気持ち悪いと言われるホストの特徴6選!印象を良くするコツも紹介!

「キャッチしていたら女性にキモいと言われてしまった…」
「ホストってかっこいい職業だと思っていたのに、実はキモいのか?」

ホストは華やかで女性に夢を与えるお仕事ですが、キャラ設定や営業を間違えるとキモいと思われてしまいます。

キモいホストは当然指名したくありませんから、売り上げを上げるのも難しくなるでしょう。

今回は女性が気持ち悪いと感じてしまうホストの特徴を6つ、さらに気持ち悪いと思われないための5つのコツを紹介します。

最後まで読めば女性からかっこいいと思ってもらえるホストの在り方が分かるでしょう!

1.女性が気持ち悪いと感じてしまうホストの特徴6選

女性が気持ち悪いと感じてしまうホストの特徴6選を紹介します。

  1. 病み営業してくる
  2. ナルシストすぎる
  3. TwitterやLINEでポエムを送ってくる
  4. ブサイクなのに二枚目キャラ
  5. すぐに枕に持ち込もうとする
  6. メイクし過ぎている

これらの特徴を持つホストは女性から内心キモいと思われているかもしれません。

(1)病み営業してくる

女性が気持ち悪いと感じてしまうホストの1つ目の特徴は病み営業してくる人です。

「会いに来てくれなかったからマジメンタルにきた…」
「LINEの返信が遅いから病んだ…」

このような営業手法をするホストがいますが、一部のメンヘラ女子にしかウケません。

一般的には病み営業はうざいと思われてしまうため、あまり使わない方が良いでしょう。

(2)ナルシストすぎる

女性が気持ち悪いと感じてしまうホストの2つ目の特徴はナルシストすぎる人です。

過剰なナルシストはいくらイケメンでも女性から見ると痛い人に見えてしまいます。

接客中も常に店内の仕切りに映った自分を見ていたり、自撮り写真を連投してくるようなホストはキモいと思われがち。

自信がある男性は魅力的ですが、客観的に自己愛が強過ぎないかチェックしましょう。

(3)TwitterやLINEでポエムを送ってくる

女性が気持ち悪いと感じてしまうホストの3つ目の特徴はTwitterやLINEでポエムを送ってくる人です。

一生懸命女性を口説いたり営業をかけているのは良いのですが、あまりに長文だったりすると気持ち悪いと思われてしまいます。

気持ちを伝えるならストレートな方が伝わりやすいですし、下手に凝ったポエムを送る必要はありません。

女性にSNSやLINEを送る際は文面を一度見直してみてください。

(4)ブサイクなのに二枚目キャラ

女性が気持ち悪いと感じてしまうホストの4つ目の特徴はブサイクなのに二枚目キャラの人です。

「え?その顔で?」と女性に不快に思われることが多く、あまり好かれません。

特に二枚目キャラで女性に上から目線のホストは嫌われるでしょう。

客観的に自分の容姿やキャラクターを考えてみて、ギャップがあり過ぎないか考えてみましょう。

(5)すぐに枕に持ち込もうとする

女性が気持ち悪いと感じてしまうホストの5つ目の特徴はすぐに枕に持ち込もうとする人です。

一般的に女性は男性よりも精神的なつながりを重視するので、いきなりセックスしようとするのは逆効果に働きます。

「枕ホスト」と噂を立てられたり、逆に嫌悪感を抱かれてしまう可能性も。

色恋や枕は効果的なこともありますが、揉め事やキモいと思われる原因にもなるので注意しましょう。

(6)メイクし過ぎている

女性が気持ち悪いと感じてしまうホストの6つ目の特徴はメイクし過ぎている人です。

特にアイラインやアイシャドーなどをつけていると「やり過ぎだよね」なんて言われて気持ち悪いと思われるでしょう。

肌の粗を隠す程度のナチュラルメイクは良いですが、何事も過剰になっては台無しです。

見た目を良く見せるためのメイクが気持ち悪い要因になっていないか、周囲の人にチェックしてもらうと良いでしょう。

2.気持ち悪いホストと思われないための5つのコツ

次に気持ち悪いホストと思われないための5つのコツを紹介します。

  1. 自分のキャラクターを見極める
  2. 相手に合わせた接客をする
  3. メンタルを強く持つ
  4. 色恋・枕営業をメインにしない
  5. 清潔感のある髪型・メイクを心がける

