場内指名が爆増!キャバクラトークの鉄板ネタ5選と喋らないお客様への対処法

「キャバクラのトークって何を話せばいいの?」
「お客様が全く喋ってくれない時みんなどうしてる?何を聞いても”うん”とか”ああ”ばっかりだとこっちも限界!」

キャバクラで仕事をする上でトークは欠かせませんが、話が合わない人や無口なお客様につくこともありますよね。

しかしキャバ嬢たるものどんな席でもお客様を盛り上げて、楽しい時間を提供しなければなりません!

今回はキャバクラのトークを盛り上げたい時の鉄板ネタ5選とお客様が全く喋ってくれない時の3つの対処法をご紹介します。

この記事を読めばフリーのお客様とのトークを盛り上げて、指名にもつながるでしょう!

1.キャバクラのトークを盛り上げたい時の鉄板ネタ5選

キャバクラのトークを盛り上げたい時の鉄板ネタ5選を紹介します。

  1. お客様の見た目・持ち物を褒める
  2. 食べ物の話をする
  3. 出身地を聞いてみる
  4. 趣味や興味のあることを質問する
  5. 恋バナに持ち込む

この5つのネタを覚えておけば、どうしても喋る事がなくなっても大丈夫!

1つずつ具体的に解説します。

(1)お客様の見た目・持ち物を褒める

キャバクラのトークを盛り上げたい時の1つ目の鉄板ネタはお客様の見た目・持ち物を褒めるです。

人は褒められるとテンションが上がり、気分が良くなると饒舌になります。

「手が綺麗ですね!」「そのネクタイの色超可愛いですね」など、目についたものをとりあえず褒めましょう。

お客様は「ありがとう」と返してくるので、その後は「何か手のケアとかされてますか?」「ネクタイはどこで買うんですか?」と掘り下げて話題を広げてください。

お客様が気分が良くノってくれば、会話も盛り上がりやすくなります。

(2)食べ物の話をする

キャバクラのトークを盛り上げたい時の2つ目の鉄板ネタは食べ物の話をする事です。

人は皆等しく食事を取るため外れがなく、会話が続きやすい話題なんですよ。

例えば「今日はお昼何食べました?」「好きな食べ物は?」と食事について質問し、最終的に「一緒に食べにいきたい」と言って同伴指名につなげることもできます。

話す事がなくて会話に詰まってしまったら、食べ物について質問してみましょう。

(3)出身地を聞いてみる

キャバクラのトークを盛り上げたい時の3つ目の鉄板ネタは出身地を聞いてみる事です。

出身地は水商売でもよく話題に出るトピックで、なおかつ出身地が被っていたり近いと親近感を感じてもらえます。

同じ地方出身であれば「え〜一緒!どこの街?」と深掘りできますし、行った事がある地方出身なら「こないだ行きましたよ」と旅行の思い出話に繋げることもできますね。

あまり詳しく無い地方の方の場合は、「行ってみたいと思ってたんですよ!美味しいものとかおすすめの観光地ありますか?」と聞けば、男性に喋らせる事ができます。

お客様に出身地を聞いてトークを盛り上げるきっかけにしましょう。

(4)趣味や興味のあることを質問する

キャバクラのトークを盛り上げたい時の4つ目の鉄板ネタは趣味や興味のあることを質問するです。

人は自分が関心を持っている事柄であれば饒舌になり、熱中している趣味であればあるほど熱く語ってくれます。

相手がたくさん喋ってくれれば話題を考える必要がなく、良い意味で接客的にも楽ができるんですよ。

「休日は何をして過ごしていますか?」「私最近〇〇にハマってるんですけど、趣味とかってありますか?」など相手が喋りやすいよう誘導しましょう。

(5)恋バナに持ち込む

キャバクラのトークを盛り上げたい時の5つ目の鉄板ネタは恋バナに持ち込むことです。

恋バナは水商売のお店で盛り上がりやすく、好きな異性のタイプの話から男性を持ち上げて良い気分にさせられる話題。

例えば「〇〇さんってどんな人がタイプですか?」「思い出に残ってる恋バナは?」と振って話してもらうの良いですし、自分の面白い恋愛話を披露するのも良いでしょう。

自分の話をする場合は重い話ではなく、笑える程度の失敗談がおすすめです。

好みの異性の話になったら「私〇〇さんの顔ぶっちゃけタイプですよ」と伝えると褒められた男性が嬉しくなり、ドリンクや指名につながる可能性も上がります。

喋る事がなくなったら恋バナに持ち込んでみましょう。

2.お客様が全く喋ってくれない時の3つの対処法

