ナイトワーク初心者必見!華やかな夜の世界で働くメリットとデメリット

「ナイトワークに興味があるけど、どんな仕事があるのかな?」
「ナイトワークって楽しい?働くメリットってあるの?」

ナイトワークは昼間のアルバイトに比べて時給も高く、華やかなイメージがありますよね。

興味はあるけれど、どんな仕事なのか分からず不安に感じる女性も多いでしょう。

ナイトワークにはいろいろな仕事があるので自分に合った仕事を選ぶことができます。

ここでは、ナイトワークについて、ナイトワークをするメリットとデメリットを紹介します。

1.ナイトワークとは

ナイトワークとは、夜の仕事のことを言います。

具体的には、キャバクラ、ガールズバー、スナック、ラウンジ、クラブのようなお酒を提供する接客業が主な仕事になります。

キャバクラを舞台にしたドラマが放送されたり、テレビ番組などのメディアにキャバ嬢が出演することも多く、ナイトワークは身近な存在になりました。

キャバ嬢の中には、自分の力で努力し実業家としても成功している女性もたくさんいます。

女子高校生のなりたい職業ランキングの上位にキャバ嬢がランクインしたこともあるように、ナイトワークは一般的な職業になりつつあります。

しかし、ナイトワークの中には性的なサービスをする風俗店も含まれますので、仕事を探す際には仕事内容をよく確認してから応募しましょう。

ナイトワークに興味があるならこの記事で詳しく紹介しています。

【女性必見】一番稼げるのはどれ?内容や時給で選ぶナイトワーク5選

2020.08.04

2.ナイトワークをする6つのメリット

キャバクラの定番の服装4選

ナイトワークにはたくさんのメリットがあります。

ナイトワークに興味を持つきっかけは人それぞれですが、昼の仕事では得られない魅力的な部分がたくさんあります。

華やかで美しい世界は、男性だけでなく女性も憧れる場所なのです。

ここでは、ナイトワークで働く6つのメリットを紹介します。

  1. 昼職に比べて時給が高い
  2. 美意識が高くなる
  3. 同伴やアフターで高級店に行く機会が多い
  4. 普段知り合えない男性と知り合える
  5. 品のある立ち振る舞いができるようになる
  6. コミュニケーション能力が身につく

