夜の仕事で病むのは必至?病む5つの理由とメンタルを守る6つの秘策

「夜の仕事に就くと病むときいたけど本当?」
「どうしたら病まずに夜の仕事で頑張れる?」

そんな不安や疑問をお持ちではありませんか?

効率良く稼げるなどメリットも多い夜の仕事ですが、その反面、精神的に病んでしまう女性がいるのは残念ながら事実です。

しかし、それは本人次第。

夜の仕事は昼職に比べて病むリスクが確かに高いですが、予め心を守る6つの秘策を取り入れて働けば大丈夫

そこで、ここでは、夜の仕事が病みやすいといわれる5つの理由と賢く働くために役立つメンタルを守る6つの秘策を解説します。

初めての夜の仕事に不安を持っている女性は、健やかに働くためにも病む原因と秘策を覚えて仕事に取り組んでくださいね。

1.【夜の仕事】SNSのリアルな声

夜の仕事は病みやすいといわれていますが、実際、夜の仕事に就いている女性はどう感じているのか、SNSでリアルな声を見てみましょう。

努力次第では高い給料を得られる夜の仕事ですが、多くの苦労を重ねていることがわかりますね。

2.夜の仕事で病みやすい5つの理由

「夜の仕事に就くと病みやすい」と言われる理由は5つ考えられます

  1. 接客のストレスが大きい
  2. 店内での人間関係が大変
  3. ノルマがきつい
  4. 健康管理が難しい
  5. 将来への不安が拭えない

夜の仕事ならではのこれらの理由は、夜に働く女性なら誰でも心当たりがあることでしょう。

1つずつ解説していきます。

(1)接客のストレスが大きい

夜の仕事が病みやすいといわれる1つ目の理由は、接客のストレスが大きいことです。

お店を訪れるお客様がみな良心的でマナーを守る良客ならば、夜の仕事に就く女性が病むことはまずありません。

しかし、現実は『イタ客』や『クソ客』といわれるお客様から傷つく言葉や酷い言葉を言われたり、セクハラを受けることもあります

特に、夜の仕事が初めての女性の場合、男性の嫌な面や裏側を目の当たりにすることでショックを受けることも。

その結果、精神的なダメージが蓄積され、自尊心が傷つき、自己否定感が強まり、精神的に病んでしまう女性も珍しくないのです。

(2)店内での人間関係が大変

ラウンジで働く3つのデメリット

夜の仕事が病みやすいといわれる2つ目の理由は、店内での人間関係が大変なことです。

女性同士のいざこざは女性が多い職場にありがちですが、より顕著に表れやすいのが昼職以上に厳しい実力社会である夜の仕事です。

人気のあるキャストには太客が付き、それに見合った収入や地位や賞賛が与えられますが、うまく立ち回らないと他のキャストから妬まれ、いじわるや悪口などのいじめを受けることもあります。

また、逆にそれほど人気がないキャストの場合、お店の人気キャストからバカにされたり、スタッフに冷遇されるなどの酷い扱いをされることも。

上手に他のキャストやスタッフと付き合えないことで、精神を病む女性も珍しくありません

(3)ノルマがきつい

夜の仕事が病みやすいといわれる3つ目の理由は、ノルマがきついことです。

ノルマは、給料に比例して厳しくなるのが一般的です。

高い時給に魅かれて夜の仕事を始めたけれど、お店から設定されたノルマが達成できず、店側からプレッシャーを掛けられたり、注意や罰を受けたりすることもあります。

その結果、次第に追い詰められて精神を病んでしまう女性も少なくありません

(4)健康管理が難しい

夜の仕事が病みやすいといわれる4つ目の理由は、健康管理が難しいことです。

夜の仕事に就くと、必然的に昼夜逆転の生活になります

そこに飲酒も加わるわけですから、体調管理も大変。

生活サイクルが乱れることで、体調やメンタルのリズムも崩れて病みやすくなってしまいます

(5)将来への不安が拭えない

夜の仕事が病みやすいといわれる5つ目の理由は、将来への不安が拭えないことです。

一般的に夜の仕事は若さが求められる仕事です。

最初の頃は給料の良さで満足できていても、時間が経てば自分の年齢も上がり、将来への不安が増していくのが夜の仕事で働く者の宿命

そのため、夜の仕事に励むと同時に、夜の仕事を引退した後の設計や目標を立てておきましょう。

ライフプランがしっかりしていれば、将来に不安を抱くことなく頑張れますよ。

3.夜の仕事で病まないための6つの秘策

色々と病む要素が多い夜の仕事ですが、精神的にも肉体的にも病まずに働くのに役立つ6つの秘策があります。

  1. スルースキルを身につける
  2. お店以外の友達を作る
  3. 趣味を充実させる
  4. 規則正しい生活を続ける
  5. ノルマの厳しくないお店を選ぶ
  6. 目標を立てる

