【初心者必読】キャバクラ1回の料金はいくら?予算内で遊ぶ秘策3つ

「キャバクラに行ってみたいけど、料金はいくらかかるんだろう?」
「キャバクラの料金って高いのかな?予算内で収めたい!」

このように、キャバクラに行ったことがない人にとっては、キャバクラの料金体系や予算相場は未知の領域ですよね。

キャバクラ1回あたりの金額は、平均で9,000円ほどだと言われています。

ただし、遊び方によってお会計の金額は大きく変わってきますよ!

そこで今回は、キャバクラ初心者のお客様向けに、キャバクラでかかる料金についてまとめました。

また、後半では予算内でキャバクラを楽しむコツについても解説しますので、ぜひ合わせてご覧ください。

この記事を読めば、キャバクラ料金にまつわる不安や疑問が解消され、キャバ嬢との楽しい時間に集中できるはずです!

1.毎回必ず発生する料金【基本料金】

キャバクラの基本料金は、以下の6つです。

  1. セット料金
  2. サービス料金
  3. 消費税
  4. クレジットカード手数料
  5. 自分用の飲み物代(ハウスボトルなしの場合)
  6. キャバ嬢用のドリンク料金

これらの6つの項目は、キャバクラに行くたびに必ず発生する費用です。

ただし、お店の方針や決済方法によって該当しない項目もあるので、注意しながら読み進めていってください。

それでは、各項目について詳しくみていきましょう。

(1)セット料金

セット料金は、いわゆる「席代」のことです。

飲食店のチャージ料金のようなもので、キャバクラに来店した際には必ず発生します。

ちなみに「セット」とは、時間の単位のこと。

お店によって長さはまちまちですが、1セット=1時間で設定されることが多いです。

このセット料金には席代の他に、「ハウスボトル」というお客様が自由に飲めるお酒が一緒についてくる場合がほとんど。

ただし、中にはセット料金にハウスボトル代が含まれないお店もあるので注意してくださいね。

セット料金の相場
5,000円前後

(2)サービス料金

サービス料金は、その名のとおりお店のサービスに対して発生する料金です。

“サービス”料金といっても、ホテルのチップのような投げ銭方式ではないので要注意!

「小計の〇%」といった具合に、どのお客様にも一律で加算されます。

サービス料金の相場
小計の15%~20%前後

(※消費税を含まず、サービス料金単体の場合)

(3)消費税

普段のお買い物と同様、キャバクラでも消費税は加算されます。

お店によっては、「税+サービス料」といった項目で、「消費税とサービス料を合わせて、小計の〇%を徴収」という方法を採用している場合もありますよ。

(4)クレジットカード手数料

お会計をクレジットカードで支払った場合、別途クレジットカードの決済手数料がかかる場合があります。

クレジットカード手数料なしのキャバクラもありますが、割合としては徴収されるお店のほうが多いようです。

クレジットカード手数料の相場
小計の10%~20%前後

(5)自分用の飲み物代(ハウスボトルなしの場合)

割合としては多くありませんが、まれにセット料金の中にハウスボトル代が含まれていないケースもあります。

ハウスボトル制度がないお店では、自分用の飲み物を別途注文する必要があるので注意が必要です。

自分用の飲み物代の相場

  • ソフトドリンク:500円~
  • アルコール:1,000円~

(6)キャバ嬢用のドリンク料金

ハウスボトルのお酒はあくまでお客様用であり、キャバ嬢は飲めません。

そう、キャバ嬢用のお酒代も必ず発生する料金の一つ。

キャバ嬢がお客様の卓についた際に口にする「何かいただいてよろしいですか?」という決まり文句は、「何か飲み物を注文してもいいですか?」という意味なのです。

キャバ嬢用のドリンク料金の相場
1,000~2,000円前後

2.オプションでかかる料金【追加料金】

キャバクラの追加料金は、以下の6つです。

  1. 指名料金
  2. 延長料金
  3. 追加の飲食代(ボトル・フード料金)
  4. 持ち込み料金
  5. 同伴料金
  6. VIPルーム使用料金これらの6つの項目は、基本料金とは別に発生するオプション費用です。

オプション料金項目も基本料金項目と同様に、お店の方針によって発生しない項目もあるので、注意しながら読み進めていってくださいね。

それでは、一つひとつの項目について解説していきます。

(1)指名料金

指名料は、キャバ嬢によって大きく異なります。

フリー来店のお客様が入店後にキャバ嬢を指名する「場内指名」、入店時にお気に入りのキャバ嬢を指名する「本指名」の2種類がありますが、一般的な相場はどちらも1,000円~3,000円ほど。

とはいえ、これはあくまで平均値にすぎません。

人気キャバ嬢の指名料はさらに跳ね上がり、桁が一つ違うなんてことも十分あり得ますよ!

