人気ホストがやっている話術とは?新米ホストがやりがちな3つの失敗

「人気のホストになるためにはどのような話術が必要なの?」
「新米ホストでもすぐに使える話術はあるの?」

新米ホストの中には、お客さんとどのようなコミュニケーションをとればよいのか迷っている人も多いのではないでしょうか。

実は、人気ホストが行っている話術の中には、新米ホストでも実践できるものがあるのです!

本記事では、人気ホストが実践している話術や新米ホストがやりがちな失敗を紹介します。

この記事を読んで、お客さんとのトークスキルを磨いて、多くの指名を勝ち取りましょう。

1.人気ホストの3つの話術

人気ホストの3つの話術

人気ホストが実践している話術を紹介します。

新米ホストに参考になるテクニックは以下の3つです。

  1. お客さんが理解して欲しいポイントを探る
  2. お客さんの考えに共感する
  3. お客さんの目を見て聴く姿勢を見せる

順に紹介するので、お客さんとコミュニケーションをとるときの参考にしてください。

(1)お客さんが理解して欲しいポイントを探る

お客さんが理解して欲しいポイントを探る

お客さんがホストに理解して欲しいと思っている話のポイントを探りましょう。

ホストクラブに来るお客さんの中には、自分の気持ちの理解者を求めている人もいます。

たとえば、以下のような悩みを抱えているお客さんが来るでしょう。

  • 彼氏と喧嘩して、自分の行いを肯定して欲しい
  • 上司から叱られてばかりで、自信を失いかけている自分を励まして欲しい
  • 仕事仲間から嫌がらせを受けて、孤独な自分を慰めて欲しい

お客さんがホストクラブに来る目的を把握し、それに応えることがホストの仕事です。

お客さんが話している内容から自分へのメッセージを汲み取り、それに対して自分の意見を述べると、お客さんとの信頼関係を構築することができますよ!

(2)お客さんの考えに共感する

お客さんの考えに共感する

お客さんの考えに共感することも重要です。

ホストクラブを利用しているお客さんの中には、愚痴や悩みを聞いて欲しいと思っている人がいます。

お客さんの愚痴や悩みに共感するときは、似たような境遇があればその経験を前置きしてから自分の意見を伝えると効果的です。

たとえば、お客さんが仕事で上司に怒られたことを打ち明けてきた場合、以下のように自分も同じように怒られて落ち込んだ経験があれば、そのことを前置きして自分の意見を述べましょう。

「俺も新人のとき周りが見えていなくて、よく先輩から気配りができていないことをよく怒られたな・・・。自分では頑張っているつもりでも、上司や先輩から怒られると自分を否定されたような気がしてつらいよね・・・」

お客さんに共感することで、お客さんはホストに対して親近感を抱き、ホストの意見を受け入れてくれやすくなります。

共感を示した後は、以下のように前向きな意見などを述べましょう。

「確かに何度も怒られるのは精神的につらいけど、怒られたことをクリアしていけば、今よりもっと充実した仕事ができるようになるんじゃないかな。だから、落ち込むのはこれまでにして、まずはどうしたら怒られないようになるか考えてみようよ!」

愚痴や悩みを打ち明けてきた場合は、最終的に元気付けてあげることが求められるので、前向きにフォローすることを忘れないようにしてくださいね!

(3)お客さんの目を見て聴く姿勢を見せる

お客さんの目を見て聴く姿勢を見せる

お客さんとの会話中は、必ずお客さんの目を見て真剣に話を聴く姿勢を示すことがポイントです。

ホストはお客さんとの会話だけでなく、お酒を用意したり灰皿交換したりなど、下を向いて作業をする機会があります。

しかし、会話以外の作業に夢中になり、下を見続けた状態でお客さんの話を聞いてしまうと、話をしているお客さんからすれば、このホストは自分の話を聴く気がないと思っても仕方がありません。

ヘルプに入ったホストがお客さんを白けさせる行動を取ると、担当ホストの頑張りが無駄になる可能性があります。

作業中は常にお客さんの目を見る必要はありませんが、自分の意見を述べたり、リアクションや相槌をしたりするときはお客さんの目を見ることを意識してください。

もし、作業と同時にお客さんの目を見ることが難しければ、一旦手を止めてでもお客さんとの会話を優先しましょう。

2.新米ホストがやりがちな3つの失敗

新米ホストがやりがちな3つの失敗

新米ホストがお客さんと話をするときにやりがちな失敗を紹介します。

注意が必要な失敗は以下の3つです。

  1. お客さんの意見を否定する
  2. おどおどした態度をとる
  3. 自分とお客さんのトーンに大きな差がある

順に紹介するので、自分が接客のときにやっていないか振り返ってみましょう。

(1)お客さんの意見を否定する

お客さんの意見を否定する

お客さんの意見を否定するのはやめましょう。

お客さんから人気を集めるには、お客さんの意見を否定するのではなく尊重することが重要です。

人気のホストになるには、自分が否定したくなるような考えをお客さんが持っていても、一度受け入れて共感できる部分や褒められるポイントを探す必要があります。

ホストの仕事はお客さんを正しい道に導く先生になることではなく、お客さんの理解者になることです。

楽しい時間を過ごすためにお客さんはホストクラブを利用しているので、お客さんの気分を害するような意見を述べないようにしましょう。

(2)おどおどした態度をとる

おどおどした態度をとる

自分に自信を持てない新米ホストはおどおどした態度をとりがちです。

お客さんはベテランだろうが新人だろうが同じホストとして見ています。

そのため、新人だからと言って、自信のない接客をするのは許されません。

ホストのおどおどした態度はお客さんを不安な気持ちにさせるので、せっかくの楽しい時間が台無しになる可能性があります。

ホストに成り立てのときは、自分に自信がなくて不安な気持ちになるのは当然ですが、お客さんを前にしたときは堂々と振舞いましょう。

新人でも堂々と仕事をこなせばお客さんはしっかり評価してくれるので、ヘルプについたときこそ自信をつけるチャンスですよ!

(3)自分とお客さんのトーンに大きな差がある

自分とお客さんのトーンに大きな差がある

お客さんと会話をするときに、自分とお客さんのトーンに大きな差が生まれることがあります。

新米ホストはお客さんを楽しませることを意識しすぎて、何事もテンション高く勢いで乗り切ろうとしがちです。

しかし、話のトーンはお客さんによってさまざまなので、ワンパターンの接客ではなく、以下のようにお客さんのトーンに合わせて臨機応変に接客をする必要があります。

お客さんのタイプ 接客の工夫
明るくてテンションが高い 声をワントーン上げてリアクションを大きくする
物腰が柔らかくまったりしている 声のトーンを上げすぎず、話すスピードをゆっくりにする
物静かで大人しい 声のトーンを抑えて、落ち着いて話をする

必ずしもホストのテンションが高ければお客さんに楽しんでもらえるわけではないので、お客さんの性格に合わせて対応をしましょう。

まとめ

お客さんから支持されているホストは、会話の仕方が上手です。

人気のホストはキャラが立っていたり、独特の雰囲気を持っていたりしますが、人気ホストが実践している話術の中には新米ホストでも参考にできることはあります。

接客をするときは、リアクションの前に共感をしたり、目を合わせて相槌を入れたりするなど先輩に習って細かいテクニックを実践してみてください。

最初の内は、作業と平行して行うのは難しいかもしれませんが、慣れてくると自然にできるようになりますよ!

今回紹介した新米ホストがやりがちな3つの失敗を意識しつつ、お客さんを楽しませる話術を身につけましょう!

関連記事一覧