【おすすめ髪型3選】キャバクラで働く方必見!動画付き

「新人のときはどのような髪型をすればいいの?」
「キャバ嬢に人気の髪型ってどのようなものがあるの?」

キャバクラで働くことが決まった人の中には、どのようなヘアメイクをすればよいのか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

キャバ嬢がしているヘアメイクは一見難しそうに見えるかもしれませんが、実は自分で簡単にできるものがあるのです!

本記事では、新人におすすめのヘアメイクや自分でも簡単にできるヘアメイクのやり方を紹介します。

この記事を読めば、自分にぴったりのヘアメイクができるようになりますよ!

1.新人キャバクラ嬢におすすめのヘアメイク3選

新人キャバクラ嬢におすすめのヘアメイク3選

新人キャバ嬢におすすめのヘアメイクを紹介します。

もし「この髪型じゃなきゃ嫌だ」というこだわりがなければ、以下の3つを試してみてください。

  1. ハーフアップ
  2. シニヨン
  3. 巻き下ろし

他にもサイドアップや編み込みなど魅力的なヘアスタイルもありますが、これらのヘアメイクが特に人気の髪型です。

順に紹介するので、自分がヘアメイクをした姿をイメージをしてみましょう。

(1)ハーフアップ

ハーフアップ

キャバ嬢に特に人気の髪型がハーフアップです。

ハーフアップは耳より上の髪の毛を一くくりにしたヘアスタイルで、女性らしく清楚な雰囲気を出すことができます。

そのため、女性の魅力を前面に出すキャバ嬢には適したヘアメイクと言えるでしょう。

ハーフアップは編み込みを入れて可愛らしい雰囲気から、団子にまとめて大人な雰囲気まで演出することができるので、アレンジの幅が広く、自分の印象やキャラに合わせることができます。

その日の気分やドレスに合わせて、小物で少しアレンジを加えるだけでもワンランク上のおしゃれになるので、新人キャバ嬢におすすめのヘアメイクです。

(2)シニヨン

シニヨン

束ねた髪を丸くまとめたシニヨンは、お客さんから人気が高いキャバ嬢のヘアスタイルです。

デコルテや背中をキレイに見せることができるので、色気のある雰囲気を出すことができ、サイド寄りに髪をまとめたり、ゆるくまとめたりするだけでも印象を変えることができます。

まとめた髪に三つ編みにしたサイドの髪を巻きつけるなどのアレンジを加えるとガーリーな雰囲気にすることも可能ですよ。

首周りが涼しくなるので、気温が高い季節に同伴やアフターをするときにもおすすめです。

特に小顔の女性におすすめのヘアスタイルなので、自分の好みに合わせてアレンジを楽しんでみてください!

(3)巻き下ろし

巻き髪

巻き下ろしもキャバ嬢に人気があるヘアスタイルです。

巻き下ろしにしているキャバ嬢も多く、他のヘアスタイルに比べて華やかさやゴージャスさを演出することができます。

ハーフアップやシニヨンに比べるとシンプルなヘアスタイルで、ヘアアイロン1つで簡単にできるためキャバ嬢に人気です。

一見パターンが限られているように見えますが、巻きの大きさや巻く部分によって印象を変えることができるので、自分の好みに合わせてアレンジすることもできますよ。

2.自分で簡単にできるヘアメイクのやり方

自分で簡単にできるヘアメイクのやり方

前述したヘアメイクの自分で簡単にできるやり方を紹介します。

  1. ハーフアップの作り方
  2. シニヨンの作り方
  3. 巻き下ろしの作り方

順に紹介するので、試しに自分で挑戦してみてください!

