一流キャバ嬢への近道!売上アップにつながるアフターのコツとは?

「アフターをうまく使って指名客を増やしたい!」
「アフターって疲れるから苦手。アフターするメリットってあるのかな?」

キャバ嬢なら避けては通れないアフターですが、面倒で苦手という方も多いのではないでしょうか?

しかし、アフターはお客さんを獲得するチャンスでもあります。

誰とでもアフターをしていては疲れてしまいますが、売上アップにつながるアフターは積極的にするべきです。

ここでは、売上アップにつながるアフターのコツ、アフターに行くときの注意点、アフターをするメリットを紹介します。

アフターは自分のファンを作るチャンスなので、効果的に利用しましょう。

1.【一流キャバ嬢のアフター術】売上につながるアフターのコツ

アフターとは、お店の営業が終わった後にお店の外でお客様と会うことです。

時給が発生しないので、積極的には行きたくないと思っているキャバ嬢も多いでしょう。

しかし、売れっ子のキャバ嬢はお客様との親密度を上げ指名客を増やすために、アフターをうまく利用しています。

ここでは売上げにつながるアフターをする3つのコツを紹介します。

  1. アフターに行くべきお客様かどうかを見極める
  2. 短時間しか接客できなかったお客様を誘う
  3. また会いたくなるような余韻を残す

アフターをうまく利用して一流のキャバ嬢を目指しましょう。

(1)アフターに行くべきお客様かどうかを見極める

売上につながるアフターをするためには、アフターに行くにふさわしいお客様かどうかを見極めましょう。

お客様にとってアフターは、キャバ嬢とのコスパのよいデートと言えます。

店に行くとお金がかかりますが、アフターなら時間を気にせず一緒に過ごせると考える男性も多いでしょう。

誰とでもアフターに行っては、「アフターに来てくれるなら、店に行く必要がないな。」と思われてしまう可能性もあります。

そうならないためには、アフターに行くべき男性を見極める必要があります。

アフターに行くときはこの2点に男性が当てはまるかをチェックしましょう。

アフターに行くべき男性
  • 長く通ってくれていて信頼できる男性
  • 今後いいお客様になってくれそうな男性

お客様との良好な関係性が作るためにアフターを利用しましょう。

(2)短時間しか接客できなかったお客様を誘う

売上につながるアフターをするためには、短時間しか接客できなかったお客様をアフターに誘いましょう。

指名が被るなどの理由で短時間しか接客できなかった場合、お客様は不満を抱えてしまいます。

仕方ないと思いながらも、小さな不満が積もれば指名してくれなくなる可能性もあります。

そんな時は「少ししかお話できなかったのでこの後ご一緒できませんか?」と自分から誘ってみましょう。

大切なお客様のフォローをすることも一流のキャバ嬢に必要な心遣いです。

(3)また会いたくなるような余韻を残す

売上につながるアフターをするためには、また会いたいなと思われるよう余韻を残して帰りましょう。

その場が盛り上がっていても、「またお店で会えるの楽しみにしています。」ともう少し会いたかったなと思われるタイミングで切り上げると効果的です。

酔っ払いすぎて寝てしまうなんていう失敗をしないようにしましょう。

キャバ嬢はお客様にとって、『手に入りそうで入らない存在』でいる必要があります。

「また会いに行こう。」と思われるよう少しの余韻を残して帰りましょう。

2.アフターに行くときの3つの注意点

アフターに行くときは全てを相手任せにせず、3つの点に注意して自分主導で決めて行きましょう。

アフターを相手任せにしてしまうと、相手のペースになってしまいホテルに誘われてしまったり、帰りにくい空気を作られてしまうこともあります。

そうならないために、アフターで気をつけるべきことを3つ紹介します。

  1. お店は事前にリサーチしておく
  2. 帰る時間を決めておく
  3. 二人っきりでタクシーや車には乗らない

雰囲気に流されて後悔しないように、注意するべき点を守りましょう。

(1)お店は事前にリサーチしておく

アフターに行くときはお店を事前にリサーチしておきましょう。

アフターでは、バーやカラオケ、ご飯を食べに行くというのが定番です。

急にアフターに誘われても対応できるように、店の近くでアフターに使えそうな店をリサーチしておくと安心です。

バーに行くなら知り合いの店や系列店に行くなどすると、口説かれて困った時もうまく対処してくれます。

店の雰囲気や立地があらかじめ分かっていると安心できるので、事前に調べておきましょう。

アフターってどれくらいの価格帯のお店がいいの?と迷ったらこの記事を参考にしてください。

デキるキャバ嬢の常識!目的と料金で選ぶアフターに使える店とは?

