自分の頑張り次第!?ガールズバーの平均時給と給料UPの5つのポイント

「ガールズバーのキャストの時給・給料って高いの?」
「ガールズバーってキャバクラくらい稼げるの?」

そんな疑問をお持ちではありませんか?

気軽に楽しめると男性だけでなく女性のお客様からの人気も高まっているガールズバーの時給って気になりますね。

同じナイトワークのキャバクラのキャバ嬢と異なり、基本的にバーテンダーとしてお酒を作ってカウンター越しに接客するガールズバーのキャストの時給は意外と低めです。

しかし、ガールズバーの時給・給料は、働き方やお店次第で大きく変わるのです。

そこで、ここではガールズバーの平均的な時給と、ガールズバーでの給料を上げる5つのポイントを解説します。

給与面でも満足できる働きやすいガールズバーを見つけて、ナイトワークでがっちり稼ぎましょう!

1.ガールズバーのアルバイトの平均時給

ガールズバーのキャストのアルバイトの時給は、お店やシステムによって異なりますが、一般的に1,300~2,500円程度が相場です。

イメージよりも少ないと思われるかもしれません。

確かに、ガールズバーと比較されることも多いキャバクラの平均時給が2,000~5,000円であること考えると、ガールズバーの平均時給は低めです。

しかし、それには理由があります。

まず、お客様の隣に座って密接な接客を行うキャバクラと異なり、ガールズバーのキャストはお客様とカウンター越しの距離を保っての接客となるため、その分、時給も安くなります。

また、基本的に売上ノルマのないお店も多く、営業時間も長いので、キャバクラと比べて自分のペースで働ける点も時給の安さに関係しています。

とはいえ、一般的なアルバイトに比べると、ガールズバーの時給は魅力的な金額であることは確かです。

2.ガールズバーの給料を上げる5つのお店選び

ガールズバーの時給は、次の5つのポイントをおさえてお店選びをするとさらに上げることができます

  1. 天引きが少ないお店
  2. バックの多いお店
  3. 制服の有無でお店
  4. 交通費が出るお店
  5. 交渉可能なお店

この5つのポイントをおさえてお店選びをすると、基本的な時給がそれほど高くなくても、時給換算にすればかなり魅力的な金額になります

次に1つずつ解説していきますね。

(1)天引きが少ないお店

ガールズバーの給料を上げる1つ目のポイントは、給料からの天引きが少ないお店を選ぶことです。

時給が高いお店は、一見、魅力的です。

しかし、源泉徴収のほかに研修費や名刺代、送迎があれば送迎代、さらには福利厚生費や店舗維持費などの名目で給料から天引きされる額が大きく設定されているお店もあります。

そうなると、せっかく高時給で働いても、最終的にはそれほど自分の手元に残りません。

時給の高さだけでお店を選ぶのではなく、給料から天引きされる内容なども事前に聞いて確認しておきましょう

(2)バックの多いお店

ガールズバーの給料を上げる2つ目のポイントは、バックの多いお店を選ぶことです。

ガールズバーは、基本的な時給のほか、営業によってキャストにバックが入るシステムを採用しているお店が多いです。

  1. お客様から頂いた飲み物や食べ物のバック
  2. リクエスト(指名)をされた際のリクエストバック
  3. チラシ配りでお客様が来店してくれた際のチラシ配りバック
  4. お客様がボトルを入れた時のボトルバック
  5. お客様と同伴をした時の同伴バック
  6. リクエスト(指名)してくれたお客様の売上バック

お店によって、実施しているバックの種類も金額も異なります。

つまり、バックの種類が多くて設定金額も高いお店を選べば、かなりプラスαが期待できるということ。

せっかくガールズバーで働くのならバック設定が魅力的なお店を選び、どんどんバックで給料を上げていきましょう

(3)制服の有無でお店

ガールズバーの給料を上げる3つ目のポイントは、制服の有無でお店を選ぶことです。

ガールズバーには、服装自由のお店と制服のあるお店があります

服装自由のお店の場合、好きなオシャレを楽しみながら仕事ができるメリットがある反面、衣装代がかかって想定外の出費がかさむデメリットがあります。

一方、制服貸与のお店ならお店から支給される制服を着ての仕事となるので、自腹でオシャレな洋服を用意しなくても済みます。

しかし、制服貸与の場合、給料からクリーニング代・衣装代が天引きされることも多いので注意が必要。

もともとオシャレでお店に使えるような洋服を多く持っている方は服装自由のお店を、手持ちのオシャレ服が少ない方はクリーニング代がかかっても制服貸与のお店を選ぶのがポイント

自分の洋服事情にあった条件の職場で働くことが、結果的にガールズバーの仕事に必要な出費を抑えることになり、ひいては手元に残る金額のアップにつながります。

(4)交通費が出るお店

ガールズバーの給料を上げる4つ目のポイントは、交通費が出るお店を選ぶことです。

送迎を行っているお店もありますが、その場合、送迎代として給料から天引きされるケースも少なくありません。

しかし、ガールズバーの中には毎回の交通費を出してくれるお店もあります

1回1回は微々たるものに感じますが、例えば1日500円の交通費が出るお店で週3回・1か月(4週)働くとそれだけで500円×3×4=6,000円/月となります。

交通費は出勤のたびに毎回かかるものなので、お店選びの際には交通費の有無も確認するようにしましょう

(5)交渉可能なお店

ガールズバーの給料を上げる5つ目のポイントは、交渉可能なお店を選ぶことです。

お店によっては、「月に〇人指名客を呼ぶ」「月の〇〇万円売り上げる」などノルマを高く設定することで個別に時給を上げるなどキャストと交渉をしてくれるお店もあります

初めてガールズバーのキャストとして働く場合にはお店との交渉は難しいですが、経験や実績を重ねてキャストの仕事に慣れてきたら、お店の店長と交渉してみるのもおすすめの方法です。

3.時給が高すぎるガールズバーには注意

ガールズバーで働く上で時給がいくらなのかは重要なポイントですが、平均的な時給より異常に高い時給を設定しているガールズバーにはくれぐれも注意しましょう

露出が異常に高いデザインの制服の着用を強制されたり、ガールズバーで許可されている以上の接客を強要されたり、非常に高いノルマが課せられて達成できなければペナルティが与えられるなど悪質なお店も中にはあるようです。

高時給のガールズバーキャストの仕事はとても魅力ですが、それだけで安易に決めるのは危険!

入店してから「こんなはずじゃなかった」とならないように、入店前には次の4点を守るようにしましょう。

  1. 体験入店をしてみる
  2. お店の口コミを調べる
  3. 入店前に条件をしっかり確認する
  4. 他のキャストにさりげなく聞いてみる

ガールズバーで働く場合は、提示されている時給だけでなく、働きやすさや職場の雰囲気も必ず自分の目で確認するようにしましょう

まとめ

ガールズバーの平均的な時給は、キャバクラのように飛びぬけて高いわけではありません。

しかし、お店で設定された様々なバックの利用やお店の雇用条件次第でキャバクラと同等もしくはそれ以上に稼ぐことは可能です。

キャバクラのように密接した接客は向いていない女性も、カウンター越しならOKな女性も多いはず。

最初の時給はそれほど高くなくても、頑張りによって時給や給料をどんどん上げていくことができるガールズバーで、楽しく働きましょう。

関連記事一覧