ホストのボーイ(内勤)ってどんな仕事?内勤のメリットとデメリット

「ホストになるのは無理だけど、ボーイとして働かせてもらえないだろうか?」
「華やかな世界の空気だけでも味わってみたい。内勤ってどんなことをするの?未経験でもできる?」

ホストクラブの内部に興味があるけど、プレイヤーとして働く自信がない方は、ボーイという仕事に興味を持っているのではないでしょうか。

プレイヤーにならなくても、ボーイになればお酒を飲まずに夜の世界を覗くことができます!

そこで今回はホストクラブのボーイ(内勤)の5つの仕事内容とメリット、デメリットをご紹介。

この記事を読み終わったら、ナイトワークの求人検索を探さずにいられなくなっているでしょう!

1.ホストクラブのボーイ(内勤)の5つの仕事内容

ホストクラブのボーイ(内勤)の5つの仕事内容を紹介します。

  1. 店の掃除
  2. お酒の仕入れ・管理
  3. つけ回し
  4. レジ会計
  5. 売上の精算

ホストクラブのボーイは内勤と呼ばれることが多く、プレイヤーがやらない裏方の仕事が担当。

1つずつ仕事内容を紹介します。

(1)店の掃除

ホストクラブのボーイ(内勤)の1つ目の仕事内容は店の掃除です。

多くのお店では新人プレイヤーと内勤が一緒に開店準備。

お客様が楽しめるように店を清掃し、整えたり、おしぼりを巻いたりしてオープンに備えておきます。

昇進するにつれて掃除は新人ホストに任せ、遅く出勤できるようになりますよ。

新人のボーイにとってはお店の掃除も大切な仕事です。

(2)お酒の仕入れ・管理

ホストクラブのボーイ(内勤)の2つ目の仕事内容は、お酒の仕入れ・管理です。

お客様がオーダーした時に所望のお酒がないことは、ホストクラブではあってはならないこと。

ハウスボトルや缶もの、そしてシャンパンやブランデーの在庫を確認し、不足していれば注文します。

ボーイがボトル類の在庫管理や発注作業も行うことが多いでしょう。

(3)つけ回し

ホストクラブのボーイ(内勤)の3つ目の仕事内容はつけ回しです。

フリーのお客様の席にプレイヤーを配置したり、指名被りの際にヘルプをつけて担当がテーブルに着く時間配分の調整をします。

お客様を見て好みであろうホストを判断するなど、熟練の技術が必要です。

そのため新人ではなくベテランの内勤や幹部が行うことが多いでしょう。

お客様のテーブルにホストを配置させるつけ回しも、内勤が行っています。

(4)レジ会計

ホストクラブのボーイ(内勤)の4つ目の仕事内容はレジ会計です。

お客様がチェックした際にチャージやオーダーの料金を合計し、お会計をテーブルへ持っていきます。

会計が間違っているとホストの売上も変わるので、非常に重要な役目。

クレジットカードの処理をするなど、レジ作業は内勤の大事な仕事です。

(5)売上の精算・給料の管理

ホストクラブのボーイ(内勤)の5つ目の仕事内容は、売上の精算・給料の管理です。

その日の売上の合計をして、当日一番売り上げたプレイヤーを閉店までに割り出します。

会計作業はお金に関する仕事のため、幹部や信頼されている内勤ではないと勤まりません。

またプレイヤーの給料システムに合わせて計算を行い、それぞれ現金を封筒に振り分けて手渡すのも内勤の仕事。

大金を扱いますし、給料計算のミスはホストとのトラブルの素なのでプレッシャーも多い役目です。

1日の売上の合計作業をしたり、プレイヤーたちに給料を渡すのもホストクラブのボーイが行います。

2.ホストクラブのボーイ(内勤)になる3つのメリット

ホストクラブのボーイ(内勤)になる3つのメリットを紹介します。

  1. キャバクラのボーイより昇給率が高い
  2. お酒が飲めなくても働ける
  3. 収入が安定しやすい

プレイヤーではなく、あえて内勤を選ぶ理由はなんなのでしょうか。

1つずつメリットを紹介します。

(1)キャバクラのボーイより昇給率が高い

ホストクラブのボーイ(内勤)になる1つ目のメリットは、キャバクラのボーイより昇給率が高いことです。

