【初心者必見】女性におすすめ!7つの夜の仕事を徹底解説

「女性が働ける夜の仕事ってどんなものがあるの?」
「夜の仕事でどれくらい稼げるの?」

そんな疑問をお持ちではありませんか?

女性が働ける夜の仕事の種類は多く、すでに副業やお小遣い稼ぎに夜の仕事をしている方も多いです。

しかし、夜の仕事は色々ありすぎてどれを選べばよいかわからない初心者の女性も少なくありません

そこで、ここでは女性におすすめの7つの夜の仕事について、仕事内容や時給、難易度を解説します。

自分に合った働き方ができる夜の仕事を見つけて、楽しく夜に働きましょう!

1.【女性】夜の仕事の7つの種類

まず、女性向けの7つの夜の仕事について、気になる時給や勤務時間、難易度を説明します。

  時給 勤務時間 難易度
ガールズバー 1,300~2,500円程度 19時~翌5時頃まで 低い
スナック 1,500~2,000円程度 19時~翌5時頃まで 低い
キャバクラ 2,000~5,000円程度 19時~深夜まで 普通
ニュークラブ 4,000~6,000円程度 19時~深夜まで 高い
ラウンジ 2,000~7,000円程度 19時~深夜まで 高い
クラブ 日給20,000~30,000円程度 19時~深夜まで 特に高い
ショークラブ 2,000~3,000円程度 19時~深夜まで 高い

夜の仕事は、基本的にお酒を飲むお客様の接客がメイン。

それぞれ仕事内容は類似していますが、お店のターゲット(客層)や雰囲気によって時給や難易度が大きく変わってきます

次に1つずつ解説していきますね。

2.若い女性におすすめ『ガールズバー』

ガールズバーとは

女性におすすめの1つ目の夜の仕事は、ガールズバーです。

ガールズバーのキャストは、バーテンダーとしてカウンター越しに接客する仕事です。

プロの女性ではなく、良い意味でごく普通の女性とリラックスしながら会話を楽しみたい方が訪れることが多いため、夜の仕事が初めての女性も始めやすいです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

girl’s bar Ariel(アリエル)(@fujisawaariel)がシェアした投稿

その仕事内容、時給の相場、メリット・デメリットを見ていきましょう。

(1)仕事内容

新人におすすめのガールズバーで働く5つのコツ

ガールズバーのキャストの主な仕事は次の5つです。

ガールズバーキャストの主な仕事

  1. バーテンダーとしてお客様にドリンクを提供する
  2. カウンター越しにお客様を会話で楽しませる
  3. お客様とちょっとした遊びをする
  4. カウンターの上を整える
  5. 開店前の準備や掃除などの雑用

