ホストが引退したその後の過ごし方や安定した生活のポイントを紹介!

「ホストは引退した後にどのような過ごし方をするのだろう?」
「ホストを引退してからも有意義な生活を送るためにはどうすれば良いのだろう?」

このように、ホストを引退した後の過ごし方について疑問に思った経験はありませんか?

実は、ホストは引退してから自分自身の経験や知識を活かした仕事を選んでいるのです!

ここでは、ホストを引退したその後の過ごし方や、安定的な生活を送るためのポイントについて説明します。

この記事を読めば、ホストクラブを引退したその後の生活を意識しながら働けるようになりますよ!

1.ホストが引退したその後の過ごし方

ホストが引退したその後の過ごし方は、大きく分けて以下の2つです。

  1. ホストクラブに携わる仕事を続ける
  2. ホストクラブ以外の仕事をする

引退したホストが一般的にどのような過ごし方をしているのかを知っておけば、あなたがホストを引退した後にどう過ごせばよいのかをイメージすることにつながりますよ

ここからは、ホストが引退したその後の過ごし方について、詳しく説明します。

(1)ホストクラブに携わる仕事を続ける

ホストが引退したその後の過ごし方の1つ目は、ホストクラブに関わる仕事を続けることです。

期間の長短に関わらず、ホストとして働いた経験を活かせる仕事もあるため、今までのキャリアを無駄にすることなく活躍することができますよ

ホストクラブに携わる仕事は、大きく分けて以下の3つがあります。

  1. ホストクラブの経営者になる
  2. 裏方として働く
  3. ホスト紹介の仕事をする

ホストとしての第一線を退いた後に、経験を活かして働ける仕事を知っておくことで、あなたの能力を最大限に発揮して働き続けることができるようになりますよ!

ここからは、ホストクラブに携わる仕事について、詳しく説明します。

#1:ホストクラブの経営者になる

ホストクラブに携わる仕事の1つ目は、ホストクラブの経営者になることです。

お客さんの接客を行うことがメインであったホストを引退すると、これまで培った知識や経験を活かして、あなたが理想とするホストクラブを経営することもできます

もちろんホストクラブを立ち上げるためには、多くの資金が人脈が必要になってくるため、誰でも経営者になれるわけではありません。

しかし、自分のお店を持つことを目標としてホストを続ける人も多く、夢を実現させる準備が整ったらホストを引退するというケースもあるのです。

#2:裏方として働く

ホストクラブに携わる仕事の2つ目は、裏方として働くことです。

ホストクラブの裏方として働く人のことを内勤とも言い、接客をメインとするホストとは華やかさが違いますが、お店の売上を左右する重要な役割を担っているため、ホストとしての経験はとても大切になります

また、裏方として働いていれば無理にお酒を飲む必要が無く、ホストの面倒を見たり女性客との駆け引きをする必要が無いといったメリットもあり、ホストクラブに携わりながら心理的な負担を抑えて働き続けることができるのです。

