集客爆増!キャバクラでのライン営業のコツ9選【話題や注意点も】

「キャバクラのお客様宛てのラインって、何を送ればいいの?」
「もっとお客様を店に呼びたいけど、どんなラインが効果的?」

このように、キャバクラのお客さん宛てに送るラインについて、あれこれ頭を悩ませているキャバ嬢も多いのではないでしょうか。

今やラインは、キャバクラにおいても欠かせない営業ツールになっていますよね。

ラインのやり取りでいかにお客様の心をつかめるかが、集客率や売上アップに直結するといっても過言ではありません!

そこで今回は、キャバ嬢向けに営業ラインのコツをまとめました。

本記事では「話題」「送信タイミング」「注意点」の3つのカテゴリーに分けて解説していますので、ご自身のお悩みに合わせて読み進めてみてくださいね!

1.キャバクラの営業ラインで効果的な話題3選

まずは、お客様宛てのラインに最適な【話題】について紹介します。

キャバクラの営業ラインで特に効果的なのは、以下の3つの話題です。

  1. 具体的な内容のお礼
  2. 前回お店で会話した内容
  3. 自分の感情を軸にした近況報告

話題選びのポイントは、“特別感”。

たとえお気に入りのキャバ嬢からのラインであっても、定型文だらけのラインではお客様は喜びません。

「使いまわしじゃなくて、自分だけに送ってくれた文章だ!」─そう思ってもらえるような話題を選びましょう。

(1)具体的な内容のお礼

毎日営業終了後に、来店してくれたお客様宛てにお礼のラインを送るのは、キャバ嬢のルーティンの一つだといえるかもしれませんね。

そしてそれは、お客様にとっても同じ。

キャバクラに行った後にキャバ嬢からお礼のラインが送られてくるのは、お客様にとっても“いつものこと”なのです。

そこでおすすめなのが、具体的なエピソードを出してお礼のラインをする方法!

「ドレスをほめてもらえて嬉しかった」「〇〇の話を聞けて楽しかった」など、感謝の内容を掘り下げて伝えると特別感を演出できますよ。

(2)前回お店で会話した内容

来店をうながす営業ラインを送る際には、前回お店で会話した内容を盛り込むのがおすすめです。

たとえば、お客様が前回来店時に趣味の話をしていた場合は、最新情報を調べてラインの文面に添えてみましょう。

もしも相手がすでに知っている情報だったとしても、問題ありません。

お客様は、あなたが自分の趣味に興味を持ってくれたこと、自分のために時間を使って調べてくれたこと自体を嬉しく思ってくれるはずですよ!

(3)自分の感情を軸にした近況報告

こまめに営業ライン送っていると、だんだん話題もマンネリしてきますよね。

そんな時は、自分の近況報告をしてみるのもアリです。

最近出かけた場所やマイブームなど、一文添えてみましょう。

思わぬ共通点が見つかってやり取りが盛り上がるかもしれません!

ただし、近況報告といっても、病み系の話題は避けるのがベター。

自分の話題を出す場合は、明るい内容をチョイスしましょう。

2.キャバ嬢がラインを送るべき3つのタイミング

続いて、【ラインを送るタイミング】について見ていきましょう。

特に意識したいのが、以下の3つのタイミングです。

  1. 来店直後
  2. お客様の出勤時間
  3. 誕生日などの記念日

実は、上記3つはお客様がキャバ嬢の言葉を素直に受け取りやすいタイミングなんです!

普段はキャバ嬢からのラインを「どうせ営業のラインだから」と真剣に受け止めていないお客様も、比較的ガードが緩みやすいですよ。

お客様の心にあなたの言葉が響きやすいベストタイミングなので、機会を逃さずラインするようにしましょう。

(1)来店直後

来店直後のお礼メールは、なるべく早いタイミングで送りましょう。

キャバクラから帰った直後のお客様には、あなたと過ごした記憶が鮮明に残っています。

逆に、時間が経てば経つほどキャバクラの余韻は薄れ、仕事や家庭など“現実モード”に意識が切り替わっていくのです。

あなたと過ごした楽しい時間がお客様の中に色濃く残っているうちにラインを送るほうが、次回来店につながりやすいといえます。

(2)お客様の出勤時間

通勤時間や仕事前は、よく携帯電話をチェックする時間帯です。

また、多くの人が一日のスケジュールを頭の中で組み立てているタイミングでもあります。

そのため、メッセージをすぐに見てくれる確率が高く、「今晩会いに行ってみようかな」という気持ちになりやすいですよ!

お店から帰宅して寝る前の時間帯(=朝)に、何通か営業ラインを送ってみてはいかがでしょうか。

(3)誕生日などの記念日

誕生日や昇進、結婚記念日などのお祝い事も、お客様にラインをする絶好のタイミングです。

もしも会話の最中にお祝いイベントの話題が出たら日付を控えておいて、当日にラインを送りましょう。

ただし、仕事や家庭の話題を嫌がるお客様もいるので、キャバ嬢側から率先して聞き出すのは避けるべき。

お客様がぽろっと口にした場合に限りお祝いする、というスタンスがおすすめです。

3.キャバ嬢がラインで営業する際の注意点3つ

最後に、キャバ嬢がラインで営業する際の【注意点】を3つ紹介します。

  1. 直接的な表現の来店依頼
  2. ラインの頻度&間隔
  3. 長文はNG!簡潔にまとめる

もしも営業ラインでお客様の気分を害してしまった場合、来店につながらないどころか、そのまま疎遠になってしまいかねません……!

お客様と良好な関係を築き、次の来店につなげるためにも、上記3点に注意しながらラインを送るようにしましょう。

(1)直接的な表現の来店依頼

「お店に来て!」というような、ストレートな来店依頼はNGです。

同様に、「助けて」「お願い」などの必死さが伝わる表現も避けるべき。

定期的に売上に貢献してくれている常連さんや、すでに信頼関係が築けているお客様へのSOSは時に有効です。

ただしほとんどの場合、明らかな営業メッセージは心離れの原因になりますのでやめておきましょう。

(2)ラインの頻度&間隔

定期的にコミュニケーションを取るために、一定間隔で営業ラインを送るようにしている人もいるかもしれませんね。

ただし、「〇日ごと」「1週間ごと」などきっちり連絡頻度を定めるのは、あまりおすすめできません。

定型文と同じく機械的に送っている印象を与えてしまうため、連絡の間隔はあえて不規則にするほうがいいでしょう。

(3)長文はNG!簡潔にまとめる

真面目に営業ラインを打っているうちに、つい文章が長くなってしまうこともあるかもしれません。

一見プラスの行動に思えますが、かえってお客様側の返信のハードルが上がってしまい、困らせてしまう可能性が高いです。

一回あたりのラインの文字数は、画面をスクロールしないで全文が読める程度の分量に押さえるのがおすすめ。

長くなりすぎた場合は、次回のライン用に話題を取っておきましょう。

まとめ

今回の記事ではキャバ嬢向けに、キャバクラでのライン営業に関する情報を紹介しました。

お客様へのラインは、「ただ数を送ればOK」というものではありません。

定型文だとわかる味気ない文章はお客様の心に響かないだけでなく、あなたの好感度を下げてしまう危険性もはらんでいます。

一人ひとりに合わせてすべて文面を変える必要はありませんが、一箇所だけオリジナルの話題を盛り込んだり、送信タイミングに気を配ったりするだけでも、ラインを受け取るお客様の心象は違ってきますよ!

今回紹介した「話題」「タイミング」「注意点」を参考に、できるものから少しずつ日々の営業ラインに取り入れてみてくださいね。

関連記事一覧