ガールズバーのキャストの立ち位置はバーテンダーですが、本格的なバーでバーテンダーがシェイカーを振って作るような難しい注文をされることはないので安心してください

ドリンクを飲む間、お客様と楽しく会話するのがメインの仕事です。

(2)時給の相場

ガールズバーのキャストのアルバイトの時給は、一般的に1,300~2,500円程度が相場です。

主な仕事内容がカウンター越しの接客なので、接客メインの夜の仕事の時給としては比較的低めです。

しかし、これにドリンクバックやフードバックなどの+αを加味すると、一般的なアルバイトに比べて魅力的な金額であることは間違いありません。

(3)メリット・デメリット

ガールズバーの仕事のメリットとデメリットをそれぞれ説明します。

#1:メリット

ガールズバーの仕事のメリットは次の4つです。

  1. お客様と常に一定の距離を保って接客ができる
  2. 売上のノルマがない
  3. 服装自由のところが多い
  4. 深夜を過ぎても働ける

ガールズバーは、お客様にドリンクをおごってもらい、それを飲んでいる間キャストとおしゃべりを楽しむシステムです。

常にカウンター越しの接客となるのでお客様と体が密着することもないですし、ドリンクを飲む間のタイムリミットがあるため、接客に伴うストレスも少なめです。

また、ノルマを特に設定していないお店も多い上に、コンセプトに沿った服装でOKのお店も多いため、夜の仕事が初めての女性もなじみやすいです。

さらに、ガールズバーは深夜を過ぎても営業できるので、がっちり稼ぎたい人は長時間働けるメリットもあります。

#2:デメリット

ガールズバーの仕事のデメリットは特にありません

強いてあげるなら、お客様におごられたら、お酒が苦手な人も多少は飲まなければいけないことが挙げられます。

ただし、そのお酒を作って出すのは自分なので、自分の分はソフトドリンクにしたり、薄いお酒にするなど調整ができるので大丈夫ですよ。

さらに詳しくガールズバーについて知りたい方は次の記事をご覧ください。

初心者にもオススメ!ガールズバーの5つの仕事内容とキャバクラとの違い

2020.08.29

3.アットホームさが魅力の『スナック』

明るい色のもの

女性におすすめの2つ目の夜の仕事は、スナックです。

スナックは、ママと呼ばれるお店のオーナーがいるアットホームな雰囲気のこじんまりしたタイプの飲食店で、お客様同士も仲が良く、キャストの年齢層もガールズバーに比べて少し高めなのが特徴です。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

スナックろく(@snack__6)がシェアした投稿

その仕事内容、時給の相場、メリット・デメリットを見ていきましょう。

(1)仕事内容

スナックのキャストの主な仕事は次の5つです。

スナックキャストの主な仕事

  1. お客様にドリンクを提供する
  2. カウンター越しにお客様と会話する
  3. お客様とカラオケなどをする
  4. カウンターの上を整える
  5. 開店前の準備や掃除などの雑用

スナックの仕事内容は基本的にガールズバーに近いです。

ただし、スナックを訪れるのは常連が多いので、ガールズバーと比べてアットホームな接客が求められます

(2)時給の相場

スナックキャストのアルバイトの時給は、平均で1,500~2,000円程度、スナック勤務が初めての場合時給1,000円からスタートのお店もあります。

スナックは個人経営のお店が多く、大手のような高い時給であるお店はまれで、ガールズバーと同じくスナックキャストも夜の接客業にしては時給が高いとは言えません。

しかし、アットホームな雰囲気の中、ママの指導や常連さんとのやりとりで接客スキルを磨けるので夜の仕事初心者には働きやすい職場といえます。

(3)メリット・デメリット

次に、スナックのメリット・デメリットを説明します。

#1:メリット

スナックの仕事のメリットは4つあります。

  1. シフトの融通が利きやすい
  2. 売上のノルマがない
  3. 容姿に自信がなくても働ける
  4. 年齢が上がっても働ける

スナックのママ次第ですが、比較的シフトなどの融通が利きやすく、ノルマもないところが多いので、自分のペースで働きやすいのが最大の魅力です。

また、スナックでは容姿の良さよりも愛嬌や頭の回転の速さが求められるため、容姿に自信がない方も年齢が高い方も働くことができます

#2:デメリット

スナックの仕事のデメリットも特にありません

お店全体が家族のようなアットホームなスナックでは、キャストにセクハラをするような痛客はママから叱られ出入り禁止になりますし、他の常連から注意されるなど、悪質なお客様があまりいないからです。

ただ、夜の仕事の宿命としてどうしてもお酒を飲まなければならないことが多いので、体調を管理するのが少し大変かもしれません

さらに詳しくスナックについて知りたい方は次の記事をご覧ください。

接客に片付けに超多忙!?スナックの具体的な仕事内容を解説

2020.09.19

4.夜の一番人気『キャバクラ』

ヘルプホステス

女性におすすめの3つ目の夜の仕事は、キャバクラです。

女性の夜の仕事として知名度も人気もナンバーワンのキャバクラは、ナイトワーク初心者も比較的始めやすい仕事です。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

natsuki♡(@roseo_natsukichi14)がシェアした投稿

その仕事内容、時給の相場、メリット・デメリットを見ていきましょう。

(1)仕事内容

ホステスの平均年収

キャバクラのキャストの主な仕事は次の5つです

キャバクラキャストの主な仕事

  1. 美しく着飾り視覚的にお客様を楽しませる
  2. お客様の心を掴む会話で楽しませる
  3. お客様が楽しく過ごせる場を作る
  4. 本指名のいるお客様のヘルプにつく
  5. お客様と同伴やアフターをする

