ガールズバーとは

知らなきゃ損!誰でもガールズバーを最高に楽しめる5つの方法

「ガールズバーってどんな風に楽しめばいいの?」
「ガールズバーを思いっきり楽しむ方法は?」

そんな疑問をお持ちではありませんか?

一人で訪れても女性と楽しく飲めると男性から人気を博しているガールズバーですが、いざ訪れるとどうしていいかわからず戸惑ってしまう男性も少なくありません

しかし、ガールズバーは楽しみ方さえマスターすれば、ふらっと訪れても気軽にオトクに楽しく飲める最高の場所なんです。

そこで、ここでは、誰もが簡単にマスターできるガールズバーを楽しむ5つの方法について解説します。

ぜひ楽しみ方をマスターして、いつ立ち寄っても気分よく過ごせる自分のお気に入りガールズバーを作りましょう。

1.ガールズバーとは

新人におすすめのガールズバーで働く5つのコツ

最近、気軽に楽しめると人気が高まっているガールズバーとは、女性のキャストがバーテンダーとしてカウンター越しの接客をするスタイルの飲食店です。

キャバクラやバーと混同されることも多いのですが、この2つとは似て非なるもの。

そんなガールズバーを楽しむには、他のお店との違いを知るのが近道です。

  1. キャバクラとの違い
  2. バーとの違い

まずはこの2つとの違いについて解説します。

(1)キャバクラとの違い

年齢ごとの有利ポイント

ガールズバーとキャバクラとは、接客方法と営業時間の2つの違いがあります

まず、ガールズバーは深夜酒類提供飲食店、キャバクラは風俗営業第1号店です。

ガールズバーはあくまでも飲食店なので『接待』は無しで、深夜0時以降の営業も認められています。

一方、キャバクラは女性がお客様の隣に座って『接待』を行い、営業時間も深夜0時までと決まっています。

  『接待』の有無 営業時間
ガールズバー × 深夜0時以降もOK
キャバクラ 深夜0時まで

ガールズバーを楽しむには、『接待』がないことを理解することが重要です。

風営法で「歓楽的雰囲気を醸し出す方法により客をもてなすこと」と記載されている『接待』をするキャバクラと違い、ガールズバーのキャストとはあくまでもカウンター越しに会話を楽しむのが目的。

そこをはき違えてガールズバーでキャバクラ飲みをすると『イタ客』認定されてしまうので注意しましょう

また、『接待』がない分、ガールズバーのほうがリーズナブルにお酒を飲めるのも大きな違いの1つです。

(2)バーとの違い

ホステスになる方法

ガールズバーとバーとの違いは、バーテンダーが全員女性かどうかです。

女性との会話とお酒を楽しむのが目的のガールズバーのバーテンダー(キャスト)はすべて女性ですが、バーのバーテンダーはその限りではありません。

ガールズバーのキャストは簡単なお酒は作れますが、本職のバーテンダーのような本格的なお酒を作れる人はまれですし、お客様もそこまでのクオリティを求めていないことも多いです。

