ガールズバーキャストを辞めたい人必見!円満退職する4つのポイント

「ガールズバーの仕事を辞めたい」
「どうやって辞めればいいかわからない」

そんな悩みをお持ちではありませんか?

ガールズバーのキャストの仕事を辞めたい理由は人それぞれですが、辞め方がわからない・辞めたいのに辞められないと考えて躊躇している方も少なくありません

しかし、ガールズバーで働くのも自由なら、その仕事を辞めるのも基本的に自由

ただし、周囲への迷惑をかけずに手順を踏んで辞めるのが、最もトラブルを起こさずガールズバーを辞める賢いやり方です。

そこで、ここではガールズバーキャストが仕事を辞めたい3つの理由と、円満に辞める4つのポイントを解説します。

円満退職するポイントを押さえ、『立つ鳥跡を濁さず』で、キレイにガールズバーを卒業しましょう。

1.ガールズバーを辞めたいと思う3つの理由

まず、ガールズバーキャストとして働く方が、この仕事を辞めたいと考える3つの理由を紹介します

  1. ストレス
  2. 知人・家族・職場バレ
  3. 事情・環境・心境の変化

次にそれぞれ1つずつ解説していきますね。

(1)ストレス

ガールズバーキャストが仕事を辞めたい1つ目の理由は、ストレスです。

辞めたい理由として最も多いストレスですが、職場の人間関係やお酒を飲んだお客様の接客・セクハラが耐えられないなど人によってその原因は様々です。

強いストレスは、生活がめちゃくちゃにしたり、体調を崩してたり、メンタルを病んでしまうこともあるので危険です。

ガールズバーキャストは替えが利きますが、自分自身は自分以外に替えは利きません。

「無理だな」と感じたら、無理をしないで早く辞めるための行動を起こしましょう

(2)知人・家族・職場バレ

ガールズバーキャストが仕事を辞めたい2つ目の理由は、知人や家族、職場にバレたことです。

特に多いのが、彼氏バレが原因で辞める女性です。

自分の彼女が多くの男性を接客する仕事に就いていることにやきもちや心配を抱き、仕事を辞めてほしいと考える男性も少なくありません。

最愛の相手である彼氏に反対されればさすがに辞めざるを得ませんね。

また、親バレ・職場バレも深刻です。

学生の場合は親バレはかなり影響大ですし、ダブルワーク禁止の職場の場合は発覚した時には最悪退職に追い込まれる可能性も否定できません。

バレないように細心の注意を払っていても、どこでどうバレるかわからないのが、ナイトワークの怖いところです。

(3)事情・環境・心境の変化

ガールズバーキャストが仕事を辞めたい3つ目の理由は、事情・環境・心境の変化です。

学生なら学業や就職活動で多忙になる、会社員なら転職や昇進で多忙になるなど、ガールズバーに勤め始めた頃と状況が異なり、同じように働くことが難しくなるケースが多いです。