この秘策を取り入れるかどうかで今後の夜の仕事での働き方や心の在りようも大きく変わります

ぜひ参考にしてください。

(1)スルースキルを身につける

夜の仕事で病まないための1つ目の秘策は、スルースキルを身につけることです。

夜の仕事は、お客様・同僚など多くのクセのある人と接する仕事です。

中には心無い言葉や仕打ちをする人もいますが、それらを毎回真に受けていては神経をすり減らすだけです。

酷い言葉を投げつけられても「はいはいお疲れさま」とさらっと受け流すようにしましょう。

スルースキルを高め、「自分に合わない人間はいる」と割り切って仕事をすることで自分の心を守ることができます。

(2)お店以外の友達を作る

夜の仕事で病まないための2つ目の秘策は、お店以外の友達を作ることです。

お店の中だけの閉じられた狭い人間関係の中で生きるのは、精神的に追い詰められやすくなり、心を病む元です。

また、利害関係のある人とだけ付き合っているとどうしても視野が狭くなりますし、客観的な判断もしづらくなります。

さらに、夜の仕事が長くなればなるほど自分の中の常識や感覚が夜の仕事仕様となり、世間一般と少しずつずれてくることがあります。

そのため、昼職に就いている友達や趣味や習い事の友達などお店の外にできるだけ自分と関係ない仕事についている友達を積極的に作りましょう

同業者でない友達と関係を維持するのは簡単ではありませんが、努力して作った友達の存在は心のガス抜きとなり、自分を客観視して心を病まずに夜の仕事に励む力となるはずです。

(3)趣味を充実させる

夜の仕事で病まないための3つ目の秘策は、趣味を充実させることです。

仕事が休みの日は寝てばかりいてはダメ!

登山をする・スイミングスクールに通うなどアクティブ系の趣味や、手芸や英会話などのスキルアップ系の趣味でもなんでもOKですので、積極的に外の世界に踏み出しましょう。

趣味を持つことは、溜まったストレスを発散させるだけでなく、新しい友達を作る機会も増え、夜の仕事以外の世界を知るチャンスも与えてくれます

また、自分で働いたお金で自分を楽しませる・自分を磨くことで仕事との距離感や達成感を正確に持つことができる一石二鳥の秘策です。

(4)規則正しい生活を続ける

夜の仕事で病まないための4つ目の秘策は、規則正しい生活を続けることです。

仕事が終わった後はたっぷり眠り、バランスの良い食事を摂り、適度に運動をするだけで、生活リズムやホルモンバランスが乱れることを防げます。

また、日光に当たることも夜の仕事を元気にこなす上で重要なポイントです。

日光を浴びることでうつ病予防に役立つといわれる脳内神経伝達物質のセロトニンが分泌され、精神の安定を図ることができます。

「疲れがたまってるから次の仕事まで寝てたい」と家に籠らず、積極的に日中は出かけるようにしましょう

(5)ノルマの厳しくないお店を選ぶ

夜の仕事で病まないための5つ目の秘策は、ノルマの厳しくないお店を選ぶことです。

一般的に、夜の仕事では、給料が高い=ノルマが高いお店といわれてます。

時給やバックの高さは夜の仕事をする上で非常に魅力的ですが、それで自分を精神的に追い詰めて病んでしまっては元も子もありません

無理なく自分のペースで働けるお店を選ぶようにしましょう。

(6)目標を立てる

夜の仕事で病まないための6つ目の秘策は、自分なりの目標を立てることです。

無目的に夜の仕事に就くと、稼いだお金の使い道や普段の生活もいい加減になりがちです。

今は楽しいかもしれませんが、それでは時間だけが過ぎて次第に将来への不安に押しつぶされて精神的に不安定になってしまうルートが目に見えています。

それを避けるために、「〇〇万円貯める」「お店を持つ」など自分なりの目標やライフプランを作りましょう

それだけで仕事のモチベーションも高まり、心を病むことなく夜の仕事を頑張れるはずです。

まとめ

夜の仕事は金銭的に魅力的である一方、ストレスやプレッシャー、不安も多い職場であることは否めません。

しかし、そこで働く際の心の持ちようや日々の暮らし方をちょっと変えるだけで、心を病まずに楽しく働くことができる職場でもあります。

病む・病まないは自分次第!

ぜひ6つの秘策を取り入れ、心を病むネガティブ要素を潰して、夜の仕事で楽しく心健やかに働きましょう。

関連記事一覧