【女性限定】副業なら夜の仕事がベスト?メリットデメリットを徹底解説

「女性が働ける水商売系の夜の仕事が知りたい」
「夜の仕事は昼職と両立するのは難しいのかな」

そんな疑問をお持ちではありませんか?

働き方改革で副業をすすめる会社が増える中、昼職に効率良く稼げる仕事をお探しなら夜の仕事がベストな選択です!

女性の夜の仕事は、時給・昼職との両立のしやすさで魅力のある仕事が多く、夜の仕事初心者でも無理なく始められる仕事も多いんですよ。

そこで、ここでは水商売に限定して女性が夜に効率的に働ける7つの仕事と、夜の仕事全般にいえるメリット・デメリットを解説します。

夜の仕事で賢く稼いで余裕を作り、人生をより豊かなものにしましょう!

1.【女性】水商売限定!女性が夜に効率的に働ける7つの仕事

昼職と合わせて働くのに女性におすすめの夜の仕事は7種類あります

  時給 勤務時間 仕事の内容 メリット デメリット 難易度
ガールズバー 1,300~2,500円程度 19時~翌5時頃まで バーテンダーとしてカウンター越しに接客
  • 客と距離を保てる
  • ノルマがない
  • 特にない

低い

 

スナック 1,500~2,000円程度 19時~翌5時頃まで バーテンダーとしてカウンター越しに接客
  • 容姿や年齢関係なし
  • アットホームな雰囲気
  • 特にない
低い
キャバクラ 2,000~5,000円程度 19時~深夜1時まで お客様の隣について接客する
  • 時給が高い
  • バックが多い
  • ノルマがある
普通
ニュークラブ 4,000~6,000円程度 19時~深夜1時頃まで お客様の隣について接客する
  • 時給が高い
  • バックが多い
  • ノルマが厳しい
  • 知識や教養が必要
高い
ラウンジ 2,000~7,000円程度 19時~深夜1時頃まで お客様の隣について接客する
  • 時給が高い
  • バックが多い
  • ノルマが厳しい
  • 知識や教養が必要
高い
クラブ 日給20,000~30,000円程度 19時~深夜1時頃まで お客様の隣について接客する
  • 時給が高い
  • バックが多い
  • ノルマがとても厳しい
  • 知識や教養、品位が必要
特に高い
ショークラブ 2,000~3,000円程度 19時~深夜1時頃まで ショーを披露する
  • 特技を生かせる
  • 時給が高い
  • 特技が必要
高い

夜の仕事は、基本的にお酒を飲むお客様の接客がメイン。

個々のお仕事の詳細については次の記事をご覧ください。

【初心者必見】女性におすすめ!7つの夜の仕事を徹底解説

2020.10.06

2.女性が夜の仕事をする4つのメリット

次に、副業として女性が夜の仕事をする4つのメリットを解説します。

  1. 昼職だけでは得られない高収入を得て余裕ができる
  2. 出勤日や出勤時間を自分で選べて働きやすい
  3. 常に人に見られる仕事なので外見や中身を磨ける
  4. 自力だけでは出会えない様々な職種・業種の男性と出会いがある

