お気に入りのホストを見つける

一流はここが違う!愛されるラウンジ嬢になるための4つの条件とは?

「ラウンジ嬢になりたいけど私でもできる?」
「ラウンジ嬢の仕事や給料が詳しく知りたい!」

ラウンジは夜の世界の中でも、比較的自由に働けることで人気の仕事です。

夜の世界の職種は似ているようですが、各職業で違いがあるので、それぞれの特徴をよく知り自分に合った店選びをしましょう。

ここでは、ラウンジ嬢の仕事内容や、一流ラウンジ嬢の条件、ラウンジ嬢になるメリットを紹介します。

一流のラウンジ嬢になって、夜の世界を楽しみましょう。

1.ラウンジ嬢とは

派手な服装

ラウンジ嬢とは、ラウンジで働く女性キャストのことです。

ラウンジと、キャバクラやスナックは似ているようで特徴が少し違います。

ラウンジ嬢になるにはラウンジの仕事を知ることが大切です。

ここではラウンジ嬢について詳しく紹介します。

  1. ラウンジ嬢の仕事内容
  2. ラウンジ嬢の給与
  3. ラウンジ嬢になるには

ラウンジ嬢の仕事を知ればもっと身近に感じられますね。

(1)ラウンジ嬢の仕事内容

ラウンジ嬢の仕事内容は、テーブル席で横に座りお客様と会話しながらお酒を作ったり、場合によっては同伴やアフターをすること。

キャバクラ嬢と違い、ラウンジ嬢の仕事には同伴やアフターなどのノルマが課されていなかったり、出勤時間を自由に選べたりと自由度が高いのが特徴です。

接客の仕方も、キャバクラではお客様一人に対してキャバクラ嬢が一人のマンツーマン接客が基本ですが、ラウンジでは忙しい時はマンツーマンではなく、グループ客に数人でついたりと複数接客となります。

そのため、マンツーマンでの疑似恋愛の要素よりも、みんなで楽しむという要素が強い傾向にあります。

ラウンジの仕事内容をもっと詳しく知りたいならこの記事で紹介しています。

ラウンジの仕事内容とは?ナイトワーク初心者に嬉しい4つの魅力

2020.09.02

(2)ラウンジ嬢の給与

ラウンジ嬢の給与は時給は2,000円から5,000円程度が一般的です。

時給とは別にドリンクやボトルを頼んでもらった時のバックや、チップがもらえることもあります。

指名や同伴などのノルマはない場合が多いのですが、もちろん指名客や同伴をすると売上が上がり時給アップにつながるので稼ぎたい場合は積極的にお客様を掴みましょう。

(3)ラウンジ嬢になるには

ラウンジ嬢になるには、コミュニケーションスキルが求められます。

お客様にはいろいろなタイプの人がいます。

ゆっくりと静かに飲みたい人、みんなでワイワイ盛り上がりたい人、会社のお付き合い相手を接待したい人などどんなお客様が来ても、相手の望む接客をすることが大切です。

ラウンジに来るお客様の中には、ラウンジのフランクさが好きで訪れる男性もいます。

相手が何を求めているのかを考え、相手の理想の女性になることが必要です。

2.一流ラウンジ嬢の4つの条件

ヘルプホステス

ラウンジ嬢の中には、店のトップになる一流ラウンジ嬢がいます。

一流のラウンジ嬢になるにはどんな条件が必要なのでしょうか?

周りのラウンジ嬢と同じことをしていては一流にはなれません。

ここでは、一流のラウンジ上の条件を4つ紹介します。

  1. 男性を虜にする華やかな容姿
  2. 聞き上手でときには盛り上げもできる
  3. 男性客の心情を汲み取り機転を利かせられる
  4. また会いたいと思われる人間力

