シャンパンタワーっていくら?種類別の相場と選ぶ7つのポイント!

「シャンパンタワーっていくらで借りれるの?」
「シャンパンタワーを頼むときのポイントは?」

このように、シャンパンタワーの値段について疑問に思っていませんか。

実は、シャンパンタワーには種類があり、それぞれで大体の値段が決まっています!

また、いくつかの注意点を踏まえるとシャンパンタワーをする際の失敗がぐんと減ります。

この記事では、シャンパンタワーの相場とレンタルを頼むときの注意点を解説します。

この記事を参考に、ホストクラブを盛り上げて売り上げアップしましょう!

1. シャンパンタワーの3つの種類とその相場

シャンパンタワーは、積み方とその段数によって高さや必要なシャンパンの本数、もちろん価格も変わってきます

  1. 三角形のシャンパンタワー
  2. 四角形のシャンパンタワー
  3. その他オプション付きシャンパンタワー

演出方法によってはオプションを用意しているところもありますので、利用してみても良いでしょう。

(1)三角形のシャンパンタワー

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

パステル(@pastel.nagoya)がシェアした投稿

少人数のカジュアルおしゃれなパーティ向けにおすすめなのが、三角形のシャンパンタワー。

グラスの数が少なく済むのですが、安定しにくいため設置が大変だそうですよ。

グラスの数も少ないため使用するシャンパン数も後述する四角形よりも少なめです。

三角形のシャンパンタワーの段数によっての価格相場を紹介します。

  グラス数(平均) 高さ(約) シャンパンの本数 相場(平均)
5段 35個 1.4m 3〜5本 25,000円〜
6段 56個 1.5m 6〜8本 30,000円〜
7段 84個 1.6m 8〜10本 35,000円〜
8段 120個 1.7m 15〜20本 50,000円〜

三角形は土台が安定しないので、あまり高く積むのは難しいようです。

三角形のシャンパンタワーはスタイリッシュな印象を与えますので、おしゃれ感を出したい時にも良いかもしれませんね。

(2)四角形のシャンパンタワー

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

パステル(@pastel.nagoya)がシェアした投稿

迫力あるピラミッド型の四角形のシャンパンタワーは、大人数でのパーティにおすすめ。

三角形に比べると使用するグラス数も倍近く。

必要なシャンパンの本数も倍は必要です。

ホストクラブで使用するなら、華やかで見応えある四角形のシャンパンタワーがおすすめです。

四角形のシャンパンタワーの段数によっての価格相場を紹介します。

  グラス数(平均) 高さ(約) シャンパンの本数 相場(平均)
5段 55個 1.4m 6〜8本 30,000円〜
6段 91個 1.5m 8〜10本 35,000円〜
7段 140個 1.6m 15〜20本 40,000円〜
8段 204個 1.7m 35〜40本 60,000円〜
9段 285個 1.8m 50〜55本 80,000円〜
10段 385個 1.9m 65〜70本 100,000円〜

10段ともなると、使うシャンパンの本数も桁違い!

パーティーの人数規模やお客様の雰囲気によって決めると良いでしょう。

(3)その他オプション付きシャンパンタワー

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

K(るう)(@skull_ruu)がシェアした投稿

青やピンクのネオンで華やかに彩るシャンパンタワーやバルーンなど、オプションを用意しているところも多いです。

お店には少し薄暗い照明を取り入れている所も多いため、そんな店内に生えるので、一番人気はネオンテーブル。

他にも嬉しいオプションがありますのでチェックしてみましょう。

  仕様 金額
ネオンテーブル テーブル全体が明るく光るので、グラスも映えてとっても華やか。豪華な雰囲気にしたい時にはおすすめ。 10,000円〜
生花 シャンパンタワーの周りやお席を花で飾ります。パーティー感が増しますね。 10,000円〜
文字バルーン お客様の名前やイニシャルを文字バルーンで飾ってみては。 15,000円〜
会場バルーン 会場全体をバルーンでかざります。特別感があっておすすめ。 50,000円〜
メッセージプレート 特別ないちにちの為に、メッセージプレートをつける事も。 10,000円〜

この他にも、各社で様々な工夫をこらしてオプションを用意しています。

お願いする際に、チェックしてみましょう!

