意外とハードルが低い?スナックで副業をする3つのメリット

「昼間の仕事だけだと、お給料が安くて限界・・。」
「スナックと昼職との両立ってできる?スナックの仕事ってどんな感じ?」

スナックの仕事は副業にぴったりで、実際に昼は会社員をしながら夜はスナックで働いている女性は大勢います。

クラブやキャバクラで働くのはハードルが高いけれど、同伴などのノルマがないスナックでなら負担なく働くことができます。

女性にとってスナックはメリットの多い副業なのです。

ここでは、スナックの仕事について、スナックで副業するメリット・デメリット、副業をする時の注意点を紹介します。

お金を稼ぐだけでなく、新しい経験をするチャンスなので前向きな気持ちでチャレンジしましょう。

1.副業として人気のスナックの仕事とは

ガールズバーとキャバクラの違い

スナックの仕事は副業としても、昼職と両立しやすいと人気の職業です。

スナックとは、ママがカウンター越しの対面での接客をする店です。

週末だけや固定の曜日のみと勤務時間もママと相談の上で決めることができます。

ここでは、スナックの仕事について紹介します。

  1. スナックの仕事内容
  2. 時給
  3. 勤務時間

副業を考える時の参考にしてください。

(1)スナックの仕事内容

ガールズバーの仕事内容

スナックの仕事内容は、主に3つあります。

スナックの仕事内容

  1. お客様のお酒を作る
  2. 会話を楽しむ
  3. カラオケの操作をして一緒に歌う

スナックはママが切り盛りしているので、アットホームな雰囲気の店舗が多く常連客も多いです。

キャバクラや他のナイトワークに比べて自由度が高く、指名や同伴のノルマもないケースがほとんどです。

キャバクラとは違いボーイや黒服がいないので、洗い物やテーブルの片付け、氷の用意なども自分で行います。

ただお客様の相手をするだけでなく、幅広い視野をもって状況に合わせて動くことも大切な仕事です。

(2)時給

ホステスの給料の仕組み

スナックの時給は1,500円から2,000円程度が一般的です。

週に2日、時給1,500円で5時間働いたとすると月に60,000円になります。

週末だけの2日間でも充分な収入になりますね。

時給は経験や店での働く姿を見てママが判断するので、慣れてきたら時給アップを交渉してみてもいいでしょう。

(3)勤務時間

スナックの営業時間は深夜0時までの店舗が一般的なため、夜7時、8時頃から深夜0時までの4~5時間程度の勤務時間になります。

一部地域では深夜1時までの営業が認められていることもありますが、カラオケやお酌などの接待を伴うスナックは営業時間が0時と決まっているのです。

片付けをしても1時くらいには上がれるので昼の仕事との両立も可能ですね。

ナイトワークでの副業を考えているなら他の仕事と比較してみるのもいいですね。

【女性必見】一番稼げるのはどれ?内容や時給で選ぶナイトワーク5選

2020.08.04

2.スナックで副業するメリットとデメリット

スナックでの副業にはメリットとデメリットがあります。

初めてスナックで働くなら、そのメリットとデメリットを知っておく必要があります。

働いたあとで後悔しないように具体的にイメージを膨らませておきましょう。

(1)スナックで副業する3つのメリット

キャストの管理を徹底する

副業を考えるなら、お金のためだけではなく自分にとってプラスの経験になる仕事を選びましょう。

ここではスナックで副業するメリットを3つ紹介します。

  1. 昼職とは違う出会いがある
  2. 欲しい物を我慢しなくてもいい
  3. 週末だけ働くことができる

それぞれのメリットを詳しく紹介します。

メリット1.昼職とは違う出会いがある

スナックで働くメリットの1つは、昼職とは違う出会いがあることです。

スナックには若い男性から年配の男性まで、昼間の仕事では出会えないようなたくさんの男性と出会います。

スナックは比較的年齢層も高く、客単価も高いため高収入の男性も多く訪れます。

仕事の話や交友関係など、いろいろな男性の話を聞くことは自分の視野を広げることにもつながります。

人と会話することが好きな人にとっては、理想の職場と言えますね。

メリット2.欲しい物を我慢しなくていい

服装を選ぶ4つのポイント

スナックで働く2つ目のメリットは欲しい物を我慢しなくてもいいことです。

どんなに節約しても、会社員の給料では自由にできるお金には限界があります。