また、他に割の良いバイトを見つけた、ガールズバーをなんとなく卒業しようと思ったなどの理由も多数。

どんな変化であれ、楽しく働けないのなら無理をする必要はありません

ガールズバーキャストの仕事を辞めたいと思ったら、次の行動に移しましょう。

2.ガールズバーの理想的な辞め方の4つのポイント

次に、ガールズバーキャストの仕事の理想的や辞め方の4つのポイントを解説します。

  1. 期日に余裕を持って伝える
  2. お店へ誠意を持って直接伝える
  3. 引き留められた時は賢く断る
  4. 罰金・損害賠償はないので安心して良い

ナイトワークであるガールズバーキャストの仕事を辞める方法も基本的には昼職と同じです。

礼儀やマナーを守って辞めるとお店や他のキャストにも迷惑が掛からないので円満に辞めることができますよ。

次に1つずつ解説しますね。

(1)期日に余裕を持って伝える

ガールズバーの仕事の理想的な辞め方の1つ目のポイントは、期日に余裕を持って伝えることです。

仕事を始める際に期間の定め(〇か月は必ず続けるなど)を設けずに雇用されたのれあれば、法律上、原則として2週間前までに伝えれば仕事を辞めることができます

設けていたとしても、やむを得ない事情で雇用主との合意が取れれば即日のうちに退職も可能です。

しかし、やはり前もって伝えるのがマナー

お店側の都合(人員不足・シフト調整など)もあるので、辞めたい旨を告げるタイミングは早ければ早いほどお店側も助かり、無理に引き留められることも少なくなります。

また、口頭だけでは証拠が残らないため、揉めそうならば形に残るもの(メールやLINE)にも辞める期日を明記してお店側に伝えておきましょう

(2)お店へ誠意を持って直接伝える

自分の話は聞かれたときにする

ガールズバーの仕事の理想的な辞め方の2つ目のポイントは、お店へ誠意を持って直接伝えることです。

忙しくないタイミングを見計らって、担当者(店長など)に「今、お時間いただけますか?」と断りを入れてから話を伝えましょう。

しかし、辞めることを直接伝えるのは勇気が要ることです。

面と向かって言い出しづらいならば、電話やメールでもOK

どんな方法であれ、自分の都合で辞めるわけですからお店側に誠意を持って辞める旨を伝えるのが人としての道理・マナーです。

(3)引き留められた時は賢く断る

ガールズバーの仕事の理想的な辞め方の3つ目のポイントは、引き留められた時は賢く断ることです。

ガールズバーキャストの仕事を辞めたい理由は様々ですが、人気キャストや人員不足であればお店から強く引き留められることもあります

そんな時は、シフトがきついなどお店側が改善して問題を解決できる理由ならば、その理由を告げてお店と交渉するのもアリ

また、仕事が合わない・事情が変わった・体調を崩したなどやむにやまれぬ理由ならば、その旨をはっきりお店に伝えましょう

しかし、「なんとなくいやになった」など言いづらい場合は、「職場バレしそう」「親バレしてすぐに辞めるように怒られた」などお店側が引き留めにくい嘘の理由を告げて断るのが円滑に辞めるコツです。

最もNGなのが、上記のようにお店側に引き留められてだらだらと続けてしまうことです。

お店に押し切られ、そのままなし崩しに働くことになってしまうケースも少なくありません。

自分が楽しくないまま働くのは、自分にとってもお客様にとてもマイナス。

ずるずると先延ばしすることにならないように、期日と理由をはっきり告げ、断固とした意思を持って断りましょう

(4)罰金・損害賠償はないので安心して良い

褒めるより感謝の言葉を多く使う

ガールズバーの仕事の理想的な辞め方の4つ目のポイントは、罰金や損害賠償などを請求されないので安心して良いことです。

余裕を持って期日を伝え、直接誠意を持って辞める理由も伝えたのに、「罰金を払え」「損害賠償を請求する」など辞めたいキャストを脅す悪質なガールズバーもあるようです。

しかし、ガールズバーの仕事を辞める際にお店側から脅迫されても、手順さえ踏んでおけばなんら不利益を被ることはないので安心してくださいね。

それでも、万が一、問題になりそうならば弁護士や退職代行サービスを利用すると良いでしょう。

まとめ

ガールズバーキャストの仕事を辞めたいと思っているのに、なかなか辞められないと困っている女性も少なくありません。

しかし、誰もが持っているのが、働きたい時に働きたいところで働く権利、辞めたい時に辞める権利です。

そのため、前もって期日を決めて辞めたいと伝えたキャストをお店側が無理に働かせ続ける権利も、キャストが我慢して働き続けなければならない義務もないので安心してください。

ガールズバーを辞めたいと思ったら、お互いにデメリットが発生しないよう正しい手順を踏んで、堂々と卒業・円満退職しましょう。

関連記事一覧