キャバクラは『接待』が可能となるため、ガールズバーやスナックのようなカウンター越しの接客ではなく、お客様の隣についての接客となるのが大きな違いです。

(2)時給の相場

チップをもらう

キャバクラの平均時給は、2,000~5,000円です。

さらにドリンクバックや同伴バックなどの+αがつくとさらに高くなります

ただ、高い時給やバックがある分、出勤ノルマや指名ノルマなどノルマを設定しているお店も多いので注意が必要です。

(3)メリット・デメリット

ホステスになる方法

次に、キャバクラの仕事のメリット・デメリットを説明します。

#1:メリット

キャバクラの仕事のメリットは3つあります。

  1. 高時給・高バックでしっかり稼げる
  2. 美意識が高められてキレイになれる
  3. 様々なタイプ・業種のお客様と出会い人脈が広がる

高い時給やバックがあるキャバクラでは働き方次第で高収入を得ることができます

また、容姿の良さも求められるため、自然と美意識も高くなり、キレイになれるというメリットも。

さらに、接待でキャバクラを使う人も多く、人脈が広がりそれがもとに起業したキャバ嬢もいます

#2:デメリット

キャバクラのデメリットは3つあります。

  1. 売り上げのノルマがある
  2. お酒を飲む量が多くてがきつい
  3. 身だしなみを整えるコストがかかる

キャバクラで働く女性を悩ませるのがノルマです。

ノルマをクリアできないとペナルティを受けたりするので注意しましょう

また、隣に座って接客するとなるとお客様に合わせてお酒を飲む機会も増えますし、お酒の濃さをごまかすこともしづらくなるため、お酒で体を壊さないように気を付けて下さい。

また、衣装代や美容代がかかるのもキャバクラの仕事のデメリット

レンタルやリーズナブルなショップを利用するなどして賢く着飾りましょう。

さらに詳しくキャバクラについて知りたい方は次の記事をご覧ください。

キャバクラとは?営業時間(夜・朝・昼キャバ)のタイプ別に分かりやすく解説

2020.05.24

5.ちょっと高級なキャバクラ『ニュークラブ』

年齢ごとの有利ポイント

女性におすすめの4つ目の夜の仕事は、ニュークラブです。

キャバクラとクラブの中間に位置づけられるニュークラブは、「キャバクラはちょっと…。でもクラブは高い」と感じるお客様にウケて、年々店舗が増加しています

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Vancool(@umeda.vancool)がシェアした投稿

その仕事内容、時給の相場、メリット・デメリットを見ていきましょう。

(1)仕事内容

ニュークラブのキャストの主な仕事は次の5つです。

ニュークラブキャストの主な仕事

  1. 美しく着飾り視覚的にお客様を楽しませる
  2. お客様の心を掴む会話で楽しませる
  3. お客様が楽しく過ごせる場を作る
  4. 本指名のいるお客様のヘルプにつく
  5. お客様と同伴やアフターをする

「高級なキャバクラ」といわれるニュークラブの仕事内容は基本的にキャバクラと同じですが、客層・料金・キャストのレベルが異なるので、初心者には少しハードルが高いお店です。

(2)時給の相場

ガールズバーの時給相場

ニュークラブのキャストの平均的な時給は4,000~6,000円程度です。

さらにここにドリンクバックや同伴バックなどの+αが付きます。

しかし、時給の高さとノルマの大変さが比例する夜の仕事ですから、ニュークラブは時給が高い分、高いノルマが設定されているお店がほとんどです。

(3)メリット・デメリット

次に、ニュークラブの仕事のメリット・デメリットを説明します。

#1:メリット

ニュークラブの仕事のメリットは2つあります。

  1. 高時給なので短時間でしっかり稼げる
  2. ハイレベルなクラスの人脈が広がる

ニュークラブの最大のメリットはやはり高収入であることです。

また、企業の重役、医者や弁護士、有名人・著名人などハイクラスな男性のお客様を接客するため、自然と人脈も広がります

#2:デメリット

ニュークラブのデメリットは2つあります。

  1. 売上のノルマがきつい
  2. 接客のための勉強や自分磨きが欠かせない

キャバクラに比べて高時給のニュークラブでは、きついノルマがあるほか、自分自身を磨く努力が欠かせません

レベルの高いお客様の接待をするために時事問題など日々の勉強は欠かせませんし、身だしなみにも細心の注意を払う必要があります

さらに詳しくニュークラブについて知りたい方は次の記事をご覧ください。

クラブ寄りのキャバクラ?キャストの仕事は?ニュークラブを徹底解説

2020.09.09

6.形態も様々『ラウンジ』

女性におすすめの5つ目の夜の仕事は、ラウンジです。

ママを中心に接客をするラウンジはお店によって特色やカラーが異なります。

スナックのような形態のものから高級クラブのような会員制のものまでさまざまであるので、ラウンジで働くなら体入してお店のスタイルを確認しましょう。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ゆかぴちゅ(@pichustagram_)がシェアした投稿

