把握しておくべき料金の3つの知識

開店・閉店はお店次第?朝も営業?ガールズバーの営業時間を徹底解説!

「ガールズバーの営業時間ってどれくらい?」
「ガールズバーは何時に閉まるの?」

そんな疑問をお持ちではありませんか?

ガールズバーの営業時間(特に閉店時間)は、時間の縛りのあるキャバクラやホストクラブと異なるだけでなく、お店によってもバラバラなんです。

そこで、ここでは、ガールズバーの営業時間がよくわからない方必見!ガールズバーの営業時間と、営業時間の制約がないことによるキャストのメリット・デメリット、さらに『朝ガールズバー』について解説します。

ガールズバーはお店によって営業時間が異なるので、自分が働きやすい時間帯にシフトが組めるお店を見つけて楽しく働きましょう

1.ガールズバーの一般的な営業時間

新人におすすめのガールズバーで働く5つのコツ

ガールズバーの営業時間は、夜19時~朝5時までが一般的です。

とはいえ、分類上『深夜酒類提供飲食店』のガールズバーは営業時間に制約がないため、お店によって閉店する時間は異なります

しかし、ガールズバーのメインの客層が社会人や学生なので仕事や学校終わりに気軽に立ち寄れる時間帯に営業するお店が多いです。

また、閉店時間はお店によって異なりますが、朝まで営業することなく、キャストが電車で帰れるように終電前までにしているお店もあります。

他にも、平日や大雨の日などお店が暇な時には既定の閉店時間よりも早く閉めるお店も少なくありません

このように、ガールズバーは開店時間も閉店時間もお店次第なのです。

2.営業時間制約なしのキャストのメリット・デメリット

ガールズバーとは

営業時間の制約がないことのキャストのメリット・デメリットを解説します

  1. 営業時間制約なしの3つのメリット
  2. 営業時間制約なしの2つのデメリット

次に1つずつ解説します。

(1)営業時間制約なしの3つのメリット

ガールズバーに営業時間の制約ないことによるキャストのメリットは3つあります

  1. 長時間働ける
  2. 自分の都合の良い時間に入れる
  3. 明け方の暇な時間帯は楽に稼げる

営業時間の制約がないとキャストにとっても都合の良いことが多いようです。

次に1つ1つ説明しますね。

#1:長時間働ける

ガールズバーに営業時間の制約ないことの1つ目のメリットは、長時間働けることです。

同じナイトワークのキャバクラは風営法で深夜0時までと閉店時間が決まっているため、開店時間が19時だとすると働けるのはたったの5時間。

しかし、ガールズバーなら法的な閉店時間の縛りがないため、働きたいキャストは深夜0時を過ぎても働くことができます。

しっかり稼ぎたい方にとって、営業時間の制約がないガールズバーは希望通り働ける理想的な職場といえるでしょう。

#2:自分の都合の良い時間に入れる

ガールズバーに営業時間の制約ないことの2つ目のメリットは、自分の都合の良い時間に入れることです。

昼職と兼業で働く場合、ナイトワークのシフトを組むのはなかなか大変です。

しかし、閉店時間が遅いガールズバーは営業時間が長いので、自分の都合に合わせてシフトの時間を柔軟に組むことができます

日中働いた後、家で仮眠を取ってから働くなど自分の生活サイクルにシフトを組み込みやすいのは大きなメリットですね。

#3:明け方の暇な時間帯は楽に稼げる

ガールズバーに営業時間の制約ないことの3つ目のメリットは、明け方の暇な時間帯は楽に稼げることです。

お店の開店から日付が変わる前までは賑やかでも、深夜を過ぎるとさすがに客足は鈍くなってきます。

特に暇になるのが明け方で、朝が近づくにつれどんどんお客様は減っていき、朝の3時~4時くらいは暇になることも多いです。

暇な時間でお客様がいる場合はグラス磨きなど清掃を行い、お客様が全くいない状態だと携帯をいじったり他のキャストとおしゃべりしたりして楽に稼げます。

キャスト自身、「こんなに楽してお給料をもらってもいいのかな」と申し訳なく感じるくらいだとか。

つらいと感じるキャストも多いビラ配りの仕事も早朝はないのでさらにうれしいですね。

(2)営業時間制約なしの2つのデメリット

ガールズバーに営業時間の制約ないことによるキャストのデメリットは2つあります

  1. 送迎がないとバイト後が大変
  2. 閉店時間が読めない

