リアルすぎる?ガールズバーキャストの良い点・悪い点ガチ本音8選

「ガールズバーのキャストの仕事ってぶっちゃけ楽?」
「ガールズバーの仕事って楽しい?」

最近、人気急上昇中のガールズバーキャストの仕事に興味をお持ちですか?

キャバクラと比べて敷居が低く、身近な感じが売りのガールズバーのキャストの仕事なら自分にもできそうと働くことを考える女性も増えています

ガールズバーキャストの仕事を理解するには、実際に働いている先輩キャストのナマの声を聞くのが一番!

そこで、ここではガールズバーキャストが大きな声では言えない本音と大きな声で言いたい本音をSNSと合わせて8選紹介します

ガールズバーで働きたいと考えている方は、実際に働いているキャストのリアルな本音を働く際の参考にしてくださいね。

1.ガールズバーキャストが大きな声では言えない本音5選

では、次にガールズバーキャストが大きい声では言えない5つの本音を紹介します。

  1. 立ちっぱなしがつらい
  2. 接客がしんどいお客様がいる
  3. 素敵な男性客はやっぱり気になる
  4. お客様はやっぱりお客様でしかない
  5. 呼び込みが大変でつらい

ガールズバーキャストの仕事の内実を知るには、彼女たちの本音を知るのが一番

SNSの声と合わせて1つずつみていきましょう。

(1)立ちっぱなしがつらい

巻き髪の作り方

ガールズバーキャストの大きな声では言えない1つ目の本音は、仕事中にずっと立ちっぱなしになるのがつらいことです。

バーテンダーとして働くわけですから、ガールズバーキャストは、基本、立ち仕事

お客様からは下半身は見えないので靴は自由なところも多いですが、やはり勤務時間が長くなるとかなり負担になるようです。

足がパンパンになるので家に帰ってから足マッサージが欠かせない方も多いのだとか。

一見、華やかで賑やかなお仕事に見えますが、お客様に笑顔で接している裏で、足の痛みに耐える仕事でもあるようです。

(2)接客がしんどいお客様がいる

ガールズバーキャストの大きな声では言えない2つ目の本音は、接客がしんどいお客様がいることです。

接客がしんどいとキャストが感じるお客様は次のタイプ。

  1. セクハラが多い
  2. 個人情報を聞き出そうとする
  3. 無口
  4. 大騒ぎする
  5. ケチ

さらに、意外とキャスト受けが悪いのははっきりしないお客様のようです。

お客様が多い時や疲れている時などにグダグダされるのは確かにウザいですね。

色々なお客様を接客しなければならないので、キャスト歴が長くなればなるほど我慢強くなりそうです。

(3)素敵な男性客はやっぱり気になる

ガールズバーキャストの大きな声では言えない3つ目の本音は、素敵な男性客はやっぱり気になってしまうことです。

相手はお客様とはいえ、キャストもやっぱり一人の女性。

イケメンや好みどストライクのお客様が来るとドキドキしてしまうのは当然のことです。

ガールズバーで出会った好みのお客様と付き合っているキャストも意外と多いそうです。

ガールズバーは、彼氏が欲しいキャストにとっても良好な出会いの場といえますね。

(4)お客様はやっぱりお客様でしかない

ガールズバーキャストの大きな声では言えない4つ目の本音は、お客様はやっぱりお客様でしかないことです。

3つ目の本音のようにお客様を恋愛対象に考えるキャストもいれば、お客様と完全に割り切って仕事に徹するタイプのキャストもいます

こればっかりは個々の考え方次第で、どちらが良いとも言えません。

ただ1つだけ言えることは、『ガールズバーキャストは自分のポリシーに従って楽しく働ける仕事』であることだけ。

お客様がたとえ財布にしか見えなくても、笑顔でおもてなしできればキャストとして十分です。

ここまでぶっちゃけてしまうのはおすすめできませんが、逆にはっきりしていて『ぶっちゃけキャラ』キャストとしてウケるかも?

(5)呼び込みが大変でつらい

ガールズバーキャストの大きな声では言えない5つ目の本音は、呼び込みが大変でつらいことです。

ガールズバーは、お客様が少ない時などお店の外でお客様の呼び込みをすることがあります。

呼び込みに季節は関係ないので、暑い夏や寒い冬は大変です。

特に、薄着の制服があるお店の場合、防寒着を着ていても寒いものは寒い!

呼び込みでお客様が来てくれればまだ報われますが、なかなか反応してもらえない時にはかなり厳しいようです。

呼び込みをしたくない方は、呼び込み無しのお店を選ぶと良いでしょう。

2.ガールズバーキャストが大きな声で言いたい本音3選

最後に、ガールズバーキャストが大きな声で言いたい3つの本音を紹介します。

  1. 仕事が楽しい
  2. 対人スキルが上がる
  3. 職場の雰囲気が良い

ガールズバーならではの魅力や楽しさがよくわかるキャストの本音をSNSの声と合わせて1つずつみていきましょう。

(1)仕事が楽しい

ガールズバーキャストの大きな声で言いたい1つ目の本音は、仕事が楽しいことです。

ガールズバーで働きたいと考える女性が多いのは、時給が良いことだけが理由ではありません。

大変なこともありますが、ガールズバーはキャスト自身も楽しんで働ける仕事だからなのがわかりますね。

ただし、お店の良し悪しでも働き甲斐は変わってくるようです。

(2)対人スキルが上がる

ガールズバーキャストの大きな声で言いたい2つ目の本音は、対人スキルが上がることです。

お店を訪れるお客様の接客をしていれば、自然に培われるコミュ力!

普段の生活では会わないタイプや年齢の方と話す機会をたくさん得られるのはガールズバーのお仕事ならではですね。

色々なシーンで、ガールズバーで鍛えた対人スキルを活かしているキャストも多いようです。

(3)職場の雰囲気が良い

ガールズバーキャストの大きい声で言いたい3つ目の本音は、職場の雰囲気が良いことです。

女性の多い職場でありがちなドロドロしたものがないのがガールズバーの魅力です。

その理由は、指名制ではないことも大きく関係しているようです。

仕事を辞めた後にも良い関係を続けられるのは良い職場の証です。

職場の人とも楽しく働きたい女性にぴったりの職場といえますね。

まとめ

華やかなイメージのあるガールズバーのキャストの仕事は、時給も良いことも相まってとても楽しそうだし魅力的に見えますね。

が、そこで働くキャストのリアルな本音を見ると、なかなか大変なこともあるようです。

その一方で、ほかのナイトワークにはない楽しさや職場の雰囲気の良さなど、ガールズバーの仕事を楽しんでいるSNSもたくさんあります。

ガールズバキャストとして働く際に、ぜひ現場を良く知る先輩キャスト達の本音を参考にしてくださいね。

関連記事一覧