内勤の給料相場は25〜30万円程度、ベースはキャバクラと変わりませんが仕事内容が複雑なので、働きによってはすぐに昇給できます。

最初は下働きから始めて、信頼を得れば会計やつけ回しを任せてもらえるでしょう。

幹部に気に入られれば入店してすぐに昇格することもあるので、チャンスが多い職場です。

ホストの内勤は実力次第ではすぐにお給料アップが期待できます。

(2)お酒が飲めなくても働ける

ホストクラブのボーイ(内勤)になる2つ目のメリットは、お酒が飲めなくても働けることです。

プレイヤーと違ってお酒を飲む仕事ではありませんし、会計作業などがあるためむしろ飲んではだめ。

ホストクラブといえばお酒ですが、内勤は飲まなくて良いので体調を崩すこともありません。

お酒が飲めなくて水商売が無理と思っていた人でも、夜の世界へ飛び込むことができますね。

内勤であればお酒が飲めない人でも安心して働くことができます。

(3)収入が安定しやすい

ホストクラブのボーイ(内勤)になる3つ目のメリットは、収入が安定しやすいことです。

ベースのお給料が25万円などで固定されているので、それを下回ることはありません。

プレイヤーは大きく稼げる可能性がありますが、売上がなければ最低保証の10〜15万円程度しか受け取れないんです。

また大手グループであれば賞与制度なども充実しているので、お給料以上の手当も受け取れます。

内勤の方がお給料は安定していて、収入面でも安心感があるでしょう。

3.ホストクラブのボーイ(内勤)になる2つのデメリット

ホストクラブのボーイ(内勤)になる2つのデメリットを紹介します。

  1. 求人数が圧倒的に少ない
  2. ホスト経験者の方が優遇される

メリットとデメリットを比べてみて、自分にあっている業界かどうかを考えてみてください。

1つずつデメリットを解説します。

(1)求人数が圧倒的に少ない

ホストクラブのボーイ(内勤)になる1つ目のデメリットは、求人数が圧倒的に少ないことです。

そもそも内勤はプレイヤーを上がったホストが繰り上げでなることが多いため、求人自体が少なめ。

稀に未経験者むけの求人が出ることもありますが、人気の職業なのですぐに枠が埋まってしまうんです。

収入が安定しやすく飲酒の必要もないため、辞める人も少なく空きが出ません。

仕事に就くための求人がそもそも少なく、ライバルが多いのはデメリットと言えるでしょう。

(2)ホスト経験者の方が優遇される

ホストクラブのボーイ(内勤)になる2つ目のデメリットは、ホスト経験者の方が優遇されることです。

内勤の仕事内容は、ホストクラブの内情を知っていないとできないものが多く、ベテランの知識や経験が求められます。

掃除やお酒の発注程度なら未経験者にも任せられますが、会計作業やつけ回しになるとそうはいきません。

そのためホストのボーイの面接にはプレイヤー経験者の方が圧倒的に受かりやすいです。

稀に未経験者向けの求人が出るので、それを見逃さずに応募する必要があるでしょう。

ホストクラブのボーイは未経験者には少々ハードルが高いというのもデメリットです。

まとめ

今回はホストクラブの内勤のお仕事について詳しく紹介しました。

お酒を飲まなくてよくて昇給チャンスが多く、収入も安定しやすい人気の仕事です。

反面経験者がそのまま内勤に上がることが多く、求人が少ないので競争率はかなり高いのが難点。

大手グループの方が確実に給料は良いので、まずは大手ホストグループの公式サイトで求人を探すのがおすすめです。

ホストクラブのボーイになれば、プレイヤーにならずとも華やかな世界を体感することができます。

頑張りが認められる環境なので、在籍期間に関係なく実力でのし上がっていくことができるのも魅力。

あなたもホストクラブのボーイになり、裏方としてプレイヤーたちを支えてみましょう!

キャバクラのボーイの仕事内容にも興味がある方は、こちらの記事も読んでみてください。

関連記事一覧