バッグや洋服、化粧品に旅行代と欲しい物やしたいことは尽きないですよね。

何かを我慢する生活にストレスを感じるくらいなら、副業をして我慢しない生活を手に入れるのも一つの選択です。

週に2日、時給1,500円で5時間働いたとしても月に60,000円になるので、余裕のある生活ができますね。

メリット3.週末だけ働くことができる

スナックで働く3つ目のメリットは週末だけ週に2日だけなど、自分の希望に合わせて働くことができることです。

キャバクラや他のナイトワークに比べてスナックはシフトの自由度が高く、面接時に希望をママに伝えておけば希望通りのシフトで働くことができます。

しかし他の女の子との兼ね合いもあるので、バランスを見た上で自分にとって無理のない程度のシフトを組んでもらうとよいでしょう。

(2)スナックで副業する2つのデメリット

スナックで副業を考えるなら、デメリットも知っておきましょう。

夜の仕事は他の接客業に比べても高時給なので、夜の世界ならではの大変なことがあるのは当然です。

働きはじめてから後悔しないために、ここではデメリットを2つ紹介します。

  1. 面倒なお客様にあたるとストレスになる
  2. 深夜まで勤務のため睡眠時間が短くなる

それぞれのデメリットを詳しく紹介します。

デメリット1.面倒なお客様にあたるとストレスになる

スナックで働く1つ目のデメリットは、面倒なお客様への対応がストレスを感じることでしょう。

スナックにはいろいろなお客様が来ますが、お酒好きな人が多く、酔っ払うと面倒な絡み方をしてくる人がいます。

機嫌を損ねずに、話を合わせることにストレスを感じる場合もあるでしょう。

そういったお客様は他の女性も対応に困っている場合が多いので、あまりにも目に余る時はママに相談しましょう。

デメリット2.深夜まで勤務のため睡眠時間が短くなる

スナックで働く2つ目のデメリットは、深夜まで勤務のため睡眠時間が短くなることです。

これは副業をする上で避けては通れない問題です。

特にスナックは、夜の勤務になるのでどうしても睡眠時間が短くなってしまいます。

この場合、勤務日を休日前にするなど無理のないシフトを組むようにしましょう。

ナイトワークのメリットとデメリットはこの記事でも詳しく紹介しています。

ナイトワーク初心者必見!華やかな夜の世界で働くメリットとデメリット

2020.08.02

3.スナックで副業をする時の2つの注意点

スナックでの副業を考えるなら、注意しなければいけないことがあります。

何も考えずに副業を始めてしまうと、本業である昼の仕事に影響を与えてしまうこともあります。

まずは下記の2点をチェックした上で、副業を探しましょう。

  1. 会社などで副業が禁止されていないか
  2. 本業に支障をきたさない勤務ができるか

副業はあくまで副業なので、本業に悪影響を与えない範囲で行いましょう。

(1)会社で副業が禁止されていないか

副業をする場合は、本業である会社で副業が禁止されていないかをチェックしましょう。

会社での副業の規定は、就業規則に定められていて、「全面禁止」「許可制」「自由(規定なし)」と記載されている場合が多いです。

働き方の多様化で副業を禁止していない会社も増えていますが、もしも就業規則を破れば会社から懲戒処分を受けることもあります。

スナックで副業をする前には、就業規則を事前にチェックしておきましょう。

(2)本業に支障をきたさない勤務ができるか

副業をする場合は、本業に支障をきたさない勤務ができるのかをチェックしましょう。

副業を初めたことで、本業に身が入らなくなったり、集中できなくてミスをしてしまっては意味がありません。

昼の仕事とスナックでの副業をこなすのは、肉体的にも精神的にも負担が大きくなります。

副業を考えるのなら、無理のない程度に余裕を持って働けるシフトを組みましょう。

もっと稼ぎたいならキャバクラでの副業も選択肢の一つです。

興味がある方はこの記事をチェックしてみてください。

目的を持って働くならうってつけ!副業キャバ嬢のメリットデメリット9選

2020.06.05

まとめ

スナックでの副業は、メリットも多く貴重な経験になるでしょう。

スナックの仕事はノルマや同伴もないことが多いので、他のナイトワークに比べて気軽に挑戦できますね。

副業をする場合は、本業に支障がないように事前にチェックしておくことも大切です。

スナックの仕事のメリットとデメリットを知り、副業という新しい経験を楽しみましょう。

関連記事一覧