なお、自分でヘアメイクをする自信がない人やお金に余裕がある人は、プロにヘアメイクを依頼することも有効ですよ。

(1)ハーフアップの作り方

おすすめのハーフアップの作り方を紹介します。

ハーフアップにする手順は以下の通りです。

ハーフアップの作り方

  1. こめかみより上の髪の毛を手に取ってまとめる
  2. つむじの部分でゴムで結ぶ
  3. ひとつまみの毛束を作ってゴムの周りに巻きつける
  4. トップの髪を引っ張りボリュームを出す
  5. ヘアスプレーをかけてキープする

ハーフアップを作るときのポイントは以下の3つです。

  1. 髪の毛をまとめるときはクシを使わずに手グシでまとめる
  2. 毛束を作りゴムを隠す
  3. トップの髪で全体のボリュームを整える

クシを使ってきれいに髪をまとめるより、手グシでまとめた方が無造作になり大人びた雰囲気を演出することが可能です。

また、毛束でゴムを隠すとおしゃれ度がアップします。

横から見たときのシルエットにも注意して、トップの髪をつまんで引き出し、全体のバランスを整えましょう。

下記動画も参考にしてくださいね。

(2)シニヨンの作り方

シニヨンの作り方

おしゃれなシニヨンの作り方を紹介します。

以下の通りにシニヨンを作ってみてください。

シニヨンの作り方

  1. 後頭部の下でポニーテールを作る
  2. 毛束を2つに分けて、ツインテールを作る
  3. 2つの毛束をねじって1つに束にする
  4. ねじった毛先を束の分かれ目に入れる
  5. お団子の根元をゴムで結ぶ
  6. お団子部分の髪を引き出しボリュームを出す

シニヨンを作るときに意識するポイントは以下の3つです。

  1. 毛先までしっかりねじる
  2. ねじった部分を押さえながら束の分かれ目に入れる
  3. お団子部分のボリュームを調整する

シニヨンでおしゃれを演出するのに重要なのは、毛束のねじれです。

ねじれがとれないようにしっかりねじり、強く押さえながらお団子を作りましょう。

お団子を作るときは、毛先が外に出ないようにきれいに中に入れてください。

お団子ができたら、少しずつ髪を引き出しボリュームを調整しましょう。

下記動画も参考にしてくださいね。

(3)巻き下ろしの作り方

巻き髪の作り方

エレガントな雰囲気を演出する巻き下ろしのやり方を紹介します。

巻き下ろしのやり方は以下の通りです。

巻き下ろしのやり方

  1. ブローをして髪を整える
  2. 毛束の中間をコテで挟んで内側に1回転させ3秒間キープする
  3. コテを毛先まで移動させ内側に1回転させ3秒間キープする
  4. 2~3の作業をハチ周りから後頭部まで行う
  5. 毛先の3cm上部分から最後まで巻き上げて3秒間キープする
  6. 毛先をコテで挟んだ状態でS字になるように巻きつける
  7. 前髪を巻く

巻き下ろしをするときの以下の3つのポイントを意識しましょう。

  1. 1度に巻く毛量はひとつまみ程度にする
  2. 3秒間キープしてしっかり巻く
  3. 巻きがとれないようにスタイリング剤でキープする

コテに挟む毛束の量が多ければ横に大きく広がってしまうので、ボリュームが大きくなりすぎてしまいます。

小顔シルエットにするために、小さな毛束に分けて細かく巻いていきましょう。

また、キープ時間が短いと巻きのかかりが弱いので、しっかり時間をかけることが重要です。

内巻きと外巻きを使い分けたり、回転数を変えたりすることによりアレンジもできるので、自分で巻きながらどのようなアレンジができるのか探してみてください。

下記動画も参考にしてくださいね。

まとめ

キャバ嬢に向いているヘアメイクには、ハーフアップや巻き下ろしなどさまざまな種類があります。

着るドレスや出したい雰囲気によって似合うヘアメイクは異なるので、自分に合うヘアメイクのパターンを複数持っておくとよいでしょう。

アレンジを含めるときりがないので、ヘアメイクにこだわりのない新人キャバ嬢は仕事に慣れるまでは、今回紹介したヘアメイクを参考にしてみてはいかがでしょうか。

自分に似合うヘアメイクをするのに、先輩やキャリアのある美容師などに助言を求めるのも有効ですよ!

関連記事一覧