キャバクラの定番の服装とは?服選びの4つのコツと避けるべき服装

「キャバクラで働くときはどんな服装をしたらいいの?」
「キャバクラの服装選びのポイントは何なの?」

これからキャバ嬢デビューする人の中には、どのような服装をすればよいのか迷っている人も多いのではないでしょうか。

キャバクラの定番の服装と言えばドレスですが、実はお客さん受けのよい服装を選ぶときのポイントがあるのです!

本記事では、キャバクラで働くのに向いている服装や服装を選ぶときのポイントを紹介します。

この記事を読めば、服装に自信を持ってキャバ嬢デビューをすることができますよ!

1.キャバクラの定番の服装4選

キャバクラの定番の服装4選

キャバクラで働くのに定番の服装を紹介します。

今回紹介する服装は以下の4つです。

  1. ミニドレス
  2. キャバスーツ
  3. キャバワンピース
  4. ロングドレス

順に紹介するので、興味のある服装がないかチェックしてみてください!

(1)ミニドレス

ミニドレス

最近のキャバクラの定番の服装と言えばミニドレスです。

ミニドレスは可愛らしさを出せるだけでなく、太ももを見せることによって大人っぽい雰囲気を出すことできます。

さまざまな種類がありタイトなタイプやフレアタイプなど、その日の気分によって使い分けることも可能です。

丈の長さは膝よりやや上の部分が見えるくらいが動きやすくておすすめですよ!

(2)キャバスーツ

キャバスーツ

大人な雰囲気を出したい人にキャバスーツはおすすめです。

キャバクラと言えばキラキラのドレスを着た華やかな世界を想像するかもしれませんが、スーツをかっこよく着こなしているキャバ嬢も多く見られます。

キャバスーツはボディラインが強調されず体型をカバーすることができるので、ふくよかな人で体型に自信のない人にとっても魅力的です。

キャバスーツも定番の服装で、膝丈のスーツやワンピーススーツなど種類も豊富と言えます。

ドレスと使い分けることで、リピーターの人を飽きさせない着こなしができますよ!

(3)キャバワンピース

キャバワンピース

キャバワンピはカジュアルなデザインが特徴的です。

ドレスはプライベートでは見せない女性らしさを演出するのに向いているのに対して、カジュアルなキャバワンピは持ち前の自分らしさを前面に出すことができます。

タイトなタイプやフレアタイプなど種類も多く、プライベートで着ても違和感がありません。

ドレスを着て華やかにお客さんをもてなす店もあれば、お客さんとフランクな関係で接する店もあります。

店によってはドレスやスーツでなければならない場合もありますが、他の先輩がキャバワンピを着ていれば、自分が着る服装の選択肢の1つに入れてもよいでしょう。

(4)ロングドレス

ロングドレス

一昔前のイメージがあるかもしれませんが、ロングドレスは今でも人気が高い服装です。

ロングドレスはセクシーなデザインでボディラインが強調されるので、男性から人気のある服装と言えます。

中には前の丈が短く後ろがロングになっているデザインもあるので、より大人の色気を演出することが可能です。

セクシーでエレガントな雰囲気を前面に出したい人は、ロングドレスを選んでみてください!

ここで、新宿歌舞伎町「Gentleman’zClub」に所属している椿そらさんの服装動画を紹介します。

イメージの参考にしてくださいね。

2.服装を選ぶ4つのポイント

服装を選ぶ4つのポイント

キャバ嬢に適した服装を選ぶポイントを紹介します。

意識すべきポイントは以下の4つです。

  1. タイトなもの
  2. デコルテが見えるもの
  3. ゴージャスな装飾がついているもの
  4. 明るい色のもの

一般的に男受けがよいものを選ぶことを意識しましょう。

順に紹介するので、服装選びの参考にしてください!