2020.10.11

(2)帰る時間を決めておく

アフターに行くときは、帰る時間を事前に相手に伝えておきましょう。

男性の中には、アフターに行くことイコール時間を気にせずに過ごせると考えている人もいます。

最初に帰る時間を伝えておくと、男性もその時間までしか一緒に居れないと分かってもらえるので帰り時に言い出しにくくなりません。

「今日は○時までしか時間がとれないのですがいいですか?」と最初に伝えておきましょう。

(3)二人っきりでタクシーや車に乗らない

アフターに行くときは二人っきりでタクシーや車に乗らないようにしましょう。

男性に店を決めてもらうと、「じゃあタクシーで行こう。」と連れて行かれてしまう可能性があります。

よほど信頼しているお客様ならともかく、付き合いの浅い男性と二人っきりでタクシーに乗るのは危険です。

態度が豹変してホテルに連れて行かれたなんてことのないように、移動は徒歩で行けるところがよいでしょう。

行く前に、アフターの場所をきちんと決めておくことも大切です。

アフターでホテルに誘われそうな時は、対策を考えておきましょう。

断り方に悩んだ時はこの記事を参考にしてください。

キャバ嬢必見!アフターでホテルに誘われた時のスマートな断り方は?

2020.10.12

3.アフターをする3つのメリット

相手に希望を持たせながら断る

アフターはキャバ嬢にとってはサービスの一つですが、その分メリットもあります。

キャバ嬢として頑張りたいと思うのなら、アフターのメリットを知りどんどん使っていきましょう。

アフターのメリットは大きく分けて3つあります。

  1. 特別感を感じてもらえる
  2. お客様との距離が縮まる
  3. いつもと違う一面をアピールできる

アフターのメリットを知り、最大限に利用しましょう。

(1)特別感を感じてもらえる

アフターのメリットは、お客様に特別感を感じてもらえることです。

お金が発生しないアフターはキャバ嬢のプライベートの時間です。

その時間を自分に使ってくれるアフターは、特別感があり、大切なお客様だという証拠でもあるのです。

営業ではなく一緒に過ごしたいというアピールとしても使えますね。

(2)お客様との距離が縮まる

会話のルール

アフターのメリットは、お客様との距離が縮まることです。

店で会話するのと違い、アフターはプライベートな空間です。

普段店では話せないような会話ができ、お互いがリラックスして過ごすことができるので心の距離も縮まります。

今後長く通ってくれそうなお客様とはアフターをして距離を縮めることができるのも、アフターのメリットですね。

(3)いつもと違う一面をアピールできる

アフターのメリットは、いつもと違う一面をアピールできることです。

キャバ嬢にとって意外性というのは大きな武器になります。

アフターではホッとして素の自分を見せてしまうこともあるでしょう。

素の自分を見せるタイミング
  • 「実はお酒あんまり強くないんだよね」とお店とは違う一面を見せる
  • 最近このドラマにハマってるなどプライベートの話をする
  • 「仕事のことで悩んでることがあって。」と悩みを相談する

普段見せない一面を少し出すことで、「もっとこの子のことを知りたい。」と感じさせることができます。

まとめ

アフターをうまく利用することは、キャバ嬢として成功するための第一歩です。

お客様に喜んでもらうためだけではなく、自分の売上につなげるにはどうすればいいかを考えましょう。

店を決める時は、相手のペースに合わせるのではなく、自分主導で決めるとトラブル回避にもなるので事前にリサーチしておきましょう。

アフターを効果的に使って、キャバ嬢としてステップアップしましょう。

関連記事一覧