私に向いているのはどっち?キャバクラとラウンジの4つの違いとは

「キャバクラとラウンジの仕事ってどう違うの?」
「ナイトワークに興味はあるけど、キャバクラで働くのはハードルが高そう。」

ナイトワークに興味があるけど、どんな仕事があるのか分からず悩んでいませんか?

ナイトワークというとキャバクラが定番ですが、ノルマや同伴が不安な女性はラウンジで働くことをおすすめします。

ここでは、キャバクラとラウンジの違い、ラウンジに向いている女性を紹介します。

それぞれの仕事内容を知って、自分に合うお店で働きましょう。

1.キャバクラとラウンジの4つの違い

ナイトワークの中でもキャバクラとラウンジは似ているので、違いがわからないという女性も多いのではないでしょうか?

キャバクラとラウンジには大きく分けて4つの違いがあります。

  1. 接客する人数が違う
  2. 給料制度が違う
  3. 服装・メイクの華やかさが違う
  4. 同伴・ノルマの有無が違う

それぞれの違いを知って、自分に合ったお店を選びましょう。

(1)接客方法が違う

キャバクラとラウンジでは、接客方法が違います。

キャバクラは基本的にお客様に対して1人のキャバ嬢がマンツーマンで接客します。

自分を指名してくれたお客様を接客するというスタイルですね。

一方、ラウンジは複数のキャストが複数、または1人のお客様を接客します。

自分のお客様ではなく、お店に来たお客様をキャストみんなで接客するというイメージです。

そのため、キャバクラのように売上を上げることを意識する必要がないこともラウンジの特徴です。

(2)給料制度が違う

キャバクラとラウンジでは給料制度が違います。

キャバクラでは、時給に加え指名・同伴・ドリンクバックなどのインセンティブの部分で大きく給料が変わります。

指名客が多く、高級シャンパンを売り上げれば給料はどんどん上がります。

一方、ラウンジは時給制で、一部ドリンクバックなどのインセンティブもある店がありますが、基本的には時給で計算されます。

指名やドリンクバックで稼ぎたいのならキャバクラ、安定して一定のお給料を得たいのならラウンジというイメージですね。

なお、ラウンジの料金システムについてはこの記事で詳しく紹介しているので知っておくといいですよ。

ラウンジの料金の仕組みとは?働く上で把握しておくべき3つの知識

2021.08.19

(3)服装・メイクの華やかさが違う

キャバクラとラウンジでは服装やメイクの華やかさが違います。

キャバクラはメイク、ヘアセットをして露出の多いキャバクラドレスを着用します。

華やかで派手なスタイルがキャバクラでは好まれるのです。

一方、ラウンジではワンピースやスカートなどの清楚な服装で接客することが多いです。

特別なヘアメイクも必要なく、ドレスではなく私服で出勤できるのがラウンジの特徴ですね。

また、ラウンジ嬢の服装についてはこの記事でも紹介しているので参考にしてください。

これだけは避けたい!ラウンジに適切な服装とは?選び方の3つのコツ

2021.09.02

(4)同伴・ノルマの有無が違う

キャバクラとラウンジでは、同伴やノルマがあるかないかが違います。

キャバクラでは、売上を上げるために同伴や指名のノルマがあり、ノルマを達成できないとペナルティが課されることもあります。

一方、ラウンジでは同伴や指名のノルマはありません。

そもそもラウンジでは、ママやお店のお客様をキャストが接客するシステムなので指名や同伴という制度がありません。

ただ、ラウンジでもママに頼まれて常連のお客様と同伴することもあります。

そのため、ラウンジでは営業LINEをして指名や同伴を獲得する必要もないのです。

2.ラウンジに向いている女性の特徴4つ

キャバクラとラウンジの仕事にはそれぞれの働き方が違うので、自分に会っている仕事を選びたいですね。

ここではラウンジに向いている女性の特徴を紹介します。

  1. ノルマや指名のノルマに縛られずに働きたい
  2. 大人数でワイワイするのが好き
  3. 競争心をもたず気楽に働きたい
  4. 収入の増減がなく安定して働きたい