昼職と合わせて働くのに様々な面で夜の仕事は最適です。

次に1つずつ解説していきますね。

(1)昼職だけでは得られない高収入を得て余裕ができる

女性が夜の仕事をする1つ目のメリットは、昼職だけでは得られない高収入を得て余裕ができることです。

女性の夜の仕事は一般的なバイトに比べて時給が高い上に、バックなど自分の努力次第でかなりの高収入を得ることができます

中には、夜の仕事が向いていて、昼職で頑張って稼ぐ額を一か月分を1日で稼いでしまう強者も。

また、お客様からのプレゼントや同伴などでの食事のごちそうなど給料外のメリットもあるおいしい仕事です。

学歴も資格も関係なしにこれだけ稼げるのは、夜の仕事ならでは

(2)出勤日や出勤時間を自分で選べて働きやすい

女性が夜の仕事をする2つ目のメリットは、出勤日や出勤時間を自分で選べて働きやすいことです。

女性の夜の仕事は、開店時間がたいてい19時~20時頃。

昼職を定時で上がれば無理なく入ることができますし、出勤時間も昼職に合わせてずらせるお店もあります

仕事を上がる時間を選べるお店も多いため、調整がしやすいです。

また、毎日出勤しなければならないわけでなく、休前日や休日など自分の都合に合わせて出勤日を選べるお店も多くあります

そのため、自分のライフサイクルに組み込みやすく、昼職への影響を最小限に抑えつつ自分のペース働けます

(3)常に人に見られる仕事なので外見や中身を磨ける

女性が夜の仕事をする3つ目のメリットは、常に人に見られる仕事なので外見や中身を磨けることです。

接客業全般に言えることですが、やはりお客様をもてなす上で大事なのが身だしなみです。

特に華やかな夜の仕事ではそれなりの外見を保つことが求められますし、同僚のキャストもキレイな方ばかりなので自然に美意識が高められて外見を磨くことができます。

また、外見だけでなく、女性らしい仕草・立ち居振る舞い・会話術も身に付きます。

その上、様々なタイプのお客様と会話をすることで、これまで知らなかった世界を知り、知識や情報も豊富になったと話す女性も少なくありません。

女性の夜の仕事は、高収入であるだけでなく、働くことで自然と中身も外見も磨けるおいしい仕事です。

(4)自力だけでは出会えない様々な職種・業種の男性と出会いがある

オーバーリアクションをする

女性が夜の仕事をする4つ目のメリットは、自力だけでは出会えない様々な職種・業種の男性と出会いがあることです。

安定を得られるのが最大の魅力である昼職ですが、給与面以外で不満を感じている女性が多いのが『出会いの少なさ』です。

毎日顔を合わせるのはいつも職場の同じ顔ぶれといった昼職の世界の狭さは、そのまま出会いの少なさに直結します。

しかし、夜の仕事を始めたことで昼職では縁のない企業や地位の男性客と出会う機会も増え、そのまま交際・結婚に至ったケースも少なくありません

出会いが少ないと嘆いている女性にとって、夜の仕事は出会いを増やす大きなチャンスを与えてくれる場といっても過言ではありません。

3.夜の仕事の3つのデメリットと対策方法

昼職を持つ女性にとって魅力の多い夜の仕事ですが、見逃せない3つのデメリットもあります

  1. お酒の飲みすぎや睡眠不足で体調を損ないやすい
  2. お客様のセクハラ・キャスト間の競争などストレスが溜まりやすい
  3. 福利厚生が不十分でもしもの時には不安がある

光があるところには必ず影ができるように、メリットがあるところにはデメリットもあるものです。

しかし、夜の仕事のデメリットは対策を取っておけば防げることばかりなので安心してください

次に1つずつ解説していきますね。

(1)お酒の飲みすぎや睡眠不足で体調を損ないやすい

女性が夜の仕事をする1つ目のデメリットは、お酒の飲みすぎや睡眠不足で体調を損ないやすいことです。

ガールズバーやスナックなどお客様から見えないカウンターの内側でお酒の量や濃さを調整できる仕事なら問題はありません。

しかし、隣に座るスタイルの接客だと誤魔化しが利かず、どうしてもお酒を飲む機会が増えてしまいます。

それに加え、お仕事の後にアフターや夜遊びをしてしまうと睡眠不足もさらに加速。

その結果、体調を損ない、昼職の仕事にも悪影響が出てしまうケースも意外と多いです。

また、不調が顔に顕れ、肌荒れやクマなど見るも無残な姿になってしまっては目も当てられませんね。

夜の仕事は頑張りと成果(収入)が比例するのでついつい無理をしてしまうものですが、なにごとも配分が大事!

幸いなことに夜の仕事は出勤日や出勤時間を調整しやすい仕事です。

自分の体の調子を見ながら、あくまでも生活の中心は昼職、夜は補助的な仕事(副業)と割り切って昼職に影響が出ない範囲に留めるようにしましょう。

(2)お客様のセクハラ・キャスト間の競争などストレスが溜まりやすい

女性が夜の仕事をする2つ目のデメリットは、お客様のセクハラやキャスト間の競争などでストレスが溜まりやすいことです。

夜の仕事でストレスを感じることが多いのが、次の3つです。

ストレスの3大原因
  1. 痛客
  2. キャスト間の競争
  3. 売上ノルマ

夜の仕事では客層が良いほどマナーを守って楽しんでくれるお客様が多くなりますが、そうでないお店の場合、別の風俗と勘違いしてキャストに不埒ないたずらをするお客様『痛客』もいます。

悪質なお客様に困った時はお店のボーイや黒服に頼めばうまく対処してくれるので、『痛客』に遭った時にはすぐに相談しましょう。

また、女性が多い職場ではどうしても起こりやすいのが、キャスト間のいざこざです。

特に人気順位が明確に出る夜の仕事ではキャスト間の競争も熾烈になってトラブルが起こることもありますし、ノルマが厳しいお店の場合、ノルマ達成のためにさらにピリピリした感じになることも

昼職のストレスに加えて、夜の仕事でもストレスを抱えるのは精神衛生上よくありません

昼職と兼ねて夜の仕事をするなら時給だけを基準にお店を選ぶのではなく、体入して客層やノルマやキャスト間の人間関係も確認してから選ぶようにしましょう。

(3)福利厚生が不十分でもしもの時には不安がある

女性が夜の仕事をする3つ目のデメリットは、福利厚生が不十分でもしもの時には不安があることです。

夜の仕事では、残念ながら福利厚生が充実していないところが多いです。

中には社会保険を完備しているところもありますが、そうでないお店が一般的です。

言い換えると、夜の仕事では福利厚生が不十分な分を高い時給でカバーしているといえます。

そうなると、夜の仕事で体調を崩した時などお店に抗議しても無意味であり何かあっても自己責任となってしまうため、働く側がしっかり自己管理・自衛するしかないのです。

それでも無理をさせるようなお店で我慢をして働く必要はなく、別のお店を探しましょう。

そして、昼職がある女性は「もしも」が起こらないように夜の仕事にのめりこむことなく、適度な距離を保って働くようにしましょう

まとめ

社員の副業を進める企業が増えていますが、女性が副業を探すなら、昼職では得られないメリットが多く、デメリットも適切な対策をとっていれば回避できる夜の仕事がおすすめです。

副業として夜の仕事の興味がある方は、ぜひ夜の仕事を候補に入れてみましょう。

夜の仕事の種類やメリット・デメリットを把握すれば、自分に向いている夜の仕事はきっと見つかるはず!

そして、夜の仕事で得られた金銭的な余裕は、精神的な余裕作りにも貢献し、日々の暮らしの充実や安心感を与えてくれるに違いありません。

給料や待遇面で働きやすい夜の仕事を見つけて昼職と賢く両立させてくださいね。

関連記事一覧