その仕事内容、時給の相場、メリット・デメリットを見ていきましょう。

(1)仕事内容

ラウンジのキャストの主な仕事は次の5つです。

ラウンジキャストの主な仕事

  1. 美しく着飾り視覚的にお客様を楽しませる
  2. お客様の心を掴む会話で楽しませる
  3. お客様が楽しく過ごせる場を作る
  4. 本指名のいるお客様のヘルプにつく
  5. お客様と同伴やアフターをする

基本的にラウンジの仕事内容はキャバクラやニュークラブと同じです。

大衆向けのキャバクラと比べて客層は少しグレードが高めのため、ラウンジも初心者には少しハードルが高いお店といえるでしょう。

(2)時給の相場

席に座るだけで料金が発生する

ラウンジのキャストの平均的な時給は2,000~7,000円程度です。

キャストのスキルやレベル・経験に合わせて時給が大きく変わり、基本の時給にさらにドリンクバックや同伴バックなどの+αが付きます。

高級感を出しているお店ほど時給は高くなりますが、それに比例してノルマも厳しくなるので気をつけましょう。

(3)メリット・デメリット

次に、ラウンジの仕事のメリット・デメリットを説明します。

#1:メリット

ラウンジの仕事のメリットは3つあります。

  1. 短時間でしっかり稼げる
  2. ハイクラスの人脈が広がる
  3. 複数接客で経験を積める

ラウンジも、最大のメリットは高収入であることです。

また、ハイクラスな男性のお客様を接客するため、自然とハイクラスの人脈も広がるのもニュークラブと同じです。

複数接客(1人のお客様に複数キャストがつく)ので、経験が浅い方もベテランキャストから接客テクを間近で学べるのもメリットです。

#2:デメリット

ラウンジのデメリットは2つあります。

  1. 売上のノルマがきつい
  2. 接客に必要な勉強や自分磨きが欠かせない

ニュークラブと同じく、時給・客層が上がるにつれて売上ノルマも厳しくなり、キャストの能力の高さや優れた容姿も求められるため、努力を怠らない向上心のある人に向いています

さらに詳しくラウンジについて知りたい方は次の記事をご覧ください。

ラウンジの仕事内容とは?ナイトワーク初心者に嬉しい4つの魅力

2020.09.02

7.夜の仕事の最高クラス『高級クラブ』

女性におすすめの5つ目の夜の仕事は、高級クラブです。

クラブは、これまでのお店と違って、ハイレベルなクラスの社交場として利用されることが多いのが大きな特徴です。

企業の代表や医者・弁護士など社会的に上位に位置するお客様が多いため、キャストにも容姿の良さ・教養や知性・品の良さが求められます

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

宮本かおり(@kaorinchuuuuu)がシェアした投稿

その仕事内容、時給の相場、メリット・デメリットを見ていきましょう。

(1)仕事内容

クラブのキャストの主な仕事は次の5つです。

クラブキャストの主な仕事

  1. 美しく着飾り視覚的にお客様を楽しませる
  2. お客様の心を掴む会話で楽しませる
  3. お客様が楽しく過ごせる場を作る
  4. 本指名のいるお客様のヘルプにつく
  5. お客様と同伴やアフターをする

