甘く見ていると痛い目を見ることに?ホストと税金(確定申告)を徹底解説

「ホストも確定申告するの?」
「どんなものが経費になるの?」

積み上げられた札束、大きなシャンパンタワーなど華やかで景気のよいホストの世界だからこそ、切っても切れないのがホストと税金の関係です。

特にホストの仕事と深く関係している確定申告を甘く見ていたら痛い目に合うのは自分自身!

そこで、ここではホストが行わなければいけない確定申告について、経費ややり方と合わせて解説していきます

これを読めば、ホストとして働くならちゃんと確定申告をしなければならないことがよくわかるはずです。

1.ホストは個人事業主=確定申告が必要

自分のお気に入りのホストを選べる

ホストは確定申告が必要です

確定申告がよくわからない方のために解説していきますね。

  1. 確定申告とは
  2. 確定申告をしなかった場合
  3. 確定申告をしなくて良いホスト

確定申告と関係のないホストはまずいないので、しっかり理解しておきましょう。

(1)確定申告とは

ホステスの給料の仕組み

確定申告とは1月1日~12月31日までの間に稼いだ分に掛かる税金やすでに払った税金を計算して、過不足を清算する手続きのこと。

確定申告は翌年2月16日から3月15日までの期間に行います。

ホストは個人事業主なので、毎年、この確定申告を行う必要があります

(2)確定申告をしなかった場合

客の悩みには具体的な解決策を伝える

「面倒くさそう」「難しそう」と敬遠して確定申告を放置してしまうホストもいますが、それは自分にとってマイナスにしかならない行為ですので厳禁です。

というのも、『無申告(確定申告をしなくてはいけないのにしなかった)』の場合は、納めなかった税金に罰金が加えられ、さらに多くのお金を納めなければならなくなるからです。

この場合に課されるのは、無申告加算税・延滞税・重加算税の3つ。

『無申告』ではありませんが、過去に人気芸人チュートリアル・徳井義実さんが巨額の申告漏れで大騒ぎになったことからも、確定申告を正しく行わないことがどれだけ問題になるかは想像できることでしょう。

「知識がないから」は『確定申告を行わないで良い』の理由にはなりません

税金関係の放置は必ず後で痛い目を見ることになるのでしっかり自分で情報を集め、実行するようにしましょう。

(2)確定申告をしなくて良いホスト

個人事業主のホストといえど、確定申告をしなくて良いホストもいます

確定申告の必要のないホスト

  • 所得額が38万円を超えていない専業ホスト
  • 利益が20万円を超えていない副業ホスト
  • お店で年末調整をしてもらえるホスト
  • 給与が年間で2,000万円を超えないホスト
  • 医療費控除・雑費控除・寄付金控除・住宅ローン控除などの控除を受けないホスト

お店の社員として給与をもらっていてお店で年末調整をしてくれているのでしたら確定申告はまず必要ありません。

が、ホストクラブ業界ではそれはレアケースであり、ほとんどのホストが個人事業主として働いていることでしょう。

また、1年間の所得が38万円を超えないホストや20万円を稼げない副業ホストもあまりいないはず。

つまり、ホストの仕事をしているならほとんどの人が年明けに確定申告をしなければならないと考えておきましょう。

2.確定申告のメリット

一見、面倒しかなさそうな確定申告ですが、しておくことでホストにもメリットがあります

  1. 払いすぎた税金が戻ってくる
  2. 経費計上で節税できる
  3. 安心して働ける

ホストの確定申告には「面倒」のデメリットを上回るメリットがありますよ。

うやむやにしておくのはもったいない!

次に1つずつ解説していきます。

(1)払いすぎた税金が戻ってくる

給料を上げる4つの方法

確定申告をする1つ目のメリットは、払いすぎていた税金が戻ってくることです。

給与明細書に記されている源泉徴収(お店がかわりに収めていた税金)分の中から払いすぎた分が返ってきます。

基本的に、本来収めてるべき額よりも多めに徴収されていることが多いので、稼いでいるホストほど確定申告をしたことで戻ってくる額は多くなりますよ。

(2)経費計上で節税できる

売上予測をして利益が出る営業をする

確定申告をする2つ目のメリットは、経費を計上することで節税できることです。

ホストは、ルックスも重視されるため毎月洋服代やヘアメイク代など様々な経費が掛かります。

また、営業をするための携帯電話代や、お店までの交通費、お客様との交際費など、一般的な会社員と比べて経費にできるものが多く、確定申告をしておけば払う所得税を少なく抑えることができます。