ただし、ホストクラブの裏方として働ける人はあまり多くないため、引退を考えているのであれば、良い求人を見つけられるよう早めにチェックしておきましょう。

#3:ホスト紹介の仕事をする

ホストクラブに携わる仕事の3つ目は、ホスト紹介の仕事をすることです。

繁華街には何種類ものホストクラブがある地域もあり、どの店舗で働こうか迷っている人も多いです。

現役ホスト時代から培ってきた人脈を活かして、ホストとして働こうとする人にピッタリなホストクラブを紹介することで、地域のホストクラブに貢献することができます

適切なホストクラブを紹介できるようになるためには、幅広い人脈や知見が必要になるため、現役時代から人脈を広げて地域のホスト業界について熟知しておくことが大切です。

(2)ホストクラブ以外の仕事をする

ホストを引退したその後は、ホストクラブに携わる仕事をする人だけでなく、ホストクラブ以外の仕事をする人もいます。

引退したその後のホストが選ぶ具体的なホストクラブ以外の仕事には、以下の3つがあります。

  1. ホスト以外の飲食店を経営する
  2. 営業の仕事をする
  3. 営業をしなくて良い仕事をする

これらの働き方を知っておくことで、ホストクラブに携わる仕事でなくても、安心して働き続けることができるようになりますよ

ここからは、引退したその後のホストが選ぶホストクラブ以外の仕事について、詳しく説明します。

#1:ホスト以外の飲食店を経営する

引退したその後のホストが選ぶ、1つ目のホストクラブ以外の仕事は、ホスト以外の飲食店を経営することです。

飲食を伴う接客をするホストクラブで培った経験を活かして、他の飲食業界を経営することで、うまくお店を運営できている人もたくさんいます

飲食業界の経営は簡単なことではありませんが、ホストクラブでの経験や人脈を生かしながらうまく経営していくことで、人気のある飲食店に成長させられる可能性が高くなるのです。

#2:営業の仕事をする

引退したその後のホストが選ぶ、2つ目のホストクラブ以外の仕事は、営業の仕事をすることです。

接客をメインとするホストクラブでの勤務経験を活かすことで、他の業界での営業として活躍しているホストも多いです

お客さんに対して商品やサービスを分かりやすく魅力的に説明することで、営業利益を上げて自分自身の収入を増やすことができます。

そのため、ホスト時代から売上が高かった人や、お客さんに購入を促すのが得意だという人は、営業職が向いているかもしれませんね。

#3:営業をしなくて良い仕事をする

引退したその後のホストが選ぶ、3つ目のホストクラブ以外の仕事は、営業をしなくて良い仕事をすることです。

ホストクラブにはさまざまな種類のお客さんが来店するため、苦手なタイプの人に対してもうまく接客しなければなりません。

また、売上がホストとしての能力につながると言っても過言ではないという、過酷な世界に長く身を置いていることで、心身ともに疲れ果ててしまうホストもいます。

そのようなホストは、引退したその後に営業の仕事を選ぶことを避ける傾向があり、無理をして人と接する仕事をしないような職業に就くケースもあるのです。

2.ホスト引退後に安定した生活を送るための2つのポイント

ホストを引退したその後に安定した生活を送るためには、以下の2つのポイントを意識しておくことが大切です。

  1. ホスト時代から人脈を広げておく
  2. 貯金や社会保険で地盤を固める

これらのポイントを理解しておくことで、ホスト引退したその後も安定した生活を送れるようになりますよ

ここからは、ホストを引退したその後に安定した生活を送るためのポイントについて、詳しく説明します。

(1)ホスト時代から人脈を広げておく

ホストを引退したその後に安定した生活を送るための1つ目のポイントは、ホスト時代から人脈を広げておくことです。

引退したその後にどのような生活を送るかは、現役ホストとして働いている間はイメージしづらいかもしれません。

しかし、人脈を広げておくことで、あなたが進みたい道が決まった時に、助けになってくれる人が見つかる可能性が高くなります

1人では実現困難な夢も、人脈を活かすことで叶えられたという事例もたくさんあるため、人との関わりを大切にしながらホストとして働くようにしておくことが大切です。

(2)貯金や社会保険で地盤を固める

ホストを引退したその後に安定した生活を送るための2つ目のポイントは、貯金や社会保険で地盤を固めることです。

ホストクラブによっては社会保険に加入していないところもあり、病気やケガをしてからその事実を知ることで、十分な社会保障を受けられないというケースもあります

また、貯金が少ないことで退職後に安定した生活を送ることができず、困窮してしまうホストもいるため、ある程度の生活基盤を確保できるような貯金は必須です。

引退したその後でも平穏な生活を送れるように、現役時代から社会保障や貯金について意識しながら働くようにしましょう。

まとめ

今回は、ホストが現役を引退したその後の生活や、引退後に安定的な生活を送るためのポイントについて説明しました。

日々働くだけで精一杯になってしまうかもしれませんが、引退後の生活も視野に入れながら働くことで、スムーズに生活を切り替えることができるようになります。

ここで説明した内容を参考にして、ホストが引退したその後の生活を考えながら働けるようになってくださいね!

関連記事一覧