売上アップの近道!キャバ嬢なら覚えておきたい人気シャンパン7選

「キャバクラで人気のあるシャンパンってどんなものがあるの?」
「キャバクラのシャンパンの料金ってどれくらい?」

お祝い事やイベント時に欠かせない人気のシャンパンについて疑問をお持ちではありませんか?

お客様におろしてもらうシャンパンはキャバ嬢の売上・給料に大きく関係するので、どんなシャンパンがあってどれくらいの売上になるのかキャバ嬢自身が知っておくことはとても大事

そこでこの記事では、キャバクラで人気のシャンパン7選とその相場を、いただく時のマナーと合わせて解説します。

シャンパンを制するキャバ嬢はキャバクラを制す!

ぜひ人気のシャンパンを覚えて売上アップ・給料アップを実現し、キャバ嬢としてのステータスもアップさせましょう

1.売上アップの近道!シャンパンのメリット

キャバ嬢が手っ取り早く売上を上げるには、お客様にシャンパンをおろしてもらうのが一番です。

キャバクラでは、シャンパンやワインのほか、ブランデーや焼酎なども提供しています。

ブランデーや焼酎にもキープボトルで次回につなげられるメリットがありますが、単純にその日の売上で考えるなら、当日中に飲み切らなければならない抜きもの系(シャンパンやワイン)のほうが売上を上げやすいです。

しかも、同じ抜きもの系でも炭酸が入ったシャンパンのほうがワインよりも早く飲むので回転が速く、効率よく売上アップが可能。

つまり、キャバ嬢が売上アップしたいなら、お客様にシャンパンをおねだりするのが最善

2.キャバクラで人気のシャンパン7選

次に、キャバクラで人気の7つのシャンパンを紹介します。

  1. Moet & Chandon(モエ・エ・シャンドン)
  2. Veuve Clicquot(ヴーヴ・クリコ)
  3. Belle Epoque Perrier Jouet(ベルエポック)
  4. Armand De Brignac(アルマン・ド・ブリニャック)
  5. KRUG(クリュッグ)
  6. LOUIS ROEDERER(ルイ・ロデレール)
  7. Dom Pérignon(ドン・ぺリニヨン)

お祝い事やイベント時にお客様のタイプや飲み方に合ったシャンパンを選んで入れてもらえれば、即、売上・お給料もアップ!

どんどん注文してもらえるように人気のシャンパンの銘柄と価格を覚えておきましょう。

(1)Moet & Chandon(モエ・エ・シャンドン)

キャバクラで人気の1つ目のシャンパンは、Moet & Chandon(通称モエシャン) です。

知名度もナンバーワンのモエシャンは、飲みやすい上にキャバクラではリーズナブルに楽しめる価格帯のシャンパン。

新人キャバ嬢やおねだりが苦手なキャバ嬢もお客様におねだりしやすいはず。

店頭価格 仕入れ値
ブリュット 20,000円前後 5,000円前後
ロゼ 25,000円前後 6,000円前後

(2)Veuve Clicquot(ヴーヴ・クリコ)

キャバクラで人気の2つ目のシャンパンは、Veuve Clicquot(通称ヴーヴ) です。

ヴーヴもモエシャンと同じく手ごろなお値段なので、普段シャンパンを下ろさないお客様にもおねだりしやすい銘柄です。

店頭価格 仕入れ値
イエロー 20,000円前後 6,000円前後
ホワイト 25,000円前後 6,000円前後
ロゼ 30,000円前後 7,000円前後

(3)Belle Epoque Perrier Jouet(ベルエポック)

キャバクラで人気の3つ目のシャンパンは、ペリエ・ジュエ社のBelle Epoque(通称ベルエポ)です。

微炭酸で飲みやすく、ボトルデザインも繊細でおしゃれ。

華やかなシャンパンなので、バースデーイベントやお祝い事の際に開けることが多い人気の銘柄です。

店頭価格 仕入れ値
ゴールド 50,000円前後 20,000円前後
ロゼ 120,000円前後 25,000円前後
ブラン・ド・ブラン 180,000円前後 60,000円前後