指名料に関しては、入店前に確認しておくことをおすすめします。

指名料金の相場
1,000~3,000円前後

(※あくまで平均値、人気によって大きく異なる)

(2)延長料金

入店時に設定したセット(時間)が経過した場合、別途延長料金が発生します。

セット終了間際に店内スタッフが延長の有無を尋ねてくれるお店が多いですが、中には声かけなしのお店も存在します。

念のため、セット終了のタイミングで声をかけてもらえるよう入店時に依頼しておくと安心ですよ。

延長料金の相場
30分延長で3,000~5,000円前後

(3)追加の飲食代(ボトル・フード料金)

キャバクラといえば、ボトルを入れるイメージが強いですよね。

ボトルの値段はピンキリで、3,000円前後のリーズナブルなものから数十万円する高級シャンパンまであります。

また、フードは手軽につまめるおつまみやフルーツ、ご飯ものやパスタまでまんべんなくそろっていますよ。

追加の飲食代の相場

  • ボトル:3,000円~数十万円(※商品によってピンキリ)
  • フード:1,000~3,000円前後

(4)持ち込み料金

ワインやデザートを持ち込んだり、デリバリーを頼んだりする場合には、別途料金がかかります。

ただし、現在は持ち込み禁止のお店の方が圧倒的に多いです。

もしも何か食べ物や飲み物を店内に持ち込みたい場合は、お店に確認してみてくださいね。

持ち込み料金の相場
1,000~2,000円前後

(5)同伴料金

出勤前のキャバ嬢がお客様と一緒に店外で食事やお酒を楽しむ、同伴制度。

この同伴も、別途料金が発生します。

ちなみに、同伴料金はキャバ嬢へのバック率(=給料反映の金額)が高いので喜ばれますよ!

キャバクラに慣れてきたらチャレンジしてみてくださいね。

同伴料金の相場
3,000~5,000円前後

(6)VIPルーム使用料金

キャバクラによっては、VIPルームが用意されている場合もあります。

通常のボックス席とは異なり、周りの雑音を気にせずキャバ嬢と過ごせるのがメリットです。

VIPルーム使用料金の相場
10,000円前後

3.予算内でキャバクラを楽しむためのポイント3つ

最後に、予算内でキャバクラを楽しむポイントを3つ紹介します。

  1. あらかじめ予算を伝えておく
  2. キャンペーン期間を狙う
  3. 延長せず時間内で楽しむ

キャバクラ初心者のうちは、お気に入りのキャバ嬢のためにバンバンお金を使うというケ―スはほとんどないでしょう。

「まずはキャバクラの雰囲気を味わってみたい」「節度をもって予算内で遊びたい」という方も多いのではないでしょうか。

このようにある程度料金をセーブしながらキャバクラを楽しみたい方は、以下の3つのポイントを意識してみてくださいね。

(1)あらかじめ予算を伝えておく

「絶対に予算オーバーは避けたい!」という方は、あらかじめ予算を申告しておくと安心です。

店内スタッフに設定金額に達したらお会計を締めてもらう、指名したキャバ嬢に「予算オーバーしそうになったら教えてね」とお願いしておく、などの方法で第三者に協力してもらいましょう。

もちろん、毎回きっちり予算を設定されてストッパー役まで頼まれるとなれば、お店側は困ってしまうかもしれません。

ただし、初回来店時やときどきお願いされる分には、快く応じてくれるはずですよ。

自分で気をつけようと思っても、お酒を飲むとつい気が緩んでしまうものです。

予算内で収めたい日は、周囲の人の力を借りてみてはいかがでしょうか。

(2)キャンペーン期間を狙う

キャバクラでは、新規客獲得を目的としたキャンペーンを実施することがあります。

期間中はドリンク1杯無料、場内指名無料など、普段よりもお得にキャバクラを楽しめるので狙い目ですよ!

行ってみたいお店がある場合は、SNSやホームページなどを定期的にチェックしてみてくださいね。

ただし、バースデーイベントやハロウィンイベントなどのキャバ嬢主体の催しは、趣旨が異なるので要注意!

キャバ嬢が主役のイベントは“稼ぎ時”ですので、予算を抑えたい場合は、キャバ嬢のためにも来店を避けたいところです。

(3)延長せず時間内で楽しむ

予算をオーバーしないためには、延長しないのが一番です。

延長すれば延長料金はもちろん、キャバ嬢の飲み物代などプラスアルファの出費も発生します。

キャバ嬢とのおしゃべりが盛り上がると、つい延長したくなるかもしれませんが──予算内でお会計を済ませたい場合は、最初に設定した時間内で遊ぶようにしたほうが賢明。

予算の中で遊びたいときは、あらかじめ来店する前に「今日は延長しない」と決めておくといいでしょう。

まとめ

今回の記事ではキャバクラ初心者のお客様向けに、キャバクラの料金に関する情報を紹介しました。

「キレイな女性と一緒にお酒を飲みたい」「聞き上手な女性と楽しくおしゃべりしたい」などの動機から、キャバクラに行ってみたいと考える人は多いことでしょう。

それなのに、いざキャバクラに遊びに行ったらお会計が気になって楽しめなかった──なんてことになったら、もったいないですよね。

けれど、あらかじめ大まかな金額を把握しておけば、気兼ねなくキャバ嬢との時間を満喫できるはず!

キャバクラに遊びに行く前に、ぜひもう一度本記事を読み返してみてくださいね。

関連記事一覧