次に1つずつ解説していきます。

#1:送迎がないとバイト後が大変

ガールズバーに営業時間の制約ないことの1つ目のデメリットは、営業時間が長くて送迎のないお店だとバイト後に困ることです。

明け方に始発まで時間を潰さなければならないのは大変ですし、危険もあります。

送迎のあるガールズバーを選べば問題解決ですが、お店によっては自己責任のところもあるので、帰宅手段のない方は送迎のあるガールズバーを選びましょう

#2:閉店時間が読めない

ガールズバーに営業時間の制約ないことの2つ目のデメリットは、閉店時間が読めないことです。

時間の制約がない分、閉店時間をその日の状況によって変えるガールズバーも少なくありません。

閉店時間が早くなるのは、早く帰りたい人にとってはラッキーですが、しっかり稼ぎたい方にとってはアンラッキー

また、送迎がないお店の場合、中途半端な時間にお店の外に放り出されることにもなりますし、予定が立てづらいデメリットもあります。

お店のオーナーの考え方・方針次第ですが、できるだけキャストの都合を考えてくれるお店を選びましょう

3.朝~昼にかけて営業する『朝ガールズバー』

おつまみ・フード代

ガールズバーは夜の営業のイメージが強いのですが、中には朝から昼にかけて営業している『朝ガールズバー』もあります。

夜の仕事は難しい女性も、日中の営業なら働きやすいはず。

  1. 営業時間
  2. 主な客層
  3. メリット・デメリット

『朝ガールズバー』について次の3点を解説します。

(1)営業時間

ガールズバーで働くときの5つの注意点

『朝ガールズバー』の営業時間は、朝6時~昼15時くらいが一般的です。

夜営業のガールズバーの営業時間が終わる朝5時から1時間ほどあけて、同じ場所で朝の営業を始めるお店がほとんどです。

ただし、お客様が少ない日などはお昼過ぎにお店を閉めてしまうことも。

やはり、夜営業のガールズバーに比べて店数は少なく、客足が望める都心部の繁華街での営業がメイン

また、ガールズバーのシステムや料金も夜営業のガールズバーと変わりません。

そのため、夜のガールズバーで働いた経験がある方なら問題なくなじめることでしょう。

夜のガールズバーキャストの仕事は無理でも、この時間帯なら働ける女性にはありがたい営業時間ですね。

(2)主な客層

『朝ガールズバー』の主な客層は、仕事帰りの会社員は少なく、深夜の仕事明けの夜職の方や飲み足りない方などが多い傾向にあります。

しかし、中にはモーニングやランチなど喫茶店替わりに利用する方もいます

ただ、それ以外の方たちは、お店に来る前にしっかり飲んでいることも多いです。

そのため、『朝ガールズバー』は、初めてガールズバーキャストをする方よりも、酔客の接客の経験がある方のほうが無理なく働けるかもしれません。

(3)メリット・デメリット

『朝ガールズバー』のキャストのバイトのメリットとデメリットを解説します。

メリットは2つあります。

  1. 本職や家の事情で夜働けない方が働ける
  2. 知人バレしにくい

夜は都合が悪い方も、朝から昼にかけての仕事なら時間の都合をつけやすいですし、昼職や学生は平日のこの時間帯にガールズバーを訪れることもないので知人バレしにくいです。

ただし、土日祝日など休みの日には注意が必要です。

一方、デメリットは特にありません

強いてあげるなら、夜に飲んだお客様がそのまま来店することも多いので、最初から酔っぱらったお客様の接客をしなければならないことです。

テンションの違いからノリについていけないことも。

また、『朝ガールズバー』の数自体が少ないので、競争率が高い点もデメリットといえばデメリットといえるでしょう。

まとめ

ガールズバーはあくまでバーなので、キャバクラやホストクラブのように営業時間に制約がありません。

そのため、夕方から翌朝まで長時間働くことができます。

また、朝から昼にかけて営業する『朝ガールズバー』もあるため、自分の都合の良い時間にがっちりガールズバーで稼ぎたい人にとっては、とても条件の良い環境と言えるでしょう。

ただし、ガールズバーは時間が自由な分、朝まで開店している店もあれば、割と早い時間に閉めるお店もあるなどお店によって異なります。

閉店後の帰宅方法などの問題もありますし、気になる女性は体験入店時などにお店の閉店時間を確認しておくと良いでしょう。

関連記事一覧