ホステスデビューに適した年齢

ホステスデビューの年齢上限は何歳?年齢ごとの有利な点や注意点

「ホステスって何歳まで働けるの?」
「ホステスに年齢制限ってあるの?」

ホステスに興味を持っている人の中には、勤務可能な年齢が気になっている人もいるのではないでしょうか。

夜の業界は煌びやかで若い女性が活躍しているイメージがあるかもしれませんが、実はホステスになる上で年齢制限はないのです!

本記事では、ホステスデビューするのに適した年齢や年齢ごとの有利な点や注意点を紹介します。

この記事を読んで、年齢を気にせずにホステスデビューをしましょう!

1.ホステスデビューに適した年齢

一般的にはホステスになるのに年齢の上限がありませんが、ホステスとしての経験がない場合は、35歳が上限と認識しておくことをおすすめします。

18歳以上(高校生は除く)であれば、学歴関係なくホステスになれるので、基本的には年齢を気にすることはありません。

しかし、30歳前後のホステスが多い傾向があるので、あまりにも年齢が高くなってしまうと、経験がなく接客スキルで突出していなければお客さんから見向きもされない可能性があるのです。

なお、中には年齢を重ねていてもモデル級の容姿をしていたり、すでに太客とのつながりがあったりすれば、採用されることがあります。

働く地域や店によって採用条件や年齢の基準が異なるので、面接を申し込むときに採用される可能性があるか確認しておきましょう。

2.年齢ごとの有利ポイント

年齢ごとの有利ポイント

ホステスの年齢によって、有利な点が異なります。

有利な点に違いが生まれるのは、以下の年齢区分です。

  1. 10代~20代前半
  2. 20代後半~

順に紹介するので、自分の年齢の強みを活かしましょう!

(1)10代~20代前半

10代~20代前半

10代から20代前半のホステスの有利ポイントを紹介します。

10代から20代前半の主な強味は以下の3つです。

  1. 若さや容姿で勝負できる
  2. 体力に余裕がある
  3. 若さを言い訳に失敗できる

順に紹介するので、該当者はチェックしましょう!

#1:若さや容姿で勝負できる

10代から20代前半の場合、若さや容姿で勝負できるのが大きなアピールポイントです。

肌の質感や化粧のノリ方、ボディラインを強調した攻めたドレスなど若さを活かしたアピールをすることができます。

お客さんの中には、若い女性と話すことを楽しみにしている人もいるので、20代後半から30代以上のホステスには経験や知性で劣る分、外見で勝負していきましょう!

#2:体力に余裕がある

体力に余裕があることも有利な点です。

体力に余裕があるので、長時間労働や接客数をこなして収入アップを狙えます。

ベテランホステスのように太客で多額の給料をもらうことは難しいかもしれませんが、シフトを増やしたり積極的にヘルプに回ったりして物理的に稼ぎましょう!

#3:若さを言い訳に失敗できる

20代前半までは若さを言い訳に失敗することができます。

10代から20代前半は社会人経験がほとんどない人が多いので、社会人としてのマナーや一般常識が身についていなくても、すぐには大きなマイナス評価にならないでしょう。

お店側は現時点で知性や教養がなくても将来を見据えて採用していることが多いので、若いホステスは失敗を恐れずに仕事に打ち込むことができます。

ホステスとして未熟な分は責任者や先輩が指導してくれるので、失敗を繰り返して一人前のホステスになりましょう!

(2)20代後半~

20代後半~

20代後半以降のホステスの有利ポイントを紹介します。

主な強味は以下の3つです。

  1. 社会人スキルが高い
  2. 知性や教養が備わっている
  3. 大人の落ち着きがある

順に紹介するので、該当者がチェックしてください。

#1:社会人スキルが高い

10代や20代前半の社会人経験が少ないホステスに比べて、社会人スキルが高いと言えます。

社会的地位が高いお客さんが多い高級クラブほど社会人スキルは重要です。

初対面の人や目上の人に対する気遣いができる人は、お客さんにさりげなくアピールしましょう!

#2:知性や教養が備わっている

年齢を重ねているほど経験から知性や教養が備わっていることが多いです。

お客さんは会話の内容を重視する傾向があるので、お客さんの話の腰を折らないようについていくことが求めれます。

情報通で的を得た発言ができる人は、お客さんから好まれる可能性が高いですよ!

#3:大人の落ち着きがある

若い年代のホステスに比べると、大人の落ち着きが生まれます。

ホステスの平均年齢が30歳前後であることから、お客さんは落ちついた雰囲気を求める傾向が強いです。

10代や20代前半に負けないように、大人の女の魅力を出していきましょう!

3.年齢ごとの注意点

年齢ごとの注意点

年齢ごとの注意点を紹介します。

以下の3つの年齢区分ごとに注意が必要です。

  1. 未成年
  2. 20代
  3. 30代以上

順に紹介するので、自分の年齢に該当する内容に注意しましょう。

(1)未成年

未成年

未成年で注意しなければならないことは飲酒です。

未成年の飲酒は法律で禁止されているので、お客さんから勧められても必ずお酒を断りましょう。

もし、未成年のホステスが飲酒をしてしまうと、勧めたお客さんや該当ホステスを雇った店が処罰されてしまいます。

退職も現実的で、周りの人に大きな影響を与えてしまうので、飲酒には注意しましょう。

(2)20代

20代

20代のホステスは若さだけに甘えないようにしましょう。

知性や会話スキルを身につけることが重要です。

どんどん若いホステスが表れるので、いつまでも若さだけで勝負することができなくなります。

ホステスとして太客を確保するには、接客の質を上げること求められるので、情報量を増やし対人スキルを身につけましょう。

(3)30代以上

30代以上

30代以上のホステスは見た目年齢に気を付けることが重要です。

自分では気をつけているつもりでも、職場内には若いホステスがいるので、彼女らと比べられるとどうしても肌質や体型などの容姿で劣ってしまいます。

日頃から運動トレーニングで身体を動かしたり、食生活やエステなどのアフターケアに気をつけたりして身体の管理を徹底しましょう。

また、年齢にあった大人のメイクを心がけることもポイントです。

メイクが濃すぎると無理に若作りをしていると見られる可能性があるので、あえて大人の風格を出すような大人メイクをしましょう!

まとめ

ホステスは一般的に年齢制限がないので、何歳になっても挑戦することができますが、遅くても35歳までにはデビューすることをおすすめします。

年齢が早ければその分経験を積むことができますし、社会人経験を積んでいれば対人スキルを活かすことが可能です。

年齢ごとに有利な点と気をつけるべきポイントが異なるので、今回紹介した該当するポイントを参考にしてください。

年齢を重ねていても店によって採用してもらえる可能性があるので、年齢を理由に諦めずにホステスに挑戦しましょう!

関連記事一覧