2. シャンパンタワーを注文する際の7つの注意点

シャンパンタワーはレンタル業者から借りるのが一般的です。

その場合の注意点について解説します。

  1. 料金に含まれるサービス内容
  2. 撤収の時間帯
  3. 必要なシャンパンの数
  4. 必要な場所の広さ
  5. 配達・出張エリア
  6. 設置、撤収にかかる作業時間
  7. 支払い方法

トラブルを防ぐためにも、しっかりとチェックしておきましょう

(1)料金に含まれるサービス内容

料金に含まれるサービス内容を確認しておきましょう。

以下のサービスが含まれているかどうか確認しておくことをおすすめします

  1. グラス・テーブルなどの資材
  2. 設置・撤収作業料金
  3. アレンジメント・ライトアップなどデコレーション

オプション料金となる場合もありますのでよくチェックしておきましょう。

#1:グラス・テーブルなどの資材

シャンパンタワーのレンタル一式に含まれる資材を確認しておきましょう。

グラスを設置するためのテーブルは別で用意してあるところがあります。

テーブルを用意できる場合はレンタルする必要がありませんので、費用を安く抑えることもできます。

その場合は、シャンパンタワーを設置するのに必要なテーブルの大きさを確認するようにしましょう。

#2: 設置・撤収作業料金

設置と撤収にかかる作業料金が価格に含まれるかどうかの確認をしておきましょう。

パーティーやイベントの準備に忙しい中でシャンパンタワーの設置をするための時間が確保できるか不安に思う方も多いでしょう。

「シャンパンタワーを設置するのは、コツがいるんじゃないの?」
「素人でも大丈夫なのか心配。」

そんな方のために、ほとんどのレンタル業者が設置・回収を行ってくれます。

希望の場所へレンタル店のスタッフが来てくれて、設置してくれますので安心です。

大抵は設置・回収料金も込みの価格定時をしていますが、中には設置・回収代金は別途請求される場合もありますので、よく確認しておきましょう。

もちろん、料金を安く抑えたい場合にはグラスレンタルのみのところもありますので探してみてはいかがでしょうか。

#3:アレンジメント・ライトアップなどデコレーション

アレンジメントやライトアップなどのデコレーションは、オプション料金の場合も多いので注意が必要です。

定番はライトアップ。

青やピンク、グリーン、黄色などのライトアップはパーティー感も上がってお客様もきっと喜んでくれるでしょう。

他には花や風船でデコレーションするオプションを用意しているところもあります。

パーティーやイベントの雰囲気やお客様のイメージで選ぶと良いでしょう。

(2)撤収の時間帯

シャンパンタワーを借りることができる時間帯をよく確認しておきましょう。

深夜までパーティーの予定があった場合に、途中でシャンパンタワーだけ撤収…というのは場が白けてしまいますので避けたいですよね。

撤収に来てもらう時間帯についてはよく確認しておきましょう。

(3)必要なシャンパンの数

シャンパンタワーをするために必要なシャンパンの数を確認しておきましょう。

「せっかくシャンパンタワーを設置したのに、シャンパンが足りなかった!」という事態だけは避けたいですよね。

シャンパンの数はグラスの数によって変わります。

レンタルする際に確認しておきましょう。

また、シャンパンはレンタル代金には含まれません。

シャンパン代金がどれくらいかかるのかということを確認するためにも、必要なシャンパン数を把握しておきましょう。

(4)シャンパンタワー設置に必要な場所の広さ

シャンパンタワーを設置するために必要な場所の広さを確認しておきましょう。

シャンパンタワーを設置した上で、スタッフが行き来できるようにしておかなくてはいけません。

間違ってぶつかってしまうほど狭い場所ではシャンパンタワーを崩してしまう心配があります。

設置に必要な最低限の広さを確保するためにも、よく確認しておきましょう。

また、ネオンテーブルやライトアップする場合は電源が必要です。

電源の位置も合わせて確認しておきましょう。

(5)配達・出張エリア

自分の店が配達・出張エリアに入っているかどうかを確認してお願いしましょう。

シャンパンタワーをレンタルしてくれる業者は、配達してくれるエリアが決まっています。

出張エリア外ですと、配達をお願いできない、また配達してもらえても価格が変わってくる事があります。

HPなどで表記しているサービスと変わってきますので注意が必要です。

(6)設置、撤収にかかる作業時間

シャンパンタワーの設置をお願いする場合に、設置にかかる作業時間を確認しておく必要があります。

到着してから、車から店に資材を運ぶところから設置終了までかかる時間を確認しておきましょう。

また同じく撤収にかかる作業時間も確認しておきましょう。

撤収は30〜40分程度が標準のようです。

お店のクローズの時間もありますので、よく確認しておきたいですね。

撤収作業はグラスに残ったシャンパンをバケツに開けたり、グラスを箱に片付けたりといった作業となります。

進行の都合上、パーティー中に撤収してほしいという場合にはお客様に少しお見苦しいところがあるかもしれませんので注意が必要です。

(7)支払い方法 

シャンパンタワーのレンタルをお願いする際の支払い方法について確認しておきましょう。

カード決済や振り込みなどで事前に支払いが必要なところが多いようです。

他の支払い方法を希望する場合や、領収書の有無についても確認しておくことをおすすめします。

まとめ

シャンパンタワーについての詳細と、レンタルする際に気をつけることについて解説しました。

華やかで一気に盛り上がるシャンパンタワー!

ぜひパーティーやイベントに取り入れてお客様に喜んでいただきましょう。

関連記事一覧