キャバクラの面接で質問される内容とは?面接時のポイント4つ紹介

「キャバクラの面接に合格するためには、どうすれば良いのだろう?」
「キャバクラの面接官に、良い印象を与えるための方法が知りたい!」

このように、キャバクラの面接を有利に進める方法について、疑問に思った経験はありませんか?

実は、キャバクラでよく質問される内容は決まっており、適切な答えを準備しておくことで、スムーズに面接を進められるようになるのです!

ここでは、キャバクラの面接で質問される内容や、面接時に確認しておくべきポイントについて説明します。

この記事を読めば、働きたい店舗で採用してもらえる可能性を高められるようになり、有利な条件でキャバ嬢として働けるようになりますよ!

1.キャバクラの面接で質問される内容3選

キャバクラの面接で質問される内容は、以下の3つが一般的です。

  1. なぜこの店で働こうと思ったのか
  2. 過去の水商売経験
  3. シフトに入れる日数

これらの質問内容を知っておけば、質問に対してスムーズに答えられるようになり、キャバクラに採用してもらいやすくなりますよ

ここからは、キャバクラの面接で質問される内容について、詳しく説明します。

(1)なぜこの店で働こうと思ったのか

キャバクラの面接で質問される1つ目の内容は、なぜこのお店で働こうと思ったのかです。

他のお仕事でも同じことが言えますが、そもそもなぜこの店舗で働きたいと思ったのかという動機やきっかけは、採用する側が疑問に持ちやすい部分になるからです

キャバクラの面接官はこの質問をすることで、キャバ嬢として働く意欲を確認しようとしています。

そのため、「大学へ進学する学費を稼ぐため」や「自由に使えるお金を手に入れたいから」といった、具体的な理由をスムーズに答えることで、採用したら頑張って働いてもらえるのではないかという印象を与えられるのです。

キャバクラの面接を受ける時は、なぜキャバクラで働こうと思ったのかを、はっきりと答えられるようにしておきましょう。

(2)過去の水商売経験

キャバクラの面接で質問される2つ目の内容は、過去の水商売経験があるかどうかです。

この質問をすることで、キャバクラの面接官は、あなたがキャバクラで即戦力として働けるかどうかを、判断できるようになるからです。

水商売の経験がなかったとしても、人材が不足している店舗であれば、採用してくれる可能性は高くなります。

しかし、過去の水商売経験が無い女性を採用すると、キャバ嬢としてしっかりと働けるようになるために、時間をかけて育てなければなりません。

そのため、多くのキャバクラでは、過去の水商売経験がある人を優先的に採用しているのです。

(3)シフトに入れる日数

キャバクラの面接で質問される3つ目の内容は、シフトに入れる日数です。

採用する側としては、できるだけ多く働いてもらえる方が、お店をスムーズに運営できるようになるからです

もし、週1日しか働けないような女性が面接に来た場合、お店で活躍してもらえる可能性が低いと判断されてしまいかねません。

とはいえ、働ける日数が少なかったとしても、お店が忙しくなる週末は必ずシフトに入れることをアピールすれば、喜んで採用してくれるところもあるのです。

そのため、キャバクラで面接を受ける場合、どのようなシフトで働きたいと考えているかを、はっきりさせておきましょう。

2.キャバクラの面接で意識したい見た目の2つのポイント

キャバクラの面接で、面接官の印象を良くするために意識しておきたい見た目のポイントは、以下の2つです。

  1. スタイルの良さをアピールする
  2. 顔に合ったメイクをする

これらのポイントを押さえて面接に臨めば、面接官の印象が良くなり、キャバ嬢として採用してもらえる確率が高くなりますよ

ここからは、キャバクラの面接で意識したい見た目のポイントについて、詳しく説明します。

(1)スタイルの良さをアピールする

キャバクラの面接で意識したい見た目の1つ目のポイントは、スタイルの良さをアピールすることです。

キャバ嬢としてお客さんから人気を集め、たくさんお金を使ってもらうようになるためには、外見の良さが重要になるからです

多くのお仕事では、見た目よりも能力や経験が重視されがちですが、キャバクラにおいては、見た目の良さが大切なります。

ただし、いくらスタイルが良くても、性格やファッションなどがお店のコンセプトに合っていなければ、採用されないケースもあるため、注意が必要です。

とはいえ、少しでも面接官にスタイルの良さが伝わるよう、ボディケアやファッションに気を付けて面接に臨めば、多くのキャバクラで採用してもらえる可能性は高くなると言えます。

(2)顔に合ったメイクをする

キャバクラの面接で意識したい見た目の2つ目のポイントは、顔に合ったメイクをすることです。

顔に合ったメイクができている人は、自分自身の見た目の良さを引き出せると判断され、キャバ嬢として活躍できると思ってもらえるからです

キャバクラで働く場合、とにかく厚い化粧をすれば良いと考える人もいますが、人によってはかえって違和感を増してしまい、面接官に良い印象を与えられなくなってしまいかねません。

メイクにも、カワイイ系やセクシー系、クール系やロック系など、さまざまな種類があります。

あなたの顔に合ったメイクを理解した上で、お店のコンセプトに適したメイクをして面接に臨むことが大切です。

3.キャバクラの面接でお店に確認しておきたい2つのポイント

キャバクラの面接でお店に確認しておきたいポイントは、以下の2つです。

  1. 給料システム
  2. 送迎にかかる費用

これらのポイントを押さえて面接時に質問しておくことで、不利な条件で働くリスクを抑えられるようになりますよ

ここからは、キャバクラの面接でお店に確認しておきたいポイントについて、詳しく説明します。

(1)給料システム

料金・給与システムを決める

キャバクラの面接でお店に確認しておきたい1つ目のポイントは、給料システムです。

店舗によって給料システムが違うことや、指名バックやドリンクバックといったシステムを設けており、成績によって給料が変わる仕組みを設けているところもあるからです。

中にはキャバ嬢にノルマを設けているところもあり、利益を上げられないキャバ嬢は給料が低くなってしまいかねません

働き始めてから、「イメージしていた給料システムと違った」という事態が起こらないように、面接の時点で給料システムについて確認しておきましょう。

(2)送迎にかかる費用

キャバクラの面接でお店に確認しておきたい2つ目のポイントは、送迎にかかる費用です。

キャバクラで働いていると、勤務時間によっては、退勤時間が終電時間を超えてしまう場合もあるからです

店舗によっては、送迎システムを設けていないところもあったり、送迎費用を給料から天引きしているところもあったりします。

面接時に送迎にかかる費用について確認しておくことで、勤務時間が長くなっても安心して働けるのです。

まとめ

ここでは、キャバクラの面接で質問される内容や、面接時の見た目で意識すべきポイント、面接の時に確認しておくべきポイントについて、詳しく説明しました。

キャバクラに採用されるための対策に重点を置くことも大切ですが、安心して働けるように、労働条件について確認しておくのも重要です。

ここで説明した内容を参考にして、有利に面接を進められるようになり、働きたいと思っている店舗でキャバ嬢として活躍できるようになってくださいね!

関連記事一覧