【新人キャバ嬢必見】キャバクラの給料相場&出費相場の実態とは?

「新人キャバ嬢の給料相場ってどれくらいなのかな?
「キャバクラで働き始めたけど、結構出費が多い…他の人もそうなの?」

このように、キャバクラのお金事情について気になった経験はないでしょうか。

デビューしたての新人キャバ嬢は業界の相場がどのくらいかわからず、「これって普通なの?」と不安になるかもしれませんね。

そこで今回は新人キャバ嬢向けに、収入・支出の相場についてまとめました。

給料や出費の相場はもちろん、出費を抑えるコツもお伝えしますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

1.新人キャバ嬢の給料相場

まずは、新人キャバ嬢の給料相場について、3つの項目に分けて解説します。

    1. レギュラー勤務の給料相場
    2. アルバイトの給料相場
    3. 【注意】地域ごとに相場は異なる

キャバ嬢の募集要項を見ると、想定月収は30万円~50万円ほどに設定されていることが多いです。

とはいえ、これはあくまで“想定”の話。

労働時間の長さはもちろん、勤務形態や働く地域によって金額は変動します。

それでは、それぞれの項目について詳しく見てみましょう。

(1)レギュラー勤務の給料相場

レギュラー勤務の場合、指名数や売上高によって時給が上がる「スライド式時給(ポイント制)」が採用される場合がほとんどです。

通常はこのスライド式時給分の給料(=基本給)の他に、指名バックや売上バックなどのインセンティブが上乗せされます。

しかし、デビュー当初からいきなり多くの指名を獲得したり高い売上を上げたりできるのは、ほんの一握りのキャバ嬢だけ。

そのため、スライド式時給の場合でも、最初の数か月は「保証期間」として固定時給が支払われることが多いのです。

保証期間なしのキャバクラで働く場合、指名数や売上でお店に貢献できるようになるまでは、基本時給のみで頑張る必要があります。

レギュラー勤務の給料相場

  • 保証期間あり=3,000円前後×勤務時間(+インセンティブなし)
  • 保証期間なし=2,000~4,000円×勤務時間(+インセンティブあり)

(2)アルバイトの給料相場

アルバイト勤務の場合は、固定時給制が適用されることが多いようです。

インセンティブがつかないので給料が大幅にアップすることはありませんが、安定して稼げるというメリットがあります。

指名数や売上といった数字面のプレッシャーがない分、スライド式時給よりも相場は低い傾向にあります。

アルバイトの給料相場
2,000~3,000円×勤務時間(インセンティブなし)

(3)【注意】地域ごとに相場は異なる

キャバ嬢の給料は、お店がどの地域にあるのかによっても変わります。

都心ほど最低賃金の金額やお客様一人あたりの単価が高い傾向にあるため、おのずとキャバ嬢の時給も上がるのです。

もちろん、新人キャバ嬢のスタート時給も都心部ほど高く、地方は低くなります。

2.新人キャバ嬢の出費相場

それでは次に、新人キャバ嬢の出費相場について解説します。

新人キャバ嬢の主な出費の内訳は、以下の4つです。

  1. 衣装代(ドレス・靴など)
  2. ヘアセット代
  3. プレゼント代
  4. 送迎代

キャバクラの給料はいわゆる“昼職”よりも高く設定されています。

ただしその反面、キャバ嬢は仕事関係の出費もとても多いのです……!