計上できる経費については後述しますが、普段身だしなみにお金をかけているホストや積極的にお客様に営業をかけているホストほど経費計上で受けられるメリットは大きいですよ。

(3)安心して働ける

確定申告をする3つ目のメリットは、安心して働けることです。

「確定申告をしていない」「バレるとまずい」とドキドキ・こそこそしながら働くのは精神衛生上、良いことではありません。

また、「罰金を払わされるかも」と不安を抱えながら働くのもマイナスでしかありません。

それならその都度しっかり申告をして堂々と働いたほうが気分よく働けることでしょう。

また「毎年ちゃんと確定申告しています」というホストはお客様からも好印象を持たれますし、お金の管理を普段からしっかりしておくことは後になって大きなプラスとなることも間違いありません。

3.ホストが経費計上できるもの

次に、確定申告の際、ホストが経費に加えられるものを解説します。

  1. ホストの仕事における経費
  2. レシート・領収書はマスト
  3. 会計ソフトを使えば簡単

収める税金の額に大きくかかわってくることなのでしっかり覚えておきましょう!

(1)ホストの仕事における経費

ホストの仕事における経費は多種多様です。

経費
事業(ホストの仕事)を行うために使用した費用のこと。

つまり、営業や身だしなみに掛かった費用など、ホストの仕事をする上で掛かった費用が経費として認められます

具体的には次のものが経費として認められます。

ホストの経費

  • 洋服代
  • アクセサリー代
  • サロン代
  • メイク代
  • 同伴代・アフター代
  • お客様との旅行代
  • 客様へのプレゼント代
  • 交通費
  • 宣材写真や名刺代
  • 携帯電話代 など

なんと、整形に掛かった費用も経費として按分すれば計上できます

一般的なサラリーマンと比べてホストは経費として計上できる項目は多いので利用しない手はありません!

経費に計上できるかわからない場合は、お店の経理担当や税理士に相談すると良いでしょう。

(2)レシート・領収書はマスト

経費計上をする際にマストとなるのがレシート・領収書です。

買い物やサービスを利用した際は、領収書・レシートのないものは経費計上できないので、必ず領収書・レシートをもらって保管しておきましょう

可能ならば、領収書・レシートをもらったらその都度「交際費」「交通費」など項目ごとに分類してわけておくと後で助かりますよ。

(3)会計ソフトを使えば簡単

確定申告を簡単に行うなら、会計ソフトを使うのがおすすめです。

収入と経費の数字を入力していくだけなので、誰でも簡単にできますよ。

難しい計算を自分でする必要は一切なく、必要事項を入力したら決算書まで作ってくれます。

会計ソフトはクラウド型の月額制のサービスなら毎月2,000円程度で利用でき、その費用も経費計上できるので活用しない手はありません。

しかし、忙しい・やはり面倒などどうしても手続きが難しい場合は、税金の専門家である税理士に依頼するのもおすすめです。

税理士費用が別にかかりますが、手続全般だけでなく、節税方法など役立つ情報も教えてくれます。

もちろん、税理士費用も経費に計上できるので一石二鳥です。

まとめ

納税は、教育・勤労と並び3大義務の一つ。

面倒くさそう・複雑そうと敬遠して放置してしまうホストも少なくありませんが、結果的にいつかは自分の首を絞めることになるので、有耶無耶にせずしっかり向き合うことをお勧めします。

国民の義務をしっかり果たす一人前の男としてホストの仕事にまい進しましょう。

あなたの月収はGoogleクラス?今すぐ手取りシミュレーターでチェック!

ホストクラブやキャバクラにお勤めのあなた!

「いったいいくら稼いだら希望の給料になるのかな…?」と思ったことはありませんか?

ChamChillの手取りシミュレーターがあなたのお悩みに答えます!

月々の売上の金額を入れてもらえれば、あなたの手取り金額とその金額がどれぐらいのレベルなのか計算できます!

ホストクラブ手取りシミュレーター

今すぐあなたも、ChamChillの手取りシミュレーターでチェックしてみましょう!

さっそく手取りをチェックする

関連記事一覧

手取りシミュレーター

手取りシミュレーター