キャバクラのオーナーが知っておくべきキャッチの3つのコツとは?

「キャバクラのキャッチをうまく行うためには、どうすれば良いのだろう?」
「法律に抵触しないようなキャバクラのキャッチ方法を知りたい」

このように、キャバクラのキャッチをする方法について、疑問に思った経験はありませんか?

実は、キャバクラのキャッチをうまく進めていくためには、できるだけ多くの女性に声をかけ、キャバクラで働く魅力を具体的に伝えることが大切なのです

ここでは、キャッチをうまく進めていくためのコツや、法的なリスクを抑えながらキャッチをする方法について説明します。

この記事を読めば、あなたのお店で働くことに興味を持ってもらいやすくなり、さらに利益を高められる店舗運営ができるようになりますよ!

1.キャバクラオーナーが知っておくべきキャッチの3つのコツ

キャバクラオーナーが知っておくべきキャッチのコツは、以下の3つです。

  1. とにかく数多く声をかける
  2. キャッチに失敗しても落ち込まない
  3. キャバクラで働くメリットを伝える

これらの骨を理解した上でキャッチをすれば、あなたのお店で働いてくれるキャバ嬢を見つけやすくなり、さらにキャバクラを運営しやすくなりますよ

ここからは、キャバクラオーナーが知っておくべきキャッチのコツについて、詳しく説明します。

(1)とにかく数多く声をかける

キャバクラオーナーが知っておくべきキャッチの1つ目のコツは、とにかく数多く声をかけることです。

たくさんの女性に声をかければ、キャバ嬢として働くことに興味を持ってくれる女の子を見つけやすくなるからです

お店のコンセプトに合う女性を見つけようと慎重になってしまうと、声をかける女性の数が少なくなってしまい、結果的にキャバ嬢として働いてくれる人を確保できなくなってしまいます。

そのため、限られた時間の中でできるだけ多くの女性に声をかけて、キャバ嬢を確保できる確率を高めることが大切です。

(2)キャッチに失敗しても落ち込まない

キャバクラオーナーが知っておくべきキャッチの2つ目のコツは、キャッチに失敗しても落ち込まないことです。

キャッチに失敗したからといって落ち込んでいると、気持ちが後ろ向きになってしまい、女性に声をかけることに抵抗を感じてしまったり、自信がない人だという印象を与えてしまったりするからです

キャッチとして女性に声をかけていると、話を聞いてくれるどころか、目も合わせてくれない女性もいます。

また、話を聞いてくれる女性がいたとしても、キャバクラの勧誘だと知った途端に去ってしまい、思ったような成果が出ない時もあるのです。

キャッチとして働いている人の多くは、ノルマが設けられていたり、採用された人数によって報酬が上乗せされたりする仕組みになっています。

そのため、キャッチの成否が自分自身の収入に直結するため、うまくいかないことで落ち込んでしまう人が多いのです。

とはいえ、落ち込んで行動できなくなってしまうと、いつになってもキャッチを成功させられないため、気持ちを切り替えて声をかけ続けることが大切になります。

(3)キャバクラで働くメリットを伝える

キャバクラで働くメリットを伝えることです。

キャバクラで働けば具体的にどのようなメリットが発生するのかを伝えることで、あなたのお店に魅力を感じてもらい、興味を持ってもらいやすくなるからです

女性に声をかける際に、「キャバクラ男性と会話をしながらお酒を飲むところ」といったありきたりな説明では、興味を持ってもらうことはできません。

実際にどのような成果を出せばいくら儲かるかといった説明をしたり、「元キャバ嬢である某有名芸能人のようになれますよ」といった具体例を提示したりすると、話を聞いてもらいやすくなります。

そのため、キャッチをする時は、あなたのお店で働くことでどのようなメリットを受けられるかを、具体的に説明できるようにしておくのが大切です。

2.キャバクラのキャッチで違法にならない3つの手段

キャバクラのキャッチをする際に違法にならない手段は、以下の3つがあります。

  1. 規制が厳しくない地域を選ぶ
  2. スカウト会社に依頼する
  3. フリーのスカウトマンに依頼する

法律上は路上でのキャッチ行為は原則的に禁止されていますが、有効なキャッチ方法を知っておくことで、お店のリスクを回避しながら女性を集められるようになりますよ

ここからは、キャバクラのキャッチで違法にならない手段について、詳しく説明します。

(1)規制が厳しくない地域を選ぶ

キャバクラのキャッチで違法にならない1つ目の手段は、規制が厳しくない地域を選ぶことです。

規制が厳しくない地域でキャッチをすれば、キャッチ行為に目をつけられる危険性が少なくなり、落ち着いた気持ちでキャッチができるようになるからです

地域の条例によっては、キャバクラのキャッチを厳しく取り締まっているところもあります。

そのような地域でキャッチを行うと、お店の営業が規制されたり、お店の評判が下がったりする危険性があります。

お店の売上を上げるために必要な人材を確保するためのキャッチ行為によって、かえってお店の売上を下げてしまっては、本来の目的が果たせなくなってしまうため、注意が必要です。

そのため、キャッチの規制が厳しくない地域を選んで、摘発のリスクを抑えてキャッチを進めていきましょう。

(2)スカウト会社に依頼する

キャバクラのキャッチで違法にならない2つ目の手段は、スカウト会社に依頼することです。

スカウト会社にキャッチを依頼すれば、あなたの店舗に変わって女性を探してくれるため、摘発や取り締まりのリスクをさらに低くできるからです

また、スカウト会社によっては、キャッチに関する高い能力を持っている人が在籍していたり、独自のネットワークを活かして女性を探してくれたりします。

依頼する会社ごとに報酬体系が異なるため、予算に合ったスカウト会社を探しましょう。

(3)フリーのスカウトマンに依頼する

キャバクラのキャッチで違法にならない3つ目の手段は、フリーのスカウトマンに依頼することです。

フリーのスカウトマンに依頼すれば、スカウト会社に依頼するのと同様に、お店としてキャッチを行うわけではないので、摘発や取り締まりのリスクを下げられるからです。

また、フリーのスカウトマンは、スカウト会社よりも割安な料金設定となっていることが多く、キャッチを依頼する費用を削減できるため、予算が限られている場合は、フリーのスカウトマンに依頼するメリットは大きくなります

しかし、フリーのスカウトマンによって、キャッチの能力にばらつきがあるのが難点です。

スカウト会社のように、ある程度の品質を担保しているわけではないため、思ったようにキャッチの効果が得られないというリスクもあります。

このような注意点を理解した上で、フリーのスカウトマンに依頼することが大切です。

まとめ

ここでは、キャバクラのキャッチをうまく進めるためのコツや、法的なリスクを避けながらキャッチを進めていく方法について、詳しく説明しました。

健全な店舗運営をしていくためにも、地域の条例や慣例を理解した上でキャッチをすることが大切です。

また、摘発で取り締まりを受けることによって発生するお店の損害を、できる限り少なくした上で、予算に合わせたキャッチを考えるのも重要になります。

ここで説明した内容を参考にして、あなたのお店に適したキャッチの方法をとれるようになり、さらに利益の出せるお店へ成長できるようになってくださいね!

関連記事一覧