キャバクラの予算はどれくらい?自然に客単価を上げる4つのコツ

「キャバクラのお客様の平均予算ってどれくらい?」
「お客様の単価を上げるにはどうしたらいい?」

そんなキャバクラの客単価が上がらないことにお悩みではありませんか?

キャバ嬢のお給料は、同伴や指名数、お客様が支払ったお金で変動するため、客単価は非常に気になるところ。

そこで、ここではキャバクラの客単価と平均予算と合わせて、客単価を上げる4つのコツとお客様に気に入ってもらうための2つのコツを解説します。

接客する上で重要なコツをマスターし、客単価の高い人気ナンバーワンキャバ嬢を目指しましょう。

1.キャバクラの客単価と平均予算

まず、キャバクラの客単価と平均予算を説明します

  1. キャバクラの基本的な客単価
  2. リピーターのお客様の平均予算

次に1つずつ解説していきますね。

(1)キャバクラの基本的な客単価

キャバクラの基本的な客単価はおよそ8,000円程度です。

その内訳を見てみましょう。

基本的な客単価内訳

セット料金:5,000円

キャバ嬢のドリンク代:1,000~2,000円

サービス料:15~20%加算

クレジットカード決済手数料:10%加算

初めてキャバクラを訪れたお客様や仕事の付き合いで訪れたお客様は、指名もボトルも入れず、セット料金に含まれるハウスボトルやつまみのみの飲食で遊ぶ方が多いです。

そのため、キャバクラで遊ぶために掛ける費用も最低限となり、客単価も低めとなります。

(2)リピーターのお客様の平均予算

リピーターのお客様がキャバクラで遊ぶために想定している平均予算は25,000円程度です。

その内訳を見てみましょう。

平均予算

同伴料金:3,000円

セット料金:5,000円

本指名料:2,000円

キャバ嬢のドリンク代:1,000~2,000円

ドリンク代(ボトル代・割り物代):3,000円~

1セット延長:5,000円

サービス料:15~20%加算

クレジットカード決済手数料:10%加算

同伴や本指名、ドリンク代など変動費が加わるため、リピーターのお客様の客単価は一気にアップします。

つまり、キャバクラを訪れるお客様の客単価を上げるには、セット料金などの固定費以外のサービスを利用してもらうことが重要です。

3.キャバクラで客単価を上げる4つのコツ

次に、キャバクラで客単価を上げるには、固定費のセット料金以外の変動費を狙うのがコツです。

  1. ドリンクをオーダーしてもらう
  2. 同伴してもらう
  3. 指名してもらう
  4. 延長してもらう

次に1つずつ解説していきます。

(1)ドリンクをオーダーしてもらう

客単価を上げる1つ目の方法は、ドリンクをオーダーしてもらうことです。

お客様の中には予算を抑えるために、セット料金に含まれる飲み放題のハウスボトルしか注文しないお客様もいます。

しかし、それでは客単価を上げることはできません。

キャバクラでのドリンクは利益率が非常に高い商品であり、ワインやシャンパンやウィスキーなどラインナップも豊富なので注文してもらえれば客単価を一気に上げることができます

給料システムに売り上げスライド式を採用しているお店なら、客単価が上がれば上がるほどキャバ嬢のお給料もアップ!

お客様にハウスボトル以外のドリンクを入れてもらえるよう、さりげなく誘導しましょう。

(2)同伴してもらう

客単価を上げる2つ目の方法は、お客様に同伴してもらうことです。

同伴すればキャバ嬢にバックが入るだけではありません

入店すればそのまま本指名となるので指名料も得ることができて一石二鳥なのです。

また、キャバ嬢のお給料にポイントスライド式時給システムを採用しているお店なら、同伴でもポイントが貯まり、さらに本指名でもポイントが貯まると良いこと尽くし。

仲良くなったお客様には同伴をお誘いしましょう。

(3)指名してもらう

客単価を上げる3つ目の方法は、指名してもらうことです。

客単価アップを考えているキャバ嬢が狙うべきは、やはり本指名です。

場内指名よりも本指名のほうがお店への貢献度が高いためバックも高くなります。

また、本指名数によって時給が変動するシステム(指名本数スライド式時給システム)を採用しているお店なら、本指名数が多ければ多いほどキャバ嬢のお給料アップにつながります。

