キャバクラ経営を始めるための準備とは?経営で失敗しない3つのコツ

「独立してキャバクラ経営を始めるには何から始めたらいいの?」
「キャバクラ経営を始めるときの手続きは何があるの?」

キャバクラでキャバ嬢として働いている人の中には、独立してキャバクラの経営者になりたいと考えている人もいるのではないでしょうか。

初めて経営者になる人にとってはハードルが高そうに感じるかもしれませんが、実は、必要な準備や手続き方法を知っておけばキャバクラを経営することができるのです。

本記事では、キャバクラ経営を始めるために必要な準備や開業の手続き方法、キャバクラ経営で失敗しないコツを紹介します。

この記事を読めば、今の職場から独立して自分の店舗を構えることができるようになりますよ!

1.キャバクラ経営を始めるのに必要な4つの準備

キャバクラ経営を始めるのに必要な4つの準備

キャバクラ経営を始めるためにどのような準備をすればよいのか紹介します。

少なくとも以下の4つの準備をしておくのが無難です。

  1. 開業に必要な資格を取得する
  2. キャバクラのコンセプトを決める
  3. 料金・給与システムを決める
  4. 人材を集める

順に説明するので、事前準備の参考にしてください。

(1)開業に必要な資格を取得する

開業に必要な資格を取得する

キャバクラを経営するためには、以下の2つの許可を取得する必要があります。

キャバクラ経営に必要な資格

  • 食品衛生責任者
  • 防火管理者

お店で調理してお通しやおつまみを提供する場合は、営業所に必ず食品衛生責任者を1名置かなければなりません。

お通しやおつまみで乾物を提供する場合は資格を取得する必要はありませんが、サービス内容の拡大を検討している人は、食品衛生責任者を取得しておくことをおすすめします。

保健所が定期的に講習会を行っているので、時間に余裕がある内に受講しておきましょう。

また、火災予防のために防火管理者の資格も必要で、防火管理者には甲種と乙種の2種類があります。

受講する基準は以下の通りです。

甲種 乙種
  • 延べ床面積が300平米以上
  • 収容人数が30人以上
  • 延べ床面積が300平米未満
  • 収容人数が30人未満

乙種を取得していても甲種の条件の事務所で働く場合は管理者になれないので、事務所の面積が広い場合は甲種を取得しておきましょう。

(2)キャバクラのコンセプトを決める

キャバクラのコンセプトを決める

どのようなお店にしたいのかコンセプトを決めることが重要です。

質の高いサービスを提供するには、組織としてまとまる必要があります。

たとえば、以下のようなコンセプトを決めましょう。

  • クラシックコンサートに来たような優雅な時間を提供したい
  • ナイトクラブのように明るく元気な接客で楽しく過ごしてもらいたい
  • 和を意識したお店作りで落ち着いた雰囲気を出したい

コンセプトに沿ってキャストを教育し、お客さんにサービスを提供することで、他店との差別化を図ることができますよ!

(3)料金・給与システムを決める

料金・給与システムを決める

サービスに対する料金や従業員への給与をどうするか決めます。

給与に関しては臨時報酬や昇給などで臨機応変に対応できるので、キャストやボーイの給与は自分の経験を基に決めるとよいでしょう。

なお、従業員の給与は売上高の4割程度に設定するのが理想です。

給与は従業員のモチベーションに大きく影響するので、利益を増やしたいからといって、従業員の給与を極端に減らすことは避けましょう。

サービス料金は一般的に競合店舗の価格設定に合わせますが、提供するサービスの質や固定費によっては変動してもかまいません。

重要なのは利益を出すことなので、固定費や従業員の給与などのコストから利益が出るように逆算して決めましょう。

(4)人材を集める

キャストを集める

スケジュールに余裕を持たせて人材を集めましょう。

キャバクラを経営するには、女性キャストやキャストをサポートするボーイ、店長が必要です。

優秀な人材がいなければお客さんに充実したサービスを提供できません。

接客の教育を行う期間に余裕を持たせるために、開業が決まったらすぐに募集をかけましょう。

開業前はホームページを開設していないことが多いので、求人広告を中心に募集をかけるのが有効です。

女性キャストやボーイの入れ替わりは激しいので、開業後もホームページを開設して定期的に募集をかけておくことをおすすめします。

2.キャバクラ経営を始めるのに必要な手続きの流れ

キャバクラ経営を始めるのに必要な手続きの流れ

キャバクラ経営を始めるのに必要な手続きは以下の通りです。

キャバクラ経営の申請手続きの流れ

  1. 出店予定地の調査(許可がとれる地域かどうか確認する)
  2. 近隣の保護対象施設の調査(学校や病院が近くにないか確認する)
  3. 申請書類の提出
  4. 飲食店営業許可の申請
  5. 深夜における酒類提供飲食店営業の営業開始届出手続き

自分で手続きを進めるのもよいですが正確に書類を作成しなければならず、専門的な知識が必要になるので、手続きを全て行うには多くの時間と労力を必要とします。

15万円~20万円ほど費用はかかりますが、行政書士に業務を依頼した方が、開業までに時間を有意義に使うことができますよ!

3.キャバクラ経営を失敗しないための3つのコツ

キャバクラ経営を失敗しないための3つのコツ

キャバクラ経営で失敗しないコツを紹介します。

今回紹介するコツは以下の3つです。

  1. キャストの管理を徹底する
  2. 集客に力を入れる
  3. 税金対策を行う

経営する際に役に立つので、頭に入れておきましょう!

(1)キャストの管理を徹底する

キャストの管理を徹底する

キャスト次第でお店の売上げは大きく変動するので、キャストの管理は徹底しましょう。

さまざまなお客さんを相手にしなければならないので、キャストにかかる精神的な負担は大きいと言えます。

そのため、悩みや不満を抱えているキャストを放置しておくと辞められてしまう可能性が高いです。

キャバクラ業界でも人材不足に陥っており、すぐにキャストを集めることは難しいので、定期的に面談を行い悩みや不満がないか確認し、精神的なフォローを小まめに行いましょう。

(2)集客に力を入れる

集客に力を入れる

キャストの教育と同様に集客にも力を入れる必要があります。

集客は売上げに大きく直結するので、経営者は利益を出すために集客数を重要視しなければなりません。

キャバクラでは路上で通行人に声をかけることが条例で禁止されているので、居酒屋などの飲食店に比べて集客方法が限定的です。

口コミでお客さんを集めるには時間がかかるので、インターネットで店舗の情報を積極的に開示して、キャバクラを定期的に利用している層に対してアプローチしていきましょう。

(3)税金対策を行う

税金対策を行う

キャバクラを経営するには脱税対策は必須です。

一般的な業種に比べてキャバクラやホストなど夜の業種では脱税が多いと言われています。

税務調査が厳しくなっているので、脱税が行われていないか定期的にチェックをしておくことが重要です。

せっかく稼いだお金を税金で失うのは気が進まないかもしれませんが、税務調査に引っかかると全ての努力が水の泡となってしまいます。

税務調査に引っかからないように、お金の管理を徹底しましょう。

まとめ

キャバクラの経営を始めるには、事前に資格を取得したりコンセプトや料金システムなどお店の体系について決めたりしなければなりません。

自分で申請をすることもできますが、時間と労力がかかるので、行政書士に依頼した方が無難です。

無事にキャバクラ経営をスタートさせたら、キャストやお金の管理、売上げ向上施策などに力を入れましょう。

関連記事一覧