(4)Armand De Brignac(アルマン・ド・ブリニャック)

キャバクラで人気の4つ目のシャンパンは、Armand De Brignac(通称アルマンド)です。

スペードマークとカラフルなデザインがインスタ映えすると人気の高いシャンパンで、世界中のセレブリティからも愛されています。

種類も多いため、お客様に合わせたグレードのものをおねだりすると、おろしてもらいやすいはず。

店頭価格 仕入れ値
ゴールド 50,000円前後 20,000円前後
ロゼ 120,000円前後 25,000円前後
レッド 250,000円前後 53,000円前後
グリーン 250,000円前後 55,000円前後
シルバー 300,000円前後 73,000円前後
ブラック 1,000,000円前後 400,000円前後

(5)KRUG(クリュッグ)

キャバクラで人気の5つ目のシャンパンは、シャンパンの帝王KRUG(通称クリュッグ)です。

アルマンドがイケイケな印象を与えるシャンパンと例えるなら、このクリュッグは知的な印象を与える紳士・こだわり派のシャンパン。

ボトルデザインもシンプルですが、上品で通好みのお酒です。

店頭価格 仕入れ値
グランキュヴェ 50,000円前後 22,000円前後
ロゼ 120,000円前後 35,000円前後
クロデュメニル 400,000円前後 170,000円前後

(6)LOUIS ROEDERER(ルイ・ロデレール)

キャバクラで人気の6つ目のシャンパンは、英国王室御用達のシャンパンLOUIS ROEDERERです。

自社畑比率約75〜80%と使うブドウの品質に徹底的にこだわって作られ、世界的にも最高級のシャンパーニュとして高評価を得ています。

上品なデザインと飲みやすさで、キャバ嬢からも人気の高いシャンパンです。

店頭価格 仕入れ値
ブリュット 150,000円前後 35,000円前後
ロゼ 250,000円前後 75,000円前後
クリスタル 350,000円前後 90,000円前後

(7)Dom Pérignon(ドン・ぺリニヨン)

キャバクラで人気の7つ目のシャンパンは、Dom Pérignon(通称ドンペリ)です。

成功者が飲むシャンパンのイメージが強く、知名度もナンバーワンのドンペリはP3となると桁が変わる憧れのシャンパン。

まずはおねだりしやすい白からチャレンジしてみるのがオススメ

店頭価格 仕入れ値
50,000円前後 15,000円前後
ロゼ 100,000円前後 25,000円前後
P2 130,000円前後 40,000円前後
200,000円前後 50,000円前後
ラベイ 300,000円前後 76,000円前後
P3 1,000,000円前後 450,000円前後

3.お客様ファースト!シャンパンのマナー

おねだりが功を奏してお客様にシャンパンを入れてもらえたら、次の6点に注意していただきましょう。

  1. シャンパンの開栓はボーイに任せる
  2. グラスにシャンパンを注ぐ時はグラスに注ぐときはお客様を先に
  3. 一気に注がず2~3回に分けて注ぐ
  4. 注ぐ目安はグラスの半分~7分目
  5. お客様が口をつけてからグラスの脚を持って飲む
  6. お客様より先に飲み干さない

キャバクラで飲むシャンパンは、一般的に仕入れの2倍~5倍程度の価格設定

決して安くはないシャンパンを入れてくださったお客様に感謝の気持ちを伝え、すべての動作をお客様ファーストで行うよう心がけましょう。

また、甘く口当たりも良いシャンパンはついつい飲み過ぎてしまうので注意してくださいね。

まとめ

キャバクラと縁の深いシャンパンは、売上を上げたいキャバ嬢の強い味方。

お客様に人気の高いシャンパンの種類や価格を覚え、お客様のタイプや好みに合わせておねだりするのがオススメです。

ただ、飲みやすく感じるシャンパンですがアルコール度数は11~12%(ビールは約5%)と高く酔いやすいので気を付けることもお忘れなく!

関連記事一覧