お客様が全く喋ってくれない時の3つの対処法を紹介します。

  1. お客様が答えやすように回答を用意して質問する
  2. とりあえず自分の面白い体験談や失敗談を話す
  3. 最新のニュースを話題にしてみる

たまに女の子の話題に全く乗って来ず、自分から喋らないお客様が来店することもありますよね。

その手のお客様に当たると「私が気に入らないんだ」と思いがちですが、単に無口なだけかもしれません。

1つずつ対処法を説明するので実践してみましょう。

(1)お客様が答えやすように回答を用意して質問する

お客様が全く喋ってくれない時の1つ目の対処法はお客様が答えやすいように回答を用意して質問するです。

元々無口で喋るのが苦手な方やキャバクラ初体験で緊張しているお客様は、ぶっきらぼうな態度をとりがち。

YES/NOクエスチョンで2択の質問をするとコミュニケーションが取りやすくなり、相手もリラックスしてくれます。

例えば以下のような質問は「はい/いいえ」で回答しやすいです。

答えやすい質問

  • この辺りでよく飲むんですか?
  • 時計可愛いですね!結構時計とか集めたりしますか?
  • 晩御飯食べてきましたか?
  • 一軒目ですか?

お客様との会話の切り口を開くためにまずは相手に喋らせるきっかけを与えましょう。

「この辺りでよく飲むんですか?」に「うん」と答えたら、「このお店は初めてですか?」や「そうなんですか、おすすめのお店とかありますか?」と繋げていけます。

最初はジャブがわりに答えやすい質問を投げかけてみましょう。

(2)とりあえず自分の面白い体験談や失敗談を話す

お客様が全く喋ってくれない時の2つ目の対処法はとりあえず自分の面白い体験談や失敗談を話すことです。

女の子の話を聞くのが好きで相手に喋って欲しいタイプのお客様は、キャストが喋ってくれるのを待っている可能性があります。

最近あった面白い話や失敗談などを話して相手の反応を見てみましょう。

ニコニコ笑って話を聞いてくれるようなら、恐らく女性が喋るのを聞いていたいタイプ。

マシンガントークで相手に話しかけてあげると気に入ってもらえる可能性があります。

(3)最新のニュースを話題にしてみる

お客様が全く喋ってくれない時の3つ目の対処法は最新のニュースを話題にしてみることです。

ニュースを見ない人はほぼいないので、テレビで話題になった話なら乗ってくれる可能性があります。

特にキャバクラに知的な女性を求めてきているお客様は、時事的な話題ができる女性を気にいる可能性も。

全く喋ってくれない方には「今朝ニュースでやっていた〜の件。私はこう思うんですけど…」と意見を交えつつ話をしてみましょう。

まとめ

今回はキャバクラのトークで詰まってしまった時の鉄板ネタと喋ってくれないお客様への対処法を紹介しました。

お客様と会話に詰まったら今5つを試してみましょう!

鉄板ネタ

  • お客様の見た目・持ち物を褒める
  • 食べ物の話をする
  • 出身地を聞いてみる
  • 趣味や興味のあることを質問する
  • 恋バナに持ち込む

初対面の人とでもカジュアルに話せて盛り上がりやすいのできっとトークが弾むはず。

そして万が一喋らないお客様が来たら、緊張せずにこの3つの方法を試してみてください。

喋らないお客様への対処法

  • お客様が答えやすように回答を用意して質問する
  • とりあえず自分の面白い体験談や失敗談を話す
  • 最新のニュースを話題にしてみる

キャバクラで売れるにはトーク力は必須!

この鉄板ネタと対処法を身につけて、どんなお客様も楽しませられる素敵なキャバ嬢になってくださいね!

あなたの月収はGoogleクラス?今すぐ手取りシミュレーターでチェック!

ホストクラブやキャバクラにお勤めのあなた!

「いったいいくら稼いだら希望の給料になるのかな…?」と思ったことはありませんか?

ChamChillの手取りシミュレーターがあなたのお悩みに答えます!

月々の売上の金額を入れてもらえれば、あなたの手取り金額とその金額がどれぐらいのレベルなのか計算できます!

ホストクラブ手取りシミュレーター

今すぐあなたも、ChamChillの手取りシミュレーターでチェックしてみましょう!

さっそく手取りをチェックする

関連記事一覧

手取りシミュレーター

手取りシミュレーター