ホストの勧誘をしやすい人の特徴3選!勧誘後の流れや注意点も解説

「先輩からホストの勧誘をするように指示が出た!どんな男の子が狙い目?」
「ホストの勧誘がなかなかうまくいかない…注意点が知りたい」

ホストクラブに入店してしばらくすると、新しいプレイヤーのスカウトをしてくるように指示が出てくることがあります。

街で声をかけられるスカウトは怪しまれるのが常ですし、コツを掴まないとなかなかうまくいきません。

今回はホストの勧誘をしやすい人の3つの特徴や勧誘後の流れ、そして勧誘をする場合の注意点を紹介します。

お店によっては勧誘成功でボーナスが出る場合もあります!

素敵なメンバーを勧誘してお店の利益に貢献しましょう。

1.ホストの勧誘をしやすい人の3つの特徴

ホストの勧誘をしやすい人の3つの特徴を紹介します。

  1. イケメン
  2. 遊んでいそうな雰囲気
  3. 上京したてで垢抜けていない

こんな人がホストのスカウトで狙うべき人物です。

それぞれの特徴について説明していきます。

(1)イケメン

ホストの勧誘をしやすい人の1つ目の特徴はイケメンです。

顔が整っている男性はホストクラブでも売れやすいため、まずは見た目でスカウトしていくのが良いでしょう。

またイケメンはこれまでの人生でそこそこモテている人が多いので、女性にも慣れていることが多いです。

容姿に自信がある人でないとホストクラブに関心自体がないことがあるので、まずは容姿が良い男性を狙ってみてください。

(2)遊んでいそうな雰囲気

ホストの勧誘をしやすい人の2つ目の特徴は遊んでいそうな雰囲気であることです。

女性にある程度慣れている人はホストの接客もわりかし抵抗なく始めることができます。

髪色が派手だったり、お洒落だったり、華やかな見た目で女性慣れしているタイプを選ぶと比較的体験入店に誘いやすいでしょう。

女の子に慣れていてある程度遊んでいるタイプはスカウトしやすい人と言えます。

(3)上京したてで垢抜けていない

ホストの勧誘をしやすい人の3つ目の特徴は上京したてで垢抜けていないことです。

上京したての男性はお金に困っていてバイトを探している人が多いため、入店を了承してくれる可能性が高いからです。

また水商売慣れした女性たちはまだホストに染まっていない男性に惹かれる人も多く、意外と地方から出てきたばかりの男性はウケが良いんですよ。

スカウトする際は上京したてのまだ都会に慣れていない男性を狙うのもおすすめです。

2.ホストの勧誘の後の流れ

ホストの勧誘の後の流れを紹介します。

  1. お店で体験入店をする
  2. システムの説明をする
  3. 最後に入店するか意思確認

勧誘した相手にしっかり流れを説明できるようにしておきましょう。

それぞれの工程について説明していきます。

(1)お店で体験入店をする

ホストの勧誘の後はお店で体験入店をします。

特に水商売未経験の男性は特有の雰囲気に驚いてしまうこともあり、まず体験入店させることで後から飛ぶのを防止することが可能。

勧誘当日は連絡先を聞くだけにして、後日体験入店をしてもらう流れでも良いです。

体験入店とはお店の雰囲気や客層を見るために設けられており、給料は日払いでもらうことが可能と説明してあげてくださいね。。

スーツはお店でレンタルさせてもらえますし、ヘアメイクは提携サロンか専属のスタイリストにしてもらえるなど、手ぶらでも気軽にできるという点を分かってもらえるようにしてください。

