ホストが実践する会話術とは?やるべきでない会話術も紹介!

「先輩ホストのように魅力的な会話ができるようになるにはどうしたら良いのだろう?」
「お客さんから人気を集められるような会話術を身につけたい!」

このように、魅力的な会話術を身につける方法について、疑問に思った経験はありませんか?

実は、ホストとして魅力的な会話術を身につけるためには、コミュニケーション手法を身につけておくことが大切なのです!

ここでは、ホストが実践している会話術や、やるべきでない会話術について説明します。

この記事を読めば、ホストとして理想的な会話術を身につけられるようになり、さらにレベルの高い接客ができるようになりますよ!

1.ホストはコミュニケーションを売る仕事

ホストクラブはお客さんにたくさんのお酒などを注文してもらうことで、売上を伸ばすことに重点を置かれがちですが、そもそもホストはコミュニケーションを売る仕事なのです。

ホストクラブに来店するお客さんは、ホストたちにお姫様をように大切に扱われて、非現実的な時間を過ごすことを望んでいます

そのため、売上や成績を伸ばそうと営業感の強い接客をしてしまうと、お客さんの気分を害してしまい、結果的に次回以降指名されなくなったり、担当ホストになれる可能性から遠ざかってしまうので注意が必要です。

しっかりとお客さんの心を掴んで、魅力的なホストとして接し続けるためには、お客さんとどのようなコミュニケーションをとるのかという目的意識を持っておくことが大切になります。

しかし、目的をもってお客さんと接するだけでは、思ったようなコミュニケーションができなかったというケースも多いため、ホストに必要な会話術を身につけておくことが重要です。

2.ホストが実践している3つの会話術

魅力的なコミュニケーション方法を身につけるためには、コミュニケーションが上手なホストが実践している会話術を身につけるのが得策です

実際にホストが実践している会話術は、以下の3つです。

  1. お客さんをしっかり観察する
  2. コミュニケーション手法を活用する
  3. やるべきでない会話術を知っておく

これらの会話術を知っておくことで、お客さんの心をつかむような魅力的なコミュニケーションができるようになり、ホストとしてさらに成長できますよ!

ここからは、ホストが実践している会話術について、詳しく説明します。

(1)お客さんをしっかり観察する

ホストが実践している1つ目の会話術は、お客さんをしっかり観察することです。

お客さんをしっかりと観察しているホストは、相手が何を求めているかをいち早く把握して、ニーズを満たせるようなサービスを提供できるからです

お客さんを観察するといっても、ただお客さんの外見や話の内容に注目するだけではありません。

お客さんの姿勢や動きの変化、呼吸や表情、声の変化といった細かい部分までしっかりと観察することで、わずかな情報からお客さんのニーズを把握することにつながるのです。

相手が何に興味を持っており、どのようなポイントに注目してもらえると嬉しく感じるのか知っておけば、お客さんも自分自身に興味を持ってくれていることを実感でき、ホストが魅力的に映るようになります。

まずはお客さんをしっかりと観察して、相手が何を求めているのかを把握できるようにしておきましょう。

(2)コミュニケーション手法を活用する

ホストが実践している2つ目の会話術は、コミュニケーション手法を活用することです。

ホストが身につけておくべきコミュニケーション手法には、以下の4つがあります。

  1. ペーシング
  2. ミラーリング
  3. マッチング
  4. バックトラッキング

これらのコミュニケーション手法を身につけておけば、さらにレベルの高い会話術でお客さんに喜んでもらうことができますよ

ここからは、ホストにつけておくべきコミュニケーション手法について、詳しく説明します。

#1:ペーシング

ホストが身につけておくべき1つ目のコミュニケーション手法は、ペーシングです。

このコミュニケーション手法は、相手のしぐさや声のトーンを合わせ、相手の使う言葉を盛り込んで会話をすることで、相手と無意識レベルでの信頼感を生み出すことが期待できます

相手の警戒心を解いて安心できる空間づくりをすることが大切なホストにはとても大切なコミュニケーション手法ですよ!

#2:ミラーリング

ホストが身につけておくべき2つ目のコミュニケーション手法は、ミラーリングです。

ミラーリングはその言葉の通り、相手の手足の位置や動作を、まるで鏡のように合わせていく方法で、相手に不信感を与えないように自然に行う必要があります

ペーシングと同様に相手の不信感を取り払って親近感を与えるコミュニケーション手法なので、特に初対面のお客さんには効果が大きいコミュニケーション手法なのです。

#3:マッチング

ホストが身につけておくべき3つ目のコミュニケーション手法は、マッチングです。

マッチングは、相手の会話のリズムやトーンに合わせながらコミュニケーションをとる方法で、自然と相手に親近感や安心感を与えることが特徴となっています

積極的にコミュニケーションをとろうとする人ほど自分のペースで会話おすすめがちですが、相手の立場に立ってコミュニケーションをすることで、次第に信頼関係を築けるようになりますよ!

#4:バックトラッキング

ホストが身につけておくべき4つ目のコミュニケーション手法は、バックトラッキングです。

バックトラッキングはオウム返しとも呼ばれ、相手が話した言葉をそのまま相手に返していくコミュニケーション方法になります。

このコミュニケーション手法を利用すると、相手が使った言葉の塊を使って会話をするようになるため、自分の意見や考えを肯定してもらえているという感覚を与えられるのです。

また、情報を要約したり整理して言葉を返すようになるため、自分の話を分かってくれる良き理解者として認識してくれることも期待できます。

(3)やるべきでない会話術を知っておく

ホストとして魅力的な会話術を身につけることは大切ですが、それ以前にやるべきではない会話術を知っておくことも大切です。

不適切なコミュニケーションをとることによってお客さんの印象を悪くしてしまうと、今後のホストとしての活動に悪影響を与えかねません

ホストがやるべきでない会話術は、以下の2つです。

  1. 自分のことばかり話さない
  2. 質問攻めにしない

これらの注意点を理解しておくことで、お客さんからの印象を悪くするというリスクを避けながらコミュニケーションをとれるようになりますよ!

ここからは、ホストがやるべきでない会話術について、詳しく説明します。

#1:自分のことばかり話さない

ホストがやるべきでない1つ目の会話術は、自分のことばかり話さないということです。

積極的にコミュニケーションをとろうとしたり、お客さんに印象を与えようと自己アピールばかりしていると、相手がうんざりしてしまう可能性が高いからです

ホストクラブに来店するお客さんは、自分自身の気持ちを受け止めてもらったり、ニーズを満たしてもらいたいという願望があります。

そのような気持ちを大切にしたコミュニケーションができるホストが、会話術の優れたホストだと言えます。

#2:質問攻めにしない

ホストがやるべきでない2つ目の会話術は、質問攻めにしないことです。

お客さんのニーズや情報を引き出そうと積極的に質問するのは良いことですが、質問攻めになってしまうと回答に困ったり不信感を与えてしまいかねません

お客さんとの距離感を大切にしながら、会話のキャッチボールを楽しむ中で必要な情報を手に入れられるようにしましょう。

まとめ

今回は、ホストが実践している会話術や、やるべきでない会話術について説明しました。

お客さんによって求められる会話術が異なるため、瞬時に適切なコミュニケーションを取れるようになるまでにはある程度の時間がかかるでしょう。

しかし、ここで説明した内容を意識しながら会話術を訓練していけば、理想的なコミュニケーションができるようになるはずです!

日々のお仕事でのコミュニケーションを振り返りながら、ホストとしてさらにレベルアップできるようになってくださいね。

関連記事一覧