本指名を得るために、積極的にお客様に電話やメール、LINEを送るなど営業を掛けましょう

もちろん、場内指名もバックはありますが本指名よりはお給料への還元率は低め。

しかし、場内指名を得られれば次回の本指名につなげることも難しくないため、本指名が得られないキャバ嬢はまず場内指名をもらえるように努力しましょう

(4)延長してもらう

客単価を上げる4つ目の方法は、延長してもらうことです。

最初の1時間で時間が経つのを忘れるほどお客様に楽しんでもらうことができれば、延長してもらうのもスムーズ。

延長してもらえれば、ドリンクやつまみを頼む機会も増えますし、支払い総額が上がればサービス料やクレカ手数料も比例して多くなります

客単価アップを考えているなら、「もう少し一緒にいたいな」などさりげなく延長に誘導するのも効果的です。

3.お客様に好かれるための2つのコツ

最後に、お客様に好かれるための2つのコツを解説します

  1. 目先の売上に飛びつかない
  2. 楽しい時間づくりに徹する

客単価を上げるための大前提は、お客様に好かれるキャバ嬢になることです。

お客様のお気に入りのキャバ嬢になれば、自分から誘わなくても同伴・指名・ボトルなどをお客様から積極的に持ち掛けてくれるようになります

まずは、お客様のお気に入りキャバ嬢になるため2つののコツをマスターしましょう。

(1)目先の売上に飛びつかない

お客様に好かれるための1つ目のコツは、目先の売上に飛びつかないことです。

客単価が低いとどうしてもドリンクのオーダーや同伴・指名などすぐに売上をアップできるサービスに頼ってしまいがちです。

しかし、お客様のお財布のことなど一切構わずにドリンクをどんどん頼んでしまうキャバ嬢と、自分になるべくお金を使わせないように気遣ってくれるキャバ嬢と、どちらがお客様に好かれるでしょうか?

もちろん、後者のキャバ嬢ですね。

お客様にドリンクを入れてもらえればバックが入るキャバ嬢は助かりますが、お客様からすれば予算や気分もあるのに無遠慮に注文されて良い気分がするはずはありません

同様に、身勝手さを感じさせる強引な同伴・指名要求もNG

こちらからドリンクや同伴・指名・延長をお願いする場合は、謙虚な姿勢でさりげなく頼むようにしましょう。

(2)楽しい時間づくりに徹する

お客様に好かれるための2つ目の究極のコツは、楽しい時間づくりに徹することです。

美しい女性と楽しい時間を過ごしたくてキャバクラを訪れるお客様が求めているのは、ここでしか得られない癒しやストレス解消です。

そんなお客様が十分満足できる接客をすれば自然とお客様は延長してくれるようになります。

すると、意識しなくても客単価も自然に後からついてくることでしょう。

事実、お客様から好かれる人気のキャバ嬢は、お客様を満足させることを重視した接客をし、強引なおねだりや要求はしていません。

お客様を育てるイメージで長期的な視野に立った接客を心がけ、お客様に気に入ってもらうことで客単価を上げていきましょう

まとめ

キャバクラの客単価を上げるには、ドリンクや同伴・指名・延長などの変動するサービスをどんどん利用してもらうことが効率的です。

だからといって、強引に要求して嫌われてしまっては元も子もありません。

客単価を上げるためには、「もっと一緒にいたい」とお客様に好かれるキャバ嬢になることが大前提。

お客様のお気に入りのキャバ嬢になれば、自分から誘わなくても同伴・指名・ボトルなどをお客様から積極的に持ち掛けてくれるようになり、自然と客単価も上がっていくはず。

お客様のお気に入りキャバ嬢になるためのコツをマスターし、お客様に好かれるナンバーワンキャバ嬢を目指しましょう。

関連記事一覧