お客さんがキャバクラをつまらないと感じてしまう3つの原因とは?

「男性がキャバクラをつまらないと感じることには、どんな理由があるのだろう?」
「キャバ嬢と話している男性が、つまらないと感じる理由は何だろう?」

このように、お客さんがキャバクラやキャバ嬢に対してつまらないと感じる理由について、疑問に思った経験はありませんか?

実は、お客さんがキャバクラをつまらないと感じてしまう原因には、お客さんの内面的な問題や金銭的な問題が絡んでいるのです

ここでは、お客さんがキャバクラをつまらないと感じてしまう原因や、お客さんがつまらないと感じるキャバ嬢の特徴について説明します。

この記事を読めば、お客さんの気持ちを理解した上で接客できるようになり、さらに質の高い応対ができるキャバ嬢に慣れますよ!

1.お客さんがキャバクラをつまらないと感じる3つの原因

お客さんがキャバクラをつまらないと感じる原因は、以下の3つです。

  1. キャバ嬢とうまく話せない
  2. キャバ嬢に横柄な態度をとってしまう
  3. 使えるお金が少ない

これらの原因によって、お客さんがキャバクラをつまらないと感じていると知っておけば、お客さんにキャバクラを楽しんでもらえるように配慮しながら働けるようになりますよ

ここからは、お客さんがキャバクラをつまらないと感じる原因について、詳しく説明します。

(1)キャバ嬢とうまく話せない

お客さんがキャバクラをつまらないと感じる1つ目の原因は、キャバ嬢とうまく話せないからです。

せっかくお金は払ってキャバ嬢との会話を楽しみに来たにも関わらず、満足いく会話ができずに帰ることになってしまうと、損をした気分になるからです

お客さんの中には、昔から人と話す時に緊張してしまう人や、キャバクラを利用するのが初めてで不安になっている人もいるため、キャバクラで女の子と話せなくなってしまいます。

そのため、まずはお客さんの緊張を解いてあげるために、一般的な雑談から始めることや、キャバクラを利用するにあたり、不安に思ってることを口に出してもらえるように会話を進めていきましょう。

お客さんに少しずつ笑顔が見られるようになり、お客さんから話を振ってくるようになったら、少しずつ深い話に入っていくと効果的です。

(2)キャバ嬢に横柄な態度をとってしまう

お客さんがキャバクラをつまらないと感じる2つ目の原因は、キャバ嬢に横柄な態度をとってしまうからです。

キャバ嬢も人間なので、若い女の子だからといって、お客さん自身が横柄な態度をとってしまうと、接客態度の悪化につながってしまい、結果的に満足いく接客が受けられなくなるからです

キャバクラにはさまざまなタイプのお客さんが来店するため、中には接しづらいお客さんもいるかもしれません。

我慢して接客し続けるのも、お客さんに喜んで帰ってもらうためには大切ですが、あなた自身の心を守るためにも、嫌な思いをしていることを正直に伝えるのも重要ですよ!

(3)使えるお金が少ない

お客さんがキャバクラをつまらないと感じる3つ目の原因は、使えるお金が少ないからです。

キャバクラは、お金をたくさん使うほど充実したサービスが受けられるため、使えるお金が少ないことで本当に受けたいでサービスを我慢してしまうと、結果的につまらなく感じてしまうからです。

接客受けてみたい女性がいる場合は指名料が発生しますし、お気に入りのキャバ嬢の誕生日を祝ってあげたい場合は、高額な商品を注文しなければならないこともあります。

キャバ嬢としても、「お客さんになるべくお金を使ってもらいたい」という思いで働いている人が多いと思いますが、使えるお金が少なそうなお客さんだと判断した場合は、予算内でできる限り楽しんでもらえるような配慮をすると、喜んでもらえるでしょう。

2.お客さんがつまらないと感じるキャバ嬢の3つの特徴

お客さんがつまらないと感じるキャバ嬢には、以下の3つの特徴があります。

  1. お客さんの発言を鵜呑みにしている
  2. お客さんに決断を委ねている
  3. お金を使ってもらうのが当たり前だと感じている

これらの特徴を持つキャバ嬢が、お客さんからつまらないと感じられるということを知っておけば、よりお客さんに楽しんでもらえる接客ができるようになりますよ

ここからは、お客さんがつまらないと感じるキャバ嬢の特徴について、詳しく説明します。

(1)お客さんの発言を鵜呑みにしている

お客さんがつまらないと感じるキャバ嬢の1つ目の特徴は、お客さんの発言を鵜呑みにしていることです。

ちょっとした冗談で言った言葉も鵜呑みにされてしまうと、お客さんは「求めていたリアクションとは違った反応をされた」と感じてしまい、会話を楽しめなくなるからです

会話の流れによっては、「指名替えをしようかな」など、お客さんがキャバ嬢に対して軽い冗談の気持ちで伝える言葉もあります。

そのような発言に対して、「他の女の子に浮気しちゃうんですか?!そんなの嫌ですー!」といったリアクションを取れれば良いのですが、「他の女の子の都合を確認しておきますね」といった反応をしてしまうと、「冷たい対応をされてしまった」と思われかねません。

そのため、お客さんの発言を鵜呑みにせず、本心で言ってる発言なのかどうかを把握し、それに応じた返答をすることで、キャバ嬢との会話を楽しんでもらえるようになりますよ!

(2)お客さんに決断を委ねている

お客さんがつまらないと感じるキャバ嬢の2つ目の特徴は、お客さんに決断を委ねていることです。

決断を委ねることは、お客さんを優先的に考えていると思われがちですが、あまりにも多く決断を委ねてしまうと脳の機能を疲れさせるため、次第につまらなく感じてしまうのです。

そのため、注文する商品やキャバ嬢に渡すプレゼントなど、欲しいものを聞かれて、「私は何でも良いです」と答えてしまうと、お客さんは、「本当は何も欲しくないのかな」や「尽くしがいのないキャバ嬢だな」という印象を与えかねません。

たまにはお客さんの決断をサポートするために、具体的な商品名を提案してみたり、お客さんと一緒になって考えたりすることで、関係性をさらに深められるようになりますよ!

(3)お金を使ってもらうのが当たり前だと感じている

お客さんがつまらないと感じるキャバ嬢の3つ目の特徴は、お金を使ってもらうのが当たり前だと感じていることです。

キャバクラでお金を使うのはお客さんですが、ボトルを注文してもらったり、プレゼントをもらったりすることを当たり前だと感じてしまうと、感謝の気持ちがお客さんに伝わりにくくなるからです

せっかくキャバ嬢のためにお金を使ったのに、そこまで喜んでもらえないと感じさせてしまうと、次回からお金を使うのは控えようと思われてしまいます。

そのため、少々大げさだなと思われるくらい喜んで、お客さんに感謝の気持ちがしっかり伝わるようにすれば、「こんなに喜んでもらえるなら、次からもお金を使ってあげよう」と思ってもらいやすくなりますよ!

まとめ

ここでは、お客さんがキャバクラをつまらないと感じる原因や、お客さんがつまらないと感じるキャバ嬢の特徴について、詳しく説明しました。

時代の変化とともに、お客さんの種類やキャバクラに対するニーズが変わってくるため、キャバクラやキャバ嬢に対するお客さんの思いを知っておくことが大切になります。

ここで説明した内容を参考にして、お客さんの本心と向き合いながら接客できるようになり。さらに活躍できるキャバ嬢になってくださいね!

関連記事一覧