シャンパンタワーをかっこよく注ぐには?注ぎ方のコツと5つの注意点

「シャンパンタワーってどうやって注げばいいの?」
「シャンパンタワーをかっこよく注ぐにはどうすればいい?」

今やホストクラブの代名詞といっても過言ではないシャンパンタワーにどうやってシャンパンを注げばいいかやり方がわからないとお悩みではありませんか?

実は、シャンパンタワーへの注ぎ方はとてもシンプルで簡単なんです!

ここでは、シャンパンタワーのシャンパンの注ぎ方のコツと5つの注意点について紹介します。

この記事を読めば、完誰でも完璧な注ぎ方をマスターでき、ホストクラブの一番の華シャンパンタワーを盛り上げることができますよ

1.シャンパンタワーの注ぎ方

まず、シャンパンタワーの注ぎ方を解説します。

  1. 1本目は1番上の段からゆっくり注ぐ
  2. 2本目以降は入っていない段から注ぐ

難しそうなイメージがありますが、シャパンタワーの注ぎ方のコツは実はこの2つだけ。

リラックスして、楽しみながらシャンパンタワーにシャンパンを注いで完成させましょう

(1)1本目は1番上の段からゆっくり注ぐ

シャンパンタワーは、1本目は1番上の段からゆっくり注いでいきましょう

勢いよく注ぐのではなく垂らすように注ぐのがコツです。

一度にどっとシャンパンを注いだほうがかっこよく見えますが、あまりに勢いが強いと積み上げたグラスのバランスが崩れ、タワーが倒壊してしまうおそれがあります。

1本目をゆっくりと注げば、ちょうど2~3段目までのグラスまで入ります。

(2)2本目以降は入っていない段から注ぐ

2本目以降は、1本目では入らなかった段から順次注ぎます

1本目がきれいに注げていれば、3段目くらいから注ぐことになります。

実際の映像をご覧ください。

2本目を途中の段から注ぎきったら、3本目は入っていない段からまた注ぐという繰り返しになります。

丁寧にグラスを積み上げても微妙な傾きはどうしても出てしまうため、なかなか思うようにシャンパンが流れていかないことも少なくありません。

しかし、きれいにシャンパンが注ぎきれなかったグラスは後から注ぎなおして調整すればOKです。

2.シャンパンタワーを行う際の5つの注意点

シャンパンタワーを行う際に注意したい5つのポイントを解説します。

  1. グラスの量の倍のシャンパンを用意する
  2. 水平になるように組み立てる
  3. 高さに注意する
  4. 勢いよくシャンパンを注がない
  5. ボトルがグラスに触れないようにする

かっこよくシャンパンタワーにシャンパンを注いで完成させるためにとても重要なポイントですので、必ず気を付けるようにしましょう

(1)グラスの量の倍のシャンパンを用意する

シャンパンタワーを行う際の1つ目の注意点は、グラスの量の倍のシャンパンを用意することです。

シャンパンタワーにはスタイリッシュな三角錐タイプとゴージャスな四角錐タイプ(ピラミッド型)の2タイプがあり、さらに何段にするかで必要となるシャンパンの量は変わってきます。

しかし、基本的にグラスの量の倍のシャンパンを用意すれば十分。

タイプと段別に必要となるグラスの個数とボトルの数(750ml)は次のとおりです。

5段タワー 6段タワー 7段タワー 8段タワー
三角錐タイプ グラス:35個
ボトル:3本〜5本
グラス:56個
ボトル:6本〜8本
グラス:84個
ボトル:8本〜10本
グラス:120個
ボトル:15本〜20本
四角錐タイプ グラス:55個
ボトル:6本〜8本
グラス:91個
ボトル:8本〜11本
グラス:140個
ボトル:15本〜20本
グラス:204個
ボトル:35本〜40本

全てのグラスになみなみとシャンパンがいきわたった景色は壮観ですよ。

(2)水平になるように組み立てる

シャンパンタワーを行う際の2つ目の注意点は、グラスを水平になるように組み立てることです。

せっかくのシャンパンタワーもぐらぐらして不安定だとシャンパンを注いだ時にバランスを崩しやすくなります。

また、斜めになっていると上から注いだ時に満遍なくすべてのグラスにシャンパンを流れ込ませることができません。

グラスを並べる時は、隣り合ったグラスをぴったりとくっつけるのがコツ

水平器を使い、すべての段が水平になるように慎重に組み立ててください

また、シャンパンタワーを置くテーブルも安定感のあるしっかりした作りのものを選びましょう。

(3)高さに注意する

シャンパンタワーを行う際の3つ目の注意点は、高さに注意することです。

シャンパンタワーは、テーブルの高さ+グラス(10㎝程度)×段の数となります。

例えば、90㎝程度のテーブルの上にシャンパンタワーを作るとすると5段で約1.4m、6段で1.5m、7段で1.6m・・・と高くなります。

盛り上げるために段を高くしすぎると、注ぐ時に大変。

シャンパンタワーをする時は、くれぐれも高さに注意するようにしましょう。

(4)勢いよくシャンパンを注がない

fine close up image of bottle of champagne background

シャンパンタワーを行う際の4つ目の注意点は、勢いよくシャンパンを注がないことです。

掛け声に合わせて勢いよくシャンパンを注ぎたくなりますが、シャンパンタワーは上の段へ行けば行くほど不安定になります。

勢いよくシャンパンを注いでしまうと、その勢いでグラスがずれてしまい、シャンパンタワーが倒壊するおそれが。

場を盛り上げながら丁寧に注ぐのは簡単なことではありませんが、タワーを崩してしまっては元も子もないのでシャンパンは垂らすように注ぎましょう。

一例ですが、慣れたホストなら背面から注ぐなどおしゃれな注ぎ方までできるようになります。

かっこよく、しかし慎重にシャンパンを注げるようになるために、自宅で練習するとよいでしょう。

(5)ボトルがグラスに触れないようにする

シャンパンタワーを行う際の5つ目の注意点は、シャンパンを注ぐ際にボトルがグラスに触れないようにすることです。

少しでもボトルが触れてしまうと、タワーのバランスが崩れるおそれがあります。

シャンパンタワーにシャンパンを注ぐ時に、ボトルの先が触れてしまうと次のような大惨事が起こりかねません。

シャンパンを注ぐ際は、ボトルの先が触れないよう細心の注意を払うようにしましょう。

まとめ

ゴージャスなシャンパンタワーは、それだけで場を華やかにする最強のイベントです。

かっこよく注げばそれだけでお客様も他のホストも大いに盛り上がりますし、皆の喜ぶ顔はホスト冥利に尽きることでしょう。

5つの注意点に気を付けながらスタイリッシュにシャンパンを注ぎ、最高のシャンパンタワーを完成させてくださいね。

関連記事一覧