つまり、お酒を飲みながら自然体の女性と会話を楽しむために訪れるのがガールズバー、プロのバーテンダーが作ったお酒を楽しむために訪れるのがバーです。

2.ガールズバーの楽しみ方

評判のよいお店選びのコツ

次に、ガールズバーを楽しむ5つの方法を解説します。

  1. 自分に合ったお店を見つける
  2. そのお店の常連になる
  3. お店全体と仲良くなる
  4. 良い客になる
  5. いくつか常連のお店を作る

次に1つずつ解説していきます。

(1)自分に合ったお店を見つける

ガールズバーを楽しむ1つ目の方法は、自分に合ったお店を見つけることです。

基本的にガールズバーは男性が気軽に訪れることができるカジュアルなお店が多く、それぞれのコンセプトに沿って雰囲気やテイストが異なるのが魅力であり強みです。

様々なガールズバーの中から、そこで過ごす時間を自分が最も楽しめるお店を見つけましょう

初めてガールズバーを利用する方や基本的に口下手な方は、まずは人気のガールズバーを選ぶのがおすすめです。

人気店のキャストは様々なお客様との会話に慣れているので、初めての方もシャイな方も楽しい時間を過ごせるはず。

そこである程度場慣れしてからいくつかガールズバー巡りをし、自分の好みにマッチしたお店を見つけるとよいでしょう。

(2)良い客になる

ガールズバーを楽しむ2つ目の方法は、自分が良い客になることです。

ガールズバーは、店内の他のお客様と同じ空間を共有しながら、キャストとお酒と会話を楽しむ場所

そこで、キャバクラと勘違いしてキャストにセクハラまがいの発言をしたり、大声で騒いだりするいわゆる『イタ客』化してしまうとキャストも寄り付かなくなりますし、ついてくれても楽しい会話をすることなど期待できません。

また、他のお客様からの視線も厳しくなって楽しく飲むこともできなくなりますし、お店の対応も必然的に悪くなります。

しかし、キャストと楽しく会話しながらお酒も楽しんでくれる良い客であれば、お店側からも信頼され、お互いに良い関係を築くことができます。

ガールズバーで楽しみたいなら、まずは自分が良い客になりましょう

(3)そのお店の常連になる

ガールズバーを楽しむ3つ目の方法は、気に入ったお店の常連になることです。

お店の常連になるには、とにかく定期的に通うことです。

常連になると自然とキャストやスタッフの顔見知りも増えて、お店に行くたびに初対面の時のような面倒なやりとりを毎度しなくても済みます

また、好きなドリンクやフードなども覚えてもらえれば「いつもの」の一言で注文もできますし、常連ならではの気安さからキャストとの会話も弾み、同じ時間でも一見さんや非常連さんよりも楽しい時間を過ごせるようになります。

(4)お店全体と仲良くなる

ガールズバーを楽しむ4つ目の方法は、お店全体と仲良くなることです。

ガールズバーの好みのキャストや相性の良いキャストとの会話は楽しいものですが、指名制がないので自分が訪れたタイミングで必ずしもそのキャストと話せるわけではありません。

しかも、ガールズバーは時間制ですので、気に入ったキャストが別のお客様についている間、ひとりでポツンと飲むのはあまりにもったいないですね。

しかし、普段から一人のキャストに固執せず他のキャストとも仲良くなっていれば、お目当てのキャストが席を外していても別のキャストと楽しい時間を過ごすことができます

またお店がとても忙しくてキャストもつかない時は、店長やマネージャーなどお店のスタッフの方との会話を楽しむこともできます。

そうなれば、「行こうかな」と思った時にフラっと立ち寄っていつでも十分楽しめるということ。

つまり、ガールズバーは店全体と仲良くなるスタンスで行けばどんな時でもしっかり楽しめるのです。

(5)いくつか常連のお店を作る

ガールズバーを楽しむ5つ目の方法は、いくつか常連のお店を作ることです。

ガールズバーはお店によって雰囲気やキャストも大きく異なるため、「賑やかに飲みたい時」や「ゆっくり落ち着いて会話を楽しみたい時」などその時の気分によって使い分けられる行きつけのお店がいくつかあるととても便利

また、お店が満席で入れない時も、別の行きつけのお店があれば飲む場所に困ることもありません。

1つ常連のお店ができたら、別の雰囲気のお店を開拓し、最終的には2~3軒の『おなじみのお店』を作ることをおすすめします。

まとめ

ガールズバーは、キャバクラと異なり『接待』は無し、バーのように本格的なお酒を楽しむ場所ではなく女性バーテンダー(キャスト)との会話を楽しむ場所です。

混同されやすい2つのお店との違いをしっかり理解しておけば、まずはガールズバーで敬遠されるような言動は控えることはできますし、楽しむことができるはず。

そしてさらに5つの楽しみ方をマスターすれば、ガールズバーはホームグラウンドとなり、いつ訪れても楽しく迎えて入れくれる場所となることでしょう。

関連記事一覧