一流のテクニックを身に着けて魅力的なラウンジ嬢を目指しましょう。

(1)男性を虜にする華やかな容姿

ホステスになる方法

一流のラウンジ嬢に必要なものは華やかな容姿です。

華やかな容姿は、男性の目を釘付けにしそれだけでまた会いたいと思わせる力があります。

華やかな容姿は、決して生まれつきの顔の美しさだけではなく、メイクやヘアアレンジ、所作の美しさで変わることができます。

自分が一番魅力的に見えるスタイルや、似合うカラー、メイクを研究しましょう。

自分磨きをして自信を持っている女性はそれだけで魅力的に見えるのです。

服装選びに迷っているならこの記事を参考にしてください。

ラウンジに適切な服装とは?選び方の3つのコツと4つのNGポイント

2020.09.28

(2)聞き上手でときには盛り上げもできる

一流のラウンジ嬢に必要なものは、聞き役にも盛り上げ役にもなれることです。

ラウンジは会話を楽しむところなので、常に受け身の会話では男性も面白く有りません。

話していて楽しい女性はとても魅力的です。

話好きな男性には相槌をうち聞き役になり、複数で来たお客さんとは一緒に盛り上がるなど相手に合わせて接客方法を変えることができるラウンジ嬢はどんなお客様からも好かれます。

(3)男性客の心情を汲み取り機転を利かせられる

一流のラウンジ嬢に必要なものは、機転が利く接客です。

相手に興味を持つと、お客様が何を求めているのかどんな気分なのかが見えてきます。

複数で来店する時や会社の接待などで利用する場合は、どの人を立てて話しをすればいいのかを考えることも大切です。

その場にいるお客様が心地よく過ごせるよう気配りをすることが、一流ラウンジ嬢には求められます。

(4)また会いたいと思われる人間力

一流のラウンジ嬢に必要なものは、また会いたいと思われる人間力です。

ただお酒を作って会話をするだけでは他のお店の女の子と同じになってしまいます。

また会いたいと思われるためには、相手を好きになることが大切です。

好きな相手のことはもっと知りたくなりますよね。

どんなお酒が好きなのか?どんな仕事をしているのか?相手に興味を持ち接していると気持ちは伝わります。

気持ちのこもった接客を続けていると、あなたのファンを増やすことができるのです。

3.ラウンジ嬢になる3つのメリット

ラウンジ嬢は他の水商売にはないメリットがあります。

ラウンジ嬢を目指すなら働く上での3つのメリットを知っておきましょう。

  1. 自由な出勤スタイル
  2. ノルマ・ペナルティがない
  3. 副業としての働きやすさ

ラウンジ嬢のメリットを詳しく紹介します。

(1)自由な出勤スタイル

ラウンジ嬢のメリットは、出勤のスタイルが自由なことです。

ラウンジ嬢は基本的には私服勤務です。

キャバクラ嬢のように豪華なドレスを着てヘアセットをする必要はありません。

女性らしく清楚なスタイルであればOKなので、会社帰りや学校帰りでも準備に時間がかからないのでとても働きやすいです。

シフトも自分の都合に合わせて自由に決めることができます。

キャバクラに比べてカジュアルに働けるところは、ラウンジのメリットです。

(2)ノルマ・ペナルティーがない

ラウンジ嬢のメリットは、ノルマやペナルティーがないことです。

水商売では、指名や同伴、アフターをすればするほど売上になるのでノルマが課せられていたり、ペナルティーがある場合もあります。

ラウンジ嬢は、基本的に指名や同伴のノルマはありません。

もちろんお客様が望めば、同伴することもありますが自分の意思で選ぶことができるのもラウンジ嬢のメリットです。

ラウンジで働くのなら基本的な料金の仕組みを知っておくといいでしょう。

料金の仕組みについてはこの記事で紹介しています。

ラウンジの料金の仕組みとは?働く上で把握しておくべき3つの知識

2020.09.01

(3)副業としての働きやすさ

ラウンジ嬢のメリットは、副業として働きやすいことです。

実際に、会社員や学生をしながら副業としてラウンジ嬢をしている女性はとても多いのです。

ラウンジ嬢は、シフトが調節もできキャバクラのような営業メールも必要ないので自分の時間を自由に使うことができます。

ナイトワークをしたいと考えているけれどあくまで副業として働きたいという女性にはラウンジ嬢はぴったりの仕事です。

まとめ

ラウンジ嬢はキャバクラ嬢に比べて、働き方の自由度が高いことが特徴です。

ラウンジ嬢になりたいのなら、ラウンジの仕事を理解し一流のラウンジ嬢を目指しましょう。

たくさんのお客様と会話する機会のあるラウンジ嬢の仕事は、大変なこともありますがやりがいのある仕事です。

ノルマはありませんが、頑張った分だけ結果が出る仕事でもあるので前向きに頑張りましょう。

関連記事一覧