以上を徹底することで好感度が高く女性に気持ち悪いと思われないホストになれるでしょう。

それぞれのコツを説明していきます。

(1)自分のキャラクターを見極める

気持ち悪いホストと思われないための1つ目のコツは自分のキャラクターを見極めることです。

見た目が可愛い系なら弟キャラ、トークに自信があるなら三枚目など自分の特技を生かしましょう。

ホストはお客様に「この人に会いたい、応援したい」と思わせることが重要。

まずは自分にできることや能力を棚卸してみて、どんな接客スタイルをするのか決めていきましょう。

(2)相手に合わせた接客をする

気持ち悪いホストと思われないための2つ目のコツは相手に合わせた接客をすることです。

ノリの良い同業者であれば飲み営業、普通のOLさんなら悩みを聞いたり癒してあげるなど人に合わせてスタイルを変えていきましょう。

まずは自分のキャラに合った営業スタイルを作り、馴染んできたらお客様に合わせた接客を心がけてみてください。

相手が望んでいることを瞬時に察知できるようになれば、かなりの確率で指名を獲得できるでしょう。

お客様の性格や職業について詳しく書いた記事もありますので参考にしてみてくださいね。

【性格・職業別】ホストに通う客のタイプとは?ハマるきっかけ4選も紹介!

2020.03.22

(3)メンタルを強く持つ

気持ち悪いホストと思われないための3つ目のコツはメンタルを強く持つことです。

接客業を選んだ以上日々反省はすれど、お客様の態度や言葉にいちいち傷ついていたら仕事になりません。

仮に「気持ち悪い」と言われたとしても、原因を考えて挽回して見返そうという気概が必要です。

女々しいホストはそれだけで気持ち悪いと思われるので、精神的にタフでいるようにしましょう。

(4)色恋・枕営業をメインにしない

気持ち悪いホストと思われないための4つ目のコツは色恋・枕営業をメインにしないことです。

枕や色恋は女性の心を傷つけますし、多くはホスラブなどのネット掲示板に暴露が晒されることになります。

結果的に他のお客様との関係が悪くなったり、枕をした女性とのトラブルが起きて面倒なのです。

色恋や枕営業だけで売り上げを上げるのは余程客管理がうまくないと難しいので、メインは友達営業にした方が無難でしょう。

(5)清潔感のある髪型・メイクを心がける

気持ち悪いホストと思われないための5つ目のコツは清潔感のある髪型・メイクを心がけることです。

ヘアメイクや化粧で誤魔化すことはできますが、服のほつれや爪の間・靴の先の汚れなども注意してください。

清潔感のないホストは気持ち悪いだけでなく、格が低いと思われてしまいます。

女性は自分より格下だと判断した男性にお金を使うことはありません。

プロのヘアメイクに任せるだけでなく、スキンケアなどもしておきましょう。

まとめ

今回は気持ち悪いホストの特徴や気持ち悪いホストと思われないためのコツを紹介しました。

キャラクターと見た目のギャップや過剰なメイク、色恋や枕は気持ち悪いホストと思われる要因です。

自分に合ったキャラクターを見定めて、お客様の望むホスト像を演じられるように考えてみてください。

気持ち悪いホスト像を学ぶことで、逆に女性から好感度の高いホストはどんな人物なのかが見えてきます。

今回紹介した記事の内容を参考にキャラクターや接客、見た目などを変えてみましょう。

お客様からの反応がみるみる変わってきて、驚くほど売上が向上すること間違いないですよ!

関連記事一覧