まずは体験入店をしてもらい、お店の雰囲気や仕事の概要を理解してもらうようにします。

(2)システムの説明をする

体験入店が終わったらお店でシステムの説明をします。

ここでいうシステムとはプレイヤーのお給料体系のことです。

例えば数ヶ月は保証時給があり、それ以降は保証時給+売り上げバックのみなどの説明を店長からしてもらいましょう。

ホストは完全歩合制のお店が多く、保証期間を過ぎると最低日当6,000円×出勤日数しかもらえなくなることがほとんど。

もらえる手取りのお給料がいくらになるのかなどしっかり説明をしてあげてください。

即日入居出来る寮があることなどを伝えると入店率をあげられることもあります。

頑張り次第では無限大に稼げるというように説明してあげると良いでしょう。

(3)最後に入店するか意思確認

体験入店後の説明が終わったら最後に入店の意思確認を行います。

給料体系やお店の雰囲気、仕事内容に納得できたら従業員名簿の登録用紙の記入、身分証の提出などを行なう流れです。

もちろんこの時点で意思が固まらない場合は後日連絡をもらうように約束して一度帰らせても良いでしょう。

ただ当日決断してもらった方が入店率は高いので、できたらその日に決めてもらえるように雰囲気を作った方が良いですね。

「まずは試しに働いてみて」
「アルバイト感覚で週に何度かの出勤でも大丈夫」

相手の不安を解消するように語りかけることで、入店してもらえる確率が上がるでしょう。

3.ホストの勧誘をする時の3つの注意点

ホストの勧誘をする時の3つの注意点を紹介しておきます。

  1. 入店することを強制しない
  2. しつこく相手に連絡をしたりしない
  3. メリットだけを強調しない

スカウトしても後から飛ばれたり、入店してもらえなければ意味がありません。

プレイヤーの勧誘を行うときはこれから説明する3つのことに気をつけてください。

それでは1つずつ解説していきます。

(1)入店することを強制しない

ホストの勧誘をする時の1つ目の注意点は入店するように強制しないことです。

脅迫とみなされることもあり、お店の悪評になったり警察沙汰になることもあります。

例えばお店のメンバーが複数人で説得する、強引に入店するように持っていく、帰りづらい雰囲気を作って入店するように迫るなどの行為はやめましょう。

強制して入店させたプレイヤーは最終的に仕事についていけず、結局飛んでしまうことがあります。

勧誘する際はあくまでも相手の意思を尊重して入店を迫らないようにしましょう。

(2)しつこく相手に連絡をしたりしない

ホストの勧誘をする時の2つ目の注意点はしつこく連絡をしたりしないことです。

あまりにしつこく携帯に連絡を入れていると強制している雰囲気がありますし、連絡自体にうんざりして入店を躊躇うことも。

特に初めて水商売に入る時は不安や不信感を抱いているので、しつこく連絡するのは逆効果。

相手が決断をしてくれるまで体験入店から1週間程度待ってあげて、そこから再度確認の連絡をするようにしましょう。

(3)メリットだけを強調しない

ホストの勧誘をする時の3つ目の注意点はメリットだけを強調しないことです。

理想と現実にギャップがありすぎると、入店してすぐに辞めてしまう可能性が高まります。

例えばナンバーワンは数千万稼ぐ月もあるとか、売れたらすぐに高級マンションに住めるなど、メリットだけを伝えるのはNG。

最初のうちはお客様もいないため、お給料は日当保証分のみになることや合計していくらくらいの収入があるかなども伝えましょう。

給料体系についてもしっかり説明し、頑張らないと最低限の収入しか得られないことも伝えてください。

まとめ

今回はホストの勧誘についてお話ししました。

有能なプレイヤーを勧誘できたら、お店でのあなたの評価も上がります。

お店に入店してもらうにはまずスカウトしやすい人を見極める目を養うことが大切です。

その後の体験入店や説明でしっかり相手の立場に立った説明をし、やってみたいと思わせるトーク力も磨いておきましょう。

新しい仲間を増やすための勧誘は最初は緊張すると思いますが、慣れればみる目も養われてきます。

ぜひこの記事の内容を参考にして勧誘を行い、お店に利益をもたらす仲間を増やしましょう!

普通の恋愛と同じ?ガールズバーキャストと付き合うための4つのステップ

2020.08.31

気軽に遊べる!ガールズバー料金システムとオトクに楽しむ3つのコツ

2020.08.30

初心者にもオススメ!ガールズバーの5つの仕事内容とキャバクラとの違い

2020.08.29

自分の頑張り次第!?ガールズバーの平均時給と給料UPの5つのポイント

2020.08.28

知らなきゃ損!誰でもガールズバーを最高に楽しめる5つの方法

2020.08.27

関連記事一覧