ホストが営業でラインを使いこなす方法とは?注意点も紹介!

「ラインでうまく営業する方法を知りたい」
「どうすればラインでお客さんから反応が得られるのだろう?」

このように、ホストがラインで営業する方法について、疑問に思った経験はありませんか?

実は、ラインで営業するためには、不自然にならないようにライン交換して、警戒感を与えないようにメッセージを送ることが大切なのです!

ここでは、お客さんとライン交換をする方法や、ラインで営業する方法、メッセージを送る際の注意点について説明します。

この記事を読めば、お客さんに警戒感を与えにくいラインを使った営業方法を身につけられるようになり、リピート率をさらに高められますよ!

1.お客さんとラインを交換する時の3つのポイント

お客さんとラインを交換する時のポイントは、以下の3つです。

  1. お客さんとある程度会話を楽しんだ後に交換する
  2. ライン交換するハードルを下げる
  3. なるべく早く電話番号交換につなげる

これらの方法を理解した上でお客さんとライン交換ができれば、リピートしてもらえるような営業につなげられますよ

ここからは、お客さんとラインを交換する時のポイントについて、詳しく説明します。

(1)お客さんとある程度会話を楽しんだ後に交換する

お客さんとラインを交換する時の1つ目のポイントは、お客さんとある程度会話を楽しんだ後に交換することです。

お客さんとの距離感が離れている状態でライン交換の話を出してしまうと、警戒心を増やしかねないからです

そのため、ホストクラブの雰囲気やホストとの関係性をある程度築いた段階で、ライン交換の話題を切り出すようにしましょう。

それによって、お客さんもライン交換に応じてくれやすくなり、今後も関係を続けていくためのきっかけ作りができるようになりますよ!

(2)ライン交換するハードルを下げる

お客さんとラインを交換する時の2つ目のポイントは、ライン交換するハードルを下げることです。

ホストとの関係が浅い段階では、お客さんはホストに対して警戒感を抱いており、プライベートな情報であるラインの連絡先は、そう簡単には教えてくれないからです。

そのため、ライン交換する時は、もしもラインが迷惑だったらブロックしても構わないことや、既読スルーしても気にしないということを伝えて、ライン交換への抵抗感を少なくするのがポイントになります

ライン交換のハードルを下げることによって、お客さんとライン交換しやすくなり、営業メッセージを送りやすくなりますよ!

(3)なるべく早く電話番号交換につなげる

お客さんとラインを交換する時の3つ目のポイントは、なるべく早く電話番号交換につなげることです。

ラインにはブロック機能が存在するため、手軽にブロックされてしまうというデメリットがあるからです

電話番号も着信拒否機能がありますが、ラインほど手軽ではないため、よほどのことがない限り音信不通なりにくいでしょう。

とはいえ、あまりにも電話番号交換をしつこく迫ってしまうと、ラインをブロックされかねないため、お客さんとの距離感を慎重に縮めていくことが大切になります。

2.ホストがラインで営業する際の3つの方法

ホストがラインで営業する方法は、以下の3つです。

  1. 基本的に毎日ラインを送る
  2. なるべく既読無視はしない
  3. ライン交換が習慣化されたら少し頻度を空けてみる

これらの方法を知っておけば、お客さんに対して適切な方法で営業できるようになり、リピート率を高めることができますよ

ここからは、ホストがラインで営業する方法について、詳しく説明します。

(1)基本的に毎日ラインを送る

ホストがラインで営業する1つ目の方法は、基本的に毎日ラインを送ることです。

毎日ラインを送ることで、お客さんにあなたの印象をより強く持ってもらい、信頼関係を高められるからです

とはいえ、ホストクラブへの来店を促すような内容ばかりでは、営業でラインをしている雰囲気が強くなってしまうため、注意しましょう。

日常生活上の些細な出来事でも良いので、お客さんとの距離感を縮められるような、何気ないメッセージを毎日やり取りできるのが理想的です。

(2)なるべく既読無視はしない

ホストがラインで営業する2つ目の方法は、なるべく既読無視はしないことです。

お客さんが送ってきたメッセージに対してしっかりと返信することで、コミュニケーションを深めることにつながるからです

反対に、ホストが送信したメッセージに対して既読無視をするお客さんはたくさんいます。

既読無視をされたからといって、しつこくメッセージを送ったり気分を悪くしてしまうと、帰ってお客さんの印象を悪化させてしまいかねません。

あくまでお客さんとの関係性を良好に保つことを優先に考えて、うまくラインを使って営業しましょう。

(3)ライン交換が習慣化されたら少し頻度を空けてみる

ホストがラインで営業する3つ目の方法は、ライン交換が習慣化されたら少し頻度を空けてみることです。

毎日ライン交換して、既読無視をしないようにするのが基本ですが、少し頻度を空けてみることで、お客さんの心をあなたに向けることにつながるからです

この方法は、ある程度ライン交換が習慣化して、お客さんとの関係性が深まってきた時期が目安となっています。

突然メッセージの頻度を少なくすることで、「何で連絡をくれないんだろう?」や「何か悪いことでもしたのかな?」といった気持ちを芽生えさせ、よりあなたへ気持ちを強くすることにつながるのです。

ある程度ラインが習慣化してきた時期を見計らって、メッセージの頻度を調整してみましょう。

3.ホストがラインで営業する際の2つの注意点

ホストがラインで営業する際の注意点は、以下の2つです。

  1. テンプレートの使用は避ける
  2. お店が営業している時だけ連絡しない

これらの注意点を理解してラインで営業すれば、お客さんの気分を害することなく関係性を保つことができますよ

ここからは、ホストがラインで営業する際の注意点について、詳しく説明します。

(1)テンプレートの使用は避ける

ホストがラインで営業する際の1つ目の注意点は、テンプレートの使用は避けることです。

メッセージにテンプレートを使用してしまうと、他のお客さんにも同じようなメッセージを送っていることが伝わってしまい、返信してもらえる可能性が低くなるからです

多くのお客さんを相手にするホストは、ライン交換するお客さんもたくさんいるため、それぞれのお客さんごとにオリジナルのメッセージを送るのは難しいかもしれません。

しかし、できるだけ多くのお客さんを獲得するためには、心のこもった文章を送ることが大切になります。

メッセージにお客さんの名前や、楽しく過ごした時間のことを盛り込むことで、お客さんの心に届くラインを送ることができますよ!

(2)お店が営業している時だけ連絡しない

ホストがラインで営業する際の2つ目の注意点は、お店が営業している時だけ連絡しないことです。

あなたの勤務時間中だけにラインを送っていると、売上目当てでラインを送っていることが伝わってしまい、お客さんを警戒させてしまうからです

勤務時間内に多くのお客さんに来店してもらいたいという気持ちは分かりますが、あからさまに営業していることが伝わってしまうと、いつまでたってもお客さんを増やすことはできません。

プライベートの時間も利用しながら、適切な間隔でお客さんにラインを送ることで、より自然に関係性を深めることができますよ!

まとめ

今回は、お客さんとライン交換をする方法や、ラインで営業する方法、メッセージを送る際の注意点について説明しました。

お客さんに警戒感を与えないようにラインで営業することが、リピート率を高めるために重要です。

ここで説明した内容を参考にして、ラインで適切に営業する方法が理解できるようになり、ホストとしてさらに活躍できるようになってくださいね!

関連記事一覧