの男性と会話するには、常に新聞やニュースに目を通し世の中の流れを知っておく必要があるのです。

外見の綺麗さだけでなく、常に自分磨きを怠らない意識の高さを持つことが大切です。

クラブホステスとして成功する秘訣についてはこの記事で詳しく紹介しています。

クラブホステスとは?ホステスとして成功する方法やキャバ嬢との違い

2020.08.15

(5)ラウンジ

ラウンジは、クラブと雰囲気が似ていますがクラブよりは敷居が低く高級感のある落ち着いた店舗が多いです。

接待に使われることも多く、仕事内容はお酒を作り接客をするという仕事内容は、クラブやキャバクラと似ています。

店内にボックス席やソファー席があり、華やかで落ち着いた印象の店舗が多いことが特徴です。

キャバクラとクラブの中間の位置づけなのが、ラウンジです。

#1:ラウンジの時給

ラウンジの時給は2,000円から3,000円からスタートすることが多いです。

その他に、同伴の本数や、指名数、ボトルバックなどが時給にプラスされるので、人気が出てくればかなりの高収入を得ることができます。

六本木や銀座では時給5,000円というラウンジもありますよ。

#2:ラウンジの仕事に向いている女性

ラウンジの仕事に向いている女性は、落ち着いた雰囲気で会話を楽しめる女性です。

大人数が来店する機会が多いラウンジでは、キャストとの会話を楽しみに来店されるお客様が多く、会話力が重視されます。

派手でノリが良い女性よりも、ゆっくりと落ち着いて話すスキルが求められます。

歌舞伎町のオシャレなラウンジについてはこの記事で紹介しているので参考にしてください。

【美女としっぽり】歌舞伎町で落ち着いて飲めるオシャレなラウンジ5選

2020.07.11

まとめ

ナイトワークにはたくさんの種類があり、それぞれに雰囲気や仕事内容も違います。

どの仕事も華やかな部分だけではなく、細やかな気配りや会話力が必要な仕事です。

自分に向いているのはどんな仕事なのかを考えて、ナイトワークを選びましょう。

関連記事一覧