上記に当てはまる女性はキャバクラよりもラウンジの仕事に向いているかも知れませんよ。

(1)同伴や指名のノルマに縛られずに働きたい

ナイトワークがしたいけれど、同伴や指名のノルマに縛られずに働きたい女性はラウンジに向いています。

キャバクラは、勤務時間以外にも同伴をしたり、指名を取るために営業LINEをする必要があります。

ラウンジでは、同伴や指名のノルマがないので、お客様と店外で二人で合うのが苦手な女性でも無理なく続けられます。

同伴や指名は取れば取るほど売上に反映されますが、自分のプライベートな時間を割かなければいけませんよね。

ノルマや同伴は苦手だけど、仕事は頑張りたいという女性はラウンジのほうが向いています。

なお、愛されるラウンジ嬢の特徴についてはこの記事で紹介しているのでご覧ください。

一流はここが違う!愛されるラウンジ嬢になるための4つの条件とは?

2020.09.27

(2)大人数でワイワイするのが好き

大人数でワイワイ楽しく飲むのが好きな女性は、ラウンジに向いています。

キャバクラに来る男性客は、疑似恋愛や1対1での会話を楽しむためにキャバ嬢目的で来店することが多いですよね。

一方、ラウンジは複数のお客様をキャストで接客するので、複数での会話がメインになります。

色恋の要素が少ない分、ワイワイと会話やお酒を楽しむことができるのもラウンジで働くメリットですね。

(3)競争心を持たずに気軽に働きたい

競争心を持たずに気軽に働きたい女性は、ラウンジに向いています。

キャバクラは、実力主義の競争社会です。

売上や指名数など目に見える形で評価されるので、やる気やモチベーションアップにつながることもあります。

キャバクラは「ナンバー入りしたい!指名数〇〇オーバーしたい!」など競争心によって高めあっていく環境なのです。

一方、ラウンジは競争というよりはみんなでママのお手伝いをしてお店を運営していくというスタンスなので、競争心を保つ必要がありません。

チームワークを大切に気軽に働きたい女性はラウンジに向いています。

(4)収入の増減がなく安定して働きたい

収入に左右されず安定して働きたいのなら、ラウンジに向いています。

キャバクラの仕事は、指名数やボトルの売上によって収入が左右されます。

やればやるだけ結果として現れるキャバクラの仕事にやりがいを感じる女性もいるでしょう。

一方、ラウンジの仕事は時給制なので、働いた勤務時間に対して給料が出るので安定して働くことができます。

インセンティブに応じた高収入を得ることはできませんが、勤務時間に対してしっかりとお給料が支払われるので安定した生活を送ることができます。

安定して働けるナイトワークを探している女性には、ラウンジが向いています。

まとめ

キャバクラとラウンジは似ているようで違う点が多いです。

接客方法や服装にメイク、給料体系など異なる点も多いので、自分にはどちらが向いているのかよく見極めましょう。

ナイトワークに興味があるのなら、定番のキャバクラだけでなくラウンジ勤務も検討してみてください。

自分に合っている仕事を見つけて、ナイトワークを楽しみましょう。

あなたの月収はGoogleクラス?今すぐ手取りシミュレーターでチェック!

ホストクラブやキャバクラにお勤めのあなた!

「いったいいくら稼いだら希望の給料になるのかな…?」と思ったことはありませんか?

ChamChillの手取りシミュレーターがあなたのお悩みに答えます!

月々の売上の金額を入れてもらえれば、あなたの手取り金額とその金額がどれぐらいのレベルなのか計算できます!

ホストクラブ手取りシミュレーター

今すぐあなたも、ChamChillの手取りシミュレーターでチェックしてみましょう!

さっそく手取りをチェックする

関連記事一覧

手取りシミュレーター

手取りシミュレーター