シャンパンをもっと気軽に!おすすめのシャンパン9選と選び方のポイント

「手軽に楽しめる美味しいシャンパンが知りたい。」
「シャンパンとスパークリングワインってどう違うの?」

高級なイメージがあるシャンパンですが、気軽に楽しめる価格帯のものもたくさんあります。

シャンパンは特別感があるので、友人や恋人との食事の時に用意してあると喜ばれますね。

豊かな香りと弾ける泡は日常のシーンををワンランクアップさせてくれます。

しかし、種類が豊富なためどんなシャンパンを選べばいいのか迷ってしまうこともあるでしょう。

ここでは、シャンパンとスパークリングワインの違いや、手軽に飲めるおすすめのシャンパン、シャンパン選びのポイントを紹介します。

シャンパン選びのポイントを知って日常に彩りを添えましょう。

1.シャンパンとスパークリングワインの違いとは

シャンパンはスパークリングワインの一種です。

発泡性のワインを総称してスパークリングワインと呼びますが、フランスのシャンパーニュ地方で作られ厳しい基準をクリアしたもののみがシャンパンの名称を使えるのです。

シャンパンの条件には、地域や葡萄の品種、アルコール度数が11%以上のもの、製造方法などの細かい項目が設定されています。

スパークリングワインの中でもシャンパンは高級でボトルに『Champagne』と印字されているのですぐに見分けることができます。

スパークリングワインは国によって呼び名が変わります。

名称 代表的なスパークリングワイン
日本 スパークリングワイン
フランス ヴァン・ムスー シャンパン
イタリア スプマンテ プロセッコ
ドイツ シャウムヴァイン ゼクト
スペイン エスプモーソ カヴァ

シャンパン、カヴァ、プロセッコは世界三大スパークリングワインと呼ばれていて、世界中で愛されています。

2.比較的安く手軽に飲めるおすすめのシャンパン7選

5,000円前後の価格帯でも充分に美味しいシャンパンを楽しむことができます。

友人宅のホームパーティーや、恋人とのディナーにもぴったりのカジュアルに飲めますね。

ここでは、手軽に飲めるおすすめのシャンパンを7本紹介します。

  1. モエ・アンペリアル
  2. GHマム コルドンルージュ
  3. ボランジェ スペシャルキュヴェ
  4. ネクターアンペリアル
  5. テタンジェ ノクターンセック
  6. ブリュット・ダンジャン・フェイ ポール・ダンジャン・エ・フィス NV
  7. ヴーヴ・クリコローズラベル

お気に入りのシャンパンでいつもの食卓を華やかに彩りましょう。

(1)モエ・アンペリアル

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Moët & Chandon Official(@moetchandon)がシェアした投稿

シャンパンの定番モエ・エ・シャンドンのモエアンペリアルはおすすめのシャンパンです。

シャンパンに詳しくない人でも知っているくらい有名ですね。

シャルドネ、ピノノワール、ピノ・ムニエの3種類のブドウが調和したバランスの良いエレガントな味わいで、すっきりとしたシャンパンです。

価格 タイプ ブドウの品種
約4,000円 白/辛口 シャルドネ・ピノノワール・ピノムニエ

(2)GHマム コルドンルージュ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

BISTAURANT Elan(@bistaurant_elan)がシェアした投稿

赤いリボンが印象的なGHマムのコルドンルージュはおすすめのシャンパンです。

フレッシュさと力強さのバランスが抜群で安定感のある味わいが特徴です。

ヨーロッパ各国の王室からも愛されている伝統的なシャンパンです。

価格 タイプ ブドウの品種
約4,000円 白/辛口 シャルドネ・ピノノワール・ピノムニエ

(3)ボランジェ スペシャルキュヴェ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Champagne Bollinger(@champagne_bollinger)がシェアした投稿

ボランジェスペシャルキュヴェは、上質な果実味のある味わいのおすすめのシャンパンです。

映画『007』でジェームス・ボンドが愛飲していたことでも有名で、穏やかなアロマとは対照的に飲むと引き締まったレモンやオレンジを思わせる酸味が効いているエレガントな味わいが特徴です。

価格 タイプ ブドウの品種
約6,000円 白/辛口 シャルドネ・ピノノワール・ピノムニエ

(4)ネクターアンペリアル

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Moët & Chandon Official(@moetchandon)がシェアした投稿

モエ・エ・シャンドンのネクターアンペリアルは、甘口で飲みやすくおすすめのシャンパンです。

魅惑的なトロピカルフルーツの香りが特徴で、その香りのあとにはスパイシーな香りも駆け抜けます。

女性にも人気の1本です。

価格 タイプ ブドウの品種
約6,000円 白/やや甘口 シャルドネ・ピノノワール・ピノムニエ

(5)テタンジェ ノクターンセック

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Champagne Taittinger(@champagnetaittinger)がシェアした投稿