基本的に、キャバクラ・ニュークラブ・ラウンジ・クラブの仕事内容は変わりません

ただし、後者に行くに従って客層(ターゲット)のレベルが上がっていくため、それに伴いお店の雰囲気の高級感・キャスト側の接待のレベルの高さも上がっていきます

夜の仕事初心者が働くにはハードルがかなり高めですが、ここを目指してスキルを上げていくのも良いでしょう。

(2)時給の相場

クラブのキャストの給料は時給ではなく日給制が一般的で、平均して20,000~30,000円程度が相場です。

売上によってスライド式に日給が上がったり、同伴などの+αでさらに高収入も期待できます

ただし、給料の高さと責任の重さが比例するのはクラブが最も顕著です。

給料の高さだけに魅かれてお店を選ぶと大変なことになりかねません。

(3)メリット・デメリット

次に、クラブのメリット・デメリットを説明します。

#1:メリット

クラブの仕事のメリットは2つあります。

  1. 驚くほどの高収入が得られる
  2. トップクラスレベルの人脈が広がる

夜のお店を訪れるお客様の中でも特にハイレベルなお客様を相手にする仕事なので、他の夜の仕事とは比較にならない高収入が得られます

また、政治家や芸能人などもよく訪れるため、トップクラスレベルの人脈も驚くほど広がります

#2:デメリット

クラブのデメリットはノルマが厳しいことです。

ノルマを設定していないお店もありますが、様々な高いノルマ(同伴ノルマ・出勤日数ノルマ・売上ノルマ・イベントノルマなど)をキャストに課しているお店が多いです。

そのノルマを達成できないとペナルティを課されることもあるので常に気が抜けません

さらに詳しくクラブについて知りたい方は次の記事をご覧ください。

クラブホステスとは?ホステスとして成功する方法やキャバ嬢との違い

2020.08.15

8.一芸のある人におすすめ『ショークラブ』

女性におすすめの7つ目の夜の仕事は、ショークラブです。

ショークラブは、パフォーマンスを楽しみながらお酒を飲む場所ですので、これまでのトークメインで接客する5つの夜のお仕事と異なり、ダンスやマジック、歌唱力などずば抜けたスキルを持っている女性に最適な仕事です。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

東京 蒲田ショーハウスCARNIVAL【公式】(@carnival2019jp)がシェアした投稿

その仕事内容、時給の相場、メリット・デメリットを見ていきましょう。

(1)仕事内容

ショークラブのキャストの主な仕事は次の3つです。

ショークラブキャストの主な仕事

  1. ダンスや歌を披露する
  2. ショーの前後にお客様を接客する
  3. ドリンクやフードを提供する

人前でのパフォーマンスに興味のある方にはぴったり

しかし、必ずしも全員パフォーマンスをしなければならないわけではなく、接客だけを行う働き方もあります。

ショーを見たくて訪れる女性客も多いため、男性客だけでなく女性客の接客をすることが多いのもショークラブならではの仕事です。

パフォーマー以外の働き方は、キャバクラと同じです。

(2)時給の相場

ショークラブのキャストの時給は、平均で2,000~3,000円程度が相場です。

特別なスキルを持ち、ショーに出演してパフォーマンスをする場合は、さらに時給がアップします。

また、ショークラブにはお客様からのチップ制度もあるので、さらに収入は高くなります

(3)メリット・デメリット

最後に、ショークラブのメリットとデメリットを説明します。

#1:メリット

ショークラブの仕事のメリットは1つあります

  1. 自分の得意なスキルや才能を活かせ、伸ばせる

ショークラブは、人前で自分のパフォーマンスを見てほしい女性にぴったりの職場です。

その道のプロを目指す方にとっては経験や実績を詰める場所でもあります。

お店によって傾向や演目が異なるので自分の能力を活かせる職場を見つけることができれば最高ですね。

#2:デメリット

ショークラブの仕事のデメリットは2つあります。

  1. ショーごとに体力を使う
  2. 良いパフォーマンスを行うためのトレーニングが欠かせない

パフォーマーとして働く場合、一晩に何回かのステージをこなさなければならないのでかなり体力を使いますし、お客様に満足してもらうために日々のトレーニングも欠かせません

しかし、お客様に見てもらうことで自分のモチベーションもレベルも上がるため、人前でのパフォーマンスに興味のある方にはぴったりな夜の仕事といえるでしょう。

さらに詳しくショークラブについて知りたい方は次の記事をご覧ください。

エロさと美しさがハンパない!ショークラブの3つの魅力とおすすめ店7選

2020.09.10

まとめ

女性が働ける夜の仕事の種類は多いです。

夜の仕事の初心者でも気軽に始められるガールズバーのようなフランクなお店から、政治家や企業のトップなど上客が接待に利用するような高級クラブまで様々あります。

夜の仕事で共通しているのは、時給が高くなる分、ノルマも接客も大変になるということ。

夜の仕事初心者は、自分に合ったレベルで無理のない働き方ができる仕事を見つけて楽しく働いてくださいね!

関連記事一覧