ナイトワークには昼職では得られないメリットがあるので順に紹介します。

(1)昼職に比べて時給が高い

ナイトワークで働くメリットは、昼職に比べて時給が高いことです。

一般的な昼のアルバイトの時給は1,000円前後ですが、ナイトワークの時給は2,000円前後から高いと4,000円以上のものもあります。

さらに同伴や指名、ドリンクバックなどの歩合制で上乗せされるケースも多く、人気があればどんどん給料は上がっていきます。

昼間のアルバイトでは到底稼ぐことのできない金額を稼ぎ出せるのも、ナイトワークのメリットなのです。

(2)美意識が高くなる

ナイトワークで働くメリットは、美意識が高くなることです。

女性は注目されることでどんどん美しくなります。

男性客の視線や、他の女性との切磋琢磨の中で、自分を魅力的に魅せるにはどうすればいいかを考えるようになり、洗練され綺麗になっていきます。

美意識が高くなるとヘアスタイルや体型、メイクや洋服にも気を配るようになるというメリットがあります。

人気を左右するホステスのヘアスタイルについては、この記事で詳しく紹介しています。

【髪型で売り上げも変わる?】人気ホステスが選ぶ王道の髪型7選

2020.08.17

(3)同伴やアフターで高級店に行く機会が多い

ナイトワークのメリットは同伴やアフターで高級店に行く機会が多く、美味しいものが食べられることです。

同伴やアフターは、年上の男性とすることが多いので、普段食べる機会のないような食事に誘ってもらうことがあります。

今まで行ったこともないようなお店に連れて行ってもらえたり、大人の世界を見られるのもナイトワークをするメリットですね。

(4)普段知り合えない男性と出会える

ナイトワークのメリットは、普段知り合えないような男性と出会えることです。

男性客の中には、会社経営をしている人や各方面で活躍している男性が大勢います。

普段の生活では出会えないような男性と出会うことができ、話を聞くことで将来に対する視野も広がります。

もちろん自分自身の努力も必要ですが、そのような男性との出会いはナイトワークの醍醐味でもあります。

(5)品のある立ち振る舞いができるようになる

ナイトワークのメリットは品のある立ち振る舞いができるようになることです。

働く店が高級店であればあるほど、上品な所作やマナーが求められます。

言葉遣いや立ち振舞い、会話の機微など大人の女性にふさわしい振る舞い方や話題が身につきます。

ナイトワークで身についたマナーやコミュニケーション能力は、その後の社会生活でも役立つスキルです。

(6)コミュニケーション能力が身につく

ナイトワークのメリットは、コミュニケーション能力が身につくことです。

ナイトワークの主な仕事は接客業です。

どんな話題が好まれるか、相手の求めていることは何かを判断する能力が求められます。

初対面のいろいろな男性と話しているうちに、自然とコミュニケーションのスキルが身についていきます。

コミュニケーションスキルは、社会人にとって大切な能力なので身につけておくと役に立ちますね。

キャバクラで働こうと思うのなら、この記事も参考になりますよ。

キャバクラで守るべき15のルールとは?新人がやりがちな3つの失敗

2020.06.30

3.ナイトワークをする4つのデメリット

ナイトワークにはメリットだけではなくデメリットもあります。

ナイトワークに興味があるなら、メリットとデメリットの両方を知っておきましょう。

ここでは、ナイトワークの4つのデメリットを紹介します。

  1. 不規則な生活になりがち
  2. 金銭感覚が狂う可能性がある
  3. 求めないタイミングでの男性からの誘いが多い
  4. 常に自分を華やかに着飾る必要がある

自分の身を守るためにもデメリットを知った上で安心して働きましょう。

(1)不規則な生活になりがち

ナイトワークのデメリットは不規則な生活になりがちなことです。

夜12時近くまで働いてその後にアフター行った場合は、寝るのは朝方になります。

昼職との両立もできますが、どうしても睡眠時間が少なくなり生活が夜型になってしまいます。

お酒も飲むので、体調管理には気をつけて睡眠時間を確保することが大切です。

(2)金銭感覚が狂う可能性がある

ナイトワークをするデメリットは金銭感覚が狂う可能性があることです。

ナイトワークをしていると、一晩で何十万円という支払いを見ることも珍しくありません。

手にする給料も増えていけば生活がどんどん派手になっていってしまいます。

自分の金銭感覚をしっかりと持っていないとお金に振り回される生活になってしまうので、目的意識を持って働きましょう。

(3)求めないタイミングでの男性からの誘いが多い

お客さんが理解して欲しいポイントを探る

ナイトワークをするデメリットは自分では求めていないタイミングでの男性からの誘いが多く、誘惑が多いことです。

接客が主な仕事であるナイトワークでは、男性客は女性との会話や疑似恋愛を目的にしている場合も多いのです。

そのため、日常的に男性客から誘われる機会も多く、トラブルが起こる可能性もあります。

しつこくホテルに誘われたり、プライベートで会いたいと誘われることも多いでしょう。

男性との接し方には充分に気をつけ、信頼できるスタッフに相談するなどの防衛策を常に考えておきましょう。

(4)常に自分を華やかに着飾る必要がある

ナイトワークをするデメリットは、常に自分を華やかに着飾る必要があることです。

お店に来る男性は、非日常の空間を楽しみにしています。

常に見られているという意識を持ち、美しく魅力的に見せなければいけないので疲れてしまうこともあるでしょう。

仕事とプライベートを使い分けてリラックスできる時間を大切にしましょう。

まとめ

ナイトワークにはさまざまな仕事があり、昼の仕事では得られないようなメリットもあります。

ナイトワークを探すなら、自分が成長し納得できるような仕事を選びましょう。

華やかな世界ですがメリットだけではなくでデメリットもあることを知っておくことも必要です。

ナイトワークは実力社会なので、頑張りが評価される分やりがいを感じられる仕事でもあります。

メリットとデメリットを知った上で、自分に合ったナイトワークを選びましょう。

関連記事一覧