テタンジェノクターンセックはボトルデザインも美しくおすすめのシャンパンです。

ほのかに甘味のあり、花やフルーツのような香りとソフトでなめらかな口当たりが特徴的で、漫画『神の雫』でも紹介されました。

ノクターン(夜想曲)という名前もロマンティックで女性ウケするシャンパンです。

価格 タイプ ブドウの品種
約6,500円 白/やや辛口 シャルドネ・ピノノワール・ピノムニエ

(6)ブリュット・ダンジャン・フェイ ポール・ダンジャン・エ・フィス NV

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

moment.of.wine(@moment.of.wine)がシェアした投稿

 ブリュット・ダンジャン・フェイ ポール・ダンジャン・エ・フィス NVはコスパの良いおすすめのシャンパンです。
 

モエ・エ・シャンドンなど大手メゾンにブドウを販売していた栽培家が作っています。

英国王室御用達にも選ばれ、お値打ちのシャンパンです。

価格 タイプ ブドウの品種
約3,700円 白/辛口 シャルドネ・ピノノワール・ピノムニエ

(7)ヴーヴ・クリコ ローズラベル

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Veuve Clicquot(@veuveclicquot)がシェアした投稿

ヴーヴ・クリコ ローズラベルはフルーティーでおすすめのロゼシャンパンです。

イエローラベルが有名なヴーヴ・クリコ社が造る人気のローズラベルで、鮮やかなサーモンピンクとフルーティーな味わいが特徴です。

ロゼは見た目にも華やかで女性に人気の1本です。

価格 タイプ ブドウの品種
約6,000円 ロゼ/辛口 シャルドネ・ピノノワール・ピノムニエ

なお、失敗しないシャンパンの開け方についてはこの記事で紹介しているので参考にして下さい。

できないと恥ずかしい!失敗しないシャンパンの開け方と注ぎ方とは?

2020.11.08

3.シャンパンの選び方の3つのポイント

たくさんある中からシャンパンを選ぶときには、この3つのポイントを覚えておきましょう。

選ぶ方のポイントが分かれば、自分好みの1本を選ぶことができます。

  1. 色で選ぶ
  2. 甘口~辛口の味で選ぶ
  3. 価格帯で選ぶ

シャンパンにはそれぞれ特徴があるので、ここでは選び方のポイントをそれぞれ紹介します。

(1)色で選ぶ

シャンパンには、白とロゼの2種類があります。

  ロゼ
価格 ロゼより安価 白より高価
味わい すっきりとした爽やかな味わい 風味豊かでコクがある
琥珀色 ピンク色

ロゼはフランス語でピンクという意味で、白シャンパンに赤ワインを混ぜたり、ブドウの果皮を漬け込みピンク色にしているのです。

ロゼシャンパンは手間がかかる分だけ、白よりも高価になります。

見た目も華やかなロゼは、女性に人気がありそれだけで主役になれるシャンパンです。

(2)甘口~辛口の味で選ぶ

シャンパンを選ぶ時は味わいの違いで選びましょう。

シャンパンの味はラベルに記載されているので、自分の好きなタイプを知っておくとシャンパン選びが楽しくなりますよ。

ラベル表記 味わい
ブリュット・ナチュール(Brut Nature) 超辛口
エクストラ・ブリュット(extra brut) 非常に辛口
ブリュット(brut) 辛口
エクストラ・ドライ(extra dry) やや辛口
セック(sec) やや甘口
ドゥミ・セック(demi sec) 甘口
ドゥ(doux) 非常に甘口

すっきりとした味わいが好きな方は辛口を、シャンパン初心者なら甘めのものが口あたりがよく飲みやすいですね。

(3)グレードで選ぶ

ャンパンにはノンヴィンテージとヴィンテージがあります。

  ヴィンテージ ノンヴィンテージ
価格 高価 ヴンテージより安価
ブドウの品種 単一年度(良質のブドウが収穫できた年のみ) 複数の年度をブレンド
年度の記載 ラベルに記載あり なし

ノン・ヴィンテージは、さまざまな畑でとれたブドウや複数の年代のものをブレンドしてつくられるのが特徴です。

一方ヴンテージは良質のブドウができたときのみ、その年に収穫されたブドウだけで作られラベルにはどの年度が記載されています。

ヴィンテージは高価になりますが、最高の1本なので特別な記念日に用意したいですね。

シャンパンの値段についてはこの記事でも紹介しているので参考にして下さい。

日常使いから最高級まで!気になる有名シャンパンの値段とは?

2020.11.10

まとめ

シャンパンは選び方が難しいように感じますが、ポイントを知っていれば自分好みのものを選ぶことができます。

5,000円前後で美味しいシャンパンがたくさんあるので、是非試してみましょう。

シャンパンは毎日の食卓に彩りを添えてくれます。

気軽にシャンパンのある生活を楽しみましょう。

関連記事一覧