キャバクラに年齢制限はあるの?キャバクラ引退後の生活も紹介

「いつまでキャバ嬢として働けるんだろう。」
「キャバクラの仕事は好きだけど、将来のことを考えると不安になる。」

キャバクラで働く女性にとって、いつまで現役で働けるのか?という年齢の壁は大きいですよね。

将来自分の店を持つために頑張る!と言い切る自信はないし、今から昼の仕事に変わるのも不安という女性は多いのではないでしょうか?

ここでは、キャバクラで働ける年齢について、キャバクラ引退後について、将来の不安を抱えないために今やっておくべきことを紹介します。

1.キャバクラで働ける年齢は?

キャバ嬢と言われてイメージするのは若く可愛い女性ですよね。

「キャバクラで働くのには年齢制限があるの?」
「平均年齢ってどれくらいなんだろう?」

ここでは、キャバクラで働ける年齢について紹介します。

(1)キャバクラが18歳から20代半ばが多い

キャバクラで働く女性は18歳から20代半ばが多いです。

20代後半になるとキャバクラを引退するキャバ嬢も増えてきます。

しかし、18歳以上という年齢制限はあるものの、何歳までという上限は決まっていないことがほとんどです。

実際に30歳をこえてもキャバ嬢として活躍している女性も数多くいます。

名古屋のアールズカフェのナンバーワンキャバ嬢のエンリケさんも31歳まで現役で働いていました。

年齢制限がないとはいえ、30歳を超えても現役キャバ嬢でい続けるには、会話術や指名数の多さなど相当なスペックが求められます。

(2)姉キャバやスナックなら年齢を気にせず働ける

キャバクラ経営を始めるのに必要な4つの準備

姉キャバやスナックなら女性の年齢層も高く、年齢を気にせずに働くことができます。

姉キャバは25歳から35歳くらいまで、スナックは20代から50代くらいと幅広い年齢の女性が働いています。

「今のお店でおばさん扱いされるのはイヤ。」
「できればずっと夜の世界で働きたい。」

そんな時は、姉キャバやスナックで働くという手段もあります。あ

姉キャバは、キャバクラに比べて落ち着いた接客ができるので、年齢を重ねた女性にも安心ですね。

2.キャバクラ引退後の生活とは?

「みんなどんな理由でキャバクラを引退するの?」
「引退後はどんな生活をしているんだろう?」

華やかな世界を引退した後、どんな生活が待っているのか不安になりますよね。

ここでは、キャバクラ引退後の生活を3つのケースに分けて紹介します。

  • 結婚する
  • 起業する
  • 昼職に転職する

(1)結婚する

キャバクラ引退後の生活の1つは、結婚することです。

キャバ嬢と言っても1人の年頃の女性なので、結婚を機に引退するケースは多いです。

人気キャバ嬢の、門りょうさんやエンリケさんもキャバクラを引退後に結婚生活を送っています。

キャバクラで働いている間は、彼氏がいることを公言できない場合が多いので、結婚するタイミングで引退を選ぶことになります。

自分のお客さんだった男性と結婚するケースも多く、キャバクラでの出会いが結婚につながることもあります。

結婚してキャバクラを引退するというのは女性なら憧れますね。

(2)起業する

キャバクラ引退後の生活の2つ目は、起業することです。

夜の世界で働く女性なら、自分の店を持つことに憧れている人も多いでしょう。

誰でもできることではありませんが、キャバクラでの経験を活かし、飲食店を経営したりアパレルブランドや美容関係の会社を立ち上げ成功している女性もいます。

人気キャバ嬢の愛沢えみりさんは、アパレルブランド『EmiriaWiz』を起業し成功していますし、エンリケさんもコスメブランド「minamina」を立ち上げています。

美を追求するキャバ嬢ならではの視点でビジネスを始め、成功するパターンもあるのです。

(3)昼職に転職する

キャバクラ引退後の生活の3つ目は、昼職に転職することです。

キャバクラの仕事は勤務時間も深夜になり、お酒を飲み続けることもあるため年齢を重ねると体力的にもきつくなってきます。

給料はかなり下がりますが、安定した昼職に転職しようと考えるキャバ嬢も多いのです。

水商売への偏見は全く無いとは言えませんが、キャバクラで得たトークスキルや美意識の高さは昼職でも活かすことができます。

キャバクラを引退し、昼職に転職をして堅実な生活を始める女性もいます。

3.将来への不安を抱えないためにやっておくべき3つのこと

「キャバクラでいつまで働けるのか不安。」
「将来のことを考えるとそうしていいのか分からない。」

今はキャバクラの仕事が楽しいけど、いつまでもキャバ嬢ではいられないと不安に思うことってありますよね。

キャバクラを引退した後に後悔しないために、今やっておくべきことがあります。

どんな道をえらんだとしても、今の経験は自分の武器になります。

ここでは、将来への不安を抱えないために今やっておくべき3つのことを紹介します。

  1. 貯金をする
  2. 人脈を作る
  3. 将来の夢を見つける

では、上記3つをチェックしましょう。

(1)貯金をする

将来の不安を抱えないために、まずは貯金をしましょう。

美容代や衣装代、外食費とキャバ嬢は出費も多く金銭感覚が麻痺していきます。

「頑張ってるんだからこれくらい使ってもいいか。」と浪費癖がついてしまうと、いざキャバ嬢を引退して他の仕事をしようと思った時に、手元に何も残らないという状況になってしまいます。

キャバクラで働く魅力の1つは、昼職に比べてお給料がいいことです。

そのお給料をすべて使うのではなく、将来のために貯金をしておきましょう。

目標〇〇万円貯金!と具体的に目標をたてておくと仕事へのモチベーションもあがりますよ。

(2)人脈をつくる

将来の不安を抱えないためには、キャバクラで働いている間に人脈を作りましょう。

キャバクラには、経営者や医者、著名人などいろいろな世界で成功した人も訪れます。

普段の生活では出会えないような人との出会いがあるのもキャバクラの大きな魅力です。

また、夢を持って働いていると周囲の人もアドバイスをくれたり応援してくれることもあります。

様々なお客様との会話を通して、経営について、企業についてなど普段聞けない話を教えてもらうチャンスでもあります。

人とのつながりを大切にすることで、将来につながる出会いがあるかも知れませんよ。

(3)将来の夢を見つける

将来の不安を抱えないためには、叶えたい夢を見つけましょう。

キャバクラで働きだした時は、仕事を覚えることで精一杯で先のことは考えられないかもしれません。

しかし、いつまでも流されるように仕事をしていては夢を掴むことはできません。

自分は何がしたいのか?将来どんな女性になっていたいのか?働きながら考えましょう。

そのためには今何をするべきかが見えてくるはずです。

〇〇万円ためて起業する、自分のブランドをプロデュースしたい、いつか結婚して子供がほしい。

キャバ嬢の中には、夢を叶えた女性がたくさんいます。

自分は何がしたいのかを考えながら働くと、目標ができ前向きに仕事することができますね。

まとめ

キャバクラには何歳まで働けるという年齢制限はありません。

キャバ嬢の中には、引退後に幸せな結婚をしたり、起業して成功した女性がたくさんいます。

しかし、何も考えずに働いていては、大きなチャンスを逃してしまうかもしれません。

引退後の生活や自分の将来を考えながら、今自分は何をするべきなのかを考えて働くことが大切ですよ。

キャバクラで働いた経験を活かして、引退後も充実した生活を送れるように心がけましょう。

関連記事一覧