(1)タイトなもの

タイトなもの

女性らしさを前面にアピールするには、タイトなデザインのものがおすすめです。

キャバクラを利用するお客さんは非日常的な雰囲気を楽しんでいるので、日常で女性があまりしないボディラインがくっきり見える格好の方が魅力的に感じやすいです。

特に露出肌が多く目のやり場に困る服装はお客さんから支持を得やすいので、タイトなミニドレスを着ていればお客さんから不満を買う確率は低いと言えるでしょう。

しかし、中にはミニドレスよりもロングドレスを好むお客さんもいて、ロングドレスの支持層は一定数います。

タイトなタイプはミニドレスよりもロングドレスの方が、スタイルのよさを強調するのに向いているので、肩から足までのラインに自信のある人はロングドレスで妖艶な色香を出していきましょう。

指名をしてくれたお客さんの好みを把握しドレスを使い分けて、「次は〇〇さんの好きなロングを着てくるから楽しみにしてて!」などお客さんの来店を促すのも有効ですよ!

(2)デコルテが見えるもの

デコルテが見えるもの

どの服装にしようか迷ったときは、デコルテラインが見えるものを着ておけば間違いありません。

大抵の男性は女性の胸元部分を注目している傾向があります。

人の趣味の話なので二の腕やヒップライン、足など好みは分かれますが、バストは女性にとって大きな武器です。

胸の大きさや形に自信のある人は惜しげもなくデコルテラインをさらして、自分の武器として活用していきましょう。

(3)ゴージャスな装飾がついているもの

ゴージャスな装飾がついているもの

エレガントさを出すにはシンプルな服装よりも装飾がついているものの方がよいです。

デコルテラインはお客さんの視線を集めやすいので、胸元付近をゴージャスに彩ることをおすすめします。

もし、シンプルなデザインしか手に入らなければ、ブローチなどドレスを華やかにするアイテムを着けたり、ボディパウダーで胸元を綺麗に見せたりするのも有効です。

あまり派手すぎると装飾に負けてしまうので、服装や髪型とのバランスを取りましょう!

(4)明るい色のもの

明るい色のもの

キャバクラの店内は照明が暗めに設定されているので明るい色を選ぶとよいでしょう。

もし、黒や紺のドレスを着るときは、ビジューなどの装飾が着いたものにすると照明が当たって綺麗です。

しかし、真っ赤なドレスや黄色など強めの原色にすると誰よりも目立ってしまうので、新人キャバ嬢にはおすすめできません。

先輩を立てることも職場内の人間関係を構築するためには重要なので、新人の立場を忘れないようにしましょう!

3.キャバクラに向いていない服装

キャバクラに向いていない服装

キャバ嬢に向いていない服装を紹介します。

以下のような服装はお客さんの好みが大きく分かれるので、避けた方が無難です。

キャバ嬢に向いていない服装

  • 和装
  • コスプレ
  • ゴスロリドレス
  • リクルートスーツ

高級クラブのママのイメージから和装を想像する人も多いかもしれませんが、胸元やボディラインが隠れるので、若い女の子と楽しく過ごしたいお客さんからは支持を集めにくいです。

また、コスプレやゴスロリドレスは特定の客層からは支持を得られるかもしれませんが、二次元に興味のない人に対して、どう評価すればよいのか困らせてしまうでしょう。

リクルートスーツに関しては日常生活でよく目にする格好なので、キャバクラ利用者の満足を得にくいと言えます。

しかし、お店によってはコスプレや和装をコンセプトにしている場合もあるので、働くお店のテーマをチェックしておきましょう!

まとめ

一昔前のキャバクラの服装の定番と言えばロングドレスでしたが、最近はゴージャスなものからカジュアルなものまでさまざまです。

もし、どの服装にすればよいか迷っている人は、今回紹介した4つのポイントを踏まえた上でドレスを選んでみてください!

アニメ好きなど特定の客層をターゲットにしたお店でなければ、なるべくキャバ嬢に向いていない服装は避けた方がよいでしょう。

関連記事一覧