新人キャバ嬢の場合は衣装が十分に足りていないなどの理由で、先輩キャバ嬢よりも出費額が多くなる傾向にあります。

ここからは、それぞれの項目の相場を見てみましょう。

(1)衣装代(ドレス・靴など)

キャバクラで勤務するうえで、華やかなドレスや靴は必須アイテムだといえるでしょう。

できれば、同じ週の中でコーディネイトがかぶらないよう工夫したいところです。

最近は3,000円程度のプチプラドレスもたくさん販売されているので、上手に利用しましょう。

安いドレスや靴を購入する際は、素材や色などを吟味して“高見え”するアイテムを選ぶのがポイントです。

衣装代の相場
  • ドレス:1着2,000~50,000円(ピンキリ、数十万円レベルの高級ドレスもあり)
  • 靴:1足2,000~30,000円(ピンキリ、数十万円レベルの高級ヒールもあり)

(2)ヘアセット代

キャバクラが多く出店するエリアには、セット専門のヘアサロンが多く存在します。

ちなみに料金は、1,000~2,000円ほど。

1回あたりの値段はそこまで高いと感じないかもしれませんが、出勤のたびにヘアセットに通うとなるとかなりの金額になります。

ヘアセット代の相場
1回:1,000~2,000円

(3)プレゼント代

バレンタインなどのイベント時や指名客の誕生日などには、プレゼントを用意する必要があります。

このようなプレゼント代は、キャバ嬢にとっていわば「営業費」のような位置づけであり、必要経費の一つです。

毎月必ず発生する経費ではありませんが、イベントの時期などにはまとまった出費があると覚えておきましょう。

(4)送迎代

お店の行き帰りにタクシーを利用する場合は、一回ごとに料金が発生します。

全範囲無料、一定範囲までは無料、全範囲一律料金など、お店によってルールが異なりますよ。

中でも最も多いのが、「〇㎞までは一律△円」というように範囲ごとに一律料金が設定されているパターン。

もちろん距離によって金額は異なりますが、500円~1,500円ほどが相場のようです。

送迎代の相場
1回:500~1,500円

3.出費を抑えるための2つの方法

最後に、新人キャバ嬢が出費を抑えるための方法を2つ紹介します。

  1. レンタルドレスを利用する
  2. ヘアセットの練習をする

収入がある程度安定するまでは、いかに出費を抑えるかが鍵だといえます。

先の小見出しで紹介した必要経費の中でも、衣装やヘアセットは工夫しやすい項目です。

これから紹介する2つの方法を参考にしつつ、出費のメリハリを意識してみてくださいね。

(1)レンタルドレスを利用する

お手頃価格のドレスがたくさん販売されているとはいえ、何着もそろえるとなると結構な出費になりますよね。

「いろいろな種類のドレスが欲しいけど、なるべくお金はかけたくない!」という方は、レンタルの利用を検討してみましょう。

1着ごとに料金を支払うパターンに加え、近頃は月額料金を支払えばドレスが借り放題になるプランも登場していますよ!

また、ほとんどのキャバクラには、体験入店や新人キャバ嬢用の貸し出し衣装が用意されています。

気に入るデザインがあれば、利用してみるのも手ですよ。

(2)ヘアセットの練習をする

近年キャバクラ界では、ナチュラルな髪形が主流になりつつあります。

派手なアップスタイルなどの「いかにもキャバ嬢!」といった髪形はあまり見られなくなっています。

そういった業界全体の傾向もあり、今やキャバ嬢の5割は自分でヘアメイクをしているそう!

華やかな巻き髪や上品なアップスタイルなど、コツをつかめば自分でキレイにセットできるようになりますよ。

下記の記事では、動画付きでキャバ嬢向けのヘアアレンジを紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

【おすすめ髪型3選】キャバクラで働く方必見!動画付き

2020.06.17

まとめ

今回の記事では新人キャバ嬢向けに、収入・支出の相場にまつわる情報を紹介しました。

キャバ嬢デビューしたての頃は、収入が安定せず、さらには何かと出費がかさむものです。

そのため、最初の頃はなかなか収支のバランスが取れず苦戦するかもしれません。

ただし、あらかじめ給料や必要経費の相場を把握しておけば、日々の金銭管理がしやすくなるはずですよ!

ぜひこの記事を、新人キャバ嬢時代のお財布管理に役立ててみてくださいね。

関連記事一覧