キャバクラの知っておくべき15のルール

想像以上にメリット満載!キャバクラヘルプの仕事内容と5つのメリット

「キャバクラのヘルプってどんな仕事をするの?」
「ヘルプにつく時にどんなことに注意すればいい?」

初めて任されることになったヘルプの仕事に不安や疑問をお持ちではありませんか?

実は、ヘルプの仕事は想像以上に重要であり、キャバ嬢にとってもメリットの多い魅力的な仕事なんですよ。

そこで、ここでは、キャバクラのヘルプの2つの仕事内容に加え、5つのメリットと8つのマナーを解説します。

ヘルプの仕事をしっかりこなせるキャバ嬢は、人気キャバ嬢になれる素質十分!

マナーを守りつつヘルプを頑張って、ナンバーワンキャバ嬢への第一歩を踏み出しましょう。

1.キャバクラのヘルプの2つの仕事

振る舞い方のルール

キャバクラのヘルプとは指名キャバ嬢のサポート役のことで、主な仕事は2つあります

  1. 指名キャバ嬢不在時のつなぎ役
  2. テーブルの盛り上げ役

どちらの仕事も非常に重要であり、高い接客スキルが求められるため、ヘルプの仕事がしっかりできるキャバ嬢は高く評価されて周囲からも認められるようになることでしょう。

次に1つずつ解説します。

(1)指名キャバ嬢不在時のつなぎ役

キャバクラのヘルプの1つ目の仕事は、指名キャバ嬢が他の指名客の所に移動している間、お客様が退屈しないよう接客することです。

人気が出れば出るほどキャバ嬢の指名被りが増え、せっかく来店してくださったお客様にずっとつくことが難しくなります。

ヘルプは、他のテーブルに指名キャバ嬢が行っている間、楽しくお話をしてお客様の気を紛らわせ、場を持たせるのが仕事です。

お気に入りのキャバ嬢の不在に不満や寂しさを感じているお客様をいかにもてなすか、キャバ嬢の腕の見せ所ですよ。

(2)テーブルの盛り上げ役

キャバクラのヘルプの2つ目の仕事は、指名キャバ嬢とともにテーブルについてその場を盛り上げることです。

大勢で騒ぎたいお客様をもてなす時など、適度に会話に参加して場を盛り上げ、指名キャバ嬢とともにお客様を楽しませます。

出しゃばらず、良い雰囲気づくりができるキャバ嬢は、人気キャバ嬢になれる素質がありますよ

2.キャバクラのヘルプの5つのメリット

キャバクラのヘルプの仕事には、非常に魅力的な5つのメリットがあります

  1. お店からの信頼度が上がる
  2. 同僚キャバ嬢から信頼される
  3. お客様から信頼される
  4. 枝客と出会うチャンスが増える
  5. 人気キャバ嬢のテクを近くで学べる

中にはヘルプを嫌がるキャバ嬢もいますが、それは大きな間違いです。

このメリットを知れば、ヘルプの仕事も積極的かつ前向きに頑張りたくなることでしょう

(1)お店からの信頼度が上がる

キャバクラのヘルプの1つ目のメリットは、お店からの信頼度が上がることです。

指名被りでお気に入りのキャバ嬢が席を離れると、不機嫌になってしまうお客様もいます。

そんなお客様に不満を感じさせず楽しく過ごしてもらえるかはお店にとって重要な問題です。

そこで、ヘルプについたキャバ嬢が上手に接客してくれれば、お客様もお店も大満足!

お店で信頼されるようになれば、フリー客へ優先的につけてもらえるなど様々な点で優遇されることも多くなります

(2)同僚キャバ嬢から信頼される

キャバクラのヘルプの2つ目のメリットは、同じキャバ嬢から信頼されることです。

別のお客様からの指名を受けて自分がテーブルを離れている間、自分のお客様を不快にさせずにもてなしてくれるヘルプはとてもありがたい存在です。

ヘルプを頑張って他のキャバ嬢から信頼されると、「自分が離れている時は場内指名を入れてあの子に任せたい」と指名されたり、そのキャバ嬢が辞める時にお客様を引き継がせてくれるケースもあるようです。

また、逆の立場になった時、自分のお客様へのヘルプに気分良くついてもらえるというメリットもああります。

キャバ嬢同士、ライバルであると同時に、同じお店で働く仲間。

良い関係を築いておいて、決して損はありません

(3)お客様から信頼される

キャバクラのヘルプの3つ目のメリットは、お客様から信頼されることです。

指名したキャバ嬢が自分の側を離れて別のお客様のテーブルに行くことを喜ぶお客様はいません。

「せっかく来たのに」と不満に思うことでしょう。

しかし、指名キャバ嬢が戻ってくるまでの場つなぎとはいえ、自分についてくれたヘルプのキャバ嬢が素敵な接客をしてくれたら、待ち時間も楽しいひと時となります

そんな居心地の良い空間を作ってくれるヘルプのキャバ嬢をお客様が信頼するのは当然ですね。

その後、接客を気に入ってくれたお客様が「こんなに良い子がいるよ」と知り合いを紹介してくれるケースも少なくありません

(4)枝客と出会うチャンスが増える

キャバクラのヘルプの4つ目のメリットは、枝客と出会うチャンスが増えることです。

枝客とは本指名がいるお客様と一緒に訪れたフリーのお客様のことで、ヘルプにとってはありがたい存在です。

本指名のいない枝客のヘルプにつけば、自分の指名客を得るチャンスを自然に増やすことができます

(5)人気キャバ嬢のテクを近くで学べる

キャバクラのヘルプの5つ目のメリットは、人気キャバ嬢のテクを近くで学べることです。

ヘルプがつかなければいけないほど人気のキャバ嬢は、それだけお客様に愛されるテクを持っています。

直接、そのキャバ嬢にノウハウを教えてもらう方法もありますが、実際の接客を見たほうが理解しやすいことでしょう。

場を盛り上げるために人気キャバ嬢のテーブルのヘルプについた時は、間近でしっかり見て接客テクを学びましょう。

3.キャバクラのヘルプの8つのマナー

次に、キャバクラでのヘルプにつく時に覚えておきたい8つのマナーを解説します

  1. ヘルプの内容を必ず確認する
  2. 座る位置を配慮する
  3. お客様と連絡先を交換しない
  4. お客様に接近しすぎない
  5. 指名キャバ嬢の情報を教えない
  6. 自分からドリンクを頼まない
  7. ヘルプ中に中座しない
  8. テーブル周りの整理整頓などの雑務を率先して行う

お店やキャバ嬢仲間やお客様からの信頼を得るため、また自分の成長のため、つつがなくヘルプができるようにヘルプのマナーを覚えて身につけましょう。

(1)ヘルプの内容を必ず確認する

ヘルプの1つ目のマナーは、自分がヘルプにつく指名キャバ嬢とその予定を必ず確認しておくことです。

ヘルプについた時、お客様から指名キャバ嬢の話が出ることも多いです。

その時にどのキャバ嬢の話をしているのかヘルプがわかっていなければ、お客様が望むような会話は成り立ちません。

また「いつ戻ってくる?」と聞かれた際に、その都度スタッフに尋ねるのも無粋。

お客様の質問にすぐに答えられるよう、自分が入るヘルプの内容をしっかり確認しておきましょう

(2)座る位置を配慮する

ヘルプの2つ目のマナーは、座る位置を配慮することです。

指名キャバ嬢目当てに訪れているお客様にとって、指名キャバ嬢が傍にいない時間は不本意なものです。

そんな時、別のテーブルで指名キャバ嬢が接客している姿が目に入れば、お客様が嫌な気分になるのも仕方がありません。

そのため、ヘルプでつく時は、別テーブルの指名キャバ嬢がお客様から見えなくなるポジションに座るようにしましょう。

(3)お客様と連絡先を交換しない

ヘルプの3つ目のマナーは、お客様と連絡先を交換しないことです。

ヘルプにつく際は、名刺は使わず、名前を名乗って挨拶するのがルールです。

また、自分の連絡先を教えない・お客様の連絡先を尋ねないのも重要なマナーです。

キャバ嬢同士で険悪な雰囲気になってしまっては、お客様を楽しませるどころではありません。

指名キャストとヘルプとの信頼関係を損なわないために、必ず守るようにしましょう。

(4)お客様に接近しすぎない

ヘルプの4つ目のマナーは、お客様に接近しすぎないことです。

お客様の接客のメインはあくまで本指名を受けているキャバ嬢です。

お客様にヘルプが必要以上に触れたりするのは本指名されているキャバ嬢にとって不快なので近づきすぎないようにしましょう。

(5)指名キャバ嬢の情報を教えない

ヘルプの5つ目のマナーは、お客様から聞かれても指名キャバ嬢のプライベートな情報を教えないことです。

お客様は指名しているキャバ嬢が一番ですので、中には本人に聞けない情報をヘルプから聞き出そうと考えるお客様もいます。

本人の承諾なしにプライベートな情報を話すことは、キャバ嬢としてだけでなく人としてNG。

また、指名キャバ嬢とお客様の間の話がどうなっているかは二人以外誰にもわかりません。

たまたまヘルプについたキャバ嬢が、指名キャバ嬢の設定と違う話をしてしまったら、指名キャバ嬢が困ることになります。

指名キャバ嬢の話題になったら、「よくわからない」と言葉を濁して返事をするようにしましょう

(6)自分からドリンクを頼まない

ヘルプの6つ目のマナーは、自分からドリンクを頼まないことです。

お客様の目的はあくまで指名キャバ嬢と楽しく時間を過ごすこと。

ヘルプのキャバ嬢が当たり前のようにドリンクを頼んでいやな気分になるお客様は少なくありません。

そのため、自分からはドリンクのオーダーはせず、お客様に勧められた時だけにしましょう。

(7)ヘルプ中に中座しない

ヘルプの7つ目のマナーは、ヘルプ中に中座しないことです。

つなぎのヘルプまで中座した場合、ただでさえお目当てのキャバ嬢が不在でテンションが下がり気味のお客様をさらに不快にさせてしまいます

それではヘルプの意味が全くありません。

ただ、体調が悪いなどやむを得ない場合はお客様に事情を話してから下がらせてもらうようにしましょう。

(8)テーブル周りの整理整頓などの雑務を率先して行う

ヘルプの8つ目のマナーは、テーブル回りの整理整頓などの雑務を率先して行うことです。

キャバクラでは接客中のテーブルをキレイに保つことは基本中の基本。

盛り上げ役としてヘルプについた場合、指名キャバ嬢がお客様に集中できるように積極的に雑務を引き受けると喜ばれます。

そんな細かな気遣いができるヘルプは、キャバ嬢同士にもお客様にも愛され、人気も次第に上がっていくことでしょう。

まとめ

キャバクラでお客様が過ごす時間を楽しいものにするために、ヘルプはなくてはならない存在です。

仕事内容は場つなぎ・盛り上げ役とサポートに徹する地味なものではありますが、ヘルプにはヘルプでしか得られない貴重で魅力的なメリットもたくさんあります。

そんなヘルプをしっかり頑張れば、周囲からの信頼を得られるだけでなく、自分の接客スキルも自然と高められ、のちのちキャバ嬢として大きな財産となることでしょう。

何事も努力は自分に返ってくるもの。

ヘルプのマナーを守りつつ、ヘルプの